不愉快です

境界の彼方

GWのアニメ三昧の締めに、姪っ子さんと観てきました劇場版『境界の彼方』-I’LL BE HERE-。

【ネタバレ】

博臣大好き姪っ子さんは満足(活躍してましたからね)されてましたが、内容はあまりイイとは言えませんでしたね。TVアニメシリーズの方が良かったです。

そのTVシリーズの最終回からの続きでいきなり記憶喪失の未来ちゃん。アッキーから『この眼鏡を掛けてくれないか』と言われて満面の笑みで『はい!』だったのに・・・、記憶が無いとは(泣)。なんかグダグダで、泉姉さんが妖夢に精神を乗っ取られ、弥勒との絡み(TVシリーズのラスト含め)を回収はしてくれたんですけど・・・。また、弥生ママンも回収(笑)。全然歳を取らないんですね。回想シーンで未来ちゃんのお母さんも登場し弥生ママンと絡んでました。

博臣は名瀬家当主として頼りないながらも奮闘。泉姉さんをコチラの世界に戻して万々歳。そして、ラストでのアッキーと未来ちゃん・・・。唐突すぎて・・・『えっ?』でした。まぁハッピーエンドで良かったんですけれど。あと、未来ちゃんが邪悪に染まり、髪の色が真っ黒になってました。

返す返すも・・・、ラストは二人で『あっち側』に行った方が良かったんじゃないでしょうか?。

残念。

詰め込み過ぎて(彩ちゃんやニノさん、愛ちゃん含め)、唐突過ぎて、劇場版よりじっくりと2期をやった方が良かったのではと思いました。

広告

25日から公開じゃん

境界の彼方

境界の彼方

劇場版『境界の彼方−I’LL BE HERE 未来篇』予告第二弾。

姪っ子さんと観に行くの楽しみです。彼女のGWのスケジュール、どうなってんだろう。早く観に行きたいものです。

 

境界の彼方

アッキー。

 

境界の彼方

美月ちゃん。

 

境界の彼方

境界の彼方

未来ちゃん。

みんな泣いてる、不愉快です(泣)。

 

境界の彼方

未来ちゃんとアッキーのハッピーエンドでお願いします(ハッピーエンドだろうけど)。

劇場版『境界の彼方-I’LL BE HERE-』未来篇

境界の彼方

未来ちゃん記憶を無くしちゃったのね(泣)。

ただ今『過去篇』(TVシリーズの総集編)が劇場公開中の『境界の彼方』。来月に『未来篇』(新作)が公開されます。

姪っ子さんが、絶対観に行くということでオヂサンも便乗して楽しみにしていますが、泉姉さんも登場するみたいで(一瞬写ったと思う)良かった良かった。

 

境界の彼方

これは弥勒とのシーンかな?。

武器からすると泉姉さんか。

 

境界の彼方

『教えて下さいッ!!』

 

未来ちゃん

またこの笑顔を観ることが出来るでしょうか?。

あと一ヶ月我慢ですね。

劇場版『境界の彼方-I’LL BE HERE-』予告&境界の彼方#0『東雲』

境界の彼方

個人的に結構期待の劇場版『境界の彼方』。そのポスター・ビジュアルと特報版動画の第1弾が公開されました。

未来ちゃん、少し大人びた感じですかね。来年3月14日からTVシリーズを振り返る総集編的な『過去篇』と4月25日から完全新作となる『未来篇』が公開です。

新作の『未来篇』は、TVシリーズの最終回から1年後に起る出来事だそうで、泉姉さんの失踪やアッキー・ママの話しを回収する感じを期待したいものですが、第1弾動画では何も分かりませんので、第2弾以降もう少し観たいですね。

劇場版『サイコパス』も年明け早々に公開(観に行くことが決定)されますし、来年は劇場に足を運ぶことが多いかも。

んでもって、『境界の彼方』の円盤#7に付録された『境界の彼方』#0『東雲』を観ました。

TVシリーズでも少し触れられていた、アッキーと博臣が戦って、博臣が死にかけたというエピソードが描かれています。

 

