オカちゃん、優勝おめでとう

アザール

アザール

アザールの美しい一発がゴール右隅上に決まって、ここまでミラクルな進撃を続けていたレスター・シティの優勝が今朝決まりました。

2015-2016・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSトットナム@スタンフォード・ブリッジ。

勝ち続けてレスターの躓きを待つしかなかったスパーズ。前半にケインとソン・フンミンのゴールで0-2にしたにもかかわらず、CKから失点し最後はアザールの個人技に屈してしまいました。それにしてもアザール、今シーズンはほぼ死んでいたのに前節から復活(笑)。このゲームでは後半からの出場でしたが、最後の最後でね(笑)。

 

スパーズ

スパーズ、残念でした。プレミアリーグになってからスタンフォード・ブリッジで勝ったことがないそうですが、勝たなければならない一戦で痛恨のドロー。スタッツ上でも結果でも今シーズンは良いフットボールを見せていただけに悔しいでしょうね。

 

オカちゃん

オカちゃん、嬉しそう(笑)。

そりゃそうだ。現行のプレミアリーグになってから、6チーム目の優勝となったレスター・シティ。ブラックバーン以来の快挙です(92-93シーズンのプレミアリーグ創設以降の優勝チームは、マン・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ブラックバーンだけだった)。

 

ヴェンゲル

アーセナル

レースターにシーズン・ダブルしても優勝できない、12シーズン戴冠できないヴェンゲルの罪は重い。

ペップとコンテがやってきて、モウのオヤジはマン・ユナイテッドで指揮を執るのか?。ヴェンゲルに代わる誰かはいないの?。

プレミアから目が離せません。

広告

決着

コスタ

コスタ2

『最初から最後まで試合をコントロールしたと思う』(ローラン・ブラン)は言い過ぎだと思うが・・・。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、チェルシーVSパリ・サンジェルマン@スタンフォード・ブリッジ。

ファーストレグで貴重なアウェイ・ゴールを手にしていたチェルシーだったが、パリとの力の差は歴然としていた。(アウェイ・ゴールを許さず)1-0で勝利するのが現実的なプランだったブルーズ。しかし、左ラテラルに起用されたケネディの守備力は致命的だったし、2枚のセントラル(ケイヒルとイヴァノビッチ)も老朽化、アスピリクエタは左ラテラルが本職だ。脆い最終ライン。早過ぎた16分の失点は、(解説していた粕谷さんも懸念してた)その左サイドをズラタン王にイージーに攻められてのものだった。何故あれほどスペースを与えてしまったのか。何故あれほどフリーだったのか。

早過ぎるゲーム・プランの崩壊。それでも前へのインテンシティ、カウンターへの意欲は見てとれた。そしてそれは結実する。失点から11分が過ぎた27分。ペドロがセンターサークル付近でボールを引っ掛け、その隣に居たウィリアンがそのボールを拾って前へ進み、エリア手前でペドロとのワンツーから前方のジエゴ・コスタへボールを預け、エリア内に入るや否や野獣ジエゴ・コスタは完璧な切り返しからチアゴ・シウヴァのマークを半歩外し左足を振り抜いた。

その秀逸で美しい一撃はスタンフォード・ブリッジに歓喜を齎し、イケる雰囲気を作り出す。勝ち上がりにはあと2発必要だったにせよ、もう一発見舞うと振り出しに戻せるところまで早い時間帯で漕ぎ着け、カウンターの勢いとゴールへ向かうインテンシティが増した。しかしパリも老獪だった。力がある証左だが、前シーズンまで2シーズン連続でクォーターファイナルの舞台を経験している傭兵集団は、慌てずこのまま1-1で前半を終えた。

ニュートラルなフットボール・ファンにとって『とても面白い前半だった』と思う。

チェルシーの失点のシーンでは朝一から思わず大声で『(失点)早ぇーよ』と叫んでしまったが、ジエゴ・コスタのゴールで息を吹き返し、残り45分で2点を奪うことも可能に思えたし夢想してしまった(実際チャンスはあった)。しかし、その淡く儚い想いも60分までのモノだった。前線で気を吐いていた唯一の希望の野獣ジエゴ・コスタがピッチに座り込んでしまったのだ。ゴールの匂いを醸し出していた(実際にネットを揺らしもした)男の終焉は、即ちブルーズの終焉をも意味していた。アザールやアスピリクエタやウィリアンにもチャンスが無くは無かったが、ブルーズがネクスト・ラウンドへ進むには野獣が必要だった。そして実際の終焉が67分に訪れることとなった。

