課題の克服には至らず

okazaki

okazaki

永遠に無理なんだろうなぁ。

引いた相手をやはり崩せず。

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第6節、カンボジアVS日本@プノンペン・オリンピック・スタジアム。

前半終了間際に藤春くんのシュートがポストを叩いたが、それ以外に決定的なシーンはなかった。試合後のコメントからも、前半は散々だった。かと言って後半が見違えるデキだったかというと、それもクエスチョンだ。

後半スタートから入った柏木くんは良かったが、宇佐美くんは消えてしまい本田くんと交代させられる。贔屓のカガワくんは、ペナルティをゲットしたが、たまたま競り合ったディフェンダーがぶつかってくれただけだ。岡崎くんが蹴ったPKはキーパーに難なくストップされる。嫌な感じがしたが、柏木くんが蹴った精度の高いFKからオウンゴールを誘い何とかなった。

うん、ダメだ。

まったくダメだ。

引いて守る相手にはこんなモノだろう。

予選は突破できる。

全ては本戦でどうするか。

予選で6試合連続クリーンシートを声高に叫んでもね。カンボジアのアタッカーにチギられた吉田くんを目の当たりにすると、これより上のレヴェルではやはりダメなんじゃと思ってしまう。

さて、どうしたものか。

 

honda

後半途中出場で後半アディショナル・タイムにヘッドでネットを揺らした本田くん。予選で5試合連続ゴールの新記録を打ち立てたが、またガゼッタあたりに皮肉られるのが関の山。

格下相手にしかゴールできない。

『(前進しているのか?の問いかけに)そこは早く強い相手とやらないと分からないし、いずれ嫌でも2年後ぐらいには明らかになる。アジアでの戦いとW杯での戦いはまったく異なる。今の代表にそういう戦い方を得意としている選手がそろっているわけではないのは事実だけど、強い相手とやれるポテンシャルがある選手がいるのも事実。今、判断するのは難しいし、今は『こういう相手とやるのは下手だな』でいいんじゃないですか』

その通りなんだけど、スッキリしないゼまったく。

寝落ちしなかったのが不思議なくらいだった(泣)。

広告

スペースがあればそれなりに

岡崎くん

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第4節、シリアVS日本@オマーン、マスカット。

移動、暑さ、ピッチ・コンディション。劣悪な中で残した結果は褒めてもいいのかな。前半はシリアのプレス、運動量に手を焼いていた感もあったが、55分に長谷部キャプテンのロングフィードに抜け出したオカちゃんがペナルティを得て何とか勝ち点3が見えたゲームだった。

相手がヘバってきたところに宇佐美くんを投入し左サイドから攻めていく。代わり映えのしない采配だが、原口くんよりも効果的だ。そして待望の追加点はカガワくんの切れ込みから生まれたナイスなゴールだった。

70分。エリア内左深部でボールを持ったカガワくん。ゴールラインを横に相手ディフェンダーを躱しゴールに切れ込んで、秀逸な股抜きのパスを中央に走りこんできたオカちゃんに通し、オカちゃんがゴールに蹴り込み勝負を決めた。カガワくんは、中央にマイナスにパスする選択肢もあったが中央に居たのがFKの流れからそのままいた吉田くんだったので、股抜きからの平行アシストで正解だったと思う。

仕上げは、完全に足が止まったシリアを本田くんと宇佐美くんで崩しきっての宇佐美くんのゴール。相方が、『結局はHONDAがいないとダメなんだ(なんか情けない)』と宣ったが、本田くんが最後にプレゼンスを発揮して3-0でゲームを締め括った。

『大事な試合。勝たないといけない試合で結果を出せてよかった』

『前半は難しい試合だった。相手もハードワークして、プレスに来ていた。それでも慌てることなく、チャンスを待った。後半は相手のプレスが少し緩んで、スペースが空いてきた。うまく相手の裏を突いてPKを取って、その1点が勢いをもたらせてくれた』

