Congratulations! Chelsea&Mr Mourinho

アザール

セスク

チェルシー

チェルシー

2014-2015・プレミアリーグ第35節、チェルシーVSクリスタル・パレス@スタンフォード・ブリッジ。

5年ぶりだって?。

5回目だって?。

 

モウリーニョ

そのうち3回がこの御仁。

拍手しかあるまい。

そう遠くない日にロンドンに銅像が建つ日もやってくるだろう。“スペシャル・ワン”から真の“ハッピー・ワン”となった備忘録。どれだけ退屈だと喚いても、この御仁を凌駕しなければ恥ずかしいだけだ。ロマンチストがリアリストを凌駕するシーズンはやってくるだろうか?。 Mrヴェンゲルでは無理だろうなぁ・・・。

『私はさらなるタイトルを目指す。常にトライする。その情熱がなくなったら、もう十分だ。まだその日が訪れるとは感じていない。ハードワークをしてチャンピオンになれば、自分は相応しいと感じるものだ。良い気分だね』

しかし、優勝を決めたゲームが1-0(アザールがペナルティを蹴って止められはしましたが溢れ球をヘッドで押し込んだ)での勝利とは・・・何とも言えぬものがありましたね。

もうビッグ・ロンドンダービーと言うのは止めにしよう

セスク

サッカーを愛する全ての皆様、ご機嫌如何かですか?。

退屈でしたよね、ビッグ・ロンドンダービー。眠りそうでしたよ・・・僕は。まぁリアル・リアリスト、ジョゼ・モウリーニョとプロフェッサー“策なし”ベンゲルの一戦ですからそれも致し方なしでしょうか。

2014-2015・プレミアリーグ第8節、チェルシーVSアーセナル@スタンフォード・ブリッジ。

 

ペナルティ

27分。

まぁ〜完全にペナルティでした。

 

アザール

アザール

クールにコントロールしたアザール。

この日も(は?)左サイドでキレてましたね。

 

ジエゴ・コスタ

ジエゴ・コスタ

78分。

秀逸なバセリーナを沈めたゴール・ハンター、ジエゴ・コスタ。

ゲームは“ハッピー・ワン”率いるブルーズが2-0で勝利しました。ヴェンゲルは勝てませんねぇ。呪われてさえいるかのようですが、ガナーズ自体ボールは持てど決定機はほとんどありませんでした。カソルラは結構効いていたのに交代させて、全く消えていたエジルを残す迷走ぶり・・・、モウリーニョ相手に我を失って、枠内シュート0ではさもありなん。

そして、セスク・ファブレガス。

ジエゴ・コスタへのロビングでのアシストを決めて結果を残し、ロンドンでの父であったプロフェッサー・ヴェンゲルに強烈な恩返しとスタンフォード・ブリッジに祝祭を齎しました。

モウのオヤジとウマが合うのかしら。

まぁバルサの時もコレくらいはやってましたが、チェルシーにとっても本人にとっても良い移籍となりましたかね。

そしてこのゲームのハイライトを記しておきましょう(笑)。

ピッチサイドでの場外戦。アレクシス・サンチェスにケイヒルが危険なタックルをお見舞いしたシーン(前半半ばだったと思いますが)で、事は起こりました。

 

ヴェンゲルとモウ

ヴェンゲルとモウ

カーム・ダウン(笑)。

『私はAからBへ行こうとし、そこに誰かが立ちはだかっただけだ。Bはアレクシスだ。彼の状態を確認したかった』とプロフェッサーらしく数式を語るように事の顛末を述べたプロフェッサー・ヴェンゲル。

セスク移籍の前に獲得した『天才』エジルが、このゲームでは(開幕からずっと?)完全に消えてしまって、教え子にプレゼンスを発揮されてしまいました。トホホ・・・。

『セスクに対する敵意はないよ。彼の健闘を祈っている。彼は私が好きな選手であり好きな人間だ。でもアーセナルを去れば、もうわれわれから去ったということだ。われわれはプロなのだから、こういうことを受け入れる必要がある。だが彼がキャリアを振り返ったとき、アーセナルと私は彼にとって大切な存在となるだろう。それは間違いないね』

