ファイナリストの意地

ディバラ

ユヴェントス

セカンドレグに望みを繋ぐ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ユヴェントスVSバイエルン・ミュンヘン@ユヴェントス・スタジアム。

バルサの勝利に気分良く連続視聴したが、とても熱く面白い一戦だった。圧倒的にボールを持つドイツの雄とカウンターを窺うイタリアの雄。ゲームは徐々にミュンヘンのペースとなってユーヴェは自陣で耐えることを強いられる。10分過ぎにトーマス・ミュラーに決定機が訪れたが、ミュラーはバランスを崩し力ないボールがブッフォンの胸に収まった。サイドからサイドへ展開しロッベンとコスタでアタックを仕掛けるミュンヘン。耐えるユーヴェ。今年に入ってから1失点しか許していないユーヴェは、当然アウェイ・ゴールを許さない展開に持ち込みたいところ。しかし前半終了間際に失点してしまい無傷で折り返すことは叶わなかった。

 

ミュラー

43分。左サイドのコスタの折り返しをクリアしたところに何故かいるトーマス・ミュラーがゴールにパスを流し込み、ミュンヘンが先制して折り返し。

何故かソコに居るんだよなぁ(苦笑)。

ユーヴェにとっては当然、痛い失点だ。これ以上は許されないが、後半の早い時点で悪夢を見ることとなった。

 

ロッベン

ロッベン

55分。ミュンヘンのカウンターが炸裂。エリア手前中央でボールを受けたレヴァンドフスキが溜めて右サイドを駆け上がってきたロッベンへパスを捌き、パスは前へ流れたがロッベンが得意の型でドルブルを仕掛け、ゴールから遠ざかるように斜めに左足で持ち出し、最後はボールを美しくゴール左隅に突き刺した。分かってても止められないロッベン・スタイル。ユーヴェにとっては致命傷と成り兼ねない一撃だが、白と黒は諦めない。少し前はアッサリ敗退してたが、傷口を広げるリスクを負って攻めるユーヴェ。月日を重ね進化したユーヴェのソリッドな意思がゴールとなって結実した。

 

ディバラ

63分。右サイドからのクロスをキミッヒが処理を誤りボールがマンジュキッチのところに溢れ、マンジュキッチが右を走っていたディバラにパスを通し、売り出し中のディバラがクールにノイアーの壁を破って1-2とした。

セリエを観る余裕は無いが、ディバラはイイ。テクニックもスピードもある感じだ。この若者のゴールで息を吹き返したユーヴェは、とうとうゲームを振り出しに戻すことに成功する。

 

ストゥラーロ

76分。交代出場で入ったモラタとストゥラーロが結果を出した。左サイドでパスを受けたモラタがヘッドで中央へ折り返したボールに飛び込んできたストゥラーロが押し込み、ゲームはとうとう2-2となった。

マンジュキッチの献身性、クアドラードのスピード、ダイナミックなポグバ。リスクを取って前へ行くことが結果、セカンドレグに望み繋ぐことに成功した。

 

ディバラ

ディバラ

『すごく難しい試合になることは分かっていた。ハートとスピリットで戦い、僕たちは引き分けたんだ』

『前半は少しやられすぎたよ。スペースを与えすぎてしまったんだ。後半はかなり良くなったと思う。高い位置からのプレスがうまくいったね』

『(セカンドレグに向けては)とても難しいスタジアムでの試合が待っている。そこで勝てるチームは少ないね。でも後半に見せたようなハートとスピリットを持っていけば、僕たちはやれるはずさ』

と語ったアルゼンチン出身のパウロ・ディバラ(22歳)。アルゼンチンってホント才能あるアタッカーを輩出する。ディバラが灯した火がミュンヘンではどうなるだろうか。かなり難しいタスクだが、何となくゴール出来そうな予感もある。結果は3週間後。セカンドレグも刮目だ。

広告

ウノ ゼロ

マンジュキッチ

ブッフォン

手堅いユーヴェ、ゴールに鍵を掛けてマン・シティを退ける。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第5節、ユヴェントスVSマン・シティ@ユヴェントス・スタジアム。

途中で寝落ちしてしまいました。

マンジュキッチのゴールまで観てたんですが・・・。ソリッドなカテナチオを破れなかったマン・シティはまたまたグループ・ステージ2位に。今シーズンも上には行けないかなぁ。シルバの復帰が望まれますかね。

 

ポグバ

ポグバの身体能力スゲー。

寝落ちしてしまったので、特に記すことがない。

残念(泣)。

相も変わらずナイーブなマン・シティ

ペジェグリーニ

今シーズンも変わらずか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第1節、マン・シティVSユヴェントス@シティ・オブ・マンチェスター(エティハド)。

