フットボールには全てを忘れさせてくれる夜がある

ロブレン

クロップ

年に何回かだけ、そういうゲームを観ることができる。

凄いゲームだった。

2015-2016・ヨーロッパリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、リヴァプールVSドルトムント@アンフィールド。

開始10分も経たずに、ドルトムントにショート・カウンターから2発見舞われた。普通ならこれでノックアウトだろう。リヴァプールが勝ち抜けするためには、3発返す必要ができたのだから。ましてや相手は、マドリーを沈めたこともあるヨーロッパでもトップクラスの鋭利なカウンターを持つドルトムント。前掛かりになればその裏をオバメヤンに、ロイスに、ムヒタリャンに突かれることとなる。実際、危ないシーンが前半終了間際に起こった。まったく期待できないキーパー・ミュニョレが、奇跡的に折り返しを指で触れて首の皮一枚サヴァイブした。

肝心の攻めでは、手数は見せたがクリーンヒットすることはなかった。6ラウンドを終えての採点は、ドルトムントが圧倒的にリードしていた。そして7ラウンド目のゴング。後半開始早々の48分に一発返すことに成功する。ドルトムントのお株を奪うようなショート・カウンター。裏に抜け出たオリギがトゥキックでヴァイデンフェラーの股を抜いて、ゲームは活気付いた。

しかし、その9分後にまたまた綺麗な一発を喰らいリング中央でダウン。最終ラインからドリブルで持ち上がったフンメルスのスルーパスに抜け出したロイスに、ダイレクトで美しい一発をゴール右隅に突き刺され1-3とされた。

アグリゲート・スコア2-4。

カウント・セブンくらいで立ち上がっただろうか。勝ち抜けにはまたまたあと3発必要となったが、レッズの目は死んでなかった。ハーフタイムでクロップが語りかけた言葉、『子孫に代々語り継げるような瞬間を作り出そう。ファンのために特別な夜を作り出そう』を信じ、誰一人欠けることなく全員が団結した。

怖れず、怯まず、自分たちを信じ攻める。アンフィールドを埋め尽くした12人目の選手たちの思いに応えるために、懸命にピッチを走った。66分。中盤で自由を得たコウチーニョがエリア手前中央にいたミルナーに預けワンツーからのボールを美しく強烈にゴール右に蹴り込みドルトムントからダウンを奪う。俄然勢い付くレッズ。交代で(カガワくんが引っ込んだのだが)何とかしようとしたドルトムント。しかしこのクリンチも効果はなく、その交代後すぐにCKからサコーがヘッドでネットを揺らし、ゲームはカオスへ突入することとなった。

残りは時間は、10分とアディショナル・タイム。

ラウンド11。ドルトムントは足にきていた。フンメルスは『3-1とした後、これで決まりだと思ってしまったんだ。アグレッシブな守備がなくなった。3-2とされてフットボールができなくなった。怖くなってしまったようだ』とコメントしていたが、完全に飲み込まれたと思う。そんななか、それでも90分まできた。フラフラになりながらも判定で勝ち上がるとこまであとちょっとだった。しかし、ゲームはこのままでは終わらなかった。

最終ラウンドの91分。右サイドで得たFKを直接放り込むことはせずに、ガラ空きの右サイド前に走り込んだスタリッジにボールを出して、スタリッジが秀逸なヒールからディフェンダーの股を抜いてフリーで走り込んできたミルナーに繋ぎ、ミルナーが丁寧に上げたクロスをファーサイドで待ち構えていたロブレンがヘッドを突き刺し、テンカウントを数えることとなった(ラストプレイでギュンンドアンがFKを決めそうにはなったが枠を僅かに捉えることができなかった)。

ユルゲン・クロップは、

『ドルトムントのカウンターは守れない時がある。4分、9分と決められた。それで試合終了ということもフットボールでは少なくない。だが、ここでは(アンフィールド)、このリヴァプールというチームとの試合では、そうじゃない』

『(3点目を決められてから)選手たちは闘志を見せた。素晴らしかったね。最上級の質を持つチームを相手に、こういう試合で挽回するには運も少し必要だ。だが、試合を見た人なら最終的に(勝利は)妥当だったと言うだろう』

『(アンフィールドは)見事な雰囲気だった。我々が一緒に成長していくために、こういう経験は必要なんだ。これで我々は一つの節目となるような試合をした。本当に良いことだ』

とコメントした。

『この試合は、自分たちが相手に譲ってしまったようなものだ。もちろん、巻き返す力も一つのクオリティーだけど、3-1になった後も集中していたら、彼らの挽回はなかったはずだ』と語ったフンメルス。

ゲーム前に2点は獲る。獲りに行かなければならないと語っていたトゥヘルが、

『言葉にするのは難しい。後半は大敗してしまった。後半だけで4失点したんだからね。もちろん、自分たちに求めるレベルに達することができなかったということだ。何としてでも次に進みたかったのだが、今日はそれを実現できなかった』

