ファイナリストの意地

ディバラ

ユヴェントス

セカンドレグに望みを繋ぐ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ユヴェントスVSバイエルン・ミュンヘン@ユヴェントス・スタジアム。

バルサの勝利に気分良く連続視聴したが、とても熱く面白い一戦だった。圧倒的にボールを持つドイツの雄とカウンターを窺うイタリアの雄。ゲームは徐々にミュンヘンのペースとなってユーヴェは自陣で耐えることを強いられる。10分過ぎにトーマス・ミュラーに決定機が訪れたが、ミュラーはバランスを崩し力ないボールがブッフォンの胸に収まった。サイドからサイドへ展開しロッベンとコスタでアタックを仕掛けるミュンヘン。耐えるユーヴェ。今年に入ってから1失点しか許していないユーヴェは、当然アウェイ・ゴールを許さない展開に持ち込みたいところ。しかし前半終了間際に失点してしまい無傷で折り返すことは叶わなかった。

 

ミュラー

43分。左サイドのコスタの折り返しをクリアしたところに何故かいるトーマス・ミュラーがゴールにパスを流し込み、ミュンヘンが先制して折り返し。

何故かソコに居るんだよなぁ(苦笑)。

ユーヴェにとっては当然、痛い失点だ。これ以上は許されないが、後半の早い時点で悪夢を見ることとなった。

 

ロッベン

ロッベン

55分。ミュンヘンのカウンターが炸裂。エリア手前中央でボールを受けたレヴァンドフスキが溜めて右サイドを駆け上がってきたロッベンへパスを捌き、パスは前へ流れたがロッベンが得意の型でドルブルを仕掛け、ゴールから遠ざかるように斜めに左足で持ち出し、最後はボールを美しくゴール左隅に突き刺した。分かってても止められないロッベン・スタイル。ユーヴェにとっては致命傷と成り兼ねない一撃だが、白と黒は諦めない。少し前はアッサリ敗退してたが、傷口を広げるリスクを負って攻めるユーヴェ。月日を重ね進化したユーヴェのソリッドな意思がゴールとなって結実した。

 

ディバラ

63分。右サイドからのクロスをキミッヒが処理を誤りボールがマンジュキッチのところに溢れ、マンジュキッチが右を走っていたディバラにパスを通し、売り出し中のディバラがクールにノイアーの壁を破って1-2とした。

セリエを観る余裕は無いが、ディバラはイイ。テクニックもスピードもある感じだ。この若者のゴールで息を吹き返したユーヴェは、とうとうゲームを振り出しに戻すことに成功する。

 

ストゥラーロ

76分。交代出場で入ったモラタとストゥラーロが結果を出した。左サイドでパスを受けたモラタがヘッドで中央へ折り返したボールに飛び込んできたストゥラーロが押し込み、ゲームはとうとう2-2となった。

マンジュキッチの献身性、クアドラードのスピード、ダイナミックなポグバ。リスクを取って前へ行くことが結果、セカンドレグに望み繋ぐことに成功した。

 

ディバラ

ディバラ

『すごく難しい試合になることは分かっていた。ハートとスピリットで戦い、僕たちは引き分けたんだ』

『前半は少しやられすぎたよ。スペースを与えすぎてしまったんだ。後半はかなり良くなったと思う。高い位置からのプレスがうまくいったね』

『(セカンドレグに向けては)とても難しいスタジアムでの試合が待っている。そこで勝てるチームは少ないね。でも後半に見せたようなハートとスピリットを持っていけば、僕たちはやれるはずさ』

と語ったアルゼンチン出身のパウロ・ディバラ(22歳)。アルゼンチンってホント才能あるアタッカーを輩出する。ディバラが灯した火がミュンヘンではどうなるだろうか。かなり難しいタスクだが、何となくゴール出来そうな予感もある。結果は3週間後。セカンドレグも刮目だ。

ウノ ゼロ

マンジュキッチ

ブッフォン

手堅いユーヴェ、ゴールに鍵を掛けてマン・シティを退ける。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第5節、ユヴェントスVSマン・シティ@ユヴェントス・スタジアム。

途中で寝落ちしてしまいました。

マンジュキッチのゴールまで観てたんですが・・・。ソリッドなカテナチオを破れなかったマン・シティはまたまたグループ・ステージ2位に。今シーズンも上には行けないかなぁ。シルバの復帰が望まれますかね。

 

ポグバ

ポグバの身体能力スゲー。

寝落ちしてしまったので、特に記すことがない。

残念(泣)。

相も変わらずナイーブなマン・シティ

ペジェグリーニ

今シーズンも変わらずか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第1節、マン・シティVSユヴェントス@シティ・オブ・マンチェスター(エティハド)。

今シーズンもいよいよ始まりました、チャンピオンズ・リーグ。愛しのバルサは明日登場。今シーズンのチャンピオンズ初ライブ視聴ゲームは、プレミアで開幕5連勝と好調のマン・シティとセリエAで絶不調の昨シーズンのファイナリスト、ユヴェントスのゲームをセレクトしました。

分からないものです、つくづくと。

開始早々のスターリングに訪れた決定機。ジャン・ルイジ・ブッフォンのファインセーブで凌いだユヴェントス。ユヴェントスも早いクロスからポグバがネットを揺らしたが、その前にオフサイドポジションにいたモラタが触ってノーゴール。

リーグ戦では明暗が分かれている両チームでしたが、前半はスコアレスで折り返し。ユーヴェは、モラタに不満がありましたが、それ以外はよく頑張っていましたかね。そして、そのモラタが一瞬の隙を突くという不思議。

フットボールは分からないものです、しみじみと。

 

コンパニ

まずは、57分。

コーナーキックからコンパニがファウル気味にキエッリーニを制して(キエッリーニのOG)マン・シティが先制しました。この勢いのまま前半のように左サイドからスターリングにビッグチャンスが訪れたり、マン・シティが完全に押していましたが、決める時に決めないと必ずしっぺ返しを食らうこととなります。案の定でしたね。

 

マンジュキッチ

マンジュキッチ

マンジュキッチ

70分。左サイドからポグバが放り込んだアーリークロスに反応したマンジュキッチが右足で押し込み、ゲームを振り出しに戻したユーヴェ。マン・シティは油断していたでしょうか。そして最後はモラタのゴラッソに沈むこととなりました。

 

モラタ

81分。

何気に溢れてきたボールを右サイドから持ち込んだモラタが、ペナルティアーク付近から左足を振り抜き、ボールは綺麗なカーブを描いてゴール左ポストに当たりネットに吸い込まれていきました。

昨シーズンもチャンピオンズで結果を残したモラタの美しい一撃がユーヴェに貴重な勝ち点3をもたらし、死のグループDはここから混沌の様相を呈するかもしれませんね。

 

ユヴェントス

コンパニ

決める時に決めておかないと・・・。

コンパニが負傷までしてしまい、痛すぎる敗戦となったマン・シティのバウンス・バックはあるのか。それとも例年のように見せ場を作ることなくなんとなく沈んで終わるのか。凄い戦力とともに経験も積んだハズです。そろそろクォーター・ファイナル程度までは勝ち上がって欲しいものです。

慢性的な寝不足のはじまり、はじまり〜。