ワールドカップの“最高の去り方”

オランダVSコスタリカ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、オランダVSコスタリカ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

結論から書いてしまうが、ブラジル発、コスタリカのフェアリー・テイルは、90分間(延長の120分間含め)では敗れることなくページを閉じることとなった。

本当に素晴らしいチームだった。

このゲームでも、単に引いて守るのではなく、最終ラインを高く設定し(オランダを10回以上ものオフサイドの網に引っ掛けた)、好守にメリハリが効いていた。

今大会の最高のGKかは分からないが、レバンテの守護神でもあるケイラー・ナバスが神懸かったセーブを連発。ポストやクロスバーの助けも借りて、ファン・ペルシーやスナイデルのシュートの雨を弾き返し、120分間のオレンジの凄まじい猛攻に耐え凌ぎ、1発勝負のペナルティキック合戦までチームを導いた。

ウルグアイとイタリアを沈め、オランダには得点を許さなかった。専守防衛(プライオリティは守備ではあるが)のみのバス横付けではない。チャンスとみるや勇敢にカウンター・アタックを仕掛け、決定機を創造し、オランダが大西洋を渡ることとなってもおかしくない状況を生み出した。

賞讃しかないだろう。

誰1人サボることなく献身的に走り、懸命に身を投げ出し、持てるもの全てを出し尽くし、観る者を味方に引き込みようやくここまで辿り着いたのだ。多少の運にも恵まれたかもしれないが、身体能力とスキルに劣るアウトサイダーが、ソリッドにコレクティブに闘い抜いた証左といえるだろう。

代表はこうでなければならない。

これでこそ眠らずに、声を枯らし、懸命に応援したかいがあるというものだ。

このゲームを視聴して、僕はそう思わずにはいられなかった。そして、日本代表に改めて忸怩たる思いを想起させた。

「自分たちのサッカー」を掲げ、講釈を述べるはかまわない。僕にも思う、信奉するプレイスタイルはある。しかし、それには「全てを出し切って」という枕詞がなければならない。戦う姿勢と矜持、全てを出し切るメンタリティがサムライ・ブルーには足りない(ように見える)。

ヨーロッパでプレイし、小洒落たスキルとマインドを持ったプレイヤーが増えた日本代表は、次のステージに確実に進化した。そしてその次へ。精神論を語る人間には嫌悪を抱くが、「全てを出し切る」という簡単かつ難しいメンタルとアクトに立ち戻って、ロシアの舞台に立ってもらいたいと痛切に思った日曜日の朝となった。

コスタリカ代表に、心から惜しみない拍手を贈りたいと思う。

 

コスタリカ代表

ケイラー・ナバス

ケイラー・ナバス

シェイクハンド

コスタリカ代表

我々はピッチで全てを出してきた。このゲームでもそうだ。全員が最高の仕事をしたんだ。歴史を作り、そして今夜また新しい歴史の扉を開きかけた。今大会において最高のアタッカー陣を擁するオランダ相手に、120分間では負けなかったんだ。最後の結果は“クソ”だったが、おそらくワールドカップの舞台から去る31チームの中で、最高の去り方だろう』

ユルゲン・クロップ流にコメントを書いてみた(笑)。そして、最後にこのオヤジのことは記しておかなければならないと思う。

 

ファン・ハール

『私は私だ。自信家であり、尊大であり、支配的であり、誠実であり、勤勉であり、革新的だ』と語ったことがある、神経症的な戦術の天才でもあろうルイス・ファン・ハール。

ここまで全てのゲームで素晴らしい指揮ぶりを披露し、オランダをここまで導いてきた。そして、このゲームでもアディショナル・タイム終了寸前で正GKのシュレッセンを第2GKのクルルと交代させ、そしてそのクルルがペナルティを2本止めて、見事その期待に応えた勝利した。

『GKにはそれぞれ異なった特徴がある。ティム(・クルル)は手が一番長く、PKをストップするのに適しており、止めるのもうまい。それがうまくいかなかったら、私の交代策は失敗と見なされる。それがフットボールの世界というものだ』

『試合中、ロン・フラールは膝を腫らしていた。ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ロビン・ファン・ペルシーも力を使い切っていた。交代策は少しトリッキーだった』とも語ったが、ドンピシャの采配となっている。

23人の招集メンバーのうち、21人をピッチに立たせ、過去にない結束力で頂点を目指すオレンジ軍団。セミファイナルの相手は『神』メッシのアルゼンチン。イグアインの僥倖(塩試合だったなぁ)で勝ち上がった冴えないアルゼンチンも凌駕しそうな勢いだ。

寝不足はまだ終わらない。

広告

クォーターファイナル決まる(とびきりの美人サポーターと共に)

ブラジルサポ

コロンビアサポ

ブラジルVSコロンビア

ブラジルの至宝対超新星。No10と母国の思いを背負う若き22歳のクラック対決。『マドリーが好きだ』と言ったハメス・ロドリゲスとバルサのネイマール。ここまであまり良いとは言えないながらも、勝ち上がってきたセレソン。母国大会でこんなところで負けることは許されません。

プレッシャーを撥ね除けた者だけに栄冠が。チリ戦でのネイマールの涙が気になりますが、栄冠はどちらの若者に?。

少しだけコロンビアが勝つような気もしています。トホホ・・・。

 

