パス・フットボールが敗れた日

グリーズマン

バイエルン

ゲーム自体は勝ったのだけれど・・・。

グリーズマンの一刺しに沈んだミュンヘン。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSアトレティコ・マドリード@アリアンツ・アレーナ。

圧倒的だった前半。流れるようなパス。縦への楔もよく入ってアトレティコを自陣に釘付けにした。いつゴールになってもおかしくなかった。そして待望の先制点がFKから齎された。

 

シャビ・アロンソ

シャビ・アロンソ

31分。アラバが得たFKをシャビ・アロンソが低く抑えネットを揺らした(ヒメネスに当たってコースが変わった)。

アグリゲート・スコア1-1。あとはゴールを許さずにもう1点取るのみとなった。そして、勝負の分かれ目がその3分後にやってきた。

 

トーマス・ミュラー

34分。エリア内でハビ・マルティネスがヒメネスに掴まれ倒されペナルティ。キッカーはトーマス・ミュラー。しかし、オブラクに完璧にセーブされリードを広げることができなかった。

後半もミュンヘンのペースで始まったが、落とし穴が早々に待っていた。

 

グリーズマン

54分。攻め込んだミュンヘンに一瞬の隙。2枚のセントラルの間をトーレスとグリーズマンのコンビに破られ、グリーズマンはノイアーとの一対一をクールに制して1-1となった。両ラテラルが上がりっぱなしで2バックのようになっていたミュンヘン。最終ラインはセンター・サークル付近だったが、攻め込んだボールを跳ね返されてからのカウンターに沈んだ。

 

レヴァンドフスキ

与えてはいけないアウェイ・ゴール。あと2点必要となったミュンヘン。時間はまだたっぷりとあったが、世界一タフでソリッドなアトレティコの守備相手にあと2点は重すぎた。74分にサイドからの崩しでレヴァンドフスキがネットを揺らしたのはせめてもの矜持だろうか。アグリゲート・スコアで2-2としたが、痛いアウェイ・ゴールでファイナルのチケットはシメオネ・アトレティコが手にすることとなった。

 

ペップ・グアルディオラ

ミュンヘンでの3シーズンでとうとうCLファイナルの舞台に立つことが叶わなかったペップ・グアルディオラ。喫してはいけないカウンターからの失点に何を思うだろう?。完璧なパス・フットボールを見せた前半。トーマス・ミュラーがPKを決めていれば賞賛されただろうが、フットボールにイフはない。

 

グリーズマン

アトレティコ

シメオネ

バルサに続いてミュンヘンを沈めたシメオネ・アトレティコ。パス・フットボール信奉者の僕としては悔しいが、お見事というほかない。パス・フットボールはこう対処するというレッスンを全世界に知らしめて、2度目のファイナルに到達した。

果たして2シーズン前の雪辱はなるだろうか。相手はマドリーかマン・シティ。ファイナルでマドリード・ダービーを観るのはこの上なく嫌なんだけれど・・・。

広告

要塞カルデロン

カルデロン

シメオネ

とシメオネ・アトレティ、ミュンヘンを呑み込む。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、アトレティコ・マドリードVSバイエルン・ミュンヘン@ビセンテ・カルデロン。

乾いたピッチ、ノイジーなスタジアム、エモーショナルなマネージャーにインテンシティ溢れるイレブン。これだけの要素が揃えば世界のトップ3にも勝つことが可能だと再び証明したシメオネ・アトレティ。

お見事と言うしかあるまい。

アラバのミドルがバーを叩き、マルティネスのヘッドは正面で、ビダルの豪快な一発はオブラクが弾き出した。ミュンヘンがゴールしてもおかしくないシーンも3つあったが、要塞カルデロンはそれを許さなかった。

相方はアトレティコを応援していたが、僕はパス・フットボールに殉じているのでもちろんミュンヘンだ。しかし、バルサに続いてミュンヘンを下し2シーズンぶりのファイナルに大きく前進したアトレティコにネガティブな感情は湧いてこなかった。サウールがメッシばりのドリブルからディフェンダーを躱してゴール左隅に蹴りこんだ一発にはただただ驚くばかりだった。

虎の子の1点を悠々と守りきって(少なくとも僕にはそう見えた)、残り90分。このまま簡単にはいかないとは思うが、シメオネ・アトレティはまた大きなことを成し遂げるように思えてならない。そんな90分だった。

