フットボールには全てを忘れさせてくれる夜がある

ロブレン

クロップ

年に何回かだけ、そういうゲームを観ることができる。

凄いゲームだった。

2015-2016・ヨーロッパリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、リヴァプールVSドルトムント@アンフィールド。

開始10分も経たずに、ドルトムントにショート・カウンターから2発見舞われた。普通ならこれでノックアウトだろう。リヴァプールが勝ち抜けするためには、3発返す必要ができたのだから。ましてや相手は、マドリーを沈めたこともあるヨーロッパでもトップクラスの鋭利なカウンターを持つドルトムント。前掛かりになればその裏をオバメヤンに、ロイスに、ムヒタリャンに突かれることとなる。実際、危ないシーンが前半終了間際に起こった。まったく期待できないキーパー・ミュニョレが、奇跡的に折り返しを指で触れて首の皮一枚サヴァイブした。

肝心の攻めでは、手数は見せたがクリーンヒットすることはなかった。6ラウンドを終えての採点は、ドルトムントが圧倒的にリードしていた。そして7ラウンド目のゴング。後半開始早々の48分に一発返すことに成功する。ドルトムントのお株を奪うようなショート・カウンター。裏に抜け出たオリギがトゥキックでヴァイデンフェラーの股を抜いて、ゲームは活気付いた。

しかし、その9分後にまたまた綺麗な一発を喰らいリング中央でダウン。最終ラインからドリブルで持ち上がったフンメルスのスルーパスに抜け出したロイスに、ダイレクトで美しい一発をゴール右隅に突き刺され1-3とされた。

アグリゲート・スコア2-4。

カウント・セブンくらいで立ち上がっただろうか。勝ち抜けにはまたまたあと3発必要となったが、レッズの目は死んでなかった。ハーフタイムでクロップが語りかけた言葉、『子孫に代々語り継げるような瞬間を作り出そう。ファンのために特別な夜を作り出そう』を信じ、誰一人欠けることなく全員が団結した。

怖れず、怯まず、自分たちを信じ攻める。アンフィールドを埋め尽くした12人目の選手たちの思いに応えるために、懸命にピッチを走った。66分。中盤で自由を得たコウチーニョがエリア手前中央にいたミルナーに預けワンツーからのボールを美しく強烈にゴール右に蹴り込みドルトムントからダウンを奪う。俄然勢い付くレッズ。交代で(カガワくんが引っ込んだのだが)何とかしようとしたドルトムント。しかしこのクリンチも効果はなく、その交代後すぐにCKからサコーがヘッドでネットを揺らし、ゲームはカオスへ突入することとなった。

残りは時間は、10分とアディショナル・タイム。

ラウンド11。ドルトムントは足にきていた。フンメルスは『3-1とした後、これで決まりだと思ってしまったんだ。アグレッシブな守備がなくなった。3-2とされてフットボールができなくなった。怖くなってしまったようだ』とコメントしていたが、完全に飲み込まれたと思う。そんななか、それでも90分まできた。フラフラになりながらも判定で勝ち上がるとこまであとちょっとだった。しかし、ゲームはこのままでは終わらなかった。

最終ラウンドの91分。右サイドで得たFKを直接放り込むことはせずに、ガラ空きの右サイド前に走り込んだスタリッジにボールを出して、スタリッジが秀逸なヒールからディフェンダーの股を抜いてフリーで走り込んできたミルナーに繋ぎ、ミルナーが丁寧に上げたクロスをファーサイドで待ち構えていたロブレンがヘッドを突き刺し、テンカウントを数えることとなった(ラストプレイでギュンンドアンがFKを決めそうにはなったが枠を僅かに捉えることができなかった)。

ユルゲン・クロップは、

『ドルトムントのカウンターは守れない時がある。4分、9分と決められた。それで試合終了ということもフットボールでは少なくない。だが、ここでは(アンフィールド)、このリヴァプールというチームとの試合では、そうじゃない』

『(3点目を決められてから)選手たちは闘志を見せた。素晴らしかったね。最上級の質を持つチームを相手に、こういう試合で挽回するには運も少し必要だ。だが、試合を見た人なら最終的に(勝利は)妥当だったと言うだろう』

『(アンフィールドは)見事な雰囲気だった。我々が一緒に成長していくために、こういう経験は必要なんだ。これで我々は一つの節目となるような試合をした。本当に良いことだ』

とコメントした。

『この試合は、自分たちが相手に譲ってしまったようなものだ。もちろん、巻き返す力も一つのクオリティーだけど、3-1になった後も集中していたら、彼らの挽回はなかったはずだ』と語ったフンメルス。

ゲーム前に2点は獲る。獲りに行かなければならないと語っていたトゥヘルが、

『言葉にするのは難しい。後半は大敗してしまった。後半だけで4失点したんだからね。もちろん、自分たちに求めるレベルに達することができなかったということだ。何としてでも次に進みたかったのだが、今日はそれを実現できなかった』

