大きな蹉跌

カシージャス

ロナウド

ロナウド

撃てど撃てどもネットは揺らせず。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第36節、レアル・マドリードVSバレンシア@サンティアゴ・ベルナベウ。

バルサのゲームの後に連続でライブ視聴しましたが、バルサにとっては大いなる躓き、マドリーにとっては痛恨のエンパテ(2-2)。負けることが許されないマドリーは、前半からシュートの雨を降らせましたましたが、ゴール右上角、左ポスト、クロスバーに阻まれ、最後は鬼神ジエゴ・アウヴェスがロナウドのペナルティをファインストップ。いつ入ってもおかしくない状況でしたけれど・・・。そんな中、売り出し中のガジャの美しいクロスをパコ・アルカセルが粘ってゴールに流し込み先制に成功したバレンシア。フットボールってホント面白いですね。またセットプレイからバックベッドで追加点も決めて、マドリーの躓きを期待していたバルサクレの僕は思わずガッツポーズ(笑)。ゲームの焦点は、後半マドリーがどういうフットボールを見せるのかに移っていきました。そして見せたインテンシティ。やはりソレは世界一のソレでした。ゲームは結局、2-2で終えてバルサが戴冠に一歩近づき、素晴らしい朝を迎えることが出来ました。

ピース。

 

マドリー

イスコ

後半のアタックはさすがの世界一でしたね(余裕)。

84分のイスコのブラヴォなミドルは凄かったです。とにかくナイスなエンパテ。あとはユーヴェに勝てるかどうか(個人的には『ユーロ・クラシコ』を切望していますので・・・)。ミッドウィークを見届けてましょう。

何気ない

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドリゲス

ミッドウィークの朝に、何気なくライブ視聴。

眠い・・・。

2014-2015・リーガ・エスパニョーラ第16節(延期分)、レアル・マドリードVSセビージャ@サンティアゴ・ベルナベウ。

何気なく、セビージャが引き分けでもしてくんないかなぁ〜と思って観てましたが、甘かった。

マルセロ(このゲームでマドリーでのオフィシャル・マッチ通算300試合出場達成)の、何気ない美しいクロスにハメス・ロドリゲスが飛び込んで難なく12分に先制。

何気なく失点したセビージャ。

チャンスはあったんだけど、何気なくモノにできない・・・。

36分にも、何気なくイスコからベンゼマと渡り、最後にヘセが何気なくネットを揺らし2-0に。こうなっては、ベルナベウで勝ったことのないウナイ・エメリ(苦虫を噛み潰していました)では如何ともし難い。

後半にも、このゲームのハイライトとなる美し過ぎる崩し(ワンタッチ・ツータッチで、クロース→イスコ→ベンゼマ→イスコ、ヘセ→マルセロ→ベンゼマ)を披露した(フィニッシュだけ上手く決まりませんでした)白いゴリアテ。

終了間際に、何気なく失点はしましたが、ロナウドの出場停止試合を何気なく連勝で乗り切って、週末のマドリード・ダービーへとなった。

セルヒオ・ラモスが筋肉系のトラブル、ハメス・ロドリゲスが右足第五中足骨の骨折、マルセロが累積警告で出場停止となり薄くない暗雲が立ち込めてはいるが、面白いダービーとなりそうだ。

 

マドリー

何気なく睡眠を削って観てしまったゲームで、悔しくも美しい崩しに目を奪われてしまった木曜の朝。

愛しのバルサとは勝ち点差『4』。

ロヒ・ブランコに頑張ってもらうしかないかと何気なく思い、一日が終わった。

 

イスコ

追伸:何気なくはないブラヴォ過ぎるイスコ。

スゲェーわ。

ブラヴォ、イスコ

イスコ

イスコ

EURO2016予選・グループC、スペインVSベラルーシ@エスタディオ・ヌエボ・コロンビーノ。

格下が相手とはいえ、前半18分の1発はキーパーが一歩も動けないまさにゴラッソでした。

最近はマドリーでも活躍しているみたいですが、僕はあの頃を思い出しました。

ブラジルからの捲土重来を期す“ラ・ロハ”の命運はこの男とコケが握っているのかもしれません。

『今は調子が良いね。チャンスをうまく生かすことができていると思う。今が自分の最高の時期だとは考えたくないけどね。フィジカルの状態が良くて、速く質の高いプレーができている。それをピッチ上で見せることができているんだ』

『僕はとにかく頑張って、毎日自分の場所を勝ち取ろうとしている。あとは監督たちが決めることだよ。スペイン代表にもレアル・マドリーにも、世界最高の選手たちがいる。僕はただ、監督たちの選択を難しくさせたいと思っている』

 

ブスケツ

ブスケツ

ゲームはイスコのゴールの1分後にブスケツが豪快に叩き2-0とし試合を決めました。

バルサでももっと打って欲しい。

 

ペドロ

バルサでは出番が限られているペドロが後半にネットを揺らし3-0で勝利した“ラ・ロハ”。

ペドロ、ゴール出来て良かったです。でも1月には海を渡るかなぁ(泣)。

 

モラタ

モラタも出番がありました。

そして、カジェホンも(笑)。出場時間は多くありませんでしたが、ファースト・チョイスのジエゴ・コスタがフィットしてませんので脅かして欲しいですね。

 

スペイン

スタメン備忘録。

サンティ・カソルラも良かった。ピケがセントラル・・・(泣)。若手の守備陣は育ってませんかね。右サイドはアスピリクエアタで良かったのでは?。もうカシージャスもアディオスでいいのでは?。デ・ヘアがゲーム前に脱臼し離脱しましたが・・・。

デルボスケ翁にはデ・ヘアを使って欲しい。

 

デルボスケ

その翁、ゲーム後にイスコに軽くごもっともな戒めを。

『イスコはとても良いプレーだった。だが、ちょっと上品にやりたがりすぎる場面もあった』

『我々は良いプレーをして、試合を支配した。最初の30分で2点を決めた。だが、上品に、芸術的にやりたがることが時々ある』

それがスペインではありますが、王座をドイツに明け渡した今はもっと泥臭く、ガムシャラにプレイすることが必要かもしれませんね。

 

スペイン

チアゴ・アルカンタラやイジャラメンディが居ませんが、U-21・EUROを連覇した逸材の息吹を感じるスペイン代表。

まだスロバキアに遅れを取っていますが、ここから復活して欲しいものです。