本能寺の変 431年目の真実

本能寺の変 431年目の真実

ザ・ダタイ・ランカウイ番外編(その2)。

NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』を観ているのですが、丁度ちょっと前に『本能寺の変』があったので買ってみました。

『本能寺の変 431年目の真実』、明智憲三郎著。

明智光秀の末裔の方が書いた本書。興味深く面白い内容でした。

有名な謀反決意の句、『時は今あめが下しる五月かな』は実は『時は今あめが下なる五月かな』であった。謀反を決意した句では無かったの検証から始まり、本能寺の変(等)を解説していく歴史捜査本というスタイルを取っています。

僕には何が真実かは分かりませんが、勝者が勝手に歴史を作って行ったというのには賛成です。

明智光秀の腹心、斎藤利三の娘(福)が徳川三代目将軍家光の乳母・春日局は有名(家光の母であるという説にも面白さがありますが)ですが、何故そうなったかも解説されています。

歴史って面白いです。

明智光秀の娘、玉子(細川ガラシャ)縁の地(越中井)や真田砦跡が家のすぐ近くにあるのでまた訪れてみたくなりました。

広告