博臣

泉姉さん

冒頭の妖夢と戦うシーン。

博臣のピンチに泉姉さんが颯爽と登場しました。博臣・・・若い(笑)。そして泉姉さん・・・無双。

名瀬屋敷で半妖で不死身のアッキーを(出来れば)倒してこいと言われ・・・。

 

美月

除け者にされてゴキゲン斜めの美月ちゃんとヤキイモ。

シスコン博臣との『兄貴、ウザキモい』お約束のやり取りを経て、(もちろん、『来るな』と言われましたが)アッキー討伐について行きました。

 

弥生さん

美月

くノ一コスプレ?の弥生ママンも一瞬登場。

美月ちゃんに、『呪われた血』が入ったカプセルを渡すカタチに。

 

アッキー

人里離れたところに一人住むアッキー。

緊張感ない登場でしたが・・・、博臣とバトルへ。

 

弥勒

割り込んで来た弥勒。

 

アッキー

博臣を庇い、弥勒に貫かれたアッキー。

 

アッキー

無敵妖夢化。

 

彩ちゃん&ニノさん

彩ちゃんとニノさんも登場。

最後は美月ちゃんがカプセルをアッキーに投げ付けて、妖夢化したアッキーを止めました。

 

泉姉さん

弥勒

『ふふん・・・やっと来てくれたんですねぇ〜、遅かったからちょっとだけ刺しちゃいましたよぉ〜』とかキモい事言いながら、『次は異界師境界と名瀬家の代表としてお会いしましょう』と言いすぐに退散。

当然、『境界の彼方』と『呪われた血』についても知っていましたね。

 

泉姉さん

美月ちゃんから(カプセルの)『呪われた血』の顛末を聞く泉姉さん。

 

博臣&アッキー

泉姉さん以上の力を付けることを誓う博臣と『それだけの力が付いたら、僕を殺してくれ』と言うアッキー。

『もう飽きたんだよ・・・不死身にもな』ってシリアスな感じから、お約束の?アッキーの脇へ手を挟む博臣。

『兄貴、キモい』

 

未来ちゃん

エンディング曲の後に泉姉さんからの電話で未来ちゃん登場。

 

未来ちゃん

冬の雨の中、列車に乗って・・・。

テレビシリーズをもう一度観ようかな。劇場版にも期待です。

境界の彼方#12『灰色の世界』

未来ちゃん

未来ちゃん

未来ちゃん

あれ?あれれ?

ここまで、なんやかんやで結構気に入っていましたが・・・まさにグレーの最終回。

未来ちゃんなんで生き返ったの?どして??

2期フラグ?のママンの大人の事情(グダグダにつき合わす)が気になりました。

 

神原弥生

神原弥生

ママン、何者?

アッキーは本当の息子じゃなかったんですね。

 

泉さん

イズみん、つまらない大人になっちゃったの?駄目ピョン!!

結局、ママンは『秋人と未来ちゃんはただの妖夢と異界師ではない。特別な存在なの』という言葉と、博臣や美月さんに『ヨロシク頼みます!!つづく・・・』と残して部室を去りました。

 

弥勒

弥勒

弥勒イイね!!(笑)体内に妖夢を飼っているそうです。

 

泉さん

泉さんも身体に妖夢を飼っている同じ穴のムジナってことが明かされました。

こっ・・・怖い。

 

弥勒&泉

弥勒を貫いた泉さん。弥勒は爆発しましたが、生きてんじゃ?

弥生ママンと泉さんとで2期だね、こりゃ〜。

結局、泉さんも最後は博臣に『強くなったのね』と言葉を残して何処かに消えてしまいました。

 

愛ちゃん

アッキーと未来ちゃんが妖夢を片っ端から倒す中、愛ちゃんも、えいと参戦です!!