今シーズンもいよいよ始まりました、チャンピオンズ・リーグ。愛しのバルサは明日登場。今シーズンのチャンピオンズ初ライブ視聴ゲームは、プレミアで開幕5連勝と好調のマン・シティとセリエAで絶不調の昨シーズンのファイナリスト、ユヴェントスのゲームをセレクトしました。

分からないものです、つくづくと。

開始早々のスターリングに訪れた決定機。ジャン・ルイジ・ブッフォンのファインセーブで凌いだユヴェントス。ユヴェントスも早いクロスからポグバがネットを揺らしたが、その前にオフサイドポジションにいたモラタが触ってノーゴール。

リーグ戦では明暗が分かれている両チームでしたが、前半はスコアレスで折り返し。ユーヴェは、モラタに不満がありましたが、それ以外はよく頑張っていましたかね。そして、そのモラタが一瞬の隙を突くという不思議。

フットボールは分からないものです、しみじみと。

 

コンパニ

まずは、57分。

コーナーキックからコンパニがファウル気味にキエッリーニを制して(キエッリーニのOG)マン・シティが先制しました。この勢いのまま前半のように左サイドからスターリングにビッグチャンスが訪れたり、マン・シティが完全に押していましたが、決める時に決めないと必ずしっぺ返しを食らうこととなります。案の定でしたね。

 

マンジュキッチ

マンジュキッチ

マンジュキッチ

70分。左サイドからポグバが放り込んだアーリークロスに反応したマンジュキッチが右足で押し込み、ゲームを振り出しに戻したユーヴェ。マン・シティは油断していたでしょうか。そして最後はモラタのゴラッソに沈むこととなりました。

 

モラタ

81分。

何気に溢れてきたボールを右サイドから持ち込んだモラタが、ペナルティアーク付近から左足を振り抜き、ボールは綺麗なカーブを描いてゴール左ポストに当たりネットに吸い込まれていきました。

昨シーズンもチャンピオンズで結果を残したモラタの美しい一撃がユーヴェに貴重な勝ち点3をもたらし、死のグループDはここから混沌の様相を呈するかもしれませんね。

 

ユヴェントス

コンパニ

決める時に決めておかないと・・・。

コンパニが負傷までしてしまい、痛すぎる敗戦となったマン・シティのバウンス・バックはあるのか。それとも例年のように見せ場を作ることなくなんとなく沈んで終わるのか。凄い戦力とともに経験も積んだハズです。そろそろクォーター・ファイナル程度までは勝ち上がって欲しいものです。

慢性的な寝不足のはじまり、はじまり〜。

連覇への旅路

バルサ

バルサ

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせが決まりました。チャンピオンズもいよいよ来月からですねぇ。

組み合わせは以下のとおり。

◆グループA
パリ・サンジェルマン(フランス)
レアル・マドリー(スペイン)
シャフタール・ドネツク(ウクライナ)
マルメ(スウェーデン)

◆グループB
PSV(オランダ)
マンチェスター・ユナイテッド(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ヴォルフスブルク(ドイツ)

◆グループC
ベンフィカ(ポルトガル)
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ガラタサライ(トルコ)
アスタナ(カザフスタン)

◆グループD
ユヴェントス(イタリア)
マンチェスター・シティ(イングランド)
セビージャ(スペイン)
ボルシア・メンヒェングラッドバッハ(ドイツ)

◆グループE
バルセロナ(スペイン)
レヴァークーゼン(ドイツ)
ローマ(イタリア)
BATEボリソフ(ベラルーシ)

◆グループF
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
アーセナル(イングランド)
オリンピアコス(ギリシャ)
ディナモ・ザグレブ(クロアチア)

◆グループG
チェルシー(イングランド)
ポルト(ポルトガル)
ディナモ・キエフ(ウクライナ)
マッカビ・テルアビブ(イスラエル)

◆グループH
ゼニト(ロシア)
バレンシア(スペイン)
リヨン(フランス)
ゲント(ベルギー)

 

日程

メッシ

愛しのバルサはグループE。ローマがポイントかなぁ。簡単ではないですね。この舞台に戻ってきたマン・ユナイテッドはイージーモード。アトレティコもそうかな。古巣と同組となったモウのオヤジとカシージャスの邂逅が胸アツです。『死のグループ』はグループD。毎年厳しいドローのマン・シティは今シーズンも『死のグループ』です。

ジャイアント・キリングは起こるのか。バルサの連覇は果たして。ロード・トゥ・『サン・シーロ』

今シーズンも存分に楽しみたいと思います。

【グループステージ日程】

第1節:9月15、16日

第2節:9月29、30日

第3節:10月20、21日

第4節:11月3、4日

第5節:11月24、25日

第6節:12月8、9日

El Triplete !!! Campion of “2015”