『長時間にわたって我々にとって良い流れのようだったが、終盤に何も失うものがない相手に敗れることとなった。相手を軽視?、それはない。ただ、3点目を決めてからももっと前を向いて、勇敢にプレーしなければいけなかった。特に自分たちがボールを持っているときにね』と総括した壮絶な殴り合いとなった一戦は、リヴァプールで長く語り継がれるであろう素晴らしい打ち合いとなった一戦だった。

 

ムヒタリャン

オバメヤン

カガワくんも絡んだムヒタリャンの1点目とロイスのスルーパスに抜け出したオバメヤンの2点目。

 

ロイス

ロイスが決めた美しい3点目。

ドルトムントはまだヨーロッパのトップのクオリティを秘めていることを改めて実感したゲームだったが・・・。

 

ドルトムント

ドルトムント

このゲームではグッド・ルーザーとなった。

 

オリギ

クロップの期待に見事なゴールで応えたオリギ。

 

コウチーニョ

反撃の狼煙を上げたコウチーニョの美しい一発。

 

サコー

本職のディフェンスではイマイチだったサコーの同点弾。

 

ロブレン

リヴァプール

最後の奇跡の一発は、アンフィールドを埋め尽くしたサポーターに捧げられた魂のヘッドだった。

 

クロップ

ユルゲン・クロップとレッズが奏でるヘヴィ・メタルの調は、僕にとってはなんとも心地よく響く。次の相手は、スペインのイエロー・サブマリン。このままELを制して、来シーズンはCLにカムバックして欲しいと心から願う。

広告

EL KLOPPICO

クロップ

クロップ

ユルゲン・クロップ凱旋。

2015-2016・ヨーロッパリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、ドルトムントVSリヴァプール@ジグナル・イドゥナ・パルク。

ゲーゲン・プレスで一世を風靡したドルトムントのホーム、ジグナル・イドゥナ・パルクに帰還したユルゲン・クロップ。ゲーム前には、ロッカールームを間違えないようにとユーモアある張り紙が話題となっていましたが、クロップが古巣相手にどんなフットボールを披露するか興味津々でライブ視聴しました。

 

クロップ

しかし、本当にキャラの立つ指揮官ですね。36分のオリギのシュートがネットを揺らした時のガッツポーズ、古巣相手でもお構いなし。元カノより今の彼女ってところがイイですね(当たり前か)。後半48分にCKからフンメルスにヘッドを許し追い付かれたのはいただけませんが、ネクスト・ラウンド進出へはフィフティ・フィフティです。

『プランを実行できたか?。そうすれば勝っていたはずだ。ドルトムントはすべてにおいてズバ抜けて高いクオリティーを持っている。だが、彼らに対して良い守備ができると信じていたよ』

『こちらにも良い時間帯があったね。リードを奪った時間もあるし、後半はロマンが手を痛くするほどシュートを打ち続けたときもあった』

『1-1という結果はもちろん悪くない。今シーズン、ドルトムントで1-1と引き分けることができるチームが3万チームもあるわけではないからね。勝利とはいかなかったが、結構良いスコアだ』

と語った愛すべきクロップ。

コウチーニョがシュートの雨を降らせましたが勝ち越しゴールを奪えず。セットプレイからの失点という課題も継続していますが、セカンドレグ@アンフィールドは異様な盛り上がりをみせることでしょう。

 

オリギ

先制点を決め切ったオリギ。

 

フンメルス

ドンピシャのフンメルスのヘッド。

ゲームは1-1で終了し、舞台をアンフィールドに移すことなりました。それにしても、ゲーゲン・プレスが割と緩かったと思いましたが作戦でしょうか。ドルトムントのポゼッションが60%に達しようかという数字からも、取り敢えず持たせとけってことでしょうかね。

しかし、セカンドレグはガツガツ行くハズです。次週を楽しみに待ちたいと思います。

 

カガワくん

カガワくんとも熱い抱擁。

しかし、なんで出番ないかなぁ(怒)。今日のカストロくらいのデキなら十分こなせるハズですけどね。週末のシャルケとのダービーに温存?。ホントかな。厳しいシーズンを送ってますが、カガワくんには何とかキレずに頑張って欲しいものです。いっそ、ゲッツェとともにレッズに移籍しないかなぁ。

泥沼の4連敗

フンメルス

クロップ

2014-2015・ブンデスリーガ第9節、ドルトムントVSハノーファー@ジグナル・イドゥナ・パルク。

2000年以来の危機。

シュートの雨を降らせましたが、ネットを揺らすことは叶わず。清武くんのいFKに沈み、愛すべきシュバルツゲルベンはリーグ戦4連敗を喫しました。

悲し過ぎますね。

ハノーファーのキーパーも当たってはいましたが・・・。ロイスのシュートがどれか入っていれば状況は一変したのだけれど。

『また同じ展開になった。僕らは先制点を奪うチャンスを7回か8回つくったけど、どれも生かせなかった』と語ったフンメルス。

 

