I AM ZLATAN

SONY DSC

規格外。

破天荒。

つい先日も、その鍛え抜かれた体に50ものタトゥ(飢餓に苦しむ人達の名前で、タトゥ自体は一時的なものだったそうですが)を入れて度肝を抜いてくれた、スウェーデンが生んだ不世出の愛すべき悪童、ズラタン・イブラヒモビッチの自伝を読みました。

やはり気になるのは『賢人』ペップ・グアルディオラとの確執。冒頭からそれが披露され僕を惹き付け、お腹一杯にしてくれましたね(笑)。訳し方も雰囲気が出ていてクールです。

レオ・メッシのことは悪くは書かれてませんが、センターには俺がいるのにグアルディオラに『くだらないことを言いやがった(センターにしてください、と)』と、先生にチクッたクラスメイトみたいな扱いです(笑)。

バルセロナでの最初のシーズンで22ゴール・15アシストだったにも係わらず、駄目だった的な扱いはフェアじゃないですよね。

あとは、やはりジョゼ“スペシャル・ワン”モウリーニョについて。インテルで1年仕事を共にした間柄ですが、やはり良く書かれています。

『(モウリーニョは)俺たちに喝を入れた。予期しない動きで俺たちを刺激した。(モウリーニョは)この男はチームのために全精力、全エネルギーを使っていた。俺も彼のために全ての力を尽くそうと思った。彼にはそう思わせるだけの資質があった。彼のためなら人殺しさえ厭わない。俺はそう思った』

少し芝居がかっていますが、悪童の心を掴んだのでしょうね。

一人称の『俺』がとても似合っていて、(とても長い本書なのですが)フットボール好きは間違いなく楽しく読める1冊です。

ズラタン・イブラヒモビッチは、マリオ・バロテッリほど歪んでなくて、ジョーイ・バートンほどインテリじゃない愛すべき格闘系悪童です。何よりも欲しいビッグイヤーをまだ手に出来ていませんが、引退までに獲得できれば素晴らしいなぁと思います。

『世の中には何千もの道がある。中には曲がりくねった道や、通り抜けにくい道もあるだろう。しかし、そんな道が、最高の道であることもある。”普通”とは違う人間をつぶそうとする行為を俺は憎む。もし俺が”変わった人間”じゃなかったら、今の俺はここにいないだろう。もちろん、俺みたいなやり方はお勧めしないぜ。ズラタンのマネをしろとは言ってない。ただ、「我が道を進め」と俺は言いたい。それがどんな道であってもだ。少し変わった子どもだからといって、署名運動で排除するなんてことはあってはならない』

最後に、先日のタトゥのエピソード動画を貼付けておこうと思います。

 

イブラヒモビッチ

時折見せる笑顔や少し憂いを帯びる哀しげな表情と同様に、本書も余すところない魅力に溢れる1冊でしたね。

オススメです。

広告

閉じ篭ったチェルシーと決め切れなかったパリ

ズラタン&モウ

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSチェルシー@パルク・デ・プランス。

『ロンドンでは1発お見舞いしますよ』

予定調和か、それともロンドンでネットを揺らすことが出来るのか。前半を終えて1-1。

イバノビッチのアウェイゴールはかなり有利だが、パリもノーチャンスではないだろう。昨シーズンはロンドンでネットを揺らせず、終了間際のデンバ・バの劇的なゴールに散った経験を、3-1でファーストレグをものにしていたが敗れた経験を、今回に活かせるだろうか?。

良くも悪くもない、オープンな1-1。

ただ、ロンドンでネットを揺らさなければゴーホーム、機を見て攻めるしかない。

『セカンドレグは、我々のプレーを押しつけなければいけない。賢く守る必要がある』

と語ったブラン。一方の“スペシャル・ワン”は

『負ける可能性もあった。結果はポジティブだ。「非常に良い」とは言えない。セカンドレグの結果次第だからね。ただ、私は非常に優れた相手にポジティブな結果を手にしたと言うことができる』

