落ち着こうゼ、兄弟

ハメス&ネイマール

因縁のリマッチでしたが・・・。

2015・コパ・アメリカ、グループC第2節、ブラジルVSコロンビア@スタディオ・モヌメンタル・ダヴィド・アレラノ。

なかなか風邪が完治しないなか観ましたが、ネイマールがやってくれました(途方もなく悪い意味で)。コロンビアに先制されて、なかなかゴールが奪えず、主審のクソなジャッジにフラストレーションが溜まりまくるセレソンのNo10。結局ゴールすることが出来ず、事件は(0-1で敗れた)ゲーム終了後に訪れました。

 

ネイマール

ネイマール

お見事(笑)。

笑っちゃいけませんが、コロンビアのDFアルメロのリアクションがジワジワ来ます。(いけませんが)当たったのがスニガだったらホント凄かったんだけど。

 

ネイマール

(ゲーム中にイエローを貰ってましたが)もちろん1発レッド。

怒り狂ったセビージャのバッカもレッドで両成敗でしたが、このゲームの主審は確かにクソでした。

『試合中ずっとストレスを感じていた。僕は試合に負けるのが嫌いだし、プレーで負けるのが嫌いだ。でも、下手くそなレフェリーのせいでストレスを感じていたんだ。彼は愚かにも僕に警告を出して、出場停止に追いやった。泣きたいくらいだ』

何試合出場停止なのかな(泣)。

『ハードで難しい試合だった。簡単な試合なんてないんだ。僕らは同点にするチャンスをつくったけど、今日は正しい形にできなかった』

『僕らはアウェーでプレーしているんだ。それは常に難しいことなんだよ。コパ・アメリカなんだ。目標達成のために最後まで戦わなければいけない。難しいしハードだけど、僕らは続けなければいけないんだ。困難を乗り越えなければいけない』

『どうしてネイマールがナーバスだったのかは分からない。主審も咎められるべきだ。(ネイマールへの)イエローカードも間違っていた。彼らは、自分たちが主役だと考えるのをやめるべきだ。彼らは、レフェリングのためにいるんだ。ブラジルの試合ではいつもこうだ』

とダニ・アウヴェスは語りましたが、(アルゼンチンもそうだけど)点が取れないのは深刻ですね。

ネイマール抜きで真価が問われるセレソン。決勝トーナメントには進むだろうけど、アルゼンチンとのファイナルは無いかなぁ(泣)。

広告

若き2人の10番の夏が終わった

ハメス・ロドリゲス

ネイマール

ホロ苦くも美しい敗北と、チームが取ったアグレッシブさが招いた受ける必要のないファウルとともに。

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、ブラジルVSコロンビア@カステロン・スタジアム。

22歳と同じ年齢で、早くから将来を嘱望された至宝と今大会ブレイクした金の卵、プレイスタイルは違うが、同じNo10と母国の期待と夢を背負う若者の対決が注目された一戦は、敗者も勝者もワールドカップを去ることとなってしまった何とも言えないゲームとなった。

勝てると信じて疑わなかったコロンビア。どんな内容でも畢竟するに勝てば良いブラジル。

ナイーブだったと言わざるを得ない、前半早々のコーナーキックからの失点が痛すぎたコロンビア。どんどんファウル覚悟(意図していたと思う)でゲームの流れを止めて、何がなんでも勝ちに行くブラジル。

結果、ブラジルは『君の振る舞いは、リーダーとして問題があるのではないか』と責められた、泣き虫キャプテンと恐ろしいブレ球を豪快に蹴り込んだダビド・ルイスの両セントラルのゴールのリードを守り、辛くも何とか逃げ切った。

ハメス・ロドリゲスは、ブラジルに削られながらも美しい一瞬の煌めきを存分に見せて、“本物”という爪痕を残し大会を去る。

ネイマールは、腰椎骨折(それほど激しい接触には思えなかったが)という事態に見舞われ、残りのゲームの出場は叶わなくなった。

ゲームを観終えたあと、僕は何とも言えない気分に見舞われた。

“戦争”とも比喩される代表戦、それも最高峰のワールドカップならではの結果に、世界中のニュートラルなフットボール・ラバーはどう思っただろう?。美しいゲームを披露していたコロンビアを、もっと観たいと思ったのは僕だけではないハズだ。しかし、ピッチに、ブラジルに、センチメンタリズムは存在しない。