『長時間にわたって我々にとって良い流れのようだったが、終盤に何も失うものがない相手に敗れることとなった。相手を軽視?、それはない。ただ、3点目を決めてからももっと前を向いて、勇敢にプレーしなければいけなかった。特に自分たちがボールを持っているときにね』と総括した壮絶な殴り合いとなった一戦は、リヴァプールで長く語り継がれるであろう素晴らしい打ち合いとなった一戦だった。

 

ムヒタリャン

オバメヤン

カガワくんも絡んだムヒタリャンの1点目とロイスのスルーパスに抜け出したオバメヤンの2点目。

 

ロイス

ロイスが決めた美しい3点目。

ドルトムントはまだヨーロッパのトップのクオリティを秘めていることを改めて実感したゲームだったが・・・。

 

ドルトムント

ドルトムント

このゲームではグッド・ルーザーとなった。

 

オリギ

クロップの期待に見事なゴールで応えたオリギ。

 

コウチーニョ

反撃の狼煙を上げたコウチーニョの美しい一発。

 

サコー

本職のディフェンスではイマイチだったサコーの同点弾。

 

ロブレン

リヴァプール

最後の奇跡の一発は、アンフィールドを埋め尽くしたサポーターに捧げられた魂のヘッドだった。

 

クロップ

ユルゲン・クロップとレッズが奏でるヘヴィ・メタルの調は、僕にとってはなんとも心地よく響く。次の相手は、スペインのイエロー・サブマリン。このままELを制して、来シーズンはCLにカムバックして欲しいと心から願う。

広告

フットボーラーだって人間だもの

クロップ

クロップ

情熱的でユーモアがあって人情味溢れる指揮官のもと、信頼されて快適で結果が出てくれば自信も取り戻す。

2015-2016・プレミアリーグ第13節、マン・シティVSリヴァプール@エティハド・スタジアム。

『クラシコ』のあとに連続で録画視聴しましたが、ユルゲン・クロップは数多のマネージャーたちに無い何かを持っているのでしょう。『完璧にはほど遠いが、とても、とても良かった』と語ったように、まだまだ改善の余地(特にフィニッシュ)があるレッズでしたが、走る走る走る。

run and run、more run。

それもプレミア仕様に、ドルトムント時代よりメリハリが効いていたと思います。ネイマールとタメのコウチーニョが完全復活し、ララーナがガス欠せずにピッチを駆け回る。ミルナーに至っては、何かに取り憑かれたかのようなアップ&ダウン。正直、世界最高峰の華麗なフットボールではありませんが、観る者に訴えかけるエモーショナルに溢れていました。

そんなクロップ・レッズにフットボールの女神も微笑み、ラッキーなオウンゴールで先制(コウチーニョが必死戻ってディフェンスしボールを奪ってからのゴールだった)したこのゲーム。コウチーニョの秀逸な股抜きの一撃(フィルミーニョが必死に走って繋いだゴールだった)で加点し、オフサイドぎりぎりで3点目をゲット(チャンの秀逸なヒールに抜け出したコウチーニョのアシストからのゴールだった)した前半。終了間際にアグエロの美し過ぎるゴラッソで1点返されましたが、後半も泥臭く粘って(バックパスをスターリングに掻っ攫われアグエロにシュートを撃たれたが懸命に戻ってきて必死でスライディングしたりと)耐え凌ぎ、コーナーキックからの溢れ球を蹴り込みマンチェスターから勝ち点3を持って帰還しました。

(陳腐ですが)素晴らしいの一言。

スタンフォード・ブリッジに続きエティハドからも勝ち点3を持ち帰り、勝ち点を20としたレッズ。4位のガナーズとは勝ち点差6。3分の1が終わっただけのリーグ戦。もちろん、トップ4で終える可能性もあるし、過酷なマッチ・スケジュールだけに脱落していく可能性もありますが、観る者を熱くするゲームに、ニュートラルな僕でさえ期待せずにはいられません。

クロップが志向するヘヴィ・メタル・フットボールは、レッズにこれから何かを齎すでしょう。ロジャースが3年間掛けても成し得なかった、対トップ4のアウェイでの二つ目の勝ち点3を早くも成し遂げた愛すべきユルゲン・クロップ。

格上に滅法強いアンダー・ドッグの逆襲が痛快なユルゲン・クロップのフットボールから目が離せなくなってきました。

 

Manchester-City-vs-Liverpool

団結。

俺たちはテロに屈しない。

 

コウチーニョ

フィルミーノ

シュクルテル

ネットを揺らし始めたレッズ。

あとは引いて守る格下相手にどうするかです。

 

アグエロ

イニエスタのゴラッソに続いてアグエロの美しい一発も観れた日曜の幸せ。

フットボールって素晴らしい!!。

 