 

モウリーニョ

前日のプレスでは「違うチェルシーを見せる」と語って、いつも通りに悪くはない結果を手にした“スペシャル・ワン”。

後半のシュート0はやれやれだが、戦術の達人が、パリを一蹴するのだろうか。

 

クルトゥワ

スーパーセーブを2本披露したクルトゥワ。

ただ、今回の結果が1-2だったとしてもチェルシーが勝ち抜けするだろうな・・・って思わせるモウのオヤジがやっぱ凄いのだろう(退屈だ)。

答えはセカンドレグで(ライブ視聴しないかもしれませんが)。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

トリデンテ揃い踏み

メッシ

メッシ

ネイマール

ネイマール

スアレス

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF最終節、バルセロナVSパリ・サンジェルマン@カンプ・ノウ。

ようやく揃い踏みでしたね。ライブ視聴したかいがありました。アウヴェスが出場停止で、ルイス・エンリケは3バック(バルトラ、ピケ、マテュー)を採用しましたが、コレは全くギクシャクしていました。アンカーにマスチェラーノで守備を意識していたのも有ったと思いますが、ブスケツとイニエスタがまだ本調子でないってのもあってか、パスが上手く回らずって感じで、右サイドで先発したペドロが孤立していました。メッシがトップ下のような布陣(今シーズンはコレを結構試しています)も、メッシはやはり前線3枚の真ん中がベストかなぁ。

 

ズラタン

ズラタン

15分に本調子ではないズラタン・イブラヒモビッチに簡単にネットを揺らされ、駄目かなぁと思いましたが、19分に即メッシがスアレスの折り返しを沈めて生き返りました。

チアゴ・シウバとダビド・ルイスにしては緩かったでしょうか。

 

ネイマール

そして、前半終了間際のネイマールの美しいゴラッソが炸裂。このゴールまでほとんどスペースが無く、いつものようにノッキングを繰り返していましたが、この時だけは前が綺麗に空いてました。決め切るスキルは流石ですね。

前半を2-1で折り返すことが出来て、首位通過が見えてきました。

 

スアレス

後半はゆっくり入り膠着状態が続きましたが、シャビが入って状況が変わりましたかね。

77分にネイマールのシュートの溢れ球をスアレスが押し込んで勝負が決まりました。すぐ隣にメッシが居たんですけど、なんか譲った感じが良かったです。

 

メッシ&スアレス

これを機にリーガでも上昇して行って欲しい。

 

トリデンテ

シャビが居なくてパスが上手く回りませんでしたが、トリデンテ+ペドロの布陣は面白いかも。

『首位通過はとても重要だった。僕たちはそれを目標としていたんだ。首位での突破は、僕たちに自信を与えてくれる』

『プレーが見透かされないように、選択肢の一つとして常に扱っているものだ。ルイスは今日の試合で最良の選択と考えたが、上手くいったね』

『右サイドに位置した自身の役割については)攻撃の選手を助けるために、ボールを保持した際にサイドに開くことだった。だけど何より、守備面でチームを助ける必要があった』

と語ってくれたペドロ。

1月に移籍しないように願いますね。

“good luck” jose

何かイイですね(笑)。

イビラヒモビッチってヤツは何処か人を惹き付けますね。今年のバロンドール授賞式でのクロップとのヒトコマ(コチラ)もそうでしたが、ヤンチャな面が憎めないナイスガイって感じなんだろうなぁ〜。

2013-2014・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、チェルシーVSパリ・サンジェルマン@スタンフォード・ブリッジ。

ファーストレグを1-3でモノにしていたパリでしたが、終了間際にデンバ・バの劇的なゴールで2-0で敗れチャンピオンズから去ることとなりました。

ファーストレグでハムストリングを痛めてしまったズラタン王はスタンドから仲間の奮闘を見守りましたが、ロンドンではネットを揺らすことが叶わず。

『俺がピッチに立っていれば』と間違いなく思っているハズですが、ゲーム後の恩師ジョゼ・モウリーニョのインタビューにお茶目に登場してくれました。

『グッド・ラック!!』

 