 

サウール

サウール

サウール

サウール

サウール

11分にサウールが沈めたレオ・メッシばりの一発。鬼神マヌエル・ノイアーも届かなかった秀逸な一発。でも、ミュンヘンの守備も緩かったけどね(言い訳)。

 

グアルディオラ

マドリー、バルサに続いてアトレティコにも敗れ、スペインの地を離れてからスペインの地で勝てない『賢人』ペップ・グアルディオラの反撃は見られるだろうか。

リベリーとミュラーをスタメンで使わなかったことを疑問視され、カルデロンの重すぎる乾いたピッチに手を焼いて、3シーズン連続でセミファイナルでゴー・ホームすることは許されない。パス・フットボールが何より優れていることを、パス・フットボールが勝利に一番近いことを、パス・フットボールの矜持を見せてもらいたいとパス・フットボール殉教者の僕は心から願う。

『我々のボール回しは遅かった。ピッチが助けとならなかったからだ。芝は非常に乾いた状態だった。そういう状態にされることは分かっていたけれどね』と言い訳をしている場合ではないぜ。

残り90分。マン・シティ含め『ペップ・ダービー』のファイナルにならんことを祈念して(たぶんマドリード・ダービーだろうけど)。

ミュンヘンでも3冠へ

ペップ

続くチャレンジ。3度目の正直なるか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、ベンフィカVSバイエルン・ミュンヘン@エスタディオ・ダ・ルス。

コスタもリベリーもキレがあったなぁ。メッシとネイマールを観たあとだけに余計に目に付きました。ベンフィカとアトレティコの違いはあるんですけどね。

 

ノイアー

27分。ノイアーが目測を誤り一本のロングフィードから失点はしましたが、敵地でもネットを揺らす術を持っていました。

 

ヴィダル

ヴィダル

38分。ここまで繰り出していたサイド攻撃が結実。ラームの折り返しがディフェンダーに当たって溢れたところをヴィダルが豪快に蹴り込み追い付いたミュンヘン。ファーストレグに続く一発でアグリゲートスコアは2-1。ここでゲームが決まってしまったかもしれません。ベンフィカは失点する前に2-0とするチャンスがあっただけに悔やまれますかね。

 

トーマス・ミュラー

そして52分にゲームを締めました。CKからハビ・マルティネスのヘッドでの折り返しをトーマス・ミュラーが押し込んで、ミュンヘンは5シーズン連続でファイナル4へのチケットを手にしました。

羨ましいなぁ。

まぁその後、終了までに失点(凄いFKでしたが)したり攻め込まれたりしたのはご愛嬌。キレのあるサイドからの攻撃。執拗なまでのサイドからの攻撃。両サイドにウインガーを配して、バルサで披露したポゼッション・アタックとは違うフットボールを見せているペップ・ミュンヘンの集大成の結末はどうなるだろう?。過去2シーズンは、マドリーとバルサ相手に大敗を喫しています。3度目の正直は果たして。

個人的には初物のアトレティコとマッチ・アップすることを希望します。しかし、マドリーと当たればリベンジ・マッチ。マン・シティと当たれば自身が来シーズンから指揮を執るペップ・ダービー。どのマッチ・アップでも楽しみではありますね(そこにバルサはいないけれど・・・)。

 

ラーム

ミュンヘンのキーマン、フィリップ・ラームが好調です。

 

グアルディオラ

『DFBポカールとCLでセミファナルだ。1年前もここまでは辿り着いた。願わくば両方の大会でもう一歩先まで進みたいね』と語った『賢人』ペップ・グアルディオラ。

セミファナルのファーストレグは4/26、4/27。セカンドレグは5/3、5/4に行われます。

そこにいるトーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

起死回生。

九死一生。

一昨シーズンのファイナルでのセルヒオ・ラモスの一発を思い出すトーマス・ミュラーの値千金の一発が、バイエルンを(ペップ・グアルディオラを)救うこととなった。まぁバイエルンの自作自演と言ってもいいかもしれないが・・・ね。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSユヴェントス@アリアンツ・アレーナ。

敵地のファーストレグを2-2で終えていたバイエルン。勝ち切れなかったが貴重なアウェイ・ゴール2発をトリノから持ち帰り、この日はホーム。ほとんどの人が勝ち抜けを予想していたと思うが、フットボールはそう簡単にはいかない(改めて・・・)。