ヴァイデンフェラー

『チャンスを生かしていれば3-0か4-0で勝てたはずなのに、僕に言わせれば不当なFKから失点してしまった。失点後の数分間は乱れ、その後は決定的なチャンスをつくれなかった』

指揮官は、

『我々は自分たちが報われるようにしなければいけない。だが、そうしていない。100%のチャンスを4、5回はつくり出しているが、決め切れていない。だが、我々は戦い続ける。立ち止まってはいけない』

『引き続き問題について語り合い、直視して分析していくつもりだ。これまでの試合に比べて良かった面もあるが、試合に勝てるほど良くはなかった。パフォーマンスが悪いときは批判されて当然。誰も助けてはくれない、自分たちで解決するしかない』

と述べた。

チャンピオンズでは揺らせるネットがリーガでは何故か揺らせません。何かのきっかけでイケるとは思うのですが・・・。

次節は王者ミュンヘンです。

『闘い続けるしかない。それ以外に道はない』

ナショナル・ダービーで復活・・・、難しいだろうなぁ〜。

やはりドイツはドイツだった

フンメルス

フンメルス

フンメルス

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、フランスVSドイツ@マラカナン・スタジアム。

ポゼッションのドイツとカウンターのフランス。ここまでの互いのスタイルに忠実に、ゲームは静かに始まった。ボールを持つドイツ。キックオフから5分、ほとんどドイツがボールを持っていた。フランスも慌てることなく構え、逆にオープニングシュートはベンゼマが放った。

何かと批判に晒されるペップ・グアルディオラが採用したラームのアンカー・ポジション起用(ミュンヘンと違いサイドバックの人材不足もあるだろう)も、このゲームでは慣れ親しんだ右サイドバックに。ラームは高い位置を取って攻撃に効果的なアクセントを付けていた。

スムースにボールを運ぶドイツ。しかしアタッキングサードでの最後の詰めを欠く状況の中、待望の先制点でそしてこのゲーム唯一の得点をセットプレイから得ることに成功した。

13分。左サイドで得たフリーキックからクロースがエリア内に蹴り込み、ヴァランに競り勝ったフンメルスが頭で擦らしてネットを揺らした。

バルサ流のポゼッションで頂点を目指すドイツが、バルサには無い高さ、セットプレイでの強さでモノにした貴重な先制点。

やはりドイツはドイツだった。

早い時間帯での先制点でどうなるかと思ったが、このまま前半はドイツがボールを持って、フランスはカウンターを窺う展開(一度ビッグチャンスが訪れたがノイアーが弾き出す)に終止した。

後半はフランスが前へ出た。

ドイツは勢いに飲まれ、自陣で我慢する展開が続く。しかしフランスの決定機はなかなか訪れず、逆にドイツがカウンターから追加点を窺う。このあたりがバルサとの違い、臨機応変で柔軟(モダンと言えばいいのかもしれない)と言ったところだろう。

そしてそのカウンターから、後半途中出場のシュールレにビッグチャンスが訪れたが(エジルの左サイドからのマイナスのクロスが中央に溢れてきて、ゴールに蹴り込むだけだったが、ロリスが何とか足でブロックした)追加点が奪えない。

追い付きたいフランス、逃げ切りたいドイツ。

お互いの意地がぶつかり合い、極限に達した疲労の中で緊迫した時間が続いた。90分間のインテンシティ(少し言い過ぎかな。フランスは淡々とした所もあったし)。そして、アディショナルタイムにジルーとのパス交換(ラッキーもあった)でエリア内左サイドを突破したベンゼマに最後のチャンスが訪れたが、その左足から放たれたシュートはノイアーの正面を衝いて(角度がなかった)万事休すとなった。

ドイツが0-1で勝負強く、4大会連続のセミファイナルへ。

フランスも身体能力を活かしたプレイやワンタッチプレイで好機を演出していたが、マッチアップしたラームとエブラの差が出ただろうか。

中盤の鬩ぎ合いもドイツに一日の長があり、決定機をモノにした老獪さ(若いレ・ブルーをいなした感がある)が勝負の分かれ目となっただろうか。

ポゼッションを凌駕する“個”の力が少し足りなかっただろうか。一致団結したフランスの航海はクォーターファイナルで終わりを告げて、ドイツがやはり勝ち上がることとなった。