オンリー・ウィン、マスト・ウィン。

カナリア軍団は、結果のみを追い求め、ドイツとの決戦のチケットを手に入れた。このゲームで、エースが離脱しキャプテンはサスペンデットになる代償を払った。汗を掻き、土に塗れながらも行軍するホスト・カントリー。

ワールドカップの凄まじい一面を、王国ブラジルならではの厳し過ぎる現実を痛感させられ、また若い両クラックをもう観ることが出来ないのだと、時間が経って改めて寂しく思うこととなった。

これもフットボールだと言わざるを得ないのかもしれない。

 

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバ

チアゴ・シウバの横のディフェンダーが痛すぎるボール・ウォッチャーとなってしまったコロンビア。

これで歯車が狂ってしまった。

 

ダビド・ルイス

ダビド・ルイス

強烈なゴラッソを沈めたダビド・ルイス。

このフリーキックとなったファウルはファウルで無かったけれど・・・。2本のセットプレイでの失点は予想外だったであろうコロンビア。

マラドーナや多くの識者が、『このゲームの主審は最低だった』的なことを述べているが、やはり何の慰めにもならない。

 

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

フェルナンジーニョに削られまくりだったハメス・ロドリゲス。

しかし、自身のスルーパスから得たペナルティを沈め、今大会5試合全てでゴールを上げた。あと5分、時間があれば追い付いていたかもしれない。フットボールにイフは無いのだけれども・・・。

素晴らしいパフォーマンスで、今大会を盛り上げてくれた若者に惜しみない拍手を贈りたいと思う。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール・ハニー

ネイマールの夏も終わった。

昨年のコンフェデのような、ネイマールの大会とはならず残念だが、早く回復してバルサに戻ってきてもらいたいと切に願う。

そして、アルゼンチン・メッシがいよいよキックオフ。ホント、寝不足だ。

クォーターファイナル決まる(とびきりの美人サポーターと共に)

ブラジルサポ

コロンビアサポ

ブラジルVSコロンビア

ブラジルの至宝対超新星。No10と母国の思いを背負う若き22歳のクラック対決。『マドリーが好きだ』と言ったハメス・ロドリゲスとバルサのネイマール。ここまであまり良いとは言えないながらも、勝ち上がってきたセレソン。母国大会でこんなところで負けることは許されません。

プレッシャーを撥ね除けた者だけに栄冠が。チリ戦でのネイマールの涙が気になりますが、栄冠はどちらの若者に?。

少しだけコロンビアが勝つような気もしています。トホホ・・・。

 

オランダサポ

コスタリカサポ

オランダVSコスタリカ

ポゼッションの母国オランダが超絶カウンターでここまで勝ち上がってきました。しかし引いて守る相手に弱いオランダ、苦戦必至。今大会キレキレのロッベン次第でしょうか。

それにしてもコスタリカの美人サポ、イイですね(笑)。ジャイアント・キリングに美人サポ。ブラジルはコスタリカの大会でもありました。ブラジル発のフェアリーテイルは、まだこの先へと続くのでしょうか?。

返す返すも、大会の直前のテストマッチでコスタリカに3-1で勝利していた我らが日本。ホント、やれやれです(泣)。

 

サラ

フランスサポ

ドイツVSフランス

こちらは欧州老舗対決。美人サポでお馴染みのサラが毎度応援するドイツ(シュバインシュタイガーをだろうけど)、一致団結した退屈なレ・ブルー、手強いかもしれません(全く観てませんが)。決戦当日、スタジアムの一区画は一流のモデルさん達でカラフルに彩られることとなるでしょう。

『ドイツはやはりドイツだった』

僕はドイツが勝つシーンしか思い浮かびません。

 

アルゼンチンサポ

ベルギーサポ

アルゼンチンVSベルギー

メッシがまた最後に仕事を果たすのか。はたまた、プレミア・ベルギーが新しい時代の扉を開くのか。

メッシとアザール、チームをネクストラウンドへ導くのは果たしてどちら?。ベルギーのゲームをほとんど観ておりません(アフロがヘッドを決めたゲームだけ観ました)が、今大会のアルゼンチンなら勝つことも可能でしょうね。それでも僕は、アルゼンチンにベットしたままです。

順当なベスト16の結果となった今大会。次のこのステージでは番狂わせがあるでしょうか?。ブラジル、オランダ、ドイツ、アルゼンチンとなればツマラナイ?。でもそうなる可能性が高いですよね。