左サイドでのディ・マリアのマクスウェルへの横パスが中央へ流れたところをダイレクトで拾ったチアゴ・モッタがスペースに抜け出したディ・マリアへ出して、ディ・マリアが上げたクロスを中央へ走り込んできたズラタン王がダイレクトでネットを揺らし、このロンドン公演に文字通り終止符を打った。

ゲームはこのまま何事もなく終えて、アグリゲート・スコア2-4。今のチェルシーには残酷なまでの現在地。今シーズン当初の不調からは、よくバウンス・バックしてきたとは思う。しかし、戦えるコマがビッグクラブのソレでは無かった。プレミアをトップ4でフィニッシュすることも現実的には難しく(不可能だ)、昨シーズンのマン・ユナイテッド同様CLの舞台から離れることが確実となった物哀しいミッドウィークのロンドン。新しいマネージャー(コンテ?)と共に一年の雌伏でヨーロッパの舞台へカムバックすることは叶うだろうか。

(安くても)アザールを売り飛ばそう。老朽化したセントラルの入れ替えとトップクラスのFWも必要だ(コスタ一人では・・・)。リーガやブンデスとは違うタフなプレミアで、(マン・ユナイテッドを見ても分かるとおり)トップ4への返り咲きは簡単なことではない。一つの『決着』を見たこのホーム&アウェイで、一から出直しが必要なチェルシーの未来に幸があらんことを願わずにはいられない。

 

ラビオ

16分のラビオの先制点。

ズラタンのクロスは秀逸だったが、ケネディの守備が酷すぎたと思う。

 

コスタ11

コスタ1

27分の夢を繋いだ秀逸なコスタの切り返しからの一発。

1-1としてまだ分からない状況としたが、怪我による退場が痛すぎた。

 

イブラヒモビッチ

イブラヒモビッチ1

イブラヒモビッチ

リマッチに幕を降ろしたズラタン王、1G1Aの活躍でロンドンに爪痕を残す。

 

ベッカム

スタンフォード・ブリッジを訪れていたディビッド・ベッカムも満足したことだろう。

 

アザール

コンディションが上がらず、このゲームでも自ら負傷交代を申し出てまたまた男を下げたエデン・アザール。ハーフタイム時にディ・マリアとユニフォーム交換したこともスタンフォード・ブリッジのサポーターのカンに触った。

 

パリ

『今日は良いプレーができた。この先もハードワークを続けて自分たちのベストを尽くす。どこが僕たちの終わりになるのかは分からない。今は勝ち抜いたけれど満足はしていないから、これからも続けていけるさ』

と語ったズラタン王。

悲願のCL制覇は果たして。

Congratulations! Chelsea&Mr Mourinho

アザール

セスク

チェルシー

チェルシー

2014-2015・プレミアリーグ第35節、チェルシーVSクリスタル・パレス@スタンフォード・ブリッジ。

5年ぶりだって?。

5回目だって?。

 

モウリーニョ

そのうち3回がこの御仁。

拍手しかあるまい。

そう遠くない日にロンドンに銅像が建つ日もやってくるだろう。“スペシャル・ワン”から真の“ハッピー・ワン”となった備忘録。どれだけ退屈だと喚いても、この御仁を凌駕しなければ恥ずかしいだけだ。ロマンチストがリアリストを凌駕するシーズンはやってくるだろうか?。 Mrヴェンゲルでは無理だろうなぁ・・・。

『私はさらなるタイトルを目指す。常にトライする。その情熱がなくなったら、もう十分だ。まだその日が訪れるとは感じていない。ハードワークをしてチャンピオンになれば、自分は相応しいと感じるものだ。良い気分だね』

しかし、優勝を決めたゲームが1-0(アザールがペナルティを蹴って止められはしましたが溢れ球をヘッドで押し込んだ)での勝利とは・・・何とも言えぬものがありましたね。

フットボールのある週末

アダム

クルトゥワ

クルトゥワ

インターナショナル・マッチ・ウィークが開けて、いよいよここからクライマックスのヨーロッパ・フットボール。

週末にフットボールがあるとやはりハッピーだ。そして、セレクトしたゲームでゴラッソが観れれば言う事無し。それは44分にふいに訪れた。

2014-2015・プレミアリーグ第31節、チェルシーVSストーク@スタンフォード・ブリッジ。

39分、セスクがエリア内での切り返しから得たペナルティで先制したチェルシーだったがその5分後の44分に強烈な一撃を喰らい1-1となった。

センターサークル手前の自陣から振り抜いた左脚。グングンと伸びて、スライスも懸かって、前掛かりになっていたチェルシー守護神は慌ててバックし手に触れたがボールは無情にもネットに吸い込まれた。

