マラカナンの歓喜

サポーター

確固たるインテンシティ、ソリッドなハイプレスにシャープなショートカウンター。

全体的に重かった(セミファイナルから中二日)スペインにはこの上なくキツく、恐ろしく効いていた。予想通りとはいえ攻守に(特に守備で)勝り、勝者に相応しいフットボールを披露したセレソン。中央のフレッジは時に泥臭く、時には一流のハンターのようにネットを揺らした。左の若きクラックはアルベロアを子供扱いし、バルセロナの僚友となるピケを意図も簡単に凌駕し、ハルクはアルバを自陣に釘付けにした。ルイス・グスタボとパウリーニョはバイタルエリアの扉に鍵をしっかり掛け、屈強な2枚のセントラルは世界最高であることを世界に示した。

スペインサイドに立ってみれば開始早々の失点があまりにも緩過ぎた。このクラスでも起こりえることを再認識させた(何も日本だけではないのだ)開始早々のツケは、ここまで5年君臨してきた王者がフラッグを失うに充分過ぎた。

明らかに違うコンディションとホームであることの有利さ。

勝敗を分けるには少し切ないが、セレソンはスタジアムを埋め尽くしたサポーター達の声援とともに躍動し、スペインは攻撃の糸口を見出せなかった。

それでも王者は、トーレスが溜めたボールを一瞬のスキを衝いて抜け出したマタが受けて、右サイドを駆け上がってきたペドロで決定機を作った。ペドロの放ったシュートはゴールライン手前でダビド・ルイスに阻まれ最初で最後の貴重なビッグチャンスをモノにすることが出来なかった。

エアポケットに落ちたかに見えたセレソンだったが、一瞬の気の緩みも見せることが許されないことを再認識したであろう。そして、歓喜が前半終了間際に訪れることとなる。

44分。中央のオスカルのパスをオフサイドラインを掻い潜ったネイマールが左サイドを抜け出し、豪快にニア上に蹴り込み『聖』イケルの壁を突破しネットを揺らした。ここまでネイマールに蹂躙されていたアルベロアは全く役に立たず、セレソンで唯一不調だったオスカルに決定的なパスを出されるアイロニーで王者は王者のイスから滑り落ちた。

2-0。

今日のスペインではノーチャンスだ。攻めのカタチが皆無でアタッキングサードへの効果的な攻めはイニエスタの個人技のみ。ミュンヘンで苦汁を舐めたバルセロナと全く同じ(バルサのプレイヤーが主体だし)状況がここマラカナンでも白日の下に晒されされることとなった。

後半、イエローカードを1枚もらいファウルも出来ず、もともと攻撃の能力が極端に低いのでピッチに立つ必要が無くなってしましったアルベロアをアスピリクエタに代えたデルボスケ。チェルシーの1.5軍は、少しは高い位置を取ることに成功するのみで、逆に早々にフィナーレとなる3失点目を許してしまうハメに世界は落胆してしまう。

ラモスが外してしまったペナルティもピケがネイマールを止められず貰う1発レッドもファナイルを退屈にさせない演出になってしまい、今シーズンのチャンピオンズリーグ・ファイナルのような世界が望んだスペクタクルは、ついに拝めずに幕を閉じることとなった。

セレソンが見せたハイプレス&ショートカウンターにスペインは成す術がなかった。

ヨーロッパで躍進したドルトムントもまさにコレだ。ドルトムントよりも威力がある前線を擁するセレソンなら尚更有効だろう。バルセロナが失墜しスペインが王者でなくなった事実は一つの終わりを告げた。

歓喜に染まったマラカナン。

バルサはネイマールというオプションを答えに、スペインはどのような答えをだすだろう?

次のシーズンは、またすぐにやってくる。

 

セレソン

母国で結果を出したセレソンですが本番でもそう上手くかは分かりません。

負け惜しみ・・・。

 

ペドロ

ルイス

コレが決まっていても敗れていたと思いますがゲームは盛り上がったハズです。

ジュリオ・セザールを抜いて枠にも飛んでいたペドロの一撃を、ダビド・ルイスが起死回生のブロック。その後すぐにネイマールの一発が飛び出しただけにスペイン的には悔やまれますね。

 

ネイマール

CR7のような強烈な一撃を左脚で放ったネイマール。

大会MVPに相応しい毎試合の活躍でした。メッシとのコラボ、バルサの新しいオプションに期待が否応なしに高まりました。

 

バルサ

まだ終わっていないハズです。トーレスではない新しい答えを見つけ必ずや。

Volveremos Volveremos a ser el campeon!!