とカガワくんはコメントしたが、スペースがあればそれなりにヤレるのは分かっている。

バス横付けの相手にどう崩すか。相変わらず左右から上げクロス(このゲームは長友くんと酒井高くん)は精度を欠き続けてている。課題をどう消化するのか。その一つの解を来月には観てみたいものである。

本田くん

冷静にPKを決めた本田くん。

流れからのチャンスもあったが遅いかなぁ。ディフェンスも上手く寄せてきたけれど・・・。3点目の絡み、ワンタッチプレイは良かったと思う。右サイドに張ってプレイするより、中央付近でプレイするほうが合っているかな。

 

宇佐美くん

右サイドのネイマール・ポジションで結果を残した宇佐美くん。

後半途中出場のジョーカーではあるけれど、やっぱ先発で観てみたい。

 

日本

過去に負けたことのないシリアを順当に下してグループ首位に立った我が日本。ブラジルもアルゼンチンもドイツも敗れた今回のワールドカップ予選。そんなタフなゲームを勝ったのは大きと思う。このまま、最終ラウンドへ進んでもらいたいものです。

たぶんダメ

ホンダくん

japan

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第2節、日本VSカンボジア@埼玉スタジアム2002。

28分。クリアボールを拾った本田くんが、豪快に振り抜いた左足からの無回転ミドルがネットを揺らし(正直キーパーの正面だったが)、ゲームの行方はあと何点取れるか・・・になった。

カンボジアは攻める気がない。引いて守る相手に対して格好のレッスンだったが、我らが日本は追試を余儀なくされたと思う。

ボールは持てるが、クリエイティブさに欠ける。圧倒的な個の力で打開することも叶わない(そもそも無いのだけれど)。両サイドからのクロスは全く正確性を欠いて、閉じられた中央を何とかミドルで抉じ開けはしたが、眠たくなるゲームだった。

何十本のシュートを放っただろうか。

『確かに3点を取ったが、おそらくもっと取れた』と語った指揮官の胸中や如何に。

予選は突破できるだろうけど(甘い?)、本戦でノックアウト・ラウンドへ進むことは、今のところ夢のまた夢だ。仕事を定時で上がってライブ視聴したが、もっとスッキリとしたかった。

 

吉田くん

低く抑えたミドルで追加点をあげた吉田くん。

引いて守る相手にミドルは効果的です。業を煮やした的なオーバーラップも良かったと思う。これからはアウェイで、攻めてくる相手にどういうパフォーマンスを披露するか。頼んます。

 

カガワくん

前半終了間際に柳沢くんになったカガワくん。

無人のゴールにパスするだけだったけどなぁ。合わせ損ない今日もダメかと思いましたが、何とか1本決めて贔屓の僕はホッと一息。

『絶対に決めなきゃいけないし、決めればもっと楽に試合を運べた』と反省の弁。

『まだまだ精度を上げないといけないし、もっとチャンスを作らないといけない』

『相手がペナルティエリア内に10人位いて難しかったけど、そこを崩さないといけない』

トップ下で先発したけどトップ下らしいプレイは皆無だったもんなぁ。アウェイの地でどういうプレイを見せてくれるのか。ドルトムントの好調さを代表でも活かして欲しいものです。

 

宇佐美くん

後半途中出場だった宇佐美くん。決定機を外して、先発の座が遠のきましたかね(泣)。

いつまで経っても本田くん頼みなんだよなぁ。本田くん以外の前線のプレイヤーの奮起を期待したものですね。

今夜、すべてのバーで

スポーツバー

やっとカガワくんのゴールが観れて、(スポーツ)バーで大騒ぎ、楽しい夜を満喫してきました(笑)、ヒッ・・・。

2015・アジアカップ・グループD第3節、日本VSヨルダン@レクタンギュラー・スタジアム、メルボルン。

 

カガワくん

カガワくん

その時は後半82分に訪れました。

清武くんのパスを受けた武藤くんが、左サイドを突破しマイナスのグラウンダーのクロスを中央へ。エリア内ど真ん中に走り込んできたカガワくんが、インステップで(置きにいったと思いますが・・・)蹴ったシュートがキーパーを弾いてゴール右隅に転がりました。