『素晴らしいゴールだった。世界中のどんなスーパープレーヤーでも決めたいと思うようなゴールだ。ペレでもマラドーナでもメッシでも、そういう選手たちに聞いてみればいい』

『彼ら全員がこのゴールを決めたいと思うだろう。彼らであってもキャリアの中で全員がこんなゴールを決めるわけではない。本当に素晴らしいゴールだったよ』

とモウのオヤジが語ったように、凄い一撃だった。

まぁ、

『(モウリーニョ)私のチームのGKがエリアの端でプレーするときには、ゲームを読まなければならない。相手の力を分かっていなければいけないんだ』

『チャーリー・アダムは強い左足を持った選手で、50mのシュートを打つことができる状態にある。ボールを失った瞬間にあのゴールは予測しなければならない』

とも語ったように、プレミアを制するに当たっては許してはならないゴールではあったが・・・。

 

レミー

ゲームは、キレキレ過ぎるアザールの突破からレミーが無人のゴールにパスをしてチェルシーが勝ち点3をものにした。

プレミア制覇にまた一歩近づいたブルーズ。ガナーズがレッズを4-1で粉砕し、ロングボール・ユナイテッドも勝利しただけに貴重過ぎる勝ち点3となった。

ゲーム前に、『残り9試合で6勝1分けが必要だ』と語っていた“スペシャル・ワン”。これであと『5勝1分け』。

マン・シティもアーセナルもマン・ユナイテッドも届かないのは間違いないが、チェルシーを少し慌てさせるシーンが観たいものだ。

 

チェルシー

『(アザール)彼は素晴らしいよ。今年の彼は圧倒的にチームのベストプレーヤーだ。もう少し何かちょっとした魔法が欲しいような試合で、彼はいつもやってくれる選手だ。何かを生み出してくれる』

『メッシやロナウドと同じ域にいる選手だよ。そして、これからはさらに良くなっていく一方のはずだ』

とジョン・テリーが称賛したが、それにしてもアザール、キレキレだったなぁ。

さてと・・・マドリーが9発で大勝したしからにはバルサはミスを犯せません。4時のキックオフに備えて寝ることとしますかね。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

元日から8発

モウリーニョ

2014-2015・プレミアリーグ第20節、トットナムVSチェルシー@ホワイト・ハート・レーン。

2015年初ゲームはロンドン・ダービーをセレクトしました。チェルシーにとっては(プレミアは)地獄の季節ですが、結果は(5-3でスパーズの勝利)やはり芳しくありませんでしたね。ジエゴ・コスタのゴールで先制しましたがスパーズの逆襲に沈み、マン・シティが辛くも勝利したので首位に並ばれてしまいました。

ディフェンスにソリッドさが欠けてました。普段ならしない失点で前半に3失点。追い上げる感じになって5失点目を喫しジ・エンド。モウのオヤジは、

『5点を奪われたこと以上に、他のことにショックを受けている。3日間で2つの信じられないような判定があり、非常に厳しいダメージを受けることになったのがショックだ』

『前半に主審は10メートルの距離にいながら判定を下せなかった。試合の重要な瞬間だった。我々監督たちや選手たちは勝つことも敗れることもあるが、(主審の)ダウド氏が敗れることはない。こういう判定は受け入れるのが非常に難しいタイプのものだ』

と語りましたが、言わんとすることは分かります。如何せん過密日程でコンディションが酷かったですかね。

 

アザール

そんな中、キレ過ぎて一人異次元だったアザール。

『この国でフットボールを愛している者たちはエデン・アザールを気に入っているはずだ。だが彼は毎試合のように相手からやられており、審判からは守られていない』

『いつか我々はエデン・アザールを失うことになるかもしれない。5回も10回も激しいファウルを受け、何度も蹴られても彼は耐えている。彼は非常に誠実にプレーしてくれる選手だが、それは別の問題だ』

確かに。

 

ケイン

指揮官ポチェッティーノが、『もう隠しておくことは不可能』と絶賛したマン・オブ・マッチのイングランド代表のケイン。

同点ゴールのミドルが秀逸でした。

 