いよいよ大詰めの@ブラジル、全てライブ視聴し歴史の一部を目撃したいと思います。

 

メキシコサポ

美人サポ備忘録番外編。

メキシコ、惜しかったですね。コスタリカサポとこの可愛いメキシコサポがブラジルの地でひと際輝いた大会前半。後半はどうなる?。しかし、美人サポで、プレイヤーの彼女は駄目ですよね。

おしまい。

お疲れさま

日本

俺たちは弱い。

2014・ブラジルワールドカップ・グループC・最終戦、コロンビアVS日本@アレーナ・パンタナール・スタジアム。

前への意欲とともに攻撃的にいったが、如何せんスキルが足りなかった。

目に余るミスパスの多さ。

目を覆いたくなる稚拙なディフェンスは世界レベルで戦うに至っていなかった。

いいだろう、失点覚悟だ。

前半17分に今野くんの不用意なペナルティで早々に失点したが、前を向いてガムシャラに攻めていった。無謀なほどに。カガワくんの惜しいシーンもあったが、如何せんシュートに力がない。コーナーキックを数本獲得したが、ショートコーナーからのアイデアは皆無だった。

焦るばかりで空回り。

カウンターから2点目を決められなかったのは幸運だった。そして、その幸運を活かす前半アディショナルタイムでの岡崎くんのヘッド。息を吹き返すハズだった。ギリシャが1-0でリードもしてくれていたのに。

しかし、後半のホイッスルが吹かれてから圧倒的にズルズル押し込まれる。

失点は時間の問題だった。

何故なんだろう?。繰り返す過ちとデジャヴ。

55分に決壊し、日本のブラジルワールドカップが終わった。それでも長谷部キャプテンは、下を向くな、攻めるんだと味方を鼓舞し続けた。

大久保くんはスキルが足りなかった。

岡崎くんは前半のゴールで結果を出したが後半は消えてしまった。

本田くんは全くスピードがなく相手のマンマークに手を焼きアタッキングサードでプレイ出来ず、カガワくんは・・・。シュートを数本打てただけマシだったか。

この日先発した青山くんは何本パスを成功させただろうか。長谷部くんは守備に忙殺され、内田くんはほとんど攻め上がることが出来ず、長友くんはカガワくんと効果的でないパス交換と無意味なクロスを上げるばかり。

そして、酷すぎた吉田くんと今野くん。世界レベルのテクニックとスピードに翻弄されアジアのレベルを世界に晒してしまった。

俺たちは本当に弱い。

史上最強と謳われ、偶に見せる美しい崩しに惑わされた。マン・ユナイテッドやミランにインテル、ブンデスやプレミアでプレイする選手が増えたのをいいことにヤレると勘違いしてしまったのだ。ほとんどレギュラーでやっていたのは岡崎くんと長友くんと内田くんくらいだったのに。点を取らないと勝てないフットボールでセンターフォワードのデキは32カ国中最低だった。

これが現在地。

結局20年何も変わっていない。繋いで攻めていくことはもう無理だろう。引いてカウンターで虎の子の得点を守りきる、勝ち点1で満足し無駄な失点を増やさない。相手を上回る攻撃を見せることが出来ないのだから・・・。

また振り出しに戻ってしまった。

フランスで受けた屈辱と得た教訓を思い出すことから始めよう。

新たなナカタくんやナカムラくん、ホンダくんやカガワくんがまた現れるのだろうが、この結果を決して忘れては駄目だ。

俺たちは決して強くないのだから・・・。

 

1失点目

不用意な1失点目。

 

2失点目

いつも通りの2失点目。

 

3失点目

諦めた3失点目。

 

4失点目

ドイツでブラジルに叩きのめされた光景がフラッシュバックした無慈悲なハメス・ロドリゲスのバセリーナでの4失点目。

 

カガワくん

エリア内付近左サイドから右へ切れ込んでの惜しいシュートシーンが1度あったが、チカラがなかった。 もう一段、上に行くためにはエリア内でのインテンシティを身に着ける必要があるだろう。ファン・ハール・ユナイテッドで果たして出番は訪れるだろうか。

厳しいと言わざるを得ない。

悔しいミッドウィークの朝。寝ずにライブ視聴したが、全く眠くならないほど落胆した朝となった。