The Main Man

スアレス

スアレス

プレシーズン真っ只中で、バルサのスアレスが親友ジェラードと再会しました。

インターナショナル・チャンピオンズカップ2015、バルセロナVSロサンゼルス・ギャラクシーでのヒトコマ。

『LAに来いよ』

『5年後な』

ゲームはスアレスの1発もあって、2-1でバルサが勝利しました。コパ・アメリカ出場組のメッシやマスチェラーノ、ネイマールやアウヴェスはまだヴァカンス中。

スアレス、更なる飛躍が望めそうかな。

広告

さようなら、スティーブン

ジェラード

ジェラード

偉大なるマエストロがバルサの退団を発表しましたが、プレミアでも同じく偉大なセントラルMFが退団をすることとなりました。

寡黙なプロフェッショナル、スティーブン・ジェラード。

『チェルシーファンは、一瞬だけ僕へのリスペクトを見せてくれたね。でも一日中ひどい扱いだった。スタジアムでスタンディング・オベーションされるのはいつだって素晴らしいことだが、より大事なのはリヴァプールファンからのサポートだね。最初からずっと支えてくれたからね』

2014-2015・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSリヴァプール@スタンフォード・ブリッジ。

79分にピッチを後にしたのですが、 確かに酷かったです(笑)。でも僕も昨シーズンのスリップは一生忘れることは出来ないでしょう。スティーブン・ジェラードという、イングランド・リヴァプールが誇ったセントラルMFを、貴方の強烈なミドルと物哀しいスリップからの痛恨の失点を、忘れることはないでしょう。

 

ジェラード

ジェラード

そして最終節、2014-2015・プレミアリーグ第38節、ストーク・シティVSリヴァプール@ブリタニア・スタジアム。

ホント素晴らしい思い出をありがとう。

前半で5失点(笑)。

70分の意地のヘッドは、やはりジェラードって感じですが何とも締まらないプレミア最終節でした。最終的に1-6で終わったこのゲーム。ジェラードがプレイしたゲームで6失点したのはこのゲームが初めてだそうで、まさに最初で最後でしたね(笑)。イスタンブールの奇跡からちょうど10周年にあたった先日のゲームで、最初で最後の6失点。なんともかんともでした。

フットボールは一人では出来ないんだなぁ。プレミアを彩ったフットボール・アイコンの退団もやはり寂しい限りですが、それでも明日はやって来ます。

ありがとう、スティービー。アメリカではスリップしないことを祈ってます。

50秒足らず

ジェラード

ジェラード

ジェラード

熱過ぎるシックス・ポインター。

最後のナショナル・ダービー。

2014-2015・プレミアリーグ第30節、リヴァプールVSマン・ユナイテッド@アンフィールド。

今シーズン限りでレッズを、プレミアを去るスティーブン・ジェラードの最後のナショナル・ダービーは後半早々に50秒足らずで幕が閉じました。チャンピオンズリーグ圏内を争う注目のシックス・ポインターだっただけにとても残念な結果となりましたね。キャラガーが『狂気の瞬間』とコメントしてましたが、流石に言い訳できません。

もともと結構退場するイメージのあるジェラードですが、コントロール出来ませんでしたかね。

14分に、カウンターからファン・マタにネットを沈められてのビハインド。レッズはあまり良いところがなく、打開すべくピッチに入った瞬間の愚行(凶行?狂行?)。10人となっては難しいです。59分にまたまたマタに美し過ぎるバイシクルを沈められて、10分後にスタリッジが1発返しましたがゲームは1-2で敗れました。

最後のナショナル・ダービーがコレでは寂しすぎますね。昨シーズンもまさかのスリップで戴冠の逃したスティービィ。熱過ぎる漢のプレミア最後のナショナル・ダービーは愚かな記憶として刻まれることとなりました。

『受け入れなければいけない。判定は正しかった。僕は今日、チームメートを失望させただけでなく、なによりファンを失望させてしまった。自分の行動の全責任をとる』

『相手のタックルを飛んでかわそうとしたら、相手のスパイクのスタッドが見えた。それに対していけない反応をしてしまった。試合はあと45分あって、追いつくチャンスは十分にあったね。全責任は僕にある』

『ロッカールームのみんな、そしてすべてのサポーターに謝りたい。今日の責任はすべて僕にある』

 

