そこにいるトーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

起死回生。

九死一生。

一昨シーズンのファイナルでのセルヒオ・ラモスの一発を思い出すトーマス・ミュラーの値千金の一発が、バイエルンを(ペップ・グアルディオラを)救うこととなった。まぁバイエルンの自作自演と言ってもいいかもしれないが・・・ね。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSユヴェントス@アリアンツ・アレーナ。

敵地のファーストレグを2-2で終えていたバイエルン。勝ち切れなかったが貴重なアウェイ・ゴール2発をトリノから持ち帰り、この日はホーム。ほとんどの人が勝ち抜けを予想していたと思うが、フットボールはそう簡単にはいかない(改めて・・・)。

5分に単純なロビングボールの処理をノイアーとアラバの連携が上手くいかずリヒトシュタイナーに引っ掛けられて流れたところをポグバに蹴り込まれ、あっさり失点してしまう。声を荒げるノイアー。何かしら不安げでバタつく(そう見える)最終ライン。

28分にはモラタに自陣から50メートル以上の独走を許し(ベナティアの対応が緩くキミッヒがあっさり躱された)、最後は右サイドを並走してきたクアドラードに(ラームのスライディングを秀逸に躱す)美しい切り返しからニアをブチ抜かれ0-2とされた。前半30分も経たずにアウェイ・ゴール2発のアドバンテージを吐き出し、逆に2点以上取らなければならなくなった。

しかし、モラタをトップに置いてそのすぐ下に(横に?)ポグバを配し、残りが綺麗な2列を形成したユヴェントスをなかなか崩せないなか前半を終えることとなる。ピッチをワイドに使い相手ディフェンスを広げさせてウイングの突破から得点を上げるミュンヘンだが、白と黒の壁の素早い寄せにほとんどチャンスらしいチャンスもないままだった。縦への突破を完全にシャットアウトされ、シャビ・アロンソの楔は入るが、その後はノッキングしなかなかエリア内に入っていけなかった。

後半、『賢人』ペップ・グアルディオラは策を敢行。全くダメだったベナティアをベルナトに代えてアラバを中央にしてカウンター対策を取りつつ、左右のウイング、ドウグラス・コスタとリベリーの位置も変えた。利き足と同じ位置に入った両ウイングの縦深部への突破からゴールを窺うバイエルン。しかし状況は変わらず時間だけが過ぎて行った。

次なる『賢人』の策は60分、キングスレー・コマンをシャビ・アロンソに代えて投入しサイドでの起点、更なる縦への突破を目指した。徐々に疲弊するユーヴェの両サイドと下がりはじめるバックライン。左右からクロスの雨を降らせるバイエルン。何とか跳ね返すユヴェントスだがボールをキープ出来ず耐えるのみとなっていった。右のコマン、左のリベリー、抉じ開けようとするバイエルン。ケディラをストゥラーロ、モラタをマンジュキッチに代えて耐えていたがついにバイエルンが抉じ開ける。

 

レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキ

73分。右サイドでボールを残したコマンのパスをドウグラス・コスタがクロスを入れる。そのクロスにピンポイントで合わせたレヴァンドフスキ。

あと1点。残り時間は、アディショナル・タイムを入れて20分。十分に時間が残されていた。ユヴェントスに前へ行く力は残されておらず、あとは1点を守りきるのみだった。バイエルンのハーフコート・オフェンス。

 

トーマス・ミュラー

そして、劇的な冒頭の画像の一発はアディショナル・タイムの90分+1に訪れた。エブラが不用意にボールロストはしたが、そのボールを奪ってからのショートカウンター。右サイド深部からコマンが入れた秀逸なクロス。レヴァンドフスキの1点目と同様の強烈なトーマス・ミュラーの強烈なヘッド一閃。そこにいるトーマス・ミュラーの値千金の一発でゲームはエクストラ・ラウンドへ進むこととなった。

もうユヴェントスに攻めるチカラは残されていなかった。

 

チアゴ

108分。ミュラーとのワンツーを完成させたチアゴ・アルカンタラ。

 

コマン

コマン

ポグバを潰して自陣からカウンターを完結させたキングスレー・コマンの美しくも残酷なトドメの一発。

ボール・ポゼッション69%対31%。

アテンプト26対16。

ショット・オン・ターゲット8対11。

アグリゲート・スコア6-4。

 

グアルディオラ

『ハーフタイムで、これ以上失点するわけにはいかないが、とにかく1点を返せばどんなことでも起こり得ると選手たちに言った。特にドイツ人魂を発揮すればね。そしてリベリーとコスタを中心にもっとサイドを抉るように指示した。後半開始後はユーベがいくつかチャンスをつくったが、その後はゲームを支配できた。それがフットボールというものだ。ほんの1分前までまるでダメだったものが、見違えるように良くなったりする』