クロップ

『資金的には、誰もバイエルン・ミュンヘンに対抗することはできなかった。だがピッチ上ではもちろん対抗することもできた。それこそがフットボールに関して私の最も大好きなことだ。どれだけ出費するかが重要なわけではない。何をしたいかだけが重要なんだ』

『だから当然ながら我々もシティと戦うことができるし、もちろん倒すこともできる。ドルトムントでもシティに勝ったことはあるし、アウェーでは引き分けた。彼らの方が金は持っていたが、それは成功の一部でしかない。残りは努力することだ』

とゲーム前に秀逸なコメントをしていたユルゲン・クロップ。粕谷さんですら絶賛する愛すべきユルゲン・クロップ。

 

クロップ

ドルトムント時代に仕事する可能性があったデ・ブライネとゲーム前に談笑。

 

クロップ

ゲーム後には、必ずピッチに入って敵にはシェイク・ハンド、味方にはハグ。

人間味溢れるところも魅力的だ。

Stage 4

モウリーニョ

年末まで持つだろうか?。

2015-2016・プレミアリーグ第11節、チェルシーVSリヴァプール@スタンフォード・ブリッジ。

開始早々の4分に先制したにもかかわらず・・・。前半アディショナル・タイムに緩すぎる守備からコウチーニョにゴラッソを沈められ1-1で折り返し。笛吹けど踊らずか。

60分を過ぎたあたりでベンテケが入って高さと強さを得たレッズ。この采配が完璧に機能し、ブルーズはベンテケに手を焼いていた。そして74分、ベンテケの落としからボールを受けたコウチーニョがこの日2発目を今度は右足で沈め(テリーのお腹に当たってコースが変わったけれど)完全に意気消沈してしまった。

ジエゴ・コスタは豚のようにノロマで、アザール(後半早々に替えられた)は孤立しオスカル(後半は盛り返したが)は消えていた。ウィリアン一人奮闘していたが、一人では不可能だ。ラミレスは先制点を上げただけで、ミケルは論外。替わって入ったセスクもほとんど流れを変えられず。そして最も悲惨だったのが2枚のセントラル。テリーとケイヒルにスピードもパワーもガッツも見られなかった。

82分には、さして速くもないカウンターもどきから簡単にベンテケにゴールを許してしまいジ・エンド。リヴァプールが良かったとは到底思えないこの試合で、いとも簡単に失点してしまう。自信を失い、ズルズル後退し、脆くも決壊する。

ゲーム中、何度も『ジョゼ・モウリーニョ』チャントが響き渡っていたが、モウリーニョを擁護するよりはチームを鼓舞した方がイイと思うのだれど・・・。プレイするのはプレイヤーだ。モウリーニョを擁護しても始まらない。

11試合で6敗目を喫したモウリーニョ・チェルシー。解任されないのが不思議な惨状となってきたが、果たしてハッピー・ワンのセカンド・シーズンはどのような結末を迎えるだろうか。

冒頭のクラッテンバーグのジャッジを嘲笑するかのようなパフォーマンス画。2枚目のイエローを要求するより、自軍のパフォーマンスを省みた方がイイと思うのだけれど・・・。

 

ラミレス

左サイド深部を突破してきたアスピリクエタの丁寧なクロスを頭で沈めたまでは良かったが・・・。

如何せん4分の出来事だ、残り90分以上を完璧に熟すメンタルとフィジカルが今のチェルシーにはない。

 

モウリーニョ

自己顕示欲の塊がここに。

 

コウチーニョ

指揮官がこのまま1-0で折り返せるだろうと、ロッカールームに引き上げるところを嘲笑うコウチーニョのゴラッソ。一人躱されたあと、誰も詰めていかず難なく左足を振り抜かれあえなく失点。

うん、指揮官のあの態度はやはり問題だ。まだホイッスルは吹かれてなかったのだから。

 

コウチーニョ

無情にもゴールに吸い込まれていった2失点目。

解説の川勝さんが、あと一歩が・・・とおっしゃっていたが、まさにその通りだった。

 

チェルシー

手の施しようがないか。

自信喪失、疑心暗鬼、右往左往、迷走失意。今後のチェルシーの復活はあるだろうか。自らは絶対に辞めないモウリーニョ。どうなるか注目だ。

 

クロップ

プレミア初勝利を手にしたクロップ・リヴァプール。

チェルシー・サポとの口論をカメラに抜かれてたが、やっぱりアツいゼ、ユルゲン・クロップ(笑)。

まだまだだアクセル全開、ヘヴィ・メタル・フットボールにはほど遠いが、ベンテケはイイ。ドルトムント時代のレヴァンドフスキのような収めることができるワン・トップの可能性が見えた。

このまま流れに乗って、上位にも勝てればもしかするのだけれど。こちらは期待して見守って行きたいと思う。