和歌山だけじゃないゼ

智辯学園

第88回選抜高校野球決勝の組み合せは、高松商業(香川)対智辯学園(奈良)。

ヒリヒリとした投手戦にケリを付けたのは、自らのバットでだった。

延長11回の裏、2アウト1塁の場面でバッターボックスに入った(6番バッターの)智辯学園のエース村上くん。ここまで4打席2三振だったが、甘いストレートを逃さなかった。高松商業のエース裏くんのストレート(少しシュート回転して真ん中付近来た)を完璧に捉えた打球がグングンと伸びて行き、懸命にグラブを出すセンターの頭上を越えて行った。高松商業が誇る韋駄天センター安西くんでも及ばない鋭いライナーの打球がフェンスに到達し、懸命の中継プレイも少し及ばず1塁ランナーがホームに滑り込み、熱戦に幕が降ろされた。

準決勝の龍谷大平安戦に続く、2試合連続のサヨナラ勝ち。前評判は決して高くは無かった奈良の智辯学園が掴んだ初の栄冠は、(決勝でのサヨナラツーベースが無くても)エースの村上くん抜きには語れない。初戦(福井工大福井)の完封(4-0)を皮切りに、2回戦の鹿児島実業戦は1失点(4-1)、準々決勝の滋賀学園戦も2安打完封(6-0)、龍谷大平安戦も1失点(自責点0の2-1)とほぼ完璧に近い内容で一人で投げ抜いてきた。

140㌔台のストレートも投げるが、130㌔台でもスピンの効いた伸びのある球筋が印象的な良いピッチャーだ。そして、(松坂大輔くんみたいに)投げれば投げるほど良くなっていく感じが頼もしい。170㎝前半の体格だが、馬力があって打ち辛いピッチャーなのだ。

この決勝戦も8回に1失点してしまうが、完璧にゲームを作って(何回か3塁にランナーを背負うピンチがあったが)サヨナラゲームを演出してくれた。5試合で計669球の熱投に、決勝でのサヨナラツーベース。素晴らしいの一言だ。

智辯と言えば兄弟校の智辯和歌山が名実ともに高校野球界をリードしてきたが、奈良智辯もひとつの歴史を作ることとなった。プロに行った青山くんや岡本くんが居ても成し得なかった悲願の優勝は、チーム一丸となった証だろう(龍谷大平安戦の9回裏の4連打がまさにソレだ)。エラーをしても全員でカバーする。下級生の3番4番も打つが、7番以降の下位打線も抜け目なく強烈な当たりを飛ばす。超高校級は居ないが纏まりのある良いチームだった。

智辯和歌山に並ぶセンバツの優勝。先を行く和歌山に追い付くためには、夏も戴きに立つ必要がある。村上くん以外にもう一人ゲームを作れるピッチャーが出て来れば、その可能性(全く簡単ではないが・・・)を追うことが出来る。このゲームをライブで観ていて、僕はそう実感した。

忘れられない1球二つ

龍谷大平安

【その一】第88回センバツ高校野球ベスト8・第2試合、明石商VS龍谷大平安。

いいピッチャーだったなぁ。その名は、明石商の吉高くん。上背は無いが、キレの良いストレート(146㌔)とストレートと同じ軌道からのスプリットに時折見せる縦のカーブを駆使する右の本格派。初戦の日南学園(2失点)、二回戦の東邦(完封)の結果の通り、このゲームでも0を重ね味方の得点を待つ。最近の甲子園では、瀬戸内の山岡くんと中京大中京の上野くんに続く(上背が無くても)良いと思えるピッチャーだった。

ゲームは延長12回、2アウト満塁から左中間に運ばれ(2-1)吉高くんの春は終わった。2ストライクに追い込んでからの最後のスプリットが真ん中高めに浮いてしまったが、コレは責めることは出来ない。悔やまれるとすれば、この回の先頭バッターに甘く入ってしまったストレートをライト戦に2塁打されたことだろう。送りバントを挟んでからの満塁策。2アウトにしたが、3つ目のアウトを取ることは叶わなかった。