『ユヴェントスは本当に強いチームだ。序盤、我々は非常にナーバスになっていた。3点目を奪われていたら、どうなっていただろうか。しかし、次のゴールは我々が奪い主導権を握ることができた。特に延長戦は、バイエルンが一方的に攻める展開になった』

ほとんど死にかけていたが、歴史的逆転勝利でサヴァイブしたペップ・バイエルン。ボール・ポゼッションの矜持を示すコメントが、らしい。

 

トーマス・ミュラー

『プランどおりじゃなかった。ちょっとクレージーなゲームだった。スコアのことじゃなくて、僕にとってものすごく変な試合だったと思う。ユーヴェの守備はほぼマンマークで、僕はあまり試合に入り込めていなかったからね』

『相手に2点を奪われれば、試合は違ったものになる。メンタル面も含めてね。ホームでの試合だし後半には2点取れると信じていたよ。もちろん簡単だとは思わなかったけどね。僕らにとって大事だったのは焦らなかったこと。3点目を許せば敗退が決まっていたわけだからね』

と語ってくれた、往年のフィリッポ・インザーギのようにソコにいるトーマス・ミュラー。

侮れない。

圧倒的火力というよりも

スコアボード

ガナーズが緩すぎました。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第4節、バイエルン・ミュンヘンVSアーセナル@アリアンツ・アレーナ。

第3節にアーセナルが見せたインテンシティを期待したのですが、ミュンヘンでは借りてきた猫になってしまいました。

 

レヴァンドフスキ

10分。

左サイドからチアゴが入れたクロスにレヴァンドフスキに頭で合わせられて早々に失点。チアゴへの寄せもなくオフサイドも失敗。あっけなく失点してしまいました。

 

ミュラー

29分。

右サイドからのラームのクロスのこぼれ球をクセ者、トーマス・ミュラーに押し込まれ2失点目。この失点の前に鋭いカウンターからエジルがネットを揺らしていたんですがね(ハンドだった)。

前からガツガツとプレッシャーを掛けて欲しかったところですが、このゲームでは引いてしまい自由にパスを回される始末。ウォルコットやベジェリンが居ないので素早いカウンターが出せないと思ったかヴェンゲル。亀のように閉じこもり抉じ開けられてしまいました。

 

アラバ

アラバ

44分。

この日一番の、前半がもう終わると思ったところでのアラバに豪快なミドルを決められ3失点目。名手チェフも届かない一撃がゴール右上隅に突き刺さりました。

このシーンでもドリブルで上がってくるアラバをフリーにしすぎでしたね。誰も身体をぶつけにも行かない。やれやれ・・・。

 

ロッベン

55分。

途中出場で帰ってきたロッベンがアラバのグラウンダーに合わせられて4失点目。

この後、69分にジルーが胸トラップからのボレーを沈めましたが時すでに遅すぎし。

 

ミュラー

89分にはカウンターからミュラーにドッペル・バックを許してあえなく5失点。

 

アーセナル

エミレーツで見せた気迫は何処へ?。

何もしないままミュンヘンの地に沈んだガナーズ。グループ・ステージ突破の可能性はまだ残されてますが、もうちょっと何とかできなかったかなぁ。

 

ヴェンゲル

『バイエルンのクオリティーを考慮しなければいけないが、そうだとしても、我々は相手に簡単にやらせすぎた。こちらの守備は酷かった』

『(グループ・ステージ突破に向けて残り2連勝が最低条件の中)まだチャンスはある。それはごくわずかなものかもしれないが、可能性はある』

と語ったプロフェッサー・ヴェンゲル。

エミレーツで見せたインテンシティを発揮できなかった点が問題だろう。このまま沈めばまたまた繰り返しなるガナーズの失速。突破は叶うだろうか。ヴェンゲルの顔に、更なる皺が増えんことを。

 

ミュンヘン

怪我人が復帰してきて、順調なミュンヘン。

ロッベンの右からのカットインはやはり脅威だなぁ。分かってても止められない。バルサのゲームをライブ視聴してから連続で録画で観ましたが、眠気を吹っ飛ぶゴール・ラッシュ。効果的なサイドチェンジ。献身的なランニング。鋭い両ウイングのドリブル突破。ボールを持つこと、捌くことに長けた中盤。世界一のゴール・キーパー。