ズラタン&モウ

身を屈めて近づくイブラヒモビッチ(笑)。

 

デンバ・バ

美しいゴールではありませんでしたが、プレミアらしいゴールかな。値千金の一発はチェルシーをネクストラウンドへ導きました。

 

モウリーニョ

ゴールが決まった後に喜びを爆発させてタッチライン沿いを疾走したモウリーニョと落胆したブラン。

モウリーニョは、『(疾走したのは)祝福のためではない。フェルナンドとデンバに変更を伝えるためだ。まだ残り3分とアディショナルタイムが残っていたからね。我々がとっていた戦術を続けることはあまりに危険だった。デンバにはDFの前でプレーさせたかった。フェルナンドにはマックスウェルのマークを求めた』

『デンバは最後に大きな仕事をしてくれた。我々はそれにふさわしい戦いをしたと思う。守ることを決めたチームを倒した。チームは気持ちを注いですべてを出し、この準決勝進出に値したよ』と語りました。

ポルト時代を彷彿とさせたランニングでしたが(笑)確かに何か指示を出していました。

 

モウリーニョ

やっぱなんか持っているんだろうなぁ〜。

ズラタン砲

イブラヒモビッチ

炸裂。バイアレーナに消えない跡を残す。

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、レヴァークーゼンVSパリ・サンジェルマン@バイアレーナ。

贔屓のバルサをライブ視聴した後に何気なく観ていたのだが、何てことないフットボールもこの男が前半でレヴァークーゼンをまさに『殺した』。それはペナルティを沈めた3分後の42分に訪れた。

左サイドから元バルサのイケメン・マクスウェルが折り返したボールを先制点を上げていたマトゥイディがエリア手前に居た“王”に落とし、“王”はダイレクトで利き足でない左足を豪快に振り抜きネットに突き刺した。幼少期から習っていたテコンドーのおかげかどうかは知らないが、強烈な振り抜きだった。

ワイルド・ワイルド・キング。

『モウリーニョの前じゃビビってお漏らしか!このタマなし野郎』とグアルディオラを罵ったと綴られた自伝を読むまでもなく、この男、超危ない。

190㌢を超える巨体の割に足元の技術に優れ、何よりフィジカルコンタクトがハンパなく、屈強なポストプレイと何より空中戦で負けることがなく、一瞬のスピードも有って両足から放たれるボールスピードは尋常じゃない。

危険で厄介だ。

この日の2得点を加え、今シーズンのチャンピオンズで10ゴール目を記録した“王”は、自身初となるチャンピオンズでの得点王も視野にビッグイヤーを掲げることを虎視眈々と窺っている。

何となく観てしまったゲームで、翌日にミュンヘンのクロースがゴラッソを叩き込んだので忘れてしまいそうだったズラタン王の1発を、何となく書いておきたいと思った週末の夜。

“王”に率いられた傭兵軍団(この試合に先発したフランス人プレイヤーは先制ゴールを上げたマトゥイディただ一人)の進軍は何処まで行くだろう?。

チャンピオンズリーグって面白い。

 

イブラヒモビッチ

怖ぇーよ、ホント。

“Ballon d’Or” 2013

ロナウド

winner!!!

スイス・チューリッヒで行われた2013年バロンドール受賞式は、大方の予想どおりCR7が受賞しました。レジェンド、ディ・ステファノ(1957・1959)とレイモン・コパ(1958)に次ぐマドリーのプレイヤーとして3人目のウィナー。得票率は接戦みたいでしたね(27.99%、2位のメッシが24.72%、3位リベリーが23.36%)。

おめでとう!!!

