マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

広告

相も変わらずナイーブなマン・シティ

ペジェグリーニ

今シーズンも変わらずか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第1節、マン・シティVSユヴェントス@シティ・オブ・マンチェスター(エティハド)。

今シーズンもいよいよ始まりました、チャンピオンズ・リーグ。愛しのバルサは明日登場。今シーズンのチャンピオンズ初ライブ視聴ゲームは、プレミアで開幕5連勝と好調のマン・シティとセリエAで絶不調の昨シーズンのファイナリスト、ユヴェントスのゲームをセレクトしました。

分からないものです、つくづくと。

開始早々のスターリングに訪れた決定機。ジャン・ルイジ・ブッフォンのファインセーブで凌いだユヴェントス。ユヴェントスも早いクロスからポグバがネットを揺らしたが、その前にオフサイドポジションにいたモラタが触ってノーゴール。

リーグ戦では明暗が分かれている両チームでしたが、前半はスコアレスで折り返し。ユーヴェは、モラタに不満がありましたが、それ以外はよく頑張っていましたかね。そして、そのモラタが一瞬の隙を突くという不思議。

フットボールは分からないものです、しみじみと。

 

コンパニ

まずは、57分。

コーナーキックからコンパニがファウル気味にキエッリーニを制して(キエッリーニのOG)マン・シティが先制しました。この勢いのまま前半のように左サイドからスターリングにビッグチャンスが訪れたり、マン・シティが完全に押していましたが、決める時に決めないと必ずしっぺ返しを食らうこととなります。案の定でしたね。

 

マンジュキッチ

マンジュキッチ

マンジュキッチ

70分。左サイドからポグバが放り込んだアーリークロスに反応したマンジュキッチが右足で押し込み、ゲームを振り出しに戻したユーヴェ。マン・シティは油断していたでしょうか。そして最後はモラタのゴラッソに沈むこととなりました。

 

モラタ

81分。

何気に溢れてきたボールを右サイドから持ち込んだモラタが、ペナルティアーク付近から左足を振り抜き、ボールは綺麗なカーブを描いてゴール左ポストに当たりネットに吸い込まれていきました。

昨シーズンもチャンピオンズで結果を残したモラタの美しい一撃がユーヴェに貴重な勝ち点3をもたらし、死のグループDはここから混沌の様相を呈するかもしれませんね。

 

ユヴェントス

コンパニ

決める時に決めておかないと・・・。

コンパニが負傷までしてしまい、痛すぎる敗戦となったマン・シティのバウンス・バックはあるのか。それとも例年のように見せ場を作ることなくなんとなく沈んで終わるのか。凄い戦力とともに経験も積んだハズです。そろそろクォーター・ファイナル程度までは勝ち上がって欲しいものです。

慢性的な寝不足のはじまり、はじまり〜。