退屈、ここに極まる

ヴェンゲル

期待した自分に腹が立つ。

2015-2016・プレミアリーグ第6節、チェルシーVSアーセナル@スタンフォード・ブリッジ。

前半終了間際までは良かったと思ったが・・・、自滅したガナーズ。

主審が目に余るクソだったが、どうして報復する必要があったのか。コスタ一人がエキサイトしていて、クレバーな誰かがいればコスタを退場に出来たハズだったが、ガブリエウがとんでもない愚行を犯し(かる〜い後ろ足キックで退場)Mrヴェンゲルのプレミアでの対モウリーニョ初勝利は露と消えた。

アホだ。

前半終了間際にはカウンターの打ち合いで面白くなっていたのに。

 

モウリーニョ

やはり最後に嗤ったジョゼ。

それでも、ブルーズも褒められたものではない。決定機も多くなく、ペドロは目を覆いたくなるようなデキだったし、コスタはゴールが欲し過ぎてイラつきカラ回り。セスクはFKでのアシストのみだった。良かったのはオスカルぐらいだ。効果的な崩しは少なく、10人になってからのセットプレイで何とか得点を上げただけ。さらにカソルラが2枚のイエローカードで9人になって何とか勝ち切った程度だ。ソリッドでタフなプレミアと言ってしまえばそれまでだが、まだまだ改善の余地がありすぎる。

そんなチェルシーに勝てないヴェンゲル・アーセナル。

やはり今シーズンも4位が関の山。チャンピオンズはベスト16止まりだろう。もうずっと言い続けてるのだが、Mrヴェンゲルには早くグッバイしたほうが良いと改めて確信した土曜の夜。スゲェー退屈な土曜の夜となった(泣)。

もう絶対観ないゼ、ったく。

 

ヴェンゲル

ヴェンゲル

awkward handshakesとデイリーミラー・オンラインに出てましたが(笑)、まさにこれほどぎこちない握手というか気不味い握手はありませんでした。

『来んじゃねーよ』って思うよね、普通(笑)。

 

レッド

カソルラ

主審がゲームを壊したので同情の余地もありますが・・・。前半にイエローを一枚貰っていたカソルラを残して、結構効いていたと思うコクランを下げてチェンバースを投入したヴェンゲルの交代策に疑問も残りました。

 

ズウマ

でもセットプレイでやられてはね(泣)。

 

ヴェンゲル

「蛙」だったとは言わないけれど、結果「蛙」になったアーセン・ヴェンゲル。

それにしても勝てませんなぁ。

 

エヴァ

エヴァ・カルネイロ女史がピッチに戻ってくるまで、チェルシーのゲームは観ないと誓った土曜の夜。モウリーニョはこのゲームについて何てコメントするだろう?。

『退場者が出る前から我々が完全に勝っていた。ラフプレイは見てないが、(カソルラに対する2枚目のイエロー)主審のジャッジは妥当だっただろう。まだ改善の余地があるが、今日の我々は、勝ち点3を得るのに相応しかった』ってところかな。

広告

ビッグマッチ3発

モウリーニョ

この週末はとても楽しみですねぇ〜。

バルサは低迷しているとはいえ、オトラ・リーガの名門バレンシアと。セイドゥ・ケイタ先発するかなぁ〜?。そして、サン・マメス・バリアに乗り込むマドリーを経て、何と言ってもプレミアのマンデーナイト・フットボール。

リーグ戦ホーム全勝のマン・シティ@エディハト・スタジアムに乗り込む“ハッピー・ワン”。

23節のウエストハム戦をスコアレスドロー(38本のシュートを放ちましたがネットを揺らせず)で終えて、ウエストハムは『19世紀のフットボールをした』と皮肉った?(前後の文脈があって、アラダイス親分とは親密なんだろうけど)モウのオヤジ。巧みなメディア戦術の一環か、エティハドで攻撃的にアタックする布石か、と思わせておいて守備的な布陣からカウンターを見舞う算段か。

『ちょ・・・オヤジィ、あんたが言うか?』っていうのは置いておいて、今シーズン、ホームゲーム全19試合でゴールを上げているマン・シティ相手に、どのようなプランで臨むのか、ゲームがどうなるのか興味が尽きません。

『ワールドクラスの選手たちを擁するチームを苛立たせることができた。戦術的に成功したということだ』

『我々に出し抜かれたのだから、ジョゼには我慢ならなかっただろうね。私はジョゼが飛び上がり、“相手は最低なフットボールをした”と言う様を見るのが大好きなんだ。お気の毒だったね、ジョゼ!』

ビッグ・サム親分のコメント、秀逸でした。

プレミアはホント楽しいです。

 

エヴァ

また、チェルシーといえばエヴァ・カルネイロ女史(笑)。

美し過ぎるメディカル・スタッフ。マン・シティ戦は、彼女がピッチに登場するシーンも多くなるかもしれませんね。