広告

采配の妙

カシージャス

2人の知将による素晴らしいチェスマッチ。

コンフェデレーションズカップ・セミファイナル、スペインVSイタリア@ゴヴェルナドール・プラーシド・カステロ(フォルタレーザ)

勝者に相応しかったのはイタリアだった。スリーバックを採用しスペインを上回る決定機を作り、イニエスタとアルバの攻撃オプションを無力化していた。

思えば昨年のEURO2012のグループステージでもスペインと互角のゲームを演じ(ファイナルではコンディションの差で0-4で完敗)、魅力溢れる攻撃的なフットボールを世界に披露し、カテナチオは遠い昔となったアッズーリ。

惜しむらくは、決定機で決めることが叶わなかったことだろう。バロテッリの不在も響いたかもしれない。スペインを完全に沈黙(トーレスの個人技のみが唯一のチャンスだった)させたが、スコアレスで前半を終えた。

スペインは4-1-2-3の布陣を敷いていたが、シルバが全く精彩を欠き、ワイドに開き効果的に右サイドを攻めあがるマッジョに手を焼いていたアルバは、攻撃参加の機会を失っていた。

後半、アクシデント(?)の為か、先に動いたのもプランデッリ。スリーバックの一角のバルザーリを下げて、驚くことにモントリーボを投入。デ・ロッシを3枚の中央に下げ、ボヌッチを右にスライドさせた。デ・ロッシは攻めでも効果的な働きを見せていた前半だったが、近代フットボールでは死滅してしまったリベロ的な役割を担う格好で、前のピルロとモントリーボへボールを供給できるようにトランスフォームした。

一方のスペイン。後半、メンバーチェンジはなく始まったが、消えていたシルバの見切りを早々に付けたデルボスケ。ヘスス・ナバスを右に入れて、バルサスタイルから縦への突破でイタリアラインを下げさせることに舵を切る。酷暑で足が止まるであろうイタリアにとってはかなり効果的な一手だった。お蔭で右サイドでキエッリーニは徐々に疲弊し、ピボーテのピルロやモントリーボが守備に忙殺されることとなり攻めへの活力を失うこととなる。

しかし、ズルズルと時間だけが過ぎ効果的な攻撃が見出せない両者。スペインにはメッシは居ない。天才イニエスタが素晴らしい個人技を披露し局面の打開を試みてはいたが、疲労のせいかシュートの精度を欠いてネットを揺らすことが出来なかった。

デルボスケは前線のペドロをマタに、プランデッリはマルキージオをアイクラーニ(どうでもいいがアイクラーニの奥さんは美人過ぎる・・・)に代えるもゲームは動かない。終了間際にピケに決定機が訪れるが、渾身の力を振り絞って身体を投げ出すアッズーリの魂のディフェンスに、バルセロナまで届かせるが如く大きくフカしてしまいゴールネットを揺らすとこは叶わず、エクストララウンドへと死闘は続くこととなった。

最後も先に動いたのはプランデッリ。前線で頑張っていたジラルディーノに代えてジョビンコを投入し一撃に期待を賭けた。スペインの爺様はここでは様子見。最初にイタリアに決定機が訪れたが、ジャッケリーニの一撃はポストを叩き歓喜は訪れなかった。

これを機にデルボスケが最後の、あまりにもエキセントリックな一手を放つ。正直、『それはねェーよ』と極東の片隅で喚いてしまったが、コレがあまりにも効果的で驚きを禁じえなかった。

ここまで、あまり(とういうか一度しかなかったが・・・)決定機を作れなかった坊主頭のイケメンに代えてハビ・マルティネスを投入したデルボスケ。もう失点しないことが前提なのか?、『ビジャだろ、ソコは・・・』、無知蒙昧な極東の素人の考えをヨソに、そのまま9番の位置にバイエルンのピボーテを配したのである。この190㌢の長身ミッドフィルダーが前線で効果的に動き、ボールをキープし、イニエスタとのパス交換でチャンスを築こうと奮戦した。

シャビの無回転ミドルがブッフォンに弾かれポストを叩き、右サイド深くをナバスが抉る等ゴールの香りが漂い、劇的なスペイン勝利のフィナーレの予感も感じたがとうとう両者ネットを揺らせず、120分の死闘を終えてフットボール・ロシアン・ルーレットでファイナル進出へのチケットを争うこととなった。

