“Vielen Dank”Jürgen Klopp

クロップ

かなり遅いですが・・・。ゲームはチャンピオンズのファイナル前に観てはいたのだけれど・・・ようやくの、ありがとうの備忘録。

2014-2015・DFBポカール・ファイナル、ドルトムントVSヴォルフスブルク@オリンピック・スタディオン・ベルリン。

ゲームは1-3で敗れ、愛すべきクロップとカガワくんの第2章は終わりを告げました。幸先よく5分に先制したにもかかわらず立て続けに失点しての完敗でしたね。しかし、クロップにはありがとうと言うしかありません。

この5年、本当に楽しめました。

ピッチサイドで表現した貴方の喜怒哀楽を僕は忘れることはないでしょう。

次はプレミアでお会いしましょう(来るシーズンは休養かな)。

また、そう遠くない日にいつかどこかで。

 

クロップ

Vielen Dank!!!Auf Wiedersehen.

広告

DFBポカール・ファイナル(2013-2014)

優勝カップ

ドルトムント・サポ

2013-2014・DFBポカール・ファイナル、ドルトムントVSバイエルン・ミュンヘン@オリンピック・スタディオン・ベルリン。

ライブでは観れませんでしたが、ドイツの祭典を観ました。

失意のチャンピンズとなったドルトムントとバイエルン・ミュンヘン。カウンターとポゼッションの縮図、昨シーズンのチャンピオンズ・ファイナルのような熱いファイナルを期待しましたが、やはりこの2チームのマッチ・アップは面白いです。

前半開始早々にミュンヘンがアタックを仕掛け、2度のチャンスを作りました。ドルトムントは重かったですね。しかし、何とか凌ぎ0-0で後半へ。

 

ドルトムント

ドルトムント

ドルトムント

後半64分。

フンメルスのヘッド(オフサイドだったかな)がゴールラインを越えていましたが、ゴールは認められず。決まってれば・・・。

その後も撃ち合う両チーム。

しかし、ネットは揺らせず延長へ。そして、またしてもこの男がゲームを決めました。

 

ロッベン

ロッベン

107分。

なんてことない右サイドからのクロスがキーパーとラインの抜けてきて、最後はロッベンがゴールに流し込みました。

ディフェンスが疲弊していたかな。ボール・ウォッチャーとなってしまい痛過ぎる失点となりました。

終了間際にはトーマス・ミュラーが止めをさして(いつもミュラーですね)ゲームは0-2でミュンヘンがものにしました。

ふう。

 

クロップ

怒ってたなぁ、クロップ(笑)。

2シーズン連続の無冠となってしまいましたが、よくやっていると思います。レヴァンドフスキが去ってしまいますが、来シーズンもゴキゲンなカウンターを披露してもらいたいものです。

『前半は期待していたようなフットボールを見せることができなかった。みんな疲れている感じだったし、動きに余裕がなかった。後半に入り、ペースをつかみ始めたところでゴールを決めたが、主審がそれを認めなかった。ゴールと判定されていれば、流れは変わったと思う』

それもフットボールの一部だもんなぁ〜。

お疲れさまでした。

 

ペップ

ペップ

今シーズンは2冠で終了。

3冠のチームを引き継ぎ、チャンピオンズでは躓きましたが(かなり批判されましたもんね)まずまずのシーズンでしたでしょう。

『ブンデスリーガの優勝トロフィーが一番大事で、それを獲得したら良いシーズンを過ごしたということになる。でも、ポカールも優勝できたことはもちろんとても幸せだ』

来シーズンも新しいパス・フットボールを披露してもらいたいものです。