ど真ん中に蹴り込んで、ヒヤヒヤしましたが(笑)。執念のゴールは代表9戦ぶり(昨年6月のザンビア戦以来)のゴールとなって、2-0でゲームにも快勝となりました。

『武藤が最後まで見てくれて、すごく良いボールをくれました』

『皆に支えてもらったと思う』

『まだまだ詰めないといけないところはたくさんあるけど、無失点で終われたのはすごい良かった』

『次は負けられない大事な試合があるので、しっかりと切り替えてやっていきたいい。今日悪かったところを反省して、中2日なのでしっかりと体調を整えたい』

ノックアウト・ラウンドは中2日。日程的にかなり苦しいですが、ここからが本番です。勝って、セミファイナルでオーストラリア、そしてファイナルは因縁の日韓戦で盛り上がりたいと思います。

 

カガワくん

頼むゼ。

 

日本

日本

本田くん

こちらは前半24分に先制ゴールを上げた本田くん。

乾くんのスルーパスに抜けだした岡崎くんがエリア内左から放ったシュートを、キーパーが弾いた溢れ球に詰めてゴールにパスをしました。

3戦連続ゴールで調子は上がったきているでしょうか。後半にまたまたポストに当てたシュートがありましたが・・・。

 

本田くん

『次の3試合に行けるか分からないけど、ここまで3試合を危なげなく戦えたことは、4年前とは大きく変わったというか、大きく成長したところだと思う』

連覇以外ない。

おやすみなさい〜/

アジアレヴェル

本田くん

カガワくん

でこの内容(1-0で勝利)。もう20年コレですが、世界では・・・。

2015・アジアカップ・グループD第2節、日本VSイラク@サンコープ・スタジアム。

皆さんはどう感じました?。後輩は良かったって言いましたが、僕は正直深い溜息が出ました。ボールを持って、ゲームを支配しました。うん、コレいいと思う。アタッキングサードへの侵入も多く、無駄なクロスは減っていました(ひと工夫ありましたよね。長友くんの切り返しからの本田くんへのクロスとか)。実際、イラクには何もさせず完勝(これも満足ですが)でした。

でも、でも・・・、決定機を外しすぎですよね。このゲームの内容なら3-0で勝たないといけません。暑さのせいで、後半は変な時間帯がありましたし、アジアだからクリーンシートだったと思います。1点では勝ち点をロストする可能性が大いにあって、試合を殺さなければなりません。その機会はいくらでもありました。

後輩は『次に進むことが大事で、結果が全てで取り敢えずはイイ』と渋い顔で言いましたが、渋い顔が物語ってると思いました。

カガワくんは相変わらずの呪縛。そして本田くん。ペナルティを決めてくれましたが、3度あった決定機(特に左サイドから美しく崩したグラウンダーのクロスをポストに当てる失態はいただけません)。決めないと・・・。

 

本田くん

『外した僕自身も、外したところはしょうがないと思っている。それよりもああいったチャンスをあと3〜4本つくれれば、7〜8本は外さないだろう、と。得点量産する選手というのは、そういう考え方なんじゃないかなと思っているので』

『次(チャンスが)来たら決めようと思っているけど、それでも決められない可能性があるのがサッカー。それより今日あった3本のチャンスをものにするフィジカル的要素、駆け引き、周りとのコンビネーションというのを高めていきたい』

何故なんだろうなぁ〜。ミラノでは決めているんだけれど・・・。何か違和感を覚え、ワールドカップで勝ち上がるのはやはり絶望的だなぁ〜と感じたゲームでした。

ワールドカップのメンバーがほとんどで、新顔は乾くんだけだし・・・。アギーレは良い采配をしたんですけど、柴崎くんや武藤くん(途中出場しましたが)を使わないのに、何か苛立ちます。

難しいですね。グループリーグ突破はほぼ手中に収めたゲームで、ノックアウト・ラウンドに期待することとしましょうかね。

でも、1-0は無いなぁ。

 