ここで詳細は記さないが、7人目にイタリアはボヌッチが右上にフカしてしまい、スペインはナバスがそのプレイスタイル同様、勢い良く左下隅に蹴り込み(あの勢い、ボールスピードではブッフォンはノーチャンスだった)死闘に終止符を打った。

負けない“ラ・ロハ”。

そしてファイナルは、世界が望む現王者と元王者(ウルグアイを2-1で下したセレソン)との久しぶりのビッグ・マッチとなった。セレソン的には“マラカナンの悲劇”を拭い去るにはまたとない相手。

世界が感嘆するスペクタクルにならんことを願うだけである。

 

ナバス

ラ・ロハ

みんなキックが上手いです。

全くハズす感じがありませんでしたね。イタリア1人目のカンドレーバに“クッキアイオ”で決められましたが、シャビが返す刀を冷静に右隅にブッフォンの逆を取って沈め流れを戻しました。

 

カシージャス&ブッフォン

カシージャス&ブッフォン

健闘を讃えあう両カピタン守護神。

『聖』イケルは覇気がないような印象をい受けましたが、勝ち切りファイナルへ。しかし、延長戦でも決着が付かないゲームをライブ観戦していては遅刻してしまいますね~。

トホホ・・・(笑)。

ナイジェリアを軽く一蹴

イニエスタ

ナイジェリアは良かった。

独特のリズムと長い足、スピードとフィジカルの強さもスペインより上だ。しかし、キックオフ早々にジョルディ・アルバ(左サイドバック)にゴールに蹴り込まれグループステージ突破が厳しくなった。

どこぞの国と同じ。哀しい程に似ている。

スペインは酷暑もあってか、この試合はほぼ何もしていないと思う。それでも、アルバが決めて優位に事を運ぶ。後半半ばに途中出場したボーズ頭のイケメンがディフェンダーの裏からスルスルと飛び出して、左からのペドロのクロスをヘッドで合わせ2-0とし試合を決めた。追い付くチャンスを逃していたヤング・イーグルス。決定機で決めないから離される。

どこぞの国と同じ。哀しい程に似ている。

終了間際にまたもやアルバが、今度は単騎独走。キーパーをキックフェイントで出し抜き無人のゴールへ難なくボールを流し込み、世界王者はセミファイナルへと駒を進めた。

ブラジルもそうだが、世界のトップはゴールを決める術を数多く持っている。

フットボールはネットを揺らすためのゲームだ。そして、セミファイナルは欧州対決、南米対決と決まった。おそらくファイナルは現王者と元王者の対戦となるだろう。

どちらがゴールを多く決めるか?

僕は、セレソンが勝つのではないかと思っています。

Competition for “Neymar” by “Neymar”

ネイマール①

ネイマール②

ネイマール③

コンフェデレーションズカップ・グループステージ・最終節、ブラジルVSイタリア@アレーナ・フォンチノヴァ。

ネイマールが止まりません。

自ら得たFKを、美しい一発で沈めイタリアを粉砕しました。

後半早々に1ー1に追い付かれた後の貴重な一発。クラックに相応しい、1・2戦のゴラッソなボレーも秀逸でしたが、このフリーキックも甲乙付け難いです。

これで3戦連発。

大会前に決まったバルサ入団も良い影響を与えているのかもしれませんね。この調子で、スペインとのファイナルを観たいものです。

ゲームは4ー2でブラジルが勝利。日本の体たらくに苛立っていましたが、世界のトップオブトップを観てスカっとしまた。

さぁ〜、未明はスペイン。よもや、ナイジェリアに遅れはとりませんよね。じっくり観たいと思います。

 

ネイマール&バロテッリ

まだ、イマイチなスーパーマリオとの1ショット。

仲良さげですなぁ〜。

バロッテッリにも期待したものです。

『日本らしくしっかり負けた』

カガワくん

自嘲気味に言ったカガワくん。

3連敗が意味するものは何だろう?