吉高くんは、明石商は、夏に戻ってくることは叶うだろうか。激戦の兵庫。もう一度その姿を聖地で見たいのだが・・・。

【その二】第88回センバツ高校野球ベスト8・第3試合、木更津総合VS秀岳館。

あとアウト一つが遠い。1-0で9回裏2アウト3塁。木更津総合のエース早川くんが、5番バッターに投じたフルカウントからの渾身のインコースへのストレートがボールと判定された。ストライクでもおかしくなかったと思う。ファボールで3塁1塁。次の打者がセカンド横に放った打球がライトに抜けて追い付かれる。個人的には取ってあげて欲しかった打球だった。最後はセンターオーバー(これもあと少しで取れたが・・・)に運ばれ熱戦(これも2-1)にピリオドが打たれた。

吉高くんのスプリットと早川くんのインコースへのストレート。僕はしばらくこの2球を覚えていたいと思う・・・ということで、第88回センバツ高校野球はベスト8が終わりました。仕事もせずに2試合を堪能した訳ですが、ベスト8はやはり面白いですね。特にセンバツは一日で4試合を行うので一日楽しめます。ベスト4に勝ち上がったのは、あとは智辯学園と高松商。智辯学園は投打に隙なく6-0で滋賀学園を下し、高松商は海星を活発過ぎる打撃を持って17-8で下しました。

一日休養日を挟んで、智辯学園対龍谷大平安、秀岳館対高松商のベスト4。

ナイスゲームが観れるとイイなぁ。

 

完全にやってますね

秀岳館

元高校球児だった僕の後輩は、確信を持ってそう言った。

第88回センバツ高校野球一回戦、花咲徳栄VS秀岳館。

僕と後輩は、仕事もせずこのゲームを観ていた(オイオイ)。今大会注目の花咲徳栄(埼玉)の左腕高橋君対九州王者秀岳館(熊本)。秀岳館打線が高橋君を攻略できるかがポイントのゲームだったが、(問題行為)それは4回の裏に起こった。2塁走者がバッターにピッチャーが投げるコースまたは球種を教える。3回から怪しかったが、明確な行為が見てとれたのか球審がセカンドランナーとベンチの監督に注意を与えた。

このゲームを観ていて、この出来事が起こる前から僕と後輩は

徳栄、サインを盗まれてんじゃね?』

『そうですね。その可能性が高いですね』と話していた。

その理由は、花咲徳栄のキャッチャーが最初は外角に構えていて高橋君が投げると同時に内角に動く(その逆も多数)という行為をずっとやっていたからだ。また、(単に秀岳館のバッターのスキルが高いだけかもだが)ゲーム序盤から高橋君が投げるフォークや低めのスライダーを完璧に見極めていて『球種もバレてますね(伝達してますね)』と後輩は確信を持って語っていた。

3回に1点を先制した花咲徳栄。その裏に長単打を集め一挙5得点で逆転した秀岳館。昨夏、花咲徳栄の甲子園ベスト8進出の立役者だった高橋君を打ち砕いた秀岳館の打撃は見事だったと思う。ゲーム自体は、中盤に1点づつ取り合い終盤8回に花咲徳栄が3点を返し1点差まで追い縋す好ゲームとなったが、最後は秀岳館が1点差を守り逃げ切った。

件の伝達行為はクロだったと思う。高校野球では禁止されている行為なのでやってはダメだ。ゲーム後、伝達行為をしていた(と思う)選手は『ユニホームの上着が出ないようベルトに手をやっていた』とスッとぼけ、鍛治舎監督は『馬鹿らしいことをやってしまった。非常に残念です』と他人事のようなコメントを発し『そういうことをしないように指導してきた。教育の一環ですから』と選手に責任転嫁した。

高校球児も監督も大変だ(心底そう思う)。

センバツの組み合せ抽選会後に後輩と飲んだ席での予想は、東邦(愛知)と大阪桐蔭(大阪)の決勝っていう誰もが予想する予想とは言えない予想で意見の一致を見たが、秀岳館には是非ともベスト8で大阪桐蔭(今日の第一試合で土佐に9-0で快勝し順当にいけば対戦する)を破って、決勝で東邦に勝ってもらいたいと思う。対戦相手の分析とそれを活かすスキルにかけては素晴らしいものを持っているし、オール枚方ボーイズ出身者で固めたレギュラー陣の団結には期待できる。

