3度の決定機

ジェコ

サラー

フォロレンツィ

『マドリーは突破に値した。現実を受け入れないわけにはいかない。我々は0-2で負けたんだ。我々はよくやったのかもしれない。讃えることもできるのかもしれない。だが、メンタリティーや闘志、自信という点で成長しなければいけないというのが現実だ。我々はまだ弱い。チームは最初の困難で本来のレベルでいられなくなってしまう』

『今日がどれだけの機会なのかを分かっていないんだ。こういう試合は世界的な注目を集めるための最短の道であり、リーグ戦の38試合以上のものを与えてくれる機会なんだ。もっと違う勝負をしなければいけなかった。今は黙って家に帰ろう』

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、レアル・マドリードVSローマ@サンティアゴ・ベルナベウ。

決定機は3度あった。圧倒的な決定機が3度だ。ホームのファーストレグを0-2で落としてるローマにとって、コレを逃しているようではお話しにならない。

ゼコは打つ前から外しそうな感じで、案の定枠内に飛ばせず。サラーも快速を飛ばしたはイイがコチラも最後で枠を捉えず、フロレンツィはナバスの正面に蹴ってしまった。全てのシーンでケイラー・ナバスのポジショニングが完璧だったが、決めなければネクスト・ラウンドへは進めない。決めるしかないんだ。

ローマが決定機を逃していると、いい加減マドリーはネットを揺らす。当然だ。64分、ベイルとの交代で入ったルカス・バスケツが右サイドで一対一を仕掛け、折り返しをロナウドが合わせラウンド16に終止符を打った。この4分後のカウンターからのハメスのゴールはオマケだ。前半の早い段階でゼコが決定機を決めていれば、マドリーは慌てたかもしれないし浮足だったかもしれない。

 

スパレッティ

『マドリーは絶好調だったわけじゃないんだ。抗えない相手ではなかったんだよ。0-2で負けて安心したり満足するのでは、私は不安だ。早く成長しなければいけない。そうじゃなければ、さらに厳しい道のりとなる。もっとうまくやらなければいけないんだ。ロッカールームで選手たちが安心した顔つきをし、パフォーマンスが良かったという賛辞を期待していたら、私は気分が悪くなる』

ごもっとも。

 

ナバス

ロナウド&ハメス

繰り返すが、3度だ。

逃しているとマドリーは決め切る。

 

トッティ

トッティにとって最後のチャンピオンズ。

お疲れさまでした。

 

マドリー

残された唯一のタイトルに向けて一つコマを進めたマドリー。クォーターファイナルの相手はどこだろう。

ミュンヘンあたりがイイんじゃね?。