スパーズ

3位のマン・ユナイテッド(サプライズ)まで勝ち点差3の5位に順位を上げたスパーズ。念願のチャンピオンズ出場権を獲得出来るでしょうかね。

 

モウリーニョ

毎年新年はプレミアで幕が上がりますが、2015年は8発も観れて幸せなスタートです(笑)。

今年も素晴らしいゲームを多く観たいものですね。

もうビッグ・ロンドンダービーと言うのは止めにしよう

セスク

サッカーを愛する全ての皆様、ご機嫌如何かですか?。

退屈でしたよね、ビッグ・ロンドンダービー。眠りそうでしたよ・・・僕は。まぁリアル・リアリスト、ジョゼ・モウリーニョとプロフェッサー“策なし”ベンゲルの一戦ですからそれも致し方なしでしょうか。

2014-2015・プレミアリーグ第8節、チェルシーVSアーセナル@スタンフォード・ブリッジ。

 

ペナルティ

27分。

まぁ〜完全にペナルティでした。

 

アザール

アザール

クールにコントロールしたアザール。

この日も(は?)左サイドでキレてましたね。

 

ジエゴ・コスタ

ジエゴ・コスタ

78分。

秀逸なバセリーナを沈めたゴール・ハンター、ジエゴ・コスタ。

ゲームは“ハッピー・ワン”率いるブルーズが2-0で勝利しました。ヴェンゲルは勝てませんねぇ。呪われてさえいるかのようですが、ガナーズ自体ボールは持てど決定機はほとんどありませんでした。カソルラは結構効いていたのに交代させて、全く消えていたエジルを残す迷走ぶり・・・、モウリーニョ相手に我を失って、枠内シュート0ではさもありなん。

そして、セスク・ファブレガス。

ジエゴ・コスタへのロビングでのアシストを決めて結果を残し、ロンドンでの父であったプロフェッサー・ヴェンゲルに強烈な恩返しとスタンフォード・ブリッジに祝祭を齎しました。

モウのオヤジとウマが合うのかしら。

まぁバルサの時もコレくらいはやってましたが、チェルシーにとっても本人にとっても良い移籍となりましたかね。

そしてこのゲームのハイライトを記しておきましょう(笑)。

ピッチサイドでの場外戦。アレクシス・サンチェスにケイヒルが危険なタックルをお見舞いしたシーン(前半半ばだったと思いますが)で、事は起こりました。

 

ヴェンゲルとモウ

ヴェンゲルとモウ

カーム・ダウン(笑)。

『私はAからBへ行こうとし、そこに誰かが立ちはだかっただけだ。Bはアレクシスだ。彼の状態を確認したかった』とプロフェッサーらしく数式を語るように事の顛末を述べたプロフェッサー・ヴェンゲル。

セスク移籍の前に獲得した『天才』エジルが、このゲームでは(開幕からずっと?)完全に消えてしまって、教え子にプレゼンスを発揮されてしまいました。トホホ・・・。

『セスクに対する敵意はないよ。彼の健闘を祈っている。彼は私が好きな選手であり好きな人間だ。でもアーセナルを去れば、もうわれわれから去ったということだ。われわれはプロなのだから、こういうことを受け入れる必要がある。だが彼がキャリアを振り返ったとき、アーセナルと私は彼にとって大切な存在となるだろう。それは間違いないね』

一方の“誰かである”モウのオヤジは、

『私としては終わったことだ。ただ、テクニカルエリアは非常にはっきりしている。私には私のところがあり、彼には彼のところがある。そして、彼は私のところにくることができない。特に、私の選手にレッドカードを出すよう、審判に圧力をかけるようなことがあってはならないことだ』

『私が彼に言ったことは、私のテクニカルエリアから出てもうこないでくれ、ということだった』と静かに(どのお口が)述べました(笑)。

しかし、

『アーセナルは8人で試合を終える可能性があった。コシェルニーはレッドカードで、チェンバースはイエローカード2枚、ウェルベックは明らかにレッドカードだ』

『ただ、私はウェルベックにレッドカードが出なかったことを受け入れる。もう試合は終わっていた。彼は良い若者で、攻撃的ではない。ちょっとしたフラストレーションからきたのだろう』

と言いたいことはキッチリと(笑)。

場外戦も舌戦もプレミアの醍醐味ですが、ピッチでのスペクタクルも観たいものです。繰り返しますが、ガナーズの枠内ショート0・・・首を左右に振るしかありません。

ビッグ・ロンドンダービー、皆様はどうでしたか?。