ブラジル戦はヘビに睨まれたカエル。イタリア戦は窮鼠、少し猫を噛む。メキシコ戦はなんと表現できるだろうか?無為に過ごした90分。

選手個々も問題だが、指揮官の無能ぶりも見過ごすことは出来ない。

ザッケローニは更迭がふさわしい。

選手交代での期待、ピッチへ明確な指示をこのミステルは出すことが出来ない。ズルズルと『失点してしまうだろうなぁ〜』と思って観ていると間違いなく失点してしまう。疲労の色が濃く出始め、押し込まれると踏ん張れずバタバタと失点してしまう。

カガワくんの同僚、チチャリートに2発(あやわハットトリック。PK を川島くんが止めて事無きを得た)沈められ、ほとんど抵抗もせず(動けなかった)終了間際の岡崎くんの無意味なゴール(オフサイドだった)のみに終わり、勝ち点0でブラジルを去ることとなった。

試合後、『大会への準備は万全ではなかった』と言ったザッケローニ。万全ではない本田くんや長友くん、長谷部キャプテンに頼るしか能がない指揮官など不要だ。ゲーム中も後手後手で効果的な交代策を示せず、無能ぶりを世界に晒してしまった。

『個』の力が圧倒的に不足していると言った本田くんの言葉は正しい。ブロックを引いて、カウンターを狙うしかないのだろうか?

あと1年。

ドローに恵まれればグループステージは突破できるかもしれない。しかし、世界で賞讃を得つつ勝つフットボールは、今のままでは望外の極みだ。

『ザッケローニ』、全ての元凶がココにある。

あと1年もある。

新しい指揮官で臨むことは可能なハズだ。今すぐ、指揮官を代える。話しはそれからだ。

 

サポーター

3戦ともライブ放送を観ましたが、メキシコ戦が一番怒りにプルプル震えました。ふう〜。

応援、ありがとう。

セレソン、ブラジルの至宝は絶好調ですね。羨ましい〜。

繰り返す過ち

敗北

コンフェデレーションズカップ・グループステージ第2節、イタリアVS日本@アレナ・ペルナンブーコ。

インテンシティとスキル、アジリティは存分に発揮した。

このチームは十分ヤレる。しかし、“それ”は3年も前から変わらない。進歩がない、いやそれどころか後退しているかもしれない。この敗戦を糧に、良い経験として、次に活かしていかなければならない・・・。

何度繰り返すのだろう?

ラッキーなペナルティで幸先良く先制した日本。カガワくんの巧みで素晴らしいエリア内でのボレーも炸裂し2ー0となった。ブラジル戦の汚名を返上するかに思えたイタリア戦。しかし、それは40分までだった。

ほんの僅かな“スキ”をピルロに素早く付かれ、あっけなくコーナーキックから失点してしまった。繰り返されるセットプレイからの失点。

結果論ではなく、フットボールを知っている人なら誰もが“危ない”と思ったハズだ。のんびり給水している場合ではない。前半終了間際のセットプレイなんだ。何より集中が求められる時間帯、それにも係わらずマークを外してしまい、強烈なヘッドをフリーで叩き込まれ2ー1とされた。

この試合の流れでは、2ー0、3ー0で折り返さなければならない。相手はワールドカップ優勝4度を誇るヨーロッパの列強だ。低レヴェルなアジアのゲームではないのだ。

しかしハーフタイム、立て直す時間はある。どのような指示が出たか興味が尽きない。

前半終了間際の痛過ぎる失点だったが、まだ1点リードしての残り45分。訪れるであろう、後半開始早々からの攻められる時間帯を凌げば“勝ち点3”をモノに出来る。極東の片隅で、そのように考えていたが、脆くもあっけなく崩れ去ってしまった。

落ち着いて、失点しないように入っていったと思うが、何やらフワリとして、吉田くんの拙過ぎる対応から敢えなくオウンゴールを献上してしまい、続けザマにキャプテンの不運なハンドで、後半開始早々一瞬にしてビハインドを背負うこととなった。

シャイでは済まされない。

ナイーブ過ぎて、顔が赤くなる。まだ30分以上時間は残されていたが、このあとの展開は想像できなかった。

攻める、日本。

今日のデキなら・・・と思わないでもなかったが、まさかセットプレイで追い付くとは思わなかった。岡崎くんの会心のヘッド一閃、3ー3でゲームはカオスへ突入した。

俄に活気づく、日本。

さらに攻める。本田くんのドリブルシュートはブッフォンに弾かれ、キャプテンのミドルは枠を外れた。岡崎くんのシュートが右ポストを叩き、跳ね返ったボールをカガワくんがヘッドで合わせるもバーに弾かれる。