マタ

カウンターからの1点目。

 

マタ

マタ

美し過ぎた2点目。

『2点目は僕にとって最高のゴールの一つだろう。ジェラードが退場になった後、僕らには2点目が必要だった。相手は最後まで押し込んできたからね』

久しぶりのマン・ユナイテッドのゲームでしたが、とてもイイものも観れました。そして、最後にこの人を・・・(笑)。

 

バロテッリ

79分のバロテッリとスモーリングのヒトコマ。

後半途中出場し早々にイエローを貰ったスーパー・マリオ。このシーンでは、危うく9人となってしまうところをサポーターが制止し2枚目を阻止(笑)。

バロテッリを止めたショーンさんのコメント。

『彼が退場になるんじゃないかと心配だったんだ。スモーリングがマリオを押し出したようになって、マリオは単に何かにつかまろうとして相手をつかんだように見えた。マリオの様子から、彼がリアクションを起こそうしていると分かったし、すでにイエローカードを受けているのも分かっていた』

『「落ちつけよ、そのままでいいだろう」と言ったら、(バロテッリ)彼は「OK、OK」と言ってくれた。僕は5フィート8インチ(約173センチ)しかなくて彼は大きいから、体に腕を回すのは大変だったけど、隣に座っていたピーターが助けてくれた。彼は警官で、アンフィールドの試合でもときどき仕事をしているからね』

プレミアならではでしょうか(笑)。件のバロテッリはFacebookで、

『全力を尽くしたが、試合は僕らのものにならなかった。だけど、本当にはっきりしていることが一つあった。僕はピッチで一人じゃなかったんだ。YNWA』

とコメントです。この寂しがり屋さん・・・って、オイオイ(笑)。それにしても、YNWAってなんだ?。

色々あったナショナル・ダービー、『クラシコ』でお腹一杯でしたがとても楽しめました。

おしまい。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

アンフィールド、難なく突破

ロナウド

ロナウド

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループB第3節、リヴァプールVSレアル・マドリード@アンフィールド。

ヤバいです、CR7とマドリー。

強いというか、いとも簡単にネットを揺らします。

23分のCR7のゴール(ハメスの天才的な浮きパスを受けて)からベンゼマも前半に2ゴールを上げてレッズの戦意を削ぎ、後半は何となく流して余裕の3-0でアンフィールドから勝ち点3を持ち帰りました。

果敢に攻めたレッズとは対照的にあっさりネットを揺らし、イングランドを後にしたって感じです。

 

アンチェロッティとロジャーズ

ジェラード

キックオフ直後からガンガン攻めて悪くなかったと思いますが・・・。

『最初の20分は素晴らしいスタートだったと思う。だが、彼らが先制してからは、彼らのクオリティーを見せられた。後半はプライドをかけてプレーした。選手たちは戦い続けた』とブレンダン・ロジャースが語ったように、ホント悪くなかったんだけど。

『マドリーのような巨大なクラブにリンクされることはうれしいことだと思う。自分のキャリアで何度か選択の機会があった。後悔することになるかもしれない。ほかの国で経験をするチャンスでもあった。でも、愛するリヴァプールを離れたら、より大きな後悔があったはずだ。僕はレアル・マドリーに大きな敬意があった。でも、リヴァプールが僕のナンバーワンなんだ』と語っていたスティービーの胸中や・・・。

一方のアンチェロッティは、

『チームはとても成熟しており、また自信を持っている。すべてがうまくいったね。我々は立ち上がりに良質な守備を見せ、彼らのインテンシティーを抑えた。その後に明確かつクオリティーのあるプレーを見せた』

『我々にとって、とても重要な勝利だ。素晴らしい雰囲気の中で、良質プレーを見せられたわけだからね。我々は容易な試合とはさせてくれない観衆が見守る中で、素晴らしいパフォーマンスによって良い結果を手にした』

と語りました。

 

ロナウド

ロナウド

ゴール・セレブレーションに『ここを何処だと思ってんだ、オカマ野郎』ってさ。

 

ロナウド

75分にメッシ同様、余裕でピッチを後にしたロナウド。

絶好調過ぎる。

『クラシコが土曜日のその時間に開催されるのは理解できない。最も重要な試合なのに、細かい部分に気を遣っていないんだ。クラシコのような試合は、普通とは違う目で見るべきだ』