5分に単純なロビングボールの処理をノイアーとアラバの連携が上手くいかずリヒトシュタイナーに引っ掛けられて流れたところをポグバに蹴り込まれ、あっさり失点してしまう。声を荒げるノイアー。何かしら不安げでバタつく(そう見える)最終ライン。

28分にはモラタに自陣から50メートル以上の独走を許し(ベナティアの対応が緩くキミッヒがあっさり躱された)、最後は右サイドを並走してきたクアドラードに(ラームのスライディングを秀逸に躱す)美しい切り返しからニアをブチ抜かれ0-2とされた。前半30分も経たずにアウェイ・ゴール2発のアドバンテージを吐き出し、逆に2点以上取らなければならなくなった。

しかし、モラタをトップに置いてそのすぐ下に(横に?)ポグバを配し、残りが綺麗な2列を形成したユヴェントスをなかなか崩せないなか前半を終えることとなる。ピッチをワイドに使い相手ディフェンスを広げさせてウイングの突破から得点を上げるミュンヘンだが、白と黒の壁の素早い寄せにほとんどチャンスらしいチャンスもないままだった。縦への突破を完全にシャットアウトされ、シャビ・アロンソの楔は入るが、その後はノッキングしなかなかエリア内に入っていけなかった。

後半、『賢人』ペップ・グアルディオラは策を敢行。全くダメだったベナティアをベルナトに代えてアラバを中央にしてカウンター対策を取りつつ、左右のウイング、ドウグラス・コスタとリベリーの位置も変えた。利き足と同じ位置に入った両ウイングの縦深部への突破からゴールを窺うバイエルン。しかし状況は変わらず時間だけが過ぎて行った。

次なる『賢人』の策は60分、キングスレー・コマンをシャビ・アロンソに代えて投入しサイドでの起点、更なる縦への突破を目指した。徐々に疲弊するユーヴェの両サイドと下がりはじめるバックライン。左右からクロスの雨を降らせるバイエルン。何とか跳ね返すユヴェントスだがボールをキープ出来ず耐えるのみとなっていった。右のコマン、左のリベリー、抉じ開けようとするバイエルン。ケディラをストゥラーロ、モラタをマンジュキッチに代えて耐えていたがついにバイエルンが抉じ開ける。

 

レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキ

73分。右サイドでボールを残したコマンのパスをドウグラス・コスタがクロスを入れる。そのクロスにピンポイントで合わせたレヴァンドフスキ。

あと1点。残り時間は、アディショナル・タイムを入れて20分。十分に時間が残されていた。ユヴェントスに前へ行く力は残されておらず、あとは1点を守りきるのみだった。バイエルンのハーフコート・オフェンス。

 

トーマス・ミュラー

そして、劇的な冒頭の画像の一発はアディショナル・タイムの90分+1に訪れた。エブラが不用意にボールロストはしたが、そのボールを奪ってからのショートカウンター。右サイド深部からコマンが入れた秀逸なクロス。レヴァンドフスキの1点目と同様の強烈なトーマス・ミュラーの強烈なヘッド一閃。そこにいるトーマス・ミュラーの値千金の一発でゲームはエクストラ・ラウンドへ進むこととなった。

もうユヴェントスに攻めるチカラは残されていなかった。

 

チアゴ

108分。ミュラーとのワンツーを完成させたチアゴ・アルカンタラ。

 

コマン

コマン

ポグバを潰して自陣からカウンターを完結させたキングスレー・コマンの美しくも残酷なトドメの一発。

ボール・ポゼッション69%対31%。

アテンプト26対16。

ショット・オン・ターゲット8対11。

アグリゲート・スコア6-4。

 

グアルディオラ

『ハーフタイムで、これ以上失点するわけにはいかないが、とにかく1点を返せばどんなことでも起こり得ると選手たちに言った。特にドイツ人魂を発揮すればね。そしてリベリーとコスタを中心にもっとサイドを抉るように指示した。後半開始後はユーベがいくつかチャンスをつくったが、その後はゲームを支配できた。それがフットボールというものだ。ほんの1分前までまるでダメだったものが、見違えるように良くなったりする』

