エティハドに訪れた歓喜

デ・ブライネ

デ・ブライネ

デ・ブライネ

齎らしたのはこの男、ケビン・デ・ブライネ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、マンチェスター・シティVSパリ・サンジェルマン@エティハド。

美しい一撃だった。

76分。守備に戻ってきたカヴァーニを軽くワントラップで躱し振り抜いた右足一閃。カーブがかかった美しい軌道の一発がゴール右隅に突き刺さり、エティハドが揺れた。

前半に、アグエロが自ら得たPKをあろうことか枠内に蹴ることが出来ずどうなるかと思われたが、低調なパリにも助けられアウェイ・ゴールを許さず1-0(アグリゲート・スコア3-2)でネクスト・ラウンドへのチケットを手に入れることに成功した。

本当に美しいゴールだった。

ファーストレグでも豪快な一発でネットを揺らしていたデ・ブライネ。怪我から復帰してきたばかりだが、マン・シティを初のファイナル4に導くゴール2つは長く語られることとなるだろう。

お見事だった。

 

ブラン

オイル・マネー対決を制したマン・シティ。パリは、4シーズン連続でこのステージでの敗退。指揮官ローラン・ブランは何を思うだろう?。70%を越えてボールを持ってはいたが、失点を恐れ過ぎてはいなかったか?。ダビド・ルイスのサスペンションで取った苦肉の3バックは機能しなかった。一つのサイクルが終わりを告げるのだろう。

 

イブラヒモビッチ

またしてもヨーロッパを制することが叶わなかったズラタン王。

来シーズンは果してどこのチームに(マン・ユナイテッド?)いるだろうか?。

 

マン・シティ

おめでとう。

ライブ視聴して良かった。

ミスの代償

マン・シティ

イブラヒモビッチ

セカンドレグはどのような結末となるだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSマンチェスター・シティ@パルク・デ・プランス。

12分に早くもPK。ズラタンのキックをジョー・ハートがファイン・セーブでゲームは分からなくなった。圧倒的にボールを支配するパリ。カウンターからゴールを窺うマン・シティ。ヘスス・ナバスのクロスに頭で合わせたシルバのヘッドが枠を外れ、24分にはスルーパスに抜け出したズラタンがハートとの一対一のシーンで大きくフカしてしまう。ビッグネームも緊張するのだろうか。高いテンションのまま続く鍔迫り合い。そんななか、最初にネットを揺らしたのはアウェイのマン・シティだった。

 

デ・ブライネ

38分。

センターサークル付近でフェルナンジーニョがボールを奪取しそのままど真ん中をドリブルで突進。エリア手前で右サイドのデ・ブライネにボールを預け、エリア内でワン・トラップから豪快に右足を振り抜きネットを揺らした。マテュイディのパスミス、ダビド・ルイスのポジショニングミス。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴールを得たが、この3分後にフェルナンドの度し難いミスからゴールが生まれてしまった。

 

イブラヒモビッチ

41分。

色々なリプレイ映像を映している間にフェルナンドの軽いトラップミスをズラタンが引っ掛けそのままゴールにボールが転がって行って1-1となった。

両軍ともミスが失点に絡む。前半終了間際にパリにビッグチャンスが訪れたがまたマテュイディがクロスを上げ損ないスコアはそのまま後半へとなった。パリが押していた前半。パリの方が強いがフットボールは分からない。後半はどうなるだろう?。

 

ラビオ

59分。

左CKからカヴァーニがヘッド。そのボールはハートがセーブしたが、その溢れ球にラビオが詰めてパリがスコアを動かした。ズラタンはオフサイド・ポジションに居てプレイに関与したとも言えなくはないが、後ろから飛び込んできたラビオが押し込みパリがリードした。

攻めるパリ。ズラタンのヘッドがポスト角に当たったり、カバーニの叩きつけたシュートが枠を越えて行ったりと押し込んでいたが、次のゴールはマン・シティに訪れた。

 

フェルナンジーニョ

72分。

何気ないサニャの右からのクロスをオリエが足に当ててしまいチアゴ・シウヴァに当たって溢れたボールフェルナンジーニョがチアゴ・シウヴァに当てながらゴールに蹴り込み2-2となった。解説していた福田くんはこれもミスだと言っていたが、パリにとってはしょうもなくも痛過ぎる失点で、マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を得ることとなった。

両軍ともこのままネットを揺らせず、2-2でゲームを終えた。

 

ブラン

『我々は簡単にボールを失いすぎた。ただ、セカンドレグでも同じようなパフォーマンスができれば同じようにチャンスを作れるだろう。そうなったらゴールを決められると思う』

と語ったチュパチャプス・ブラン。

確かにパリの方が良いフットボールを披露していた。力は明らかに上だ。ただ、力が上だからと言ってネクスト・ラウンドへ進めるとは限らない。合計4発が生まれたこのゲーム。朝からライブ視聴したかいがあった面白い一戦だった。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を活かせるだろうか(守備が心許ない)。パリはマンチェスターでネットを揺らせるだろうか(揺らせると思うが)。

セカンドレグはすぐにやってくる。

Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。