『土曜日の18時にもう試合があるけど、日曜日であるべきだったと思う。プロ選手ならだれでも、こういう試合の後に2日間で回復するのと3日間で回復するのが同じではないことは知っている』

確かにバルサに有利だが・・・。そんなのお構いなしにゴールを決めそうだわ(泣)。

ドルの試合の後に連続で観たから眠いです。でもまぁ〜とにかく『クラシコ』。このゲームはまた別のものだ。

スアレスの出場も認められたみたいですし、ベルナベウを静まり返らせてやろうゼ。

ブラジル・ワールドカップ、大会バッドイレブン

ベストゴール3選、大会ベストイレブンに続いて最後は、個人的海外残念選手備忘録。

ワーストイレブンとしたいところでしたが、ここに記録する以上に酷いプレイヤーが数多く居るであろう事実は拭い去れず(特に日本含めアジア勢。故に日本勢等は含めませんでした)、(期待はずれ、残念、不運等の意味も込めて)バッドイレブンとしました。

では、コチラはFWから行ってみましょう。

 

スアレス

ルイス・スアレス(ウルグアイ/リヴァプール→バルセロナ)。

もうね、何なんでしょうね。

イタリア戦でキエッリーニに自身三度目の噛み付き行為を敢行したスアレスは、ワーストと言っても過言ではありません。幼少期の“何か”がそうさせて、また必ずヤル的な精神鑑定を勝手にされてましたが、ホント何処かオカシイのかもしれません。

そんな噛み付き王を、法外なプライス(8,100万ユーロ)で獲得したバルサも病気かもしれませんが・・・。遅々として進まないセントラルの補強は・・・ってバルサの愚痴は別でしましょう。

 

フレッジ

フレッジ(ブラジル/フルミネセン)。

本名が面倒くさい、とても残念なFW。

クロアチア戦での大袈裟喜劇アピール(西村さんがホント馬鹿だった)から、倒れることしか能が無いセレソン史上最も駄目なFW(っと言ったら言い過ぎかな)。ネイマールの替わりに汚れ仕事をしていたんだろうけど・・・。どうでもいいカメルーン戦でのゴールが、個人的にカンに障りました。

 

ロナウド

クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル/レアル・マドリード)。

初戦のドイツにスペースを消され、自身も消えてしまい、結局は5失点で大会からも消えてしまったCR7。チャンピオンズリーグはファイナルまで戦い、加えて怪我もあってコンディションも良くなかったのかもしれません。

でも、これだったらズラタン王が観たかったですね。残念過ぎました。

続いてはMF。

 

ジェラード

ジェラード&スアレス

スティーブン・ジェラード(イングランド/リヴァプール)。

ウルグアイ戦で、スアレスの決勝ゴールをアシストしてしまう、まさにハードラック。リヴァプールでの致命的なスリップ(コチラ)といい、呪われているとしか思えません。ルーニーのワールドカップ初ゴールを祝うことなくグループ・ステージでのゴーホームに、キャプテンの責任は小さくありません。代表はコレで引退かな。

 

ソング

アレクサンドル・ソング(カメルーン/バルセロナ)

何故?。

後ろから追い掛けて振り下ろす常軌を逸したエルボーは、もちろん1発退場。スアレスと共に、メンタルコントロール、カウンセリングが必要です・・・ってどっちもバルサじゃん(泣)。母国のゴタゴタに自身のイライラ。カメルーンはいつからお騒がせ大国となってしまったのでしょうか。

それにしても酷かった。

 

ブスケツ

セルジ・ブスケツ(スペイン/バルセロナ)。

またバルサ。

好守に全く精彩を欠いていた(消えていたといった方が正しいか)ブスケツ。ゴールに流し込むだけだったチリ戦が忘れられずノミネート。いつもの小憎たらしいボール裁きも陰を潜め、チームと共に沈んでしまった無敵艦隊のアンカーは、モデルチェンジを果たすであろう来たるシーズンのバルサで復活できるだろうか。

心配です。

続いてDF。

 

アウヴェス

ダニエウ・アウヴェス(ブラジル/バルセロナ)。

 

ペペ

ペペ(ポルトガル/レアル・マドリード)。

 

ピケ

ジェラール・ピケ(スペイン/バルセロナ)。

 