カガワくん

カガワくん

『これだけスペースがあればチャンスに絡めるのは当然ですし、最後決めきるかっていうのはとても大きな問題だと思うんで、そこで決めきれる選手にならないと自分も成長していかない。やっぱり結果を残さないと上に上がっていけないと思ってるんで、そこは強くこだわっていきたいですし、結果を残さないと意味がないと思ってます』

『自分はフィニッシャーというか、シュートを打つ側としてもっと絡んでいけるような動き出しをしたい。シュート数にしても足りないので、もっとタイミングをつかんでいきたいし、最後の3分の1のところでスピードに乗った状態でボールを受けられるのが自分の一番のよさでもあるんで、それを増やすように走りの質や仲間とのコンビネーションを高めていければいいと思います』

『僕自身、もっとできる感触はあるし、自分が目指すのはこのポジションでチャンスメークに徹することではないので』

インサイド・ハーフではまずまず合格点(甘いか)だと思いますが・・・。トップ下として、攻撃的MFとしてはやはりゴールが欲しい。

モイーズの呪縛未だ解けず。

難しい『4-3-3』でも頑張って欲しいですね。

アジアカップ2015、開幕

日本

日本の初戦はパレスティナ。

ゲーム自体はライブで観れず(泣)、備忘録のみ。

2015・アジアカップ・グループD第1節、日本VSパレスティナ@ニューカッスル国際スポーツセンター。

8分にヤットさんのミドルが決まり先制。カガワくんのシュート(枠を外れていました)をエリア内中央にいた岡崎くんが頭でコースを変えた2点目。前半終了間際にカガワくんが得たペナルティを本田くんが決めて3-0で折り返し。後半は、何かグダグダで、それでもエリア内左でのカガワくんのターンからのクロスを吉田くんがヘッドでネットを揺らし4-0で発進です。

試運転。

ウォーミングアップ。

 

カガワくん&本田くん

勝ち点3を取れたことが良かったことでしょうか。そもそもパレスティナ相手に勝ち点3を取れないでは・・・ってことですね。

 

カガワくん

3つのゴールに絡んだカガワくんでしたが・・・。まだまだ全然駄目ですかね(泣)。

『溢れ球が来たときに一瞬、パスを出して前に行くかどうか迷いがあったが、シュートという意識を持っていたので、そこはシュートを打っていいやと。その中で押さえて打つことを意識したらうまくあのコースに飛んでくれた。それがゴールにつながった』

『僕のシュートは枠には入っていなかったと思うので、結果的には触ってくれて良かったと思う』

あのシュートは枠に飛ばさないと・・・。

オーストラリアと韓国が突破を決めましたので、金曜日のイラク戦がひとつの試金石ですね。

もちろん、勝つしかありません。

結論はアジアカップで

『今の日本代表は相手陣内で仕掛けることができるし、引いて守ってから攻撃を仕掛けることもできる。チームには両方のオプションを与えていて、選手の判断に委ねている』

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本VSホンジュラス@豊田スタジアム。

 

ウッチー

『ベンチからの指示があまりなかったので、自由にやった。細かい指示はないし、自分たちで考えてやっちゃっていいのかなと』

やっぱ右サイドはウッチーかな。スタジアムに駆け付けたお姉さん達の黄色い声援を一身に浴びていたイケメンは、右サイドで本田くんと共にプレゼンスを発揮していました。

 

長谷部くん

『基本的に形を決めずにやっていたし、真司も自由に動くタイプなので、スタートポジションだけ決めて、あとは自由にやっていた』

『監督に、「これはするな」ということは言われていなくて、「こんな形もある」というヒントを与えられている。ピッチの中でプレイするのは自分たちなので、臨機応変に組み立ててやった部分はある』

内田くんや長谷部キャプテンのコメントや冒頭のアギーレのコメントから、この試合はほとんど選手任せだったのだろう。

でも、ホンジュラス程度なら良いかもしれないが、アジアカップではどうだろう?。上手く行かないときや苦しいとき、アギーレは適切な指示や修正が果たせるだろうか。

僕は途方も無く心配です。

ゲームは前半9分。左のコーナーキックからニアで岡崎くんがすらして、ファーに居た吉田くんがそれに詰めて先制しました。

 