癒された〜(笑)。

 

愛ちゃんと桜

美月さん

未来ちゃんが消えてしまっても続く、何気ない日常。愛ちゃんは桜と通学です。美月さん、最後は影が薄かったなぁ〜(泣)。

 

アッキー

結局、境界の彼方が戻ってきたアッキー。そのせいで未来ちゃんが粉々に消えてしまったのですが・・・。

 

アッキー

『あっ・あの、眼鏡が・・、ようするに眼鏡を掛けた栗山さんが大好きです!!』

未来ちゃんの、不愉快じゃない『不愉快です!!』キターーーーーー!!

 

眼鏡

『この眼鏡を掛けてくれないか』

 

未来ちゃん

未来ちゃん

まっ、いいか。この笑顔で。

2期必ずやってください。

境界の彼方#11『黒の世界』

ママン

ママン

ママン最強!?

観ました#11『黒の世界』。ママンのお衣装も黒。

やっとこさ登場した神原 弥生ママ。冒頭から一人孤独に戦う未来ちゃんをよそに、中盤あたりで文芸部の部室に皆を呼び出したママン。

 

ママン

泉姉さんも窓ガラスを破り登場。

『弥生?』

『驚かさないでよ〜いずみん!!』。二人は旧知の仲なのかな?2期フラグ?

 

未来ちゃん

冒頭。

境界の彼方との戦闘シーン、カッコ良すぎです。

 

美月

3ヶ月も眠っていたアッキー。

病室にお見舞いに来た美月さんが、『良かったー気が付いた!!』って駆け寄っていきましたが、『栗山さんはどうなった??』と返すアッキー。美月さん、ちょっと可哀想(泣)。

そして、何やら不気味に呟く弥勒。

『人の怨嗟が形になったものが妖夢なら、これは人の憎しみが塊になったものですねぇ〜』

 

境界の彼方

アッキー

新堂写真館に現れた泉さんを問い詰めるアッキー。

『境界の彼方は呪われた血の一族にしか倒せない妖夢だった・・・それが全てよ』

そして、未来ちゃんの言葉『ざまぁ〜みろ』を伝える。言葉を失くすアッキー。未来ちゃんとの夢を思い出すアッキー。桜に詰め寄られるアッキー。

『そんな背中・・・見せるな』

 

未来ちゃん

『このメールが先輩に届くのか、届かないのか、この文章を先輩が読む事があるのか、それすらも今の私にはわかりません。先輩、栗山 未来です。これから私は先輩のところへ行きます。行って境界の彼方を倒します』

 

境界の彼方

未来ちゃん

未来ちゃん

未来ちゃん

『私、いま不思議な感じです。何か、ちょっぴり嬉しいんです。私、これまで呪われた血の一族として生まれて、ずっと嫌なことばかりでした。いつも、どうして生まれてきたんだろう・・・って、死んでしまいたい・・・って何処かで思ってて、でもそれは間違いでした。私、生まれて来て良かった。この力が、呪われているなんて言われて、忌み嫌われたこの力が、誰かを傷つけるんじゃなくて、誰かを救える力なんだ・・・って分かったから』

 

未来ちゃん

未来ちゃん

『今まで生きて来て、死ななくて本当に良かった。この街に来て、先輩と出会えて本当に良かった!!。私、自分で思っていたより、ずっと、ずっと幸せでした!!。私、呪われてなんていませんでした。先輩!?、先輩はもう普通に死ねちゃうんですよ。だから、だからこれからは、普通に生きてください。先輩があの時、私に言ってくれたみたいに・・・』

『先輩!?私・・・』

 

メール

嗚咽するアッキー。

切ないです。

 

弥勒

弥勒

そして、『境界の彼方は栗山 未来の血と融合したことで消滅をま逃れている。弱体化しつつも、今も栗山 未来と戦っているのです』と独り言を言う弥勒。

その戦いに勝つために、多くの妖夢や異能の力を引き寄せ吸収し、力を増幅させて栗山 未来を倒そうとしているらしい。隔絶された空間を作り出してまで。

その力をさらに増幅させようとする弥勒。

『さぁぁぁ〜て、泉さん。よおぉ〜く見ててくださいね。アッハハハハ

本性を現しましたね。増幅された力で妖夢を吸い寄せる境界の彼方。彩花さんや愛ちゃんまで吸い寄せられちゃいました。

 

未来ちゃん

先輩は私が守ります!!

