マン・シティを救う2つのビッグ・セーブ

ハート

ハート

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、マンチェスター・シティVSレアル・マドリード@エティハド。

ハイライトはこの2つのセーブ。

特に終了間際のペペのシュートを止めたのは大きかった。

ボール・ポゼッション、アテンプト、ショット・オン・ターゲット等がほぼ同じだった退屈なゲーム。マン・シティはシルバが怪我でピッチを後にしてからボールが収まらず、CR7が居ないマドリーは流れのなかでネットを揺らす雰囲気が全くありませんでした。

そんな中、マドリーのセットプレイからのチャンスでジョー・ハートが見せた2つのビッグ・セーブはマン・シティにとっては値千金でした。結局両チーム最後までネットを揺らぜずスコアレスでセカンドレグへ。アウェイゴールを許さなかったマン・シティはベルナベウでネットを揺らすことができるでしょうか。マドリーは勝たなければなりません。やっぱりCR7頼み?。間に合うの?。答えは1週間後@ベルナベウ。

リスクを取った面白いゲームを観たいものです。

 

ハート

『このセーブが重要なものになったら良いね。これはファーストレグで、僕たちはそのために準備をしてきた。この結果(0-0)に失望することはない。ベルナベウで戦う準備はできているよ』と語ったジョー・ハート。

ファイナルへのチケットを手にするには更なるビッグ・セーブが必要でしょうかね。

広告

ミスの代償

マン・シティ

イブラヒモビッチ

セカンドレグはどのような結末となるだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSマンチェスター・シティ@パルク・デ・プランス。

12分に早くもPK。ズラタンのキックをジョー・ハートがファイン・セーブでゲームは分からなくなった。圧倒的にボールを支配するパリ。カウンターからゴールを窺うマン・シティ。ヘスス・ナバスのクロスに頭で合わせたシルバのヘッドが枠を外れ、24分にはスルーパスに抜け出したズラタンがハートとの一対一のシーンで大きくフカしてしまう。ビッグネームも緊張するのだろうか。高いテンションのまま続く鍔迫り合い。そんななか、最初にネットを揺らしたのはアウェイのマン・シティだった。

 

デ・ブライネ

38分。

センターサークル付近でフェルナンジーニョがボールを奪取しそのままど真ん中をドリブルで突進。エリア手前で右サイドのデ・ブライネにボールを預け、エリア内でワン・トラップから豪快に右足を振り抜きネットを揺らした。マテュイディのパスミス、ダビド・ルイスのポジショニングミス。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴールを得たが、この3分後にフェルナンドの度し難いミスからゴールが生まれてしまった。

 

イブラヒモビッチ

41分。

色々なリプレイ映像を映している間にフェルナンドの軽いトラップミスをズラタンが引っ掛けそのままゴールにボールが転がって行って1-1となった。

両軍ともミスが失点に絡む。前半終了間際にパリにビッグチャンスが訪れたがまたマテュイディがクロスを上げ損ないスコアはそのまま後半へとなった。パリが押していた前半。パリの方が強いがフットボールは分からない。後半はどうなるだろう?。

 

ラビオ

59分。

左CKからカヴァーニがヘッド。そのボールはハートがセーブしたが、その溢れ球にラビオが詰めてパリがスコアを動かした。ズラタンはオフサイド・ポジションに居てプレイに関与したとも言えなくはないが、後ろから飛び込んできたラビオが押し込みパリがリードした。

攻めるパリ。ズラタンのヘッドがポスト角に当たったり、カバーニの叩きつけたシュートが枠を越えて行ったりと押し込んでいたが、次のゴールはマン・シティに訪れた。

 

フェルナンジーニョ

72分。

何気ないサニャの右からのクロスをオリエが足に当ててしまいチアゴ・シウヴァに当たって溢れたボールフェルナンジーニョがチアゴ・シウヴァに当てながらゴールに蹴り込み2-2となった。解説していた福田くんはこれもミスだと言っていたが、パリにとってはしょうもなくも痛過ぎる失点で、マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を得ることとなった。

両軍ともこのままネットを揺らせず、2-2でゲームを終えた。

 

ブラン

『我々は簡単にボールを失いすぎた。ただ、セカンドレグでも同じようなパフォーマンスができれば同じようにチャンスを作れるだろう。そうなったらゴールを決められると思う』

と語ったチュパチャプス・ブラン。

確かにパリの方が良いフットボールを披露していた。力は明らかに上だ。ただ、力が上だからと言ってネクスト・ラウンドへ進めるとは限らない。合計4発が生まれたこのゲーム。朝からライブ視聴したかいがあった面白い一戦だった。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を活かせるだろうか(守備が心許ない)。パリはマンチェスターでネットを揺らせるだろうか(揺らせると思うが)。

セカンドレグはすぐにやってくる。

ジョー・ハートの股の先

ジルー

そこにあるのはゴールなのだ。

2015-2016・プレミアリーグ第17節、アーセナルVSマン・シティ@エミレーツ。

マンデー・ナイトのビッグ・マッチ。もちろん5時に起きてライブ視聴。ボールを持って攻める両チームに期待して観ましたが、なかなかの好ゲームだったと思います。ガナーズが持つ時間、シティが持つ時間と鍔迫り合いが続き、どちらかというとマン・シティが押していた中、33分のデ・ブライネの右サイドからの左ポストを掠めるかというシュートの直後にウォルコットの美しい一撃が炸裂しゲームが動きました。