ラキティッチ

スアレス

ネイマール

史上初の2度目の3冠達成!!。

4年ぶり5度目のヨーロッパチャンピオン。ここ10年で4回目、素晴らしいです。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ファイナル、バルセロナVSユヴェントス@オリンピア・シュタディオン・ベルリン。

キックオフ直後は堅かった(テベスにシュートされたり、バックラインでパスミスしたり)バルサですが、ユーヴェ・ディフェンスの一瞬の隙を付いてネットを揺らしました。

 

ラキティッチ

バルサ

ラキティッチ

4分。

メッシのダイナミックなサイドチェンジを受けたアルバがダイレクトでネイマールに渡し、左サイドでボールを持ったネイマールがキープしながら、エリア内に入ってきたイニエスタへパスを通し、イニエスタは当然のようにシュートは撃たず(笑)これまた中央に飛び込んできたラキティッチに叩いて、ラキティッチが左脚ダイレクトでブッフォンの壁を破り先制に成功しました。

メッシのサイドチェンジからの美しいパス回しとエリア内への侵入。

バルサがバルサたらしめる1発で幕が上がったファイナル。ボールを持つバルサと引いてカウンターを狙うユーヴェ。その後もアルバやアウヴェスに決定機が訪れバルサが圧してゲームが進んで行きました。アルバとアウヴェスの両ラテラルが上がった時に危ないと思う時もありましたが、前からのプレッシングも効いていたし、何よりスペースが無い中で落ち着いてボールを回してゴールを窺っていました。ただ、1点では駄目なんです。早く次のゴールが必要な中、後半早々にスアレスにビッグチャンスが訪れましたが、スアレスが放った右脚アウトの一撃はイタリアの壁にファインセーブで凌がれ、続くトリデンテの崩しも最後はメッシが枠内に飛ばすことが出来ず、そうこうしているうちにアクセルを緩めてしまい、ユーヴェにネットを揺らされてしまいました。

 

モラタ

モラタ

55分。

バルサの左サイドをマルキージオの秀逸なヒールパスからリヒトシュタイナーに突破され、リヒトシュタイナーの折り返しから中央で受けたテベスのターンからの一発。テベスのシュートはシュテーゲンがセーブしましたが、弾いたところが悪く、左サイドでフリーで待ち構えていたモラタにクールに流し込まれ追い付かれてしまいました。

攻めていたバルサが陥ったエアポケット。

ゲームは振り出しに戻りましたが、勢いに乗るユーヴェ。しかし、次のゴールは目を覚ましたメッシからとなりました。

 

スアレス

スアレス

スアレス

68分。

メッシが珍しくアタッキングサード中央やや左よりでドリブルを仕掛け、ボヌッチをかわして振り抜いた左脚から放たれた一撃は、ブッフォンが弾くもその溢れ球をスアレスが蹴り込んでスコアが動きました。この日、何度かあったチャンスで決めきれなかったスアレスですが、キッチリ仕事をしてくれました。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

そして美しいフィナーレがアデイショナルタイム97分に訪れました。

ほぼラストプレイだったユーヴェのフリーキックを跳ね返してからの、今シーズンを象徴する(このゲームで数度見舞った)ブラウグラナ・バレット。跳ね返したボールを拾ってからの光速カウンター。ディフェンスを引き付けたネイマールが、一旦途中出場のペドロに預け、ペドロがまたネイマールにリターン。バルサが誇るナンバー11は、クールに左脚を振り抜きジャン・ルイジ・ブッフォンの股を抜いてネットに突き刺しました。自身の71分の幻のゴールの鬱憤を晴らす光速カウンターからの一撃と共にフィナーレのホイッスルが鳴って、素晴らしいトレブルで今シーズンの航海を終えることとなった愛しのブラウグラナ。

色々ありましたが、歴史に名を刻むトリデンテとソリッドな守備でペップ・バルサのぬぐい去り難い郷愁を忘れさせてくれる美しい結末。これ以上の結末はありません。

素晴らしいシーズンをありがとう。

ピスカ、バルサ!!。

 

トリデンテ

スーペル・トリデンテ。

歴史上ナンバー1のスリートップ。レジェンド・クライフしかり、僭越ながら僕しかり、懐疑的だった全ての人間を黙らせるに十分過ぎる結果を残してくれました。

 

バルサ

ラキティッチ

ネイマール

バルサ

バルサ王朝復活の瞬間。

また来シーズンはあっという間にやって来ますが、今日はこの瞬間を存分に楽しみたいと思います。

 