オランダサポ

コスタリカサポ

オランダVSコスタリカ

ポゼッションの母国オランダが超絶カウンターでここまで勝ち上がってきました。しかし引いて守る相手に弱いオランダ、苦戦必至。今大会キレキレのロッベン次第でしょうか。

それにしてもコスタリカの美人サポ、イイですね(笑)。ジャイアント・キリングに美人サポ。ブラジルはコスタリカの大会でもありました。ブラジル発のフェアリーテイルは、まだこの先へと続くのでしょうか?。

返す返すも、大会の直前のテストマッチでコスタリカに3-1で勝利していた我らが日本。ホント、やれやれです(泣)。

 

サラ

フランスサポ

ドイツVSフランス

こちらは欧州老舗対決。美人サポでお馴染みのサラが毎度応援するドイツ(シュバインシュタイガーをだろうけど)、一致団結した退屈なレ・ブルー、手強いかもしれません(全く観てませんが)。決戦当日、スタジアムの一区画は一流のモデルさん達でカラフルに彩られることとなるでしょう。

『ドイツはやはりドイツだった』

僕はドイツが勝つシーンしか思い浮かびません。

 

アルゼンチンサポ

ベルギーサポ

アルゼンチンVSベルギー

メッシがまた最後に仕事を果たすのか。はたまた、プレミア・ベルギーが新しい時代の扉を開くのか。

メッシとアザール、チームをネクストラウンドへ導くのは果たしてどちら?。ベルギーのゲームをほとんど観ておりません(アフロがヘッドを決めたゲームだけ観ました)が、今大会のアルゼンチンなら勝つことも可能でしょうね。それでも僕は、アルゼンチンにベットしたままです。

順当なベスト16の結果となった今大会。次のこのステージでは番狂わせがあるでしょうか?。ブラジル、オランダ、ドイツ、アルゼンチンとなればツマラナイ?。でもそうなる可能性が高いですよね。

いよいよ大詰めの@ブラジル、全てライブ視聴し歴史の一部を目撃したいと思います。

 

メキシコサポ

美人サポ備忘録番外編。

メキシコ、惜しかったですね。コスタリカサポとこの可愛いメキシコサポがブラジルの地でひと際輝いた大会前半。後半はどうなる?。しかし、美人サポで、プレイヤーの彼女は駄目ですよね。

おしまい。

ジャイアント・キリング

コスタリカ

コスタリカ

アツいゼ!!。

羨まし過ぎる快進撃。

2014・ブラジルワールドカップ・グループD・第2戦、イタリアVSコスタリカ@アレーナ・ペルナンブーコ・スタジアム。

イングランド、イタリア、ウルグアイ、そしてコスタリカ。

コスタリカを除く3国はワールドカップ優勝経験のある列強。そんな“死のグループ”に入ったアウトサイダー・コスタリカが、何と初戦のウルグアイ戦(3-1で勝利)に続きアッズーリをも飲み込み2連勝でグループ・ステージ突破を果たしました。

素晴らしいですね。

事前の強化試合では我らが日本代表にも敗れていたのに。

確かにイタリアは重かったです。しかしそれは言い訳でしょう。前半終了間際に1発をモノにし、後半も果敢に攻めていました。これぞ「自分たちのサッカー」ってやつでしょう。

『我々が何者か、世界はようやく理解してくれたはずだ。だが、コスタリカはまだまだ皆さんを驚かせるよ』と語ったピント、コスタリカ監督(誰???笑い)。

この快進撃の余波でイングランドは最終戦を待たずにゴーホームとなりました。

分からないものです。

これだからフットボールは面白い。

事前に日本に敗れ叩かれ、酷評されての臥薪嘗胆。かたやサムライ・ブルーは何となくイケるんじゃないかというヌルい期待とともに沈んだ現状を目の当たりにすると、越後屋さんだけでなく(他にも警鐘を鳴らしていた評論家はいるでしょうが)もっと我々が危機感を持って、愛情を持って叩かなければならないのかもしれません。

単にマグレではなく、素晴らしいジャイアントキリング2発で決勝トーナメントに進んだコスタリカ。

こうなったらもう少し列強を苦しめるシーンを観てみたいものです。

お見事!!。

 

コスタリカ

コスタリカ

コスタリカ

直前にあったペナルティエリア内でのシーンで、ペナルティの笛を吹いて貰えずの中の間隙を付く秀逸な1発。

ただただ素晴らしいの一言。

 

バロテッリ

戦前に、コスタリカを倒したならば(イングランドはイタリアが勝たないと可能性が消えてしまうため)『エリザベス女王にほっぺにキスを貰いたい』とお馬鹿なツイートをしたスーパー・マリオ。

シュートを撃たないとネットを揺らせませんよ、ったく。

そして、最終戦はスアレスが復帰し(イングランド相手に2発を沈めた)復活を果たしたウルグアイとのファイナル。

勝ち抜けるのはイタリアかウルグアイか?。引き分けでも突破するアッズーリが有利ではあるが、引き分けを狙うようではゴーホームでしょうね。

インテンシティ溢れるアツいゲームを観たいものです。