カンプ・ノウに立つ

乾くん

乾くん

79分間のメモリー。

今日はやっぱりコレ、午前2時から視聴した。

史上4人目(城くん、大久保くん、中村くんに続く)としてカンプ・ノウのピッチに立ったジャパニーズ・アタッカー、乾貴士くん。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第9節、バルセロナVSエイバル@カンプ・ノウ

しかし、見せ場はほとんど無かった。先制点の起点にはなったが、終始左サイドで孤立していた。フリーなのにパスが来ない。ドリブルで仕掛けるシーンもあったがボールロスト等でプレゼンスは発揮できなかった。この日、ボールに触れた回数は17回だったそうだが、到底満足することはできない。

周りとの連携が足りない(周りに信用されていない?)。ネイマール・ポジションで先発したからには、ボールを持たないことには始まらない。本家のネイマールはスアレスとの効果的な連携から2アシスト。スコアしなくても半端ないプレゼンスだった。レオ・メッシ不在のバルサは、ネイマールから始まりスアレスで終わる。そこまで望まないが、フリーの時はもっとボールを要求して欲しかった。

効果的なワンタッチで起点となったが、こんなものではないハズだ。単なるメモリアルで終わって欲しくない。

同じくこの日、ジグナル・イドゥナ・パルクで『魔法を掛けた』と賞賛されたカガワくん(3アシスト)よりも先にカンプ・ノウのピッチに立った乾くん。デビューゲームのように仕掛け結果を残して欲しい。

『起点になった』という見出しにはウンザリしているんだ。

前線からのプレッシングに周りとの連動。ボールを寄越せとアピールし、時にはエゴイスティックにゴールに向かって行ってもらいたいものだ。

一方の愛しのバルサ。

またもや簡単に失点してしまいどうしようないですが・・・。ちょうど一年前の『クラシコ』でリーガ・デビューを飾ったスアレスが、素晴らしいハットトリックを決めて勝ち点3を手にしました。

よかった。

 

スアレス

スアレス

スアレス

スアレス

世界基準の決定力、プライスレス。

カンプ・ノウに行きたかったなぁ。

 

スアレス&ネイマール

ネイマールとの連携が半端ない。

 

トリデンテ

ハットトリックの記念ボールを手にトリデンテで一枚。

レオ・メッシの帰還を待つと共にこのまま年内は凌いで来日してもらいたいものです。

広告

結論はアジアカップで

『今の日本代表は相手陣内で仕掛けることができるし、引いて守ってから攻撃を仕掛けることもできる。チームには両方のオプションを与えていて、選手の判断に委ねている』

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本VSホンジュラス@豊田スタジアム。

 

ウッチー

『ベンチからの指示があまりなかったので、自由にやった。細かい指示はないし、自分たちで考えてやっちゃっていいのかなと』

やっぱ右サイドはウッチーかな。スタジアムに駆け付けたお姉さん達の黄色い声援を一身に浴びていたイケメンは、右サイドで本田くんと共にプレゼンスを発揮していました。

 

長谷部くん

『基本的に形を決めずにやっていたし、真司も自由に動くタイプなので、スタートポジションだけ決めて、あとは自由にやっていた』

『監督に、「これはするな」ということは言われていなくて、「こんな形もある」というヒントを与えられている。ピッチの中でプレイするのは自分たちなので、臨機応変に組み立ててやった部分はある』

内田くんや長谷部キャプテンのコメントや冒頭のアギーレのコメントから、この試合はほとんど選手任せだったのだろう。

でも、ホンジュラス程度なら良いかもしれないが、アジアカップではどうだろう?。上手く行かないときや苦しいとき、アギーレは適切な指示や修正が果たせるだろうか。

僕は途方も無く心配です。

ゲームは前半9分。左のコーナーキックからニアで岡崎くんがすらして、ファーに居た吉田くんがそれに詰めて先制しました。

 

本田くん

長谷部くんのボールカットから右前にフリーで居た本田くんに通したパス(たまたまと語っていましたが)から、本田くんはミラノでのプレイ同様にしかっりと一対一を制して2-0に。

『立ち上がりの入り方が良かった。セットプレーで先制点を取れたことでチームがリラックスできた。あの1点があったか、なかったかで、こういった結果になっていたかというくらい、違うんじゃないかなと思います』