本田くん

長谷部くんのボールカットから右前にフリーで居た本田くんに通したパス(たまたまと語っていましたが)から、本田くんはミラノでのプレイ同様にしかっりと一対一を制して2-0に。

『立ち上がりの入り方が良かった。セットプレーで先制点を取れたことでチームがリラックスできた。あの1点があったか、なかったかで、こういった結果になっていたかというくらい、違うんじゃないかなと思います』

自身のゴールシーンについて

『5m後ろでも、あのタイミングだと間に合わなかったと思う。サボるじゃないですけど、取った時のイメージというのが持てていた。クリアする瞬間には動けていた。タイミングが良かったですね』

『頑張りすぎるとあのボールには追いつかなかった。その辺がサッカーの難しさというか面白さ。結果に繋がってよかった』

列強相手にはそうはいかない。そこをどうしていくのかが永遠の不変の課題(泣)。

『篤人としっかり連携を取りながら、非常に攻撃的に行かせてもらえた。無駄な戻りを、彼が前にいていいよということで(しなくてよかった)。その分、攻撃に専念できました』

『たぶん3回くらい(追い越して)走ってくれていたが使わなかった。あとで何かしらフォローしておきます』

最後は余裕のコメントですが・・・。ホントこれがどんなチームが相手でも出来ればと思わずにはいられないですね。

 

ヤットさん

ヤットさん

『初めて並んでやった割には、スムーズにできたと思う』

『基本的には自由に動いてますけど、よりゴールを意識したプレーを増やしていきたい。攻撃は楽しい。守備でいる時間より、前にいるほうが楽しいので』

『本田もよく見てくれていた。自分でも珍しいゴールかなと思います。前に人数をかけすぎてもと思っていたので、そこはバランスよく、いろんなところからシュートが打てるようなポジショニングを取ろうと思っていた。たまたまですけど、いいゴールだったかなと思います』

前半終了間際に豪快なミドルを叩きこんだヤットさん。ほぼザック時代からのメンツで戦ったホンジュラス戦。違ったのは『4-2-3-1』が『4-3-3』(場合によっては『4-1-4-1』)だったこと。

んでもっていつまで、この方に頼るのかしら。

柴崎君・・・、頑張って。

 

乾くん

『しっかり結果を残せたことはうれしかった。ちょっとはアピールできたかなと思うけど、この1試合だけじゃない。まずはしっかり次の試合をやらないといけない』

『圭佑くんが持って中を向いた瞬間、来るかなと思って、スピードアップしてしっかりゴール前に入れた。ボールがよかったので、(シュートは)そんなに難しくなかった』

『自分は得点だけじゃないと思っている。もっと違うところでボールに絡んだり、いいコンビネーションだったり、一対一で仕掛けたりしないといけない』

と語った乾くん。前からのディフェンスを上手くしないと、やはりもう三段くらい上のレヴェルの相手に結果を残すことは難しい。

『取り敢えずアジアカップが終わるまではコレで』と一緒に観戦した後輩が満足げに言いましたが、まぁ仕方ない。勝たなければいけないもんね。

最後に贔屓のプレイメーカーを。

 

カガワくん

『今日は良いところがたくさんあってよかったと思う。前半から球際だったり、セカンドボールだったり、そういうところで戦っていたからこそ、こういう結果が出たと思う。チームとして連動して戦えていた。ただ、もっと厳しい相手とやったときにどこまでできるかを常に意識してやらないといけない。次のオーストラリアはアジアで一番守備の固いチームだと思う。次の試合も同じようにいい戦いができるかどうかは分からない。しっかり準備してやっていけたら』

『みんなアグレッシブに戦えていた。その中で前半に2、3点取れた。ああいう戦いがホームでできれば、より簡単な試合になると思う。ただ、アジア杯やW杯は常にアウェー。これからもっともっと厳しい戦いが待っていると思うので、それを想定してやっていきたい』

2度あった得点チャンス。

もっとシンプルに!!。

以上代表備忘録でした。