ブラジルワールドカップ予選でも大活躍でしたし、マドリーでもゴールを量産しました。息子さんと壇上に上がったシーンでの涙はエモーショナルで、素晴らしい受賞式でした。

『言葉にできない。どのような言葉も見つからないよ。すべてのチームメート、レアル・マドリー、代表チーム、家族に感謝をしたい。本当に誇り高いことだ。会長やここにいるたくさん人々に感謝をするよ。彼らの犠牲の精神が、バロンドール受賞に導いたことを知っているんだ』

宿敵バルサにとって最も厄介なこの御仁は、2008年以来(マン・ユナイテッド在籍)2度目の栄冠で更なる飛躍を遂げるでしょうか?

うん、厄介です。

 

ベストイレブン2013

そして、FIFAベストイレブン。

キーパーはマヌエル・ノイアーで、ダニ・アウヴェス、チアゴ・シウバ、セルヒオ・ラモス、フィリップ・ラームの4バック。

中盤はシャビとイニエスタ(欠席でした)。

前線は過多気味(笑)でレオ・メッシ、フランク・リベリー、クリスティアーノ・ロナウドにズラタン・イブラヒモビッチとなりました。特に異論はありません。ズラタン王を真ん中にメッシ、ロナウド、リベリーのアタッカー陣って感じでしょうか。

バルサからは最多の4人が選出されました。ヨーロッパ王者のミュンヘンより多い選出で、今シーズンはリベンジしてもらいたいものです。

あと、プレミア勢からの選出が皆無なのが寂しいってところでしたかね。

 

イニエスタ

コパで削られまくってたドン・アンドレス。

大事を取って欠席でしょうね。

 

メッシ

何て聞かれて、何て応えたのかな?

 

ジズー&リベリー

何て声を掛けたのでしょう?

バロンドールは逃しましたが、スーパーな活躍を見せたリベリー。今シーズンも危険ですね。

 

ロナウド

メッシ

リベリー

受賞式前の最終候補3名。

リベリーの1枚に悪意が感じられましたが・・・(笑)。

 

イリーナ&ロナウド

イリーナとロナウド

セレブな二人。

恋人のロシア人スーパーモデル、イリーナ・シェイクと出席したロナウド。ロナウドの腕時計が気になります。

 

アントネッラ&メッシ

5年連続の受賞は逃しましたが、赤のタキシードでかなり目立っていた『神』メッシはパートナーのアントネッラさんと。

これもやっぱドルガバかな。

スペインの宅配ピザ屋さんがツイッターで、『我々は、現在報じられていることを否定させていただきます。テレ・ピッツァは、配達員としてメッシを獲得したわけではありません』とジョークをつぶやいたみたいですね(笑)。

 

そして個人的ハイライトのズラタン王と愛すべきクロップのやりとり。

『いつドルトムントへ連れてってくるれんだい?』

と話しかけたイブラに対して、クロップは

『是非ともお願いしたね(笑)。けど、そうするとチームのみんなを売却しなきゃ駄目だね』とフレンドリーの応えたみたいですね。

『いやいやフリーだよ!!』

『フリーなの!?(笑)オーケー。聞いた?今の言葉(笑笑笑)』

和みました。やっぱクロップ素敵だわ。ズラタン王も『お会いできて光栄です』と話しかけたみたいで、畏まってた感じでしたしリスペクトしているのかしら?。

ホントこういうヒトコマってイイですね。

 

クロップ

監督賞はハインケスに譲ったユルゲン・クロップ。

まもなく再開するブンデスでの復活とチャンピオンズでの再びの躍進を祈念いたします。

 

ジョー・ハート・・・(泣)

 

イブラヒモビッチ

ベストゴール賞(フレンツェ・プスカシュ賞)も獲得したズラタン王。

ちなみに、僕は第3位(コチラ)でした(笑)。

 

ロナウド&ブラッター会長

ディスり合戦も手打ちでしょうか?(笑)。

何にせよ、本当におめでとうございました。