ファイナルだぜ

クロップ

『嬉しくてしょうがない』

フットボールも人生も楽しんだモン勝ちだ。

2015-2016・ヨーロッパリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、リヴァプールVSビジャレアル@アンフィールド。

勝負のアヤはキックオフ直後の10分間でした。最初の5分間にビジャレアルが2度決定機を迎え、レッズはフワッとしてましたかね。それでも失点せずに済み、その直後の7分にクラインの右からのクロスをキーパーが弾いて左のフィルミーノの所にボールが流れ、フィルミーノが更に折り返したボールはスタリッジには合いませんでしたがブルーノに当たってネットを揺らすことに成功しました。

先制したレッズ。その後もアクセルを緩めることなく、マルセリーノ曰く『規格外のインテンシティ』を見せてゴールに迫ります。最後の精度を欠いて前半のうちにアグリゲート・スコアで逆転することはできませんでしたが、アウェイゴールを恐れずガンガン前へ行く姿勢は観ていてとても気持ちのイイものでした。

そして、そのヘヴィ・メタル・フットボールは63分に結実しました。ビジャレアルのラインの押上げとすれ違うようにしてフィルミーノのパスがスタリッジに通り、スタリッジはクールにキーパーの股を狙って、ボールはキーパーの身体に当たってましたが右ポストで跳ね返りゴールラインを越えていきました。

アグリゲート・スコア2-1。

これで延長はなくなりノックアウトさせるかするかのみとなりました。普通はここでけっこう守備的になると思いますが、アクセルを緩めることなく機を見てはガンガン攻め上がるレッズ。CKの跳ね返りを拾ってからのカウンターには6人が相手陣にスプリントするというまさに規格外のインテンシティを見せてビジャレアルの心を折に掛かります。最高にゴキゲンです。ヨーロッパのトップに登り詰めかけたドルトムント時代を彷彿とさせるユルゲン・クロップ魂は、マージーサイドでも遺憾なく発揮されてますね。

そして美しいフィナーレが81分に訪れました。

左サイドを縦に蹂躙したフィルミーノの折り返しから、スタリッジはヒットさせることができませんでしたが、その溢れ球を前方にいたララーナが足首で上手く合わせゴールに流し込みゴキゲンなセミファイナルに幕を下ろしました。

アグリゲート・スコア3-1。

3つとも美しいゴールではありませんでしたが、レッズをファイナルへ導くには十分な魂の籠ったゴールでした。レッズ・サポは誇りを感じていることでしょう。90分間全てを忘れゲームに没頭できる素晴らしいフットボールだったと思います。

レッズサポを羨ましく思った金曜の朝。

心揺さぶられる朝となりました。

 

オウンゴール

1点目。

 

スタリッジ

2点目。

 

ララーナ

3点目。

 

クロップ

グレイト・ゲーム!

『パワー、パフォーマンス、準備の姿勢、モチベーション、感情・・・すべてが優れていた。我々は5万、6万、7万いや10万人のリヴァプールの人を連れてバーゼルへ行く。スタジアムではなく街にね。再び雰囲気をつくり、またベストを出したい。みんなに相応しい結果だ。私は本当に嬉しくてたまらないよ』

とコメントした愛すべきユルゲン・クロップ。

『全力を尽くしたが、プレーのいくつかの局面で相手の方が上回っていた。彼らを祝福したいと思う。リヴァプールのインテンシティは規格外だったよ』

と語ったのは背中姿が物悲しいマルセリーノ・トラル。テクニック溢れるビジャレアルでしたが、レッズの奏でるヘヴィ・メタルに呑み込まれてしまいましたかね。

レッズの相手は3連覇を目論むアンダルシアの雄セビージャ。クロップの喜怒哀楽とともにELファイナルを存分に楽しみたいと思います。

広告

8年ぶりの奇跡とクロップの眼鏡と様式美

クロップ

クロップ

俺たちは、決して諦めない。

This is Heavy Metal。

2015-2016・プレミアリーグ第23節、ノリッジ・シティVSリヴァプール@キャロウ・ロード。

解説していた川勝さんが締めの言葉に窮したゲームだったが、壮絶な殴り合いだったこのゲームは、95分にララーナが叩き付けてリヴァプールが5-4で勝ち点3を持ち帰ることに(けっして誉められないが)成功した。

バック4(それとセントラルMFか)が致命的なレッズ。フィルミーノのゴールで先制したにもかかわらず、前半だけで(どちらもいいゴールだったが)2発返されビハインドを背負う。後半もアルベルト・モレーノの愚かな突っ掛けでPKを献上し、3-1とされダメかと思った刹那の1分後に綺麗な右サイドからの崩しのゴールで1点返し、息を吹き返した。

ここからゲームはカオスへ突入。

クロップがララーナを投入し、ゲームはリヴァプールのペースとなる。ミルナーからララーナ、フィルミーノへとダイレクトで繋いだ同点ゴール(この試合6ゴール目)は奇跡的に美しかった。3-3に戻したリバプールは、相手ディフェンダーのバックパスをミルナーが掻っ攫い冷静にネットを揺らし、ついにスコアをひっくり返す。相手ディフェンダーの有り得ないミスをゴールに繋げ、これで勝ち点3を得たかに思えたリヴァプールだったが、このゴールは更なるカオスへの序章に過ぎなかった。

アディショナルタイム。ノリッジの単純な放り込みにバタバタする赤い壁。案の定、溢れ球を豪快に蹴り込まれクロップはただ茫然とするばかりだった。

しかし、諦めない。ホィッスルが吹かれるまで決して諦めない。アディショナルタイムはまだ3分ある。その思いと勢いがノリッジを飲み込み、途中出場で効いていたララーナがこのクレイジーな殴り合いに終止符を打った。

ふう。

バルサのゲーム前にライヴ視聴の前座ゲームだったが、バルサのゲームよりもちろんエキサイティングだった。

2008-2009シーズンのマン・シティ戦以来のアウェイでの2点ビハインドからの逆転勝利はポジティブだが、『セットプレイからの失点が多すぎる』レッズ。絶対に諦めないクロップ・リヴァプールの様式美は観ていてとてもエモーショナルだが、サヨナラゴールのセレブレーションで壊されたクロップの眼鏡と同様に、早急に作り直さなければならないだろう。

諦めないタフなハートに加えるものは、ソリッドでクレバーなディフェンダーだ。

でもそんなヤツはいない。

 

フィルミーノ

ララーナ

このゲームのMOM、フィルミーノとララーナ。

 

クロップ

眼鏡のないクロップはクロップじゃない。

『普段から(眼鏡を)もう1つ持っているが、見つけられなかった。眼鏡なしで眼鏡を探すのは本当に難しいね』

『初めてバイエルン・ミュンヘンに勝ったとき、ヌリ・シャヒンに眼鏡を壊された。今日はアダムにやられたね(ベンテケじゃね?)』

『我々は今日4失点した。一般的に見て良いことではない。セットプレーからの失点が多すぎる。それは本当に改善すべきだ。CKからの失点が特に多いが、今回はセカンドボールからだった。とにかく試合に勝つことができたね』

改善は果たして?。