シャビ

素晴らしいフィナーレ。

『最高の夢を見たって、これよりも幸せになることなんて出来ない』

『言葉に出来ない、最高だ。他に何かを望むことなんて出来ない。本当に素晴らしいチームと素晴らしいファンだ。もうノスタルジーを感じている。これ以上このチームでプレイ出来ないなんて、本当に辛いことだ。今日は本当に信じられないファイナルだった』

と語ったマエストロ。またそう遠くない日に戻って来てくれること祈念して、グラシアス、シャビ。

またお目に掛かれる日までお元気で。

モラタ、マドリーに引導を渡す

モラタ

カシージャス

モラタ

『ユーロ・クラシコ』ならず・・・(泣)。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSユベントス@サンティアゴ・ベルナベウ。

ラッキーなペナルティで先制しミッションを遂行していたマドリーでしたが、57分にファーストレグでもゴールを上げたマドリーのカンテラーノに捩じ込まれ、2年連続でのファイナル進出を断たれ、それは即ち『ユーロ・クラシコ』が実現しないことを意味することとなりました。

残念。

マドリーは前半からガンガン攻めて、貴重なゴールも上げて、順調に見えましたがね・・・。後半は足が止まり、中央を固く閉じたユーヴェの門を抉じ開けることが出来ませんでした。

フットボールではよくある光景も、『ユーロ・クラシコ』が観たかったので、とても残念な朝となってしまいました。マドリーが負けてこれほど落ち込んだことはないですね(笑)。

ベイル・・・どれか一つでも決めていればね・・・。それにしても、モラタ・・・古巣に強烈な恩返しで男を上げましたね。

 

ユーヴェ

ソリッドでタフに戦ったユーヴェとモラタに球運があったでしょうか。ベルリンへのもう一枚のプラチナ・チケットを手にしたカテナチオの国の王。19年ぶりに届いたファイナルで対戦するのはフットボールの『神』メッシ率いるバルセロナ。対戦成績は2勝2敗2引き分け。

退屈なファイナルにならないことを願うばかりです。

 

モラタ

カシージャス

2つのビッグセーブを見せて最後まで望みを繋いだ『聖』イケル・カシージャスでしたが・・・。

モラタの一発は外に弾き出して欲しかったなぁ。またブーイングでしょうか。無冠がほぼ確定した『エル・ブランコ』のガーディアンでキャプテンは、何を思うでしょう。

お疲れさまでした。

“draw of semi finals”(2014-2015)

チャンピオンズ

ビッグイヤー

組み合せ

一昨シーズンのリベンジしかない。

決まりましたね、セミ・ファイナルの組み合せ。

【日程】

5月5日/5月13日

ユベントスvsレアル・マドリード

5月6日/5月12日

バルセロナvsバイエルン・ミュンヘン

ファーストレグをカンプ・ノウで迎える愛しのバルサ。コレ、個人的には良いと思います。失点せずにアリアンツで勝負を決める。あの無惨な記憶をデリートするためにも、あの時居なかったネイマールとスアレスに期待(メッシはもちろんですが・・・)するしかありません。カンプ・ノウで3敗している嫌なデータもありますが・・・(泣)。

 

ルイス・エンリケ

『ペップが初めてバルサと対戦する。スペシャルなことだね。彼は自身の元選手たちと顔を合わせるんだ。選手にとってもスペシャルだろう』

『ファーストレグがホームとかアウェーとかは気にしない。どちらの試合も勝ちにいく。その前にまずはリーグ戦の3試合に集中だね』

と語ったルイス・エンリケ。

 

グアルディオラ

一方の『賢人』ペップ・グアルディオラは、

『私と(カンテラ出身の)チアゴ、そして私のスタッフにとって、どれだけ特別なものかは誰だって分かるだろう。バルセロナは我々の人生そのものだった。スペシャルな試合になる。バルセロナを分析しないとね。私の故郷でもあるんだ』

『バルセロナは現時点で最強だ。ルイス・エンリケには驚いていない。監督として非常に素晴らしいクオリティーを持っている。スーパーな性格を持つスーパーな人間だ。対戦できることは嬉しいね』

『ネイマールやルイス・スアレスを獲得して、新しい監督も迎えている。でも、プレーは以前と同じだ。とにかく前に向かってスピーディーだ』

と述べました。

少しのリップ・サービスとリスペクト。愛憎渦巻くカンプ・ノウへどのように帰還するでしょうか。クレはブーイングで迎えることはないだろうけど、とにかくエンリケはペップの上をいくアナライズがマストです。

勝つときもあれば負けるときもありますが、溢れんばかりのインテンシティを見せて欲しいと思います。

待ち切れませんね。