スニガ

ファン・スニガ(コロンビア/ナポリ)。

アウヴェスはノックアウト・ラウンドのチリ戦以降(好守にキレがなく老体のマイコンにポジションを奪われる)、ピケはグループ・ステージ第2戦のチリ戦から外されてしまいました。バルサ・・・、勝てない訳だ。

そしてペペ、ホント病気です。不必要な威嚇行為で1発レッド。スニガは、ネイマールへのこの飛び膝で命の危険に・・・。ただただ無事にシーズンを迎えることを祈るばかりです。

スアレス、ソング、ペペが度し難い、愚か者トップ・スリーでしたね。

そして、最後はゴール・キーパー。

 

カシージャス

イケル・カシージャス(スペイン/レアル・マドリード)。

どうしちゃったんだろう。

4年前にシャットアウトしたオランダ(ロッベン)に5発沈められて、どうしようもなくなりました。苦手と言われるハイボール処理でのミスやスリップ。ノイアーに、世界一のガーディアンの座を自ら譲ってしまうこととなりました。

こちらもデ・ヘアと世代交代、引退でしょうか。

以上、バッドイレブンでした。

図らずもフレッジを除いて、欧州トップリーグのリーガとプレミアとセリエAのプレイヤー。特に贔屓のバルサは・・・。リフレッシュして奮起を期待するのみですね。

間違いなくナンバー1だった

リヴァプール

ジェラード

2013-2014・プレミアリーグ最終節、リヴァプールVSニューカッスル@アンフィールド。

そこはかとない無情感。

“This is Football”

24シーズンぶりの栄冠はならなかった。前節に痛過ぎるドローを演じた時点で決まっていたとはいえ、最終節に2-1で勝利したたけに募る無念。開幕当初は『チャンピオンズリーグ出場権確保』が現実的な目標だっただろうが、シーズンを折り返してからの躍進に否応なしに盛り上がっていたアンフィールドの無念さは推し量って余りある。

新進気鋭のブレンダン・ロジャースに率いられたヤング・レッズは、時にはプレミア一のカウンターを披露し、時には変幻自在に的確なフォーメーションを駆使し、多くの人数を掛けて外連味なく攻め上がるサマは観ていて気持ちイイものだった。

2位でフィニッシュし、来シーズンはチャンピオンズの舞台へ舞い戻る。

ビッグクラブよりスケジュールの面で有利に立っていた今シーズンとは違う、フィジカルと選手層の課題が浮き彫りになる来シーズン。ドルトムントとは違うタフなプレミアで果たしてサヴァイブ出来るだろうか。スティーブン・ジェラードがカップを掲げる日は訪れるだろうか。

オフェンス・マインドとディフェンスのバランスが鍵となる。

今シーズンに得た教訓をヤング・レッズが消化し、退屈な“ハッピー・ワン”に代表される弱者のフットボールをカラフルな攻撃力で駆逐してもらいと切に願う。

僕はリヴァプール・サポではないが、やはりこう言わなければならない。

『ありがとう。君たちが見せたフットボールは間違いなく魅力的だった。来たるシーズンでは、より進化したフットボールを見せてくれることを願って止まない』

 

ロジャース

『素晴らしい旅路だった。今日はタフな試合だった。残念ながらタイトルを手にすることはできなかったが将来に向けて大きな希望を示した』

『我々は改善すべきエリアを分かっている。来シーズン、もっと良くなればと思う』と語ったブレンダン・ロジャース。

来シーズンの更なる飛躍を期待したいと思います。

 

マン・シティ

マン・シティ

コンパニ

そして、2シーズンぶりに(あのアグエロのアディショナル・タイムでの劇的なゴールで得た栄冠)栄冠を取り戻したマンチェスター・ブルー。

おめでとうございます。

こちらも攻撃的フットボールでニュートラルなフットボールラバーを楽しませてくれました。まだまだチャンピオンズではナイーブ感は否めませんが、そろそろヨーロッパでも躍進したいところです。

UEFAのファイナンシャル・フェア・プレイ違反?でどうなるか分かりませんが、来シーズンも本命の一つにはなるでしょう。

 

マン・シティ

マン・シティ

いつ観てもイイもんです。

おめでとうございました。

 

マン・シティ

ナスリが真ん中・・・(笑)。