春はセンバツから。

秀岳館が花巻東に続いてヒールとして甲子園に認定された第88回センバツ。めげずに頑張ってもらいたいものである。

白河越えは果てしなく

東海大相模

深紅の大優勝旗を手に入れたのは、その豪腕ではなくバットでだった。

第97回全国高校野球選手権大会決勝、東海大相模対仙台育英の一戦は、9回表に飛び出した値千金の一発で決着が付いたゲームとなった。

好投手を要する両校だが、2枚の相模と1枚の仙台。ここまでほぼ一人で投げ抜いてきた仙台育英・佐藤くんが、どこまで持ち堪えることが出来るかが決勝戦の焦点だったと思う。

不安は初回から見てとれた。

ストレートの威力は見る影もなく、ボールが抜けてストライクが入らない。相模の先頭バッター千野くんにレフト前に運ばれ、嫌な予感しかしなくなった。三番杉崎くんには、あわやスタンドインかという当たりを打たれ失点し、続く四番の豊田くんにも痛烈なレフト前を打たれ2失点。もう駄目だと思った。初戦、三回戦と初回に4得点を奪いゲームの主導権を握ってそのまま押し切る東海大相模の勢いそのままに、決勝は大差になってしまうと目を覆いたくなった。

『2失点で済んだ』

この表現が正しいと思う。佐藤くんは、かなり身体が重そうで、ボールにキレも勢いも見られなかった。裏の攻撃で仙台育英もチャンスを作ったが、2残塁となって厳しさは一層増したと思わずにはいられなかった。

2回もランナーを許し3塁まで進められる。一方的な展開になる雰囲気しかない。そして、3回に4連打を浴びてまた2失点。この時、仙台育英の佐々木監督は何を思っただろう?。交代を考えなかったのだろか。このままこの後もメッタ打ちにあう、そんなイメージしか持てない序盤戦だったが、相模の拙い走塁もあって(最小失点とは言わないが)2失点で凌ぎ、3回裏の攻撃へと進んで行った。

完全に相模ペースの序盤。

しかし、一つのエラーが流れを変えた。相模が誇る好守のショート杉崎くんが、何でもないファーストへの送球を暴投してしまい流れは仙台に傾いていく。ここから、仙台自慢の上位打線が4連打を放って3点を返し、一方的な展開から接戦に様変わりする・・・かに思えたが、あっけなく次の回でまた2失点してしまい3-6となった。ここでも、相模の走塁死で助かった面があったが、3点のビハインド。やはり厳しいと思わざるを得なかった。

しかし、なんとかこのまま5回を終えた仙台。

佐藤くんは、中盤まで良くもったと思う。(相模が少し淡白になったかもしれないが)そう思って僕はゲームを観ていた。

そして、その粘り?が6回裏の仙台の攻撃で結実することとなった。ヒットや四球で満塁のチャンスを作り、走者一掃のセンターオーバーのスリーベースヒットが生まれ、6-6となったのだ。

追い着いた仙台。

スタンドの雰囲気も俄然仙台寄りになり、深紅の大優勝旗もそろそろ東方地方へ、そんな空気が甲子園を覆っていった。このゲームの一つの分岐点。次のバッターで3塁ランナーを返すことが出来ていれば・・・。ゲーム後に佐々木監督も語っていたが、ここで勝ち越していれば展開は変わっていたと思う。スポーツにイフは無いが、思わずにはいられない場面だった。

この後、7回8回と両校ゼロを重ね、9回がやって来た。

佐々木監督が、『(打順を考えて)10回が勝負だな』と思った9回に(仙台にとっては)落とし穴が待っていた。

『(この回の先頭バッターの小笠原くんは)思い切り振り回しているんで指示を出せていれば』と悔やんだ初球の出来事。佐藤くんが投じた抜けたフォークを思いっきり叩いた小笠原くんの一打が、ライトスタンドに突き刺さる悔やんでも悔やみきれない失投のシーン。9番バッターだと油断したのだろうか?。もちろん疲れもあっただろう。この一発の後は、糸が切れてしまったかのように失点を重ね(ライトの拙い守備もあった)6-10となって勝敗が決した。仙台に9回裏に反撃する余力はなく、このままゲームセットのサイレンを聞き、高校野球100周年の大会は東海大相模の優勝で幕を閉じることとなった。

『優勝したいと思い続けて40年。何であと1イニングで負けてしまうのか。これでまた闇の中に入ってしまった。何故なのか分かっていればやります。模索というかまたトンネルの中に入ってしまいましたね』