 

ウォルコット

ウォルコット

左エリア手前でエジルからのパスを受けて、サニャが寄せてくる前にやや中央斜めに持ち出してからの一閃。怪我で離脱しているアレクシスのサイドで完璧な仕事をしました。

そして、前半終了間際にタイトルのゴールが生まれました。

 

ハート

エジルが今度はジルーにアシスト。ジルーのシュートは抑えたスピードのあるものでしたが、角度がなくここしかないところを抜かれた感は否めないです。

『閉じて欲しかった』の一言に尽きます。反対側にいるチェフならとか、デ・ヘアなら、ノイアーなら、ブラヴォなら、様々な思いが胸に去来しました。

後半はなかなかゴールが生まれませんでした。アーセナルが一度美しいパス交換からラムジーにビッグチャンスがありましたが、それはジョーが顔面でセーブ(笑)。

一方のマン・シティは、スターリングとヘスス・ナバスが入って縦に速くなりましたが、中央を固めるガナーズの壁を突破できません。しかし、82分に凄いゴールが生まれました。

 

トゥレ

トゥレ

サニャのパスにダイレクトで左足を振り抜いたヤヤ・トゥレの一撃。ボールは美しい弧を描いてゴール左隅上に吸い込まれていきました。

しかし、ゲームはこのままタイム・アップ。プレミアの頂上決戦ファースト・ラウンドはガナーズに軍配が上がりました。

 

ヴェンゲル

『両者が全力を尽くし、とても激しいゲームをした。我々は、スピリットや組織、輝きを見せたと思う。それらすべてで勝ち点3を手にした。勝利は常に自信を深めてくれる。こういうビッグ・マッチではなおさらだ。ただ、我々が気にするのはパフォーマンスやスピリットだよ。我々は向上への良い意欲を維持しており、こういう試合で勝つ力を手にしなければいけない』

『我々の自信は深まっている。とても、とても若いチームでたくさんの試合をこなしてきたが、今はより成熟している。こういう試合でそれが分かるね』

『我々は非常に野心的だ。このリーグはとても難しいから、しっかりと慎重にならなければ。チームに自信を与えてくれる(勝利だ)が、同時に我々は道のりがまだとても長いと分かっている。すべての試合がバトルだ。少しでも努力を怠れば、このリーグではノーチャンスとなる』

勝って兜の尾を締めたMrヴェンゲル。

 

ペジェグリーニ

一方の敗軍の将。

『過去ではなく未来を見ている。あと21試合残っている。我々は首位と2位に勝ち点6差、勝ち点4差だが試合はたくさん残っている』

『2点目が決定的だったと思う。我々はアーセナルより良いプレーをしたが、彼らは最初のシュートでゴールを決めた。それまでに我々はチャンスを作ったが、決められなかった。そういうときは失点するものだ。私は2点目が非常に重要だったと思う。我々のミスから(前半の)終盤に決まったゴールだったからね』

繰り返しますが、ハートの股です。

『我々はよりポゼッションし、より多くのシュートを放ち、よりトライした。だが勝つことができなかった。後半はよりリスクを背負い、少なくとも引き分けるチャンスはあった。こういう重要な試合では、ミスをしてはいけない』

そう、ハートの股。

 

デ・ブライネ

アグエロの美しいダイレクトから抜け出したデ・ブライネの一発が決まっていれば・・・。タラ、レバはダメですがね。

 

エジル

結果を出しまくる天才・エジル。

後半、守備固めでお役御免に不満顔(笑)。

忘年会シーズンで、飲みまくっての朝5時起きはかなり辛いですが、なんとか起きて観たゲームとしては観たかいがあったマンデー・ナイト・フットボール。

プレミアはクリスマス・ヴァケーションがありません。すぐに次のゲームがやってきます。

 

アーセナル

後輩とこのゲームを肴に一杯デス。

まぁでも、やっぱハートの股だよなぁ。

“The Guardian” & “Why Always Me”

チャンピオンズリーグ【グループD】第2節、マンチェスター・シティVSボルシア・ドルトムント@エティハド(シティ・オブ・マンチェスター)スタジアム。

ドルトムントのショートカウンターが素晴らしく3点くらいは入っていてもおかしくなかったですが、ハートがそれ以上に凄すぎました。マドリーに逆転負けを喫してのドルトムント戦。連敗していたらノックアウトラウンド進出に黄信号のシティでしたが、なんとか踏み止まりました。

しかし、攻撃のデキはよくありません。ボールポゼッションはドルトムントを上回っていましたがショットオンターゲットは下回り、終了間際にエリア内のハンドで得たPKで1-1とするのが精一杯。何か歯車が合いませんが次節のアヤックス戦をきっかけにしないといけません。

 

蹴る前にヴァイデンフェラーに口撃されてましたが・・・冷静に難なく右に流し込みました。

 

決めた後に何か言ってました(笑)

ドルトムントは痛い引き分けでした。