勝負強さが欠けているや、ゲルマン魂を具現化出来ない等と言われている新世代のドイツ代表だが、ここブラジルでもセミファイナルまで上り詰めた。その一歩先に到達出来るだろうか。フランスにはない“個”の力を有する列強が待ち構えるであろうネクストステージ。果たしてメルケル首相はファイナルを観戦することが出来るだろうか。

ポゼッション・フットボール(僕はポゼッション信奉者なので)の最後の砦。何とかファイナルまで辿り着いてもらいたいものである。

 

ベンゼマ

最後のビッグチャンスをモノに出来ていれば・・・。

角度が無かったですが、CR7なら決めていたかもしれませんね。

 

フンメルス

ドルトムントでのプレイのように、貴重な得点を頭で決めたフンメルス。

体調が戻って良かったですね。

 

ドイツ代表

セミファイナルまでは予定調和のように進んできますね。

その先の扉を開くことができるでしょうかね。

2足の草鞋は不可能なのか?

フンメルス

クロップ

2013ー2014・ブンデスリーガ第8節、ボルシア・メーヘングラードバッハVSボルシア・ドルトムント@ボルシア・パーク。

20本のシュートは浴びせてたでしょうか?

ミッドウィークのマルセイユ戦で衝撃的なカウンターを披露したドルトムントでしたが、昨シーズンと同じチャンピオンズリーグで勝つとリーガで勝てない嫌な感じがしてきましたね。

疲労感が半端なく見てとれました。特に後半。

クロップは試合後、「奇妙な試合だった。チームは長時間、とても良い試合を見せていたよ。相手にプレッシャーをかけて、『ゲーゲン・プレッシング』がすさまじく良かった。しかし、ゴールが決まっていない」とコメントしましたが、『ゲーゲン・プレッシング』はソレ程効いてませんでした。

あと、やはりポゼッションは向いてないですね。気になるオーバメヤンは消えて、レヴァンドフスキは沈黙してしまいました。ロイスのフリーキックがバーを叩きましたが、ゴールする雰囲気があまりありませんでした。

そして、フンメルス。

不安定さを隠せませんでしたね。

次世代のセントラルって感じで、バルサがピッタリハマるパスセンスでドイツ代表でも良かったんですけどね。最近は低調過ぎてレーヴにも干され、『どうしたもんか』って感じです。

この試合でも終了間際の81分にレッドカードを受けてペナルティを献上してしまい、勝ち点2のロストって感じだったゲームが3になってしまった大失態でした。圧倒的にゲームを支配していただけに、『フェアな結果ではなかった』ですが、それがフットボール。ミュンヘンがこの試合の後に引き分けただけに、痛い敗戦となってしまいましたね。

引きずらないで欲しいなぁ〜。

 

フンメルス

遅れて行ってしまいました。

何が原因かなぁ〜?

 

シュテーゲン

まぁ〜この試合はバルサも興味を持っていると言われているシュテーゲンが良かったです。ドルトムントには、インターナショナル・マッチ・ウィーク期間中にリフレッシュしてもらいたいものですね。

価値あるドロー

クロップ

チャンピオンズリーグ、ラウンド・オブ・16・ファーストレグ、シャフタール・ドネツクVSボルシア・ドルトムント@ドンバス・アレナ。

昨シーズンの王者チェルシーが沈んだ極寒の地ウクライナ、ドネツク。いつものようなゴキゲンなショートカウンターは影を潜めてしまいましたが(マドリーしかりポゼッションはイマイチ上手くいきませんね)ドルトムントは2度先制された逆境を終了間際に追い付き、貴重なアウェイゴール2つを捥ぎ取りホームへ戻りました。

31分にクロアチア代表のスルナに美しいFKを決められ、68分にはロングボールの処理をフンメルスが誤り失点してしまいましたが、その都度の粘りで昨シーズンの教訓を活かしたカタチでしょうか。

41分のレヴァンドフスキのゴールは偶然に助けられ、終了間際のフンメルスのゴールはコーナーキックからでした。まだ突破を決めた訳ではありませんが、熱狂的なホームで早い段階で先制出来るとネクストラウンドです。

 

レヴァンドフスキ

最初のシュートを空振りしてしまいましたが、それがフェイントになりディフェンダー2人は交錯してしまい、ドフリーでゴールを決めることが出来ました。

ラッキーも実力?

 

フンメルス

ドンピシャのヘッドを決めたフンメルス。

2失点目は明らかなミス。名誉挽回の1発は貴重過ぎる2発目のアウェイゴールとなり、ネクストラウンドへの扉を半分開けました。

今日でラウンド・オブ・16の半分が終わりました。ユヴェントスがセルティックにアウェイで3-0で圧勝し勝ち抜ける可能性が一番高いですね。パリもメスタージャで2-1バレンシアに勝利しましたが、ズラタンが1発レッドを貰いました。残りは次週です。

バルサVSミランが待ち遠しいですね。