と語った佐々木監督。

『東北勢の全国制覇は近い。そう思わせる準優勝でした』とは、僕には思えなかった。

圧倒的な「何か」、神懸かる「何か」が足りないと思う。それは、ひと昔前の智弁和歌山や日大三高のような「打撃力」であったり、松坂大輔や田中将大や藤浪晋太郎のような個の「力」であったり、ハンカチのような「勢い」であったり、巡り合わせのような「運」であったり・・・。

深紅の大優勝旗が白河を越える日が訪れるだろうか。

僕は、いつか越える日が訪れることを願って止まない。

スター覚醒

清宮くん

絵になる坊やだ。

その名は、清宮幸太郎。

第97回全国高校野球選手権大会は、清宮くんの素晴らしいデビュー大会として記憶される大会となった。早実の三番を打つ、この4ヶ月前に中学を卒業したばかりの怪物が、昨日の九州国際大付戦で2試合連続となる一発をライトスタンドに放り込んだ。

弾丸ライナーで一直線にライトスタンドへ飛び込んで行った。

ホームランとしては、三回戦の東海大甲府戦での甲子園初ホームランの方が美しかったけれど、1年生での2試合連続ホームランはもちろん初めてで、あの清原や中田翔でも打てなかった記録をあっさりとクリアした規格外の怪物は、この先どこまで行くのだろう?。

 

スター誕生

『内角を攻めるしかないです、それも140㌔以上のストレートと膝下のスライダーで』と飲んだ席で後輩が言っていたが、正直まだ一線級のピッチャーとは対戦していない。

次は準決勝。相手はみちのくの怪腕、仙台育英の佐藤くんだ。ようやく真価が問われる相手とのマッチアップに、大甲子園はまた超満員になるだろう。個人的には仙台育英に勝って欲しいのだけれど、中軸の打撃が好調な早実がこのまま決勝まで辿り着きそうな雰囲気だ。そして、決勝では150㌔左腕の小笠原くん擁する東海大相模(関東一高と対戦する)との対戦で、盛り上がりは最高潮に達することとなる。そんなシナリオの大甲子園。

筋書きのないドラマを筋書き通りに運ぶ力が今の清宮くんと早実にはある、そんな気がしてならない準々決勝(関東一高のオコエくんの一発も凄かったなぁ)は、スターが覚醒した一日だった。

連戦で疲弊する好投手たちが不利なスケジュールとなる終盤の甲子園。スター覚醒とともに早実が9年ぶりに深紅の大優勝旗を手にする。

そんなシナリオはつまらないのだが・・・。

白眉熱戦

明徳対敦賀気比

第97回全国高校野球選手権大会・一回戦、明徳義塾対敦賀気比。

これはどうしても記しておきたいゲームだった。静岡対東海大甲府のルーズヴェルト・ゲーム(8-7で甲府が逆転勝利)よりも面白い、手に汗握る一流の一戦だった。選抜王者、敦賀気比に挑む明徳。戦前、明徳の馬淵監督が「前頭が横綱に挑む」と評していたが、(ただの前頭ではない明徳)どう9回を戦うかにとても興味を持ってライブ視聴したが、一回戦屈指のカードに相応しいゲームとなった。

明徳は、敦賀気比のエース平沼くんの調子が上がらない初回に1点、3回に2点を捥ぎ取り優勢に試合を進めた。1回は、得たチャンスをソツなくモノにし、3回は右方向へのバッティングで、ツーアウトからの連打で加点。守っては、満塁のピンチをホームゲッツーで凌いだり、センターの好返球でホームで刺したりと、凌いで凌いで5回を終えて3点のリードを保った。打てないなら守るしかない。目を見張る投手陣を擁している訳でもない中、何とか凌いで後半へ望みを繋いでいた。

勝っていながら、望みを繋いでいたと書いたが理由は、敦賀気比がこのまま終わる感じが微塵もなかったからだ。

選抜でもそうだったが、慌てないというか、ドッシリと野球をしているという表現がピタリとはまるチームだ。エースの平沼くんも、無駄に失点をしない。回を追うごとに腕が振れていき、明徳は凡打を積み重ねていく。