そして、ママンとのやり取りを経て、未来ちゃん救出に向かうアッキー。カッケェェーーーゾ。

 

アッキー

『でも僕は、今もメガネとメガネ美少女の為ならなんだってできる・・・変態だ!!』って言って駆け出すアッキー。オープニングナンバー『境界の彼方』がバックに流れて、『必ず連れ戻す!!』って桜に叫ぶアッキー。

良いです。

 

アッキー&未来ちゃん

『先・パイ・・・!?』

『ザマミロ』

アッキーの『ざまぁ〜みろ』返しが決まったところで、次回は最終回。

#12『灰色の世界』。二人して無事に帰ってくることを期待したいと思いますが果たして?#11と#12は同時に観る方が良かったかもしれませんね。

境界の彼方#10『白の世界』

未来ちゃん

『さようなら』

切なすぎる#10『白の世界』でしたね。

『境界の彼方』であるアッキーを殺す為に、泉さんに呼ばれた“呪われた血”を持つ異能な異界師の未来ちゃん。#1『カーマイン』からの伏線の回収も一気にやってしまう今回。前回のラストでアッキーと対峙しましたが、病室でのシーンから始まりました。

 

境界の彼方

未来ちゃん

何だかほんわかで始まり、桜ちゃんも登場しました。

料理は出来ないんだなぁ〜(笑)。

 

未来ちゃん

美月

美月さんのサービスショットも挟んでましたが(コレ要るか???)。

 

未来ちゃん

未来ちゃん

アッキー&未来ちゃん

夏(アッキーの夢)と冬(今?)が交互に描かれ一度観ただけでは難しかったです。アッキーが見ているのは、未来ちゃんの“血”が見せているそうでした。

『世界を滅ぼすと言われる、人の心の歪みの集合体』である『境界の彼方』を倒す為にこの街に来たと語った未来ちゃん。

『凪のこの時に、私の血の力を使えば先輩の中にいる境界の彼方を追い出せるって聞いて、私、どうしてもそうしたくて』

 

アッキー&未来ちゃん

真実を語る未来ちゃん。

『栗山さんはどうなったんだ?』

『消えました』

夢、でももう終わります。

『さようなら』

絶妙なタイミングでのコマーシャル。コマーシャル後は伏線の回収でした。

 

泉さん

未来ちゃん

未来ちゃん

未来ちゃん

未来ちゃん

未来ちゃん

夏祭り

伏線を回収。

『先輩を殺したくありません。殺したくないんです』。

まぁ〜そうですよね。泉さん、鬼でした。アッキーに凍結界を仕掛け人間部分を眠らせ境界の彼方を表層に引き摺り出したそうです。んで、未来ちゃんに、『あなたの血と体のすべてを使えば、秋人君の命を奪わずに、表層に現れている境界の彼方を引きずり出すことができるはず』『ただそれは、あなたの全てが境界の彼方に侵されるということ』と説明してくれました。

っつうことはまだ境界の彼方を引き摺り出しただけってこと?

『秋人くんはあなたに生きて欲しいのよ。自分を殺してあなたに生きて欲しい、間違いなくそう思っているわ』

『ですよね』

『それでも、あなたは秋人くんを助けるのね』

 

未来ちゃん

『ざまぁ〜みろです』

ヤバイっす。

境界の彼方の中心へ向かう未来ちゃん。病室で『栗山さん・・・』と呟くアッキー。

どうなる?あと2回。

#11『黒の世界』、刮目です(大袈裟)。