一方の“誰かである”モウのオヤジは、

『私としては終わったことだ。ただ、テクニカルエリアは非常にはっきりしている。私には私のところがあり、彼には彼のところがある。そして、彼は私のところにくることができない。特に、私の選手にレッドカードを出すよう、審判に圧力をかけるようなことがあってはならないことだ』

『私が彼に言ったことは、私のテクニカルエリアから出てもうこないでくれ、ということだった』と静かに(どのお口が)述べました(笑)。

しかし、

『アーセナルは8人で試合を終える可能性があった。コシェルニーはレッドカードで、チェンバースはイエローカード2枚、ウェルベックは明らかにレッドカードだ』

『ただ、私はウェルベックにレッドカードが出なかったことを受け入れる。もう試合は終わっていた。彼は良い若者で、攻撃的ではない。ちょっとしたフラストレーションからきたのだろう』

と言いたいことはキッチリと(笑)。

場外戦も舌戦もプレミアの醍醐味ですが、ピッチでのスペクタクルも観たいものです。繰り返しますが、ガナーズの枠内ショート0・・・首を左右に振るしかありません。

ビッグ・ロンドンダービー、皆様はどうでしたか?。

馴染む男と苦しむ男

セスク

レヴァンドフスキ

新天地へ移籍した男たちの物語が気になる今日この頃。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG第1節、チェルシーVSシャルケ@スタンフォード・ブリッジ。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第1節、バイエルン・ミュンヘンVSマンチェスター・シティ@アリアンツ・アレナ。

バルサのゲームをライブで観たあとに、録画で連続視聴しました。

セスク、馴染んでたなぁ。

アザールの秀逸なパスをエリア内左で受けてのゴール。ポジション取りが良かった。しかし、フンテラールのゴールとなったシーンでは、中盤でボールロストして失点のきっかけとなりました。でもプレミアでも(4試合で)6アシストと絶好調でチームにフィットしてます。

一方のレヴァンドフスキは、ちょっと苦しんでるか。

いいボールがなかなか来ないし(そもそもクロスをヘッドではない)、賢人のパス・フットボールにまだフィットしてない。

 

ミュンヘン

ゲームはボアテングの豪快な1発でなんとか勝ったミュンヘン。あまりというか、上手く行ってませんでしたが貴重な勝ち点3を得ましたかね。一方のチェルシーは、1-1のドロー。

 

チェルシー

モウリーニョ

『同点とされる前、同点とされてからも、追加点を奪うチャンスを十分につくったと思う。だが、勝つことができなかった。それでも、勝ち点1だ。負けなかった。最高の結果ではないが、勝ち点1だ』

『追加点を奪う大きなチャンスがあったと思う。前半にファブレガスに、後半にディディエにあった。2-0になれば試合は終わっていた。3点目、4点目もあったかもしれない。だが、我々は決められなかった。それがフットボールだ。後半は彼らが得点し、我々は良いリアクションをした。だから、選手たちに対して文句はまったくない』

試合を殺せなかった代償を払いましたね。

 

グアルディオラ

『このタイトな初戦に勝つことができたのはうれしい。シティを相手に多くのチャンスをつくり、最終的には勝ち点3を獲得することができた。CL初戦では特にプレッシャーが大きいものだが、良いスタートを切れたと思う』

とコメントしたペップですが、チャンスはそんなに多くは無かった。あとチャック開いてね?(笑)。

『だが、このグループでどのチームが突破し、どのチームが敗退するかの決着がつくのは最終節まで待たねばならないと思う。我々に関しても、決勝トーナメントに進めるかどうかが決まるのは最後のCSKAモスクワ戦だろう』

ローマがチェスカに5得点で快勝し油断出来ませんね。

 

ボアテング

『うぜぇ』

ゴールしたボアテングに喜びのハング(笑)。

 

セスク

セスク

モウのオヤジと合うのかな。

チェルシーに完全にフィットしているセスクでした。ラキティッチよりやっぱセスクだよなぁ〜(泣)。

何はともあれ寝不足ウィーク一週目を終えました(笑)。

また2週間後。