イタリアは完全に足が止まってしまい“勝ち点1”でもいい雰囲気だったが、終了間際にマルキージオからジョビンコの、最後のエネルギーを振り絞った渾身の一撃で日本は痛過ぎる決め切れないツケを支払うこととなった。

4失点していてはどこにも勝てない。

カガワくんは十二分に通用していた。本田くんとも連携が取れていた。岡崎くんは右サイドが合っている。遠藤くんも長谷部キャプテンも要所で効いていた(あとはミドルシュートを枠に飛ばすだけだ)。長友くんも内田くんもイタリアのサイド攻撃をほとんど許していない。足りないのは安定感のある2枚のセントラルとスーパーなガーディアン、ボールを収めることが出来るストライカーだ。

“強豪に善戦した”で大騒ぎするのはもう止めにしよう。10年以上前から善戦しているのだ。その先の素晴らしい“勝ち点3”を、取りこぼすことが出来ない“勝ち点3”を、まだ見ぬネクストステージへのチケットを手に入れる為に必要な“何か”は白日の下に晒されている。

フットボールの祭典まであと356日。

ポゼッションで、枠内外のシュート数でどれほど大きく上回っても意味はない。残された時間は多くない。

 

本田くん

今回は右に蹴ったペナルティ。

次は流れからのゴールが観たい。

 

カガワくん

カガワくん2

ワールドクラスの秀逸過ぎるボレー。

今日は終止ボールに絡み、効果的なプレイでチームを牽引していたカガワくん。代表でのプレイでベストだったか?

文句なしマン・オブ・ザ・マッチ。

 

痛過ぎる失点

一瞬のスキ。

繰り返される過ち。

 

オウンゴール

一瞬で台無しになった緩過ぎるプレイのツケ。

 

バロテッリ

不運なハンドでリードを吐き出す。

 

岡崎くん

起死回生の一発。

その後のアタックで得点出来ていれば。タラ・レバは無意味だが。

 

ジョビンコ

往年のイタリアを彷彿させるカウンター一閃。

これが世界のトップ、一発でゲームをモノにした。

 

アッズーリ

やはり凄い。

 

オフサイド

オフサイドで幻のゴールだった吉田くんの押し込み。

プレミアでの経験を活かして、ディフェンスで頑張って欲しい。

 

マン・オブ・ザ・マッチ

意味の無いマン・オブ・ザ・マッチ。

明らかにこの表情が物語っている。

 

ザッケローニ

置物のように動けず、無能力を曝け出したザッケローニ。

プランデッリ(途中出場したジョビンコ等で決勝点を上げた)とは対照的な、全く機能しないミステルに期待するのも止めにしよう。中村くんをアディショナルタイムに投入してどうするつもりなんだ!?

哀しくなるほど、ホント駄目だ。

悔しい。

その男、ゾオン系の能力者!?

コンフェデレーションズカップ・グループステージ・第1節、イタリアVSメキシコ@マラカナン・スタジアム。

第四の男(個人的に・・・)がやってくれました。

アンドレア・ピルロのアーティスティックなフリーキック(バロテッリが得た)で先制したアッズーリでしたが、ジオバンニ・ドス・サントスをエリア内で倒してしまい追い付かれてしまいます。

そして、78分。エリア中央で浮き球に前へ反応したスーパー・マリオが素早く右足を振り抜き、ゴールネットを揺らしました。

屈強で速く、そして時には柔らかいタッチも可能なスーパー・マリオ。この日は、前線でも守備をしたり、エリア内で倒されたり(ファウルは貰えませんでしたが・・・)と活躍していました。

そして、もっとスーパーな、ゴキゲンなプレイで楽しませてほしいものです。

ちなみにゲーム後、ミステル・プランデッリに、

『筋肉を見せるのをやめなければいけない。イエローカードが大きなことだということを、彼は理解しなければならない』

と嗜められていましたが、本人は、

『監督は正しいよ。でも、イエローカード2枚で次節出場停止というルールを知らなかったんだ。次はもうやらないよ』

と返しました。おいおい・・・。

たぶん別で2枚目のイエローを貰うことでしょう。

次節の日本戦では、ギア・セカンドで爆発するでしょうかね?。色んな意味でやっかいな男に違いありません。

 

バロテッリ

歓喜の発露、ユニフォームを脱ぐパフォーマンスくらい別に言いいと思うんだけどなぁ~。醜いオッサンの身体じゃないんだし・・・。