自身のゴールシーンについて

『5m後ろでも、あのタイミングだと間に合わなかったと思う。サボるじゃないですけど、取った時のイメージというのが持てていた。クリアする瞬間には動けていた。タイミングが良かったですね』

『頑張りすぎるとあのボールには追いつかなかった。その辺がサッカーの難しさというか面白さ。結果に繋がってよかった』

列強相手にはそうはいかない。そこをどうしていくのかが永遠の不変の課題(泣)。

『篤人としっかり連携を取りながら、非常に攻撃的に行かせてもらえた。無駄な戻りを、彼が前にいていいよということで(しなくてよかった)。その分、攻撃に専念できました』

『たぶん3回くらい(追い越して)走ってくれていたが使わなかった。あとで何かしらフォローしておきます』

最後は余裕のコメントですが・・・。ホントこれがどんなチームが相手でも出来ればと思わずにはいられないですね。

 

ヤットさん

ヤットさん

『初めて並んでやった割には、スムーズにできたと思う』

『基本的には自由に動いてますけど、よりゴールを意識したプレーを増やしていきたい。攻撃は楽しい。守備でいる時間より、前にいるほうが楽しいので』

『本田もよく見てくれていた。自分でも珍しいゴールかなと思います。前に人数をかけすぎてもと思っていたので、そこはバランスよく、いろんなところからシュートが打てるようなポジショニングを取ろうと思っていた。たまたまですけど、いいゴールだったかなと思います』

前半終了間際に豪快なミドルを叩きこんだヤットさん。ほぼザック時代からのメンツで戦ったホンジュラス戦。違ったのは『4-2-3-1』が『4-3-3』(場合によっては『4-1-4-1』)だったこと。

んでもっていつまで、この方に頼るのかしら。

柴崎君・・・、頑張って。

 

乾くん

『しっかり結果を残せたことはうれしかった。ちょっとはアピールできたかなと思うけど、この1試合だけじゃない。まずはしっかり次の試合をやらないといけない』

『圭佑くんが持って中を向いた瞬間、来るかなと思って、スピードアップしてしっかりゴール前に入れた。ボールがよかったので、(シュートは)そんなに難しくなかった』

『自分は得点だけじゃないと思っている。もっと違うところでボールに絡んだり、いいコンビネーションだったり、一対一で仕掛けたりしないといけない』

と語った乾くん。前からのディフェンスを上手くしないと、やはりもう三段くらい上のレヴェルの相手に結果を残すことは難しい。

『取り敢えずアジアカップが終わるまではコレで』と一緒に観戦した後輩が満足げに言いましたが、まぁ仕方ない。勝たなければいけないもんね。

最後に贔屓のプレイメーカーを。

 

カガワくん

『今日は良いところがたくさんあってよかったと思う。前半から球際だったり、セカンドボールだったり、そういうところで戦っていたからこそ、こういう結果が出たと思う。チームとして連動して戦えていた。ただ、もっと厳しい相手とやったときにどこまでできるかを常に意識してやらないといけない。次のオーストラリアはアジアで一番守備の固いチームだと思う。次の試合も同じようにいい戦いができるかどうかは分からない。しっかり準備してやっていけたら』

『みんなアグレッシブに戦えていた。その中で前半に2、3点取れた。ああいう戦いがホームでできれば、より簡単な試合になると思う。ただ、アジア杯やW杯は常にアウェー。これからもっともっと厳しい戦いが待っていると思うので、それを想定してやっていきたい』

2度あった得点チャンス。

もっとシンプルに!!。

以上代表備忘録でした。

ラトビア相手ですから・・・

日本代表

フレンドリーマッチ、日本VSラトビア@神戸市御崎公園球技場。

前半はグタグタでしたね。岡崎くんの執念のゴールで何とか前半終了間際に先制。後半はまずまずで香川くんから本田くんのホットラインが繋がり、技ありゴールで2-0に。3点目は前田→香川→岡崎とワンタッチで繋がったいいゴールでした。でもラトビアだし、これ位はやってくれないとです。

ゴールは無かったけど、香川くん良かったですね。あと途中出場でしたが、フランクフルトの乾君がキレてましたね。清武くんより乾くんで行こうゼ。ブンデスでの好調を維持してるのではないでしょうか?明暗が分かれたと思います。

しかし、もうちょっとビッグネームとのマッチアップは出来なかったのでしょうかね・・・。あと、みんな怪我しなくて良かったです。