7-0

MSN

M&S

MS爆発。

メッシのハットトリックとスアレスのポーケル。弱い者イジメになってしまいましたが、今シーズンもファイナルへの到達が確定したミッドウィークの素敵な朝となりました(セカンドレグがありますがね)。

2015-2016・コパ・デル・レイ・セミファイナル・ファーストレグ、バルセロナVSバレンシア@カンプ・ノウ。

7分、センターライン付近でネイマールがボールを奪取(複数でのプレスが効いていました)しショートカウンターが炸裂。そのまま中央をドリブルしたネイマールが右前を走っていたスアレスにボールを出して、エリア内侵入前にボールを受けたスアレスがワンタッチから豪快に蹴り込みあっけなく先制しました。その5分後にはブスケツがフリーのアレイシュ・ビダルに浮きパスを通し、ビダルがマイナスに戻したボールをまたまたバルサが誇るNo9が豪快にゴール左隅上の蹴り込んで2-0に。続く3点目は、29分にバルサらしい美しいアタッキング・サードでの崩しから生まれました。いつものように、ドン・アンドレスが左サイドをドリブルで切り裂きネイマールへ叩いた刹那、ネイマールがヒールでさらに中へ出したボールにスアレスとメッシが反応。スアレスがスルーしたボールをメッシが受けて慎重にゴール左に蹴り込みゲームを殺しました。

パーフェクト。

終了間際には、メッシのクロスバー直撃やメッシがエリア内で倒され得たペナルティ(ネイマールが蹴りましたが右ポストに当てて失敗)などがあり後半へ。メッシのペナルティ時にレッドカードが出され10人となったバレンシア相手では、弱い者イジメとなってしまいましたね。

リーガに続いての数的優位を得たバルサ。バレンシアにアトレティコのようなガッツは見られずメッシとスアレスがそれぞれ2発づつ追加しカンプ・ノウはゴールラッシュでお祭りとなりました。

バレンシアのキーパーのヤル気が酷かったかなぁ。

ネビル兄貴が就任しても全く浮上の気配がないバレンシアを蹂躙し(ネビル兄貴の就任が決まった直後のリーガで対戦したときの借りをキッチリと清算です)、今シーズンも一つのコンペティションでファイナル進出が決定し大満足。

あとは、『クラシコ』@カンプ・ノウまでリーガでの取り零しを無くし、いよいよ今月のアーセナル戦に臨むばかりです。このままいけば難なくガナーズを粉砕できる感じですが、油断は禁物です。インテンシティを落とさずエミレーツでのアウェイゴールを期待しましょう。

 

ネイマール

唯一の反省点はネイマールのPK失敗。

決めるときに決めないと。そして、助走を取らないキックスタイルの変更を希望します。

 

メッシ

メッシ

メッシ

量産体制に入ったレオ・メッシ。

 

スアレス

スアレス1

スアレス

強さと上手さを兼ね備えた、バルサ史上ナンバー1の9番になる階段を確実に登っているスアレス。

 

M&N

MSN

トップフォームに近づきつつあるMSN。

あとはネイマールのゴールのみか。そして、このまま怪我せずシーズンを走り切ってもらいたいものですね。

簡単にはいかない

MSN

それでもファイナル4へ。

2015-2016・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSアスレティック・ビルバオ@カンプ・ノウ。

12分。(いつものように高い)バックラインの裏を取られ失点し、雲行きが怪しくなりかけました。マテュー・・・(泣)。オフサイドを掛け損なう失態。ファーストレグでアウェイゴール2発奪ってますので、このままでもネクスト・ラウンド進出ですが、そこはホーム、カンプ・ノウ。ゴールレスは許されません。そしてようやく後半53分にネットを揺らすことに成功しました。

 

スアレス

スアレス1

セルジ・ロベルトがメッシにイニエスタのような浮きパスを通し、メッシは左サイド深部へ進入し中央へグランダーのクロス。詰めていたラキティッチには合いませんでしたが、右サイドにいたスアレスがクールに蹴り込んで追いつきました。

アグリゲート・スコア3-2。少し落ち着きましたかね。でもまだ安心できないなか、その瞬間は81分に訪れました。

 

ピケ

なんてことないアウヴェスのクロスにヘッドを沈めたジェラール・ピケ。

バルサらしくない1発で、ようやくこのゲームを殺してくれました。

ふう。

 

ネイマール

ネイマール

シュート前のドリブル時に足を踏まれてましたが、怒りの一撃炸裂。

この日もキレていたと思うネイマールがアディショナル・タイムに強烈な一発を見舞いネクスト・ラウンド進出に華を添えてくれました。

 

バルサ

アトレティコとのビッグ・マッチに備え、イニエスタもブスケツもお休みしたこの一戦。Mr.ポリバレント、セルジ・ロベルトくんがナイスでした。髪型変わった?。サイドバックでブレイク・スルーを果たした今シーズンですが、ちゃんとインテリオールも熟せますね。カンテラの薫陶はやはり偉大だ。

 

ルイス・エンリケ

『アスレティックがプレスをかけてくるのは分かっていたよ。彼らも我々もそれぞれのフットボール観に忠実にプレーしていた。抽選の時点からすでに嫌なカードだということは分かっていた。前半は我々のフットボールをさせてもらえなかった』

『逆に後半になるとより攻められるようになり、チームで話していたことをすべてやれた。後半に選手たちが見せてくれたリアクションを讃えたい。我々のファンの後押しも受けて素晴らしい後半を戦うことができたのは大満足だ。ファイナル進出も楽ではないだろうね』

と語ったルイス・エンリケ。

アトレティコがセルタに敗れ、コパ連覇の視界は良好。週末にアトレティコを沈め重要な2月へ突入してもらいたいものですね。

MS不在でも先勝

ネイマール

S&N

スアレスが出場停止(2試合)及びメッシの離脱(軽傷?)のなか、要塞サン・マメス・バリアで2ゴールは大きい。

不満は、終了間際に不用意なアウヴェスのミスからの失点とwowowがコパを放送しないことだ。

2015-2016・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・ファーストレグ、アスレティック・ビルバオVSバルセロナ@サン・マメス・バリア。

そんなに褒められたゲームではなかった(特に後半)と思いますが、若駒ムニルとネイマールのラッキー・ゴールで先勝です。

 

ムニル

18分。右サイドセンターライン付近でのアルダの秀逸な溜めからのパスに、(そのアルダに渡して自陣から駆け出していた)ラキティッチが反応し、そのまま高速グラウンダーを入れて、それにダイレクトで合わせたムニル。

ヤレばできる。

スアレスの代わりに入ったセンターで結果(コパで5ゴール目)を残しました。

 

ネイマール

ネイマール

24分のネイマールのラッキーなゴール。

キーパーに引っ掛かりかけましたが、上手くボールが溢れましたね。

その後のバルサは正直、いただけませんでしたが・・・。

 

シュテーゲン

アウヴェスのありえないミスから1点返され、同点のピンチを救ったシュテーゲン。

相手コーナーキックからニアのフリックも掻き出したり、このゲームでは当たってました。

 

アルダ

スキルフルなアルダ。

ラキティッチへの秀逸なパスでした。あとは、90分間でプレゼンスを発揮して欲しいものです。

 

バルサ

MS不在での先勝。

よもやカンプ・ノウで失態はするまい。しかし、アウヴェスはビダルに代わるかなぁ。あとwowow。今シーズンは何故放送しないのか(怒)。ユーチューブで課金しないと観れないのが返す返すも腹立たしい。

まさかマドリーが早々に失格したから・・・なんて理由じゃないよね?