2年連続24回目

バルサ

最後は美しく戴冠。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第38節、グラナダVSバルセロナ@ロス・カルメネス。

紆余曲折だった今シーズン。チャンピオンズ連覇は出来ませんでしたが、リーガは何とかモノに出来ました。スアレスの3発。どれも良いゴールでした。同時開催だったマドリーが前半早々にCR7の一発で先制した時は嫌な感じでしたが、前節に続いて好調だったネイマールが左サイドを蹂躙し、22分にその左サイドで裏を取ったアルバのグラウンダーをスアレスが沈め安心できました。

 

スアレス

スアレス

『このタイトルはグループとしての働きの褒賞だ。今はこの瞬間を喜び、その後にコパ・デル・レイ決勝について考えたい』

『自分のゴールはチームメートがいたからにほかならない。特にここ数試合で顕著だったが、彼らは自分がどこにいるか探してくれたし、僕はただボールを押し込むだけでよかった』

とコメントしたバルサのスナイパー。

 

スアレス

おそらく世界No1のNo9、ルイス・スアレス。

この日のハットトリックで今シーズンのリーガ40ゴールは素晴らしいかぎりです。もちろんトップ・スコアラー。コパのファイナルでもゴールを。

 

MSN

バルセロナ

ここ8シーズンで6回目の栄冠。

バルサ・ダイナスティ。

 

イニエスタ

イニエスタ

イニエスタ

『今回のリーガ制覇は、本当に嚙みしめるものがある。苦しみながらも努力を貫いた褒賞だし、栄光の味がするね。リーガはシーズンを通して戦い続ける、僕たちがいつも優勝を求める大会なんだ』

『ここ8シーズンで6回のリーガ優勝を果たしたという事実が、ひとりでに物語っているはずだ。そう、僕たちは現在のサイクルを継続させていきたいんだ』

と語ったドン・アンドレス。

個人的には@ベルナベウ『クラシコ』での一発が忘れられません。

 

スアレス

コパ・ファイナルでも勝利を。

醜態

グリーズマン

グリーズマン

アトレティコ

なんだコリャ。

想像してた最悪の結果の通りとなった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

まったく前へ進めない。というか進もうとしないバルサ。遅い。戦術的?。ゲーム途中イニエスタが速くパスを回せ的なゼスチャーを見せていたが、プレイ・スピードが遅すぎる。鳥かごよろしくパスを回すのはイイけど、アトレティコのプレスを掻い潜れず簡単にシュートまで持っていかれる始末に、前半早々にダメだと覚悟した。それでも何とか耐えていたが、36分にジョルディ・アルバのクリアを拾われグリーズマンにヘッドを捻じ込まれる。覇気がない。インテンシティが見られない。後半もアトレティコはタフでソリッドだった。徐々に疲弊してはきたが、最後の最後で身体を投げ出す。抉じ開けることが出来ないバルサ。そして88分。いつもどおり前掛かりになって喰らうカウンターからイニエスタのハンドでペナルティ。これもグリーズマンが沈めて0-2。バルサが負ける時はこんな感じだ。アディショナル・タイムにエリア内でガビがハンドしたが、エリアの外という判定。PKだったら延長の可能性もあったが、結局はゴー・ホームだっただろう。言い訳は見苦しいだけだ。

メッシは消えていた。ネイマールは苛立っていただけだった。頼みのスアレスにボールが入らない。イニエスタは引き続き好調だったが、連動できない。ラキティッチはボールに触れず、ブスケツは効いていなかった。アウヴェスとアルバはミスを連発し、ピケは自身のツィートほど軽快じゃなかった。イニエスタとマスチェラーノだけが戦えていたが、2人では要塞を攻略できない。シーズン終盤で失敗したバルサ。チャンピオンズ連覇の旅は酷く惨めな最後で終えることとなった。

寂しい結末。もっと熱いゲームが観たかった。

このままではリーガも失うだろう。

コパのファイナルでも敗れるだろう。

3冠のポールポジションにいたハズなのに、終わってみればポディウムにすら立てない。そんなシーズンになる可能性が大きくなってきた。ルイス・エンリケは立て直せるだろうか?。とてもとても悲しいミッドウィークの朝となった。

 

ルイス・エンリケ

ピケ

N&S

メッシ

porque?。

鬼門のアノエタで、また沈む

ソシエダ

ソシエダ

メッシ

う~~ん、これじゃぁアーセナルだよ(怒)。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第32節、レアル・ソシエダVSバルセロナ@アノエタ。

開始5分で失点。ピケの対応が緩かった。クラシコからCLとタフなゲームが続いてますが、言い訳にならない。勝てば戴冠に大きく近くゲームでネットを揺らせないなんて。失点はしたが、90分近く残されていたのにゴールを抉じ開けることができない(泣)。アノエタには何かがあるのか。

 

メッシ

チャンスは何度かあったレオ・メッシ。

公式戦362分間ノーゴール(泣)。どした?。

 

ネイマール

キレが無さすぎネイマール。疲れから?か、まったく抜き去ることができない。

 

バルサ

良かったのは後半からピッチに立ったドン・アンドレスのみ。アトレティコ戦まで温存しておきたかったけどなぁ(泣)。

緊急事態だ。指揮官は『敗戦には値しなかった』とコメントしたが、このゲームのデキ(特に前半)では敗戦が妥当です。自ら開かれたリーガにしてしまったバルサ。ミッドウィークでカルデロンを攻略できれば、このゲームを忘れることができるが果して?。唯一の希望は、スアレスがこのゲームではサスペンションで幾分フレッシュなことだろうか。

それでも不安しかないが、サヴァイブを信じるのみです。頼む!!。