『ユヴェントスは本当に強いチームだ。序盤、我々は非常にナーバスになっていた。3点目を奪われていたら、どうなっていただろうか。しかし、次のゴールは我々が奪い主導権を握ることができた。特に延長戦は、バイエルンが一方的に攻める展開になった』

ほとんど死にかけていたが、歴史的逆転勝利でサヴァイブしたペップ・バイエルン。ボール・ポゼッションの矜持を示すコメントが、らしい。

 

トーマス・ミュラー

『プランどおりじゃなかった。ちょっとクレージーなゲームだった。スコアのことじゃなくて、僕にとってものすごく変な試合だったと思う。ユーヴェの守備はほぼマンマークで、僕はあまり試合に入り込めていなかったからね』

『相手に2点を奪われれば、試合は違ったものになる。メンタル面も含めてね。ホームでの試合だし後半には2点取れると信じていたよ。もちろん簡単だとは思わなかったけどね。僕らにとって大事だったのは焦らなかったこと。3点目を許せば敗退が決まっていたわけだからね』

と語ってくれた、往年のフィリッポ・インザーギのようにソコにいるトーマス・ミュラー。

侮れない。

グッバイ、マン・シティ

ポチェッティーノ

マン・シティを葬ったスパーズ。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、マン・シティVSトットナム@エティハド。

見ていて気持ちイイ。前からのプレス、コレクティブなアタック、メリハリが効いていた。マン・シティのお株を奪うポゼッション。前半はスコアレスだったが退屈はしなかった。

後半、ラッキーなペナルティで先制し、追い付かれても下を向かない。84分にラメラのスルーパスから(オタメンディの股の下を通した)エリクセンがネットを揺らし、落ち目のマン・シティをタイトル・レース後方に追いやった。

ポチェッティーノの手腕が見事なのだろう。ヴィラス・ボアスと違うアプローチでヤング・スパーズを導いている。

まだ多くの試合が残されている。PLとELの苛酷なスケジュールにも苦しむだろう。しかし、僕はスパーズを応援したい。外連味のないフットボールが何処までいくのか確かめられずにはいられない。

ミッドウィークにゲームのないレスターがスケジュール的には有利だか、この歴史的なシーズンの結末はどのようなものになるだろう?。ネイマールの美しいヒール・リフトを次の視聴ゲームで目の当たりにしテンションがまだ下がらない月曜の朝。素晴らしい個人的スーパーサンデー第二試合だった。

 

ケイン

ド真ん中。

 

エリクセン

落ち着いたトラップからクールにハートの左を抜いた決勝点。

 

マン・シティ

それにしてもマン・シティ、どうしちゃったのかな。

遅いし、プレスも掛けず、左サイドを抉ってからの同点ゴールはらしかったけど、イイところなく2連敗で優勝が遠ざかりました。

シーズン途中での『賢人』就任発表がダメだったかなぁ。なんかミュンヘンもキナ臭いしね。実社会同様、フットボールの世界も色々難しいもんだね。そして、最後は愛しのバルサ。それはもう最高なゲームでした。つづく。

Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。

『ペップ・グアルディオラ』キミにすべてを語ろう

ペップ

新幹線での移動のお供に、ミュンヘンでの『賢人』について記した本書を読んでみました。

バルサから退いて、1年休養を取ってからのミュンヘンでのファースト・シーズンについてを丹念に記した本書。

バルサでのことを記した知られざるペップ・グアルディオラとは違った趣がある本書(著者のマルティ・パラルナウは、一切口外しないことを条件にチームに帯同を許された)ですが、『賢人』について記すとどれも似たようなものになるものですかね。

完璧主義者、フットボール・ジャンキー、一に戦術、二に戦術、三四がなくて五に戦術。もちろん、マドリーとのチャンピオンズ・セミファイナルでの失敗もきちんと記されてはいました。

シュバイニーがマン・ユナイテッドに去って、マリオ・ゲッツェも放出すると噂されているミュンヘンの、来るシーズンはどのようなものとなるでしょうか。レオ・メッシに沈められた2014-2015シーズンの、ヨーロッパでの2シーズン続けての蹉跌に、カウンターへの対応が急務なドイツの雄は、「新たな答え」を披露してくれるでしょうか。プレ・シーズンが始まって、またすぐにシーズンインですが、興味が尽きません。

まぁ本書自体は、ペップ信者以外は読む必要はないかな。