そして、6回の裏。敦賀気比の先頭バッター、三番の林中くんがレフトスタンドに豪快に放り込み反撃の狼煙が高々と上がった。高めに抜けたスライダーを逃さず捉えた一発から、四番の平沼くん、五番の山本くん、(選抜での二打席連続満塁ホームランの)六番松本くんの三連打でノーアウト満塁。恐ろしいまでの圧力だった。結局この回は犠牲フライで2点目を取るだけで後続は抑えられのだが、1点差なら差はないようなものだった。

明徳は、四番(平沼くん)、五番(山本くん)に連打を許したところでピッチャーを代えて何とかしようとし、最小失点で凌ぐあたりは流石だった。明徳以外でこのような戦い方が出来るチームがどれだけあるだろう?。並のチームなら、ここで大量失点してしまい地元へ帰ることとなっていただろう。

続く7回にも、スコアリング・ポジションにランナーを背負って中軸を迎えるピンチがあったが、ここでも継投を繰り出し、四番平沼くん(ここまで3安打)を膝下のスライダーで三振に切って取って1点リードのまま残すは8回と9回となった。

両校にとって大切な先頭バッター。しかし、軍配は敦賀気比に上がる。五番の山本くんが、甘い球を逃さず綺麗に右中間を深々と破るスリーベース・ヒットを放ち、六番松本くんがあっさりヒットを放って試合を振り出しに戻す。ここで、明徳が勝つ可能性がほぼ消えたと思った。

ここでも、並のチームなら続くピンチでアッサリ失点してしまい、9回表の攻撃は三者凡退でゲームセットだったと思うが、一番の篠原くんを三振に取る粘りを披露してくれた。最終的には、10回に篠原くんに(いい当たりではなかったが)セカンドの横を抜けるヒットを打たれて明徳の夏が終わるのだが、本当にナイスゲームだった。

個々の能力では劣る(あくまでも敦賀気比に対して)が、基本に忠実にプレイし、無駄な失点をしない。馬淵監督は、打てる限りの「策」を打って(どこかの愚かな監督とは違う見事な采配)、持てる力の限り勝つことを目指していた。『勝っている時の継投は難しい』とインタヴューでコメントしていたが、継投のタイミングは間違っていなかった。敦賀気比のバッティングが勝っただけだった。

17回目で初めて夏の初戦に敗れた明徳義塾だが、これまでに積み重ねてきた勝利に恥じない素晴らしい戦いぶりだった。

 

敦賀気比

選抜王者の風格を存分に発揮した敦賀気比。

昨年の破壊力と比べると劣るのだろうけど、昨年よりも緻密で接戦に強過ぎる。春夏連覇はそう簡単ではないだろうが、成し遂げる可能性も十分にある、そんな手応えと共に二回戦に進んだと思う。

前評判が高い東海大相模はどうなるだろう?。刮目したいと思う。

第97回全国高校野球選手権大会

甲子園

我らが昭和のオヤヂの永遠のアイドル「浅倉 南」ちゃんが表紙の週刊朝日増刊号は、高校野球100年記念号です。いよいよ今週木曜日から開幕する全国高校野球選手権大会。昨日組み合わせも決まり、後輩と毎年恒例の予想宴会を行ってきました。

一回戦から、好カードが組まれた抽選の妙。

選抜ベスト8の静岡・静岡VS攻守に秀でた山梨・東海大甲府。

スーパールーキー清宮くんが話題の西東京・早稲田実VS野球処愛媛・今治西。

悲願の白河越えなるか(可能性あるゾ)宮城・仙台育英VS大分・明豊。

史上8校目の春夏連覇を目指す、選抜チャンピオン福井・敦賀気比VS名門の高知・明徳義塾。

150キロ左腕小笠原くんと昨年話題になったドクターK吉田くんの2枚看板擁する優勝候補の本命、神奈川・東海大相模VS強豪の福島・聖光学院。

気になる地元大阪、リアルROOKIESで話題の大阪偕星学園は、どこまで勝ち進むことが出来るだろうか。確固たる本命不在?の今大会。愛知の中京大中京や奈良の天理なんかも気になりますが、暑い夏に熱すぎる全力プレイを楽しみたいと思います。何の捻りもありませんが・・・。優勝はズバリ、東海大相模!!!(小声)。

球児のみんな、悔いのないプレイを。