例年通り、ミュンヘンは上までいくことを確信したゲームでもありましたね。

チェックメイト

ドルトムント

フットボールの女神はクロップに味方した。

2014-2015・DFBポカール・セミファイナル、バイエルン・ミュンヘンVSドルトムント@アリアンツ・アレーナ。

ドルトムントに残された最後のタイトル。

クロップが退任を発表して臨む最後(かどうかは分からないが)のナショナル・ダービー。しかし、前半のドルトムントは良くなかった(いつも通りか)。

『前半はバイエルンの方が完全に上回っていた。もっと勇敢にプレーできることを望んでいたよ。でも、我々にとって良い場面から、あの失点が生まれてしまった。カウンターで4対3という状況を作ったが、(カガワくんの)パスが届かなかったんだ。前に行っていたから、仕方ないが』とクロップがゲーム後に語ったが、カガワくんのパスが通らず(判断が遅かったと思う)カットされてからの、縦パス1本のカウンター。オープン過ぎた左サイドを駆け上がったレヴァンドフスキに、最後は粘られもったいない失点を喫した。

『ハーフタイムで選手たちに、ここで負けるにしても堂々と戦うようにと話したんだ。全員がすべてを出し切り、クレイジーなゴールを決めてくれた』

75分。カガワくんと交代したムヒタリャンが左サイドから入れた、グラウンダーのクロスに何とか追い付いたオーバメヤンが捩じ込み1-1となったが、その前に終わっていてもおかしく無かったシュメルツァーのハンド。このゲームでの一つ目のラッキーがドルトムントを救ったシーン。あれは完全にペナルティだった。あの時2-0になっていたら間違いなく終わっていた。

ドルトムントが追い付いてからは、オープンな殴り合いとなった。ミュンヘンが6でドルトムントが4のスリリングな殴り合い。両者に少なくないチャンスとピンチが訪れ、しかし両者は結局はネットを揺らせず(ノイアーとランゲラクが当たっていた)フットボール・ロシアン・ルーレットで生き残りを賭けることとなった。

結果だけ記せばミュンヘンは全てを失敗し、ドルトムントが2-0で勝利することなる。そしてここで、このゲームの二、三度目のラッキーがドルトムントに訪れた。ミュンヘンの一番手のラームと二番手のアロンソがキックと同時に滑ってしまう有り得ない僥倖。チャンピオンズでのジョン・テリー以来の久しぶりに観た痛恨のスリップ。三人目のゲッツェの置きに行ったキックをランゲラクが止めて、ドルトムントの勝利が確定したと思いきや、ノイアーがドルトムントの三人目のフンメルスのキックを止めて、ここからもしかしたら?っと慌てさせられ、最後はそのノイアーが(まさかのここで登場)クロスバーに当ててドルトムントがファイナルのチケットを手にすることとなった。

生き残ったドルトムント。

クレイジーな展開だった。PK戦では、(相手が)2人も足を滑らしたけど、ピッチに問題があったのかどうか正直訳が分からない。いずれにしても、こういう結果となった。我々が決勝に進出したことは、それはそれでOKだろう』

クロップの言うとおりクレイジーだったが、とにかくファイナルに進んだドルトムント。クロップのラストダンスをファイナルで観れる幸せを、フットボールの女神に心から感謝したいと思う。

 

レヴァンドフスキ

29分、古巣に一撃を見舞ったレヴァンドフスキ。

 

シュメルツァー

それ以上でもそれ以下でもないハンドを見逃してもらったドルトムント。

 

オーバメヤン

ノイアーが懸命に弾き出したが、今シーズンはちゃんとゴールと認められた(昨シーズンのポカール・ファイナル)。

そして有り得ない出来事2連発。

 

ラーム

アロンソ

名手2人の有り得ないまさかの連続スリップ。

ホーム、アリアンツで何故???。

 

ノイアー

最後はノイアーが自ら幕を下した。

 

グアルディオラ

『良いプレーをした。このチームをとても誇りに思っているよ。批判の余地はない。ドルトムントにはおめでとうと言いたい。そして、決勝に向けて彼らの幸運を祈るよ』

『2点目を決めきれなかったのが大きかった。彼らはムヒタリャンを送り込んでから、システムを変えてきた。我々はそこから問題を抱えたんだ』

シュメルツァーのハンドについてのコメントがないのが、あざとくもペップらいしといえばらしい(それとも質問が出なかったのか)。

 

ドルトムント

ファイナルで負けたら、僕は間違いなく涙するだろう。

それだけは絶対に避けてもらいたい。カガワくんの出番はないかもしれないが、それは問題ない。

ファイナルは5月31日。

とにかく、絶対に勝ってくれ!!!。