I also believe

クロップ

初陣はスコアレス・ドロー。

2015-2016・プレミアリーグ第9節、トットナムVSリヴァプール@ホワイト・ハート・レーン。

なかなかにして厳しい現状です。スタリッジが先発できないアクシデントに見舞われ、やはり攻め手を欠きました。プレスの意識は高く、前半はほとんどスパーズに何もさせてませんでしたが、やはりガス欠になって危ないシーンが多くなりました。個人的に不安の一要素と思っているミニョレに何度も救われる事態。シュクルテルのケインに対するディフェンスが酷すぎて何度入れ替わってしまいました。最終的にスパーズの決定力不足にも助けられて黒星スタートは免れましたが、なかなか先が思いやられますかね。

『選手はファイトしていた。インテンシティを見せてくれた。満足すべき点もあるが改善すべき点もある。なによりミニョレのビッグセーブに救われたね。うちも前半にバーを叩いたシーンがあったし、後半も一、二度チャンスを作っていた。一つでも決まっていれば状況はもっとポジティブだったが、それがフットボールだ』

こんなところでしょうか?。

ローマは一日にしてならず。

クロップならリヴァプールを変えることができると思うけれど、相当タフなミッションです。

 

ララーナ

ララーナとコウチーニョはそれほど悪くはない(なによりよく走ってました)と思いましたが・・・。

スタリッジやベンテケが出場すればまた変わるかもですが、とにかくゴールを上げるスペシャルなFWが必要ですかね。

 

クロップ

赤いヘヴィ・メタルを奏でることは叶うだろうか。

 

クロップ

これからだゼ。

広告

I am the “normal one”

クロップ

『どのように自分自身を評しますか?』

の問いにユーモアで応えたユルゲン・クロップ。

『この会場の誰もが、私が素晴らしいことが出来ると思うかい?。私は黒い森(ドイツ?)からやってきた普通の男だよ。母は非常に誇り高い人で、私は普通の人間だ。私は平均的なプレイヤーだった。そしてドイツの特別なクラブでトレーナー(監督?)になれたんだ。私は7年間ドルトムントで偉大な仕事に携わり、そして去ることが我々にとってベストだったんだ。私は、自分の仕事を楽しみたいと思う。みんなが英国メディアについて私に言ったよ。彼らがみんな嘘つきかはオマエ次第だってね』

ちなみに、以下が原文。

How do you describe yourself?

Does anyone in this room think that I can do wonders? I’m a normal guy from the Black Forest. My mother is very proud. I am the normal one. I was a very average player and became a trainer in Germany with a special club. I had a great job to manage Dortmund for seven years and it was the best for us to leave. I hope to enjoy my work. Everyone has told me about the British press. It’s up to you to tell me they are all liars!

久しぶりに英語の勉強をした感じです。こんな感じですよね?。だいたい合ってますよね?(笑)。しかし、『ノーマル・ワン』とはさすがはクロップですね(笑)。

 

クロップ

クロップ

クロップ

あなたは決して一人ではない。

クロップのプレス会見で英語の勉強をしようかと思いますので、MILLER ONLINEに載っていたクロップとプレスのQ&Aをコピペしておこうっと・・・。

Q. Are you ready for the expectations?

Twenty-five years is a long time [without winning the league]. All the people have tried to get better and take the title. History is the base for us. It’s not allowed to take the history in the backpack. You have to come in our race. I want to see the first step next week but not always compare with other times.

This is a great club with great potential. We have strong, fast players with flair. Let’s start a new way. This is the perfect moment. I don’t know everything but I am a good listener. I will go to Melwood and see what works and what doesn’t.

It’s a good moment now. Not all the players are there and then we will start. We will try to play very emotional football. All the world is talking about ball possession, but we have to have a plan for when we have the ball and when we don’t. It’s time to restart.

Q. What attracted you to Liverpool?

Sorry for my English! Usually I am on holiday. Since a few days I am back in the race. It’s the biggest honour to be at one of the biggest clubs in this world and the opportunity to try and help the situation. It’s not the perfect moment but it’s a good moment to come. I feel really proud.

I’m looking forward to the intensity of football and how the people live football in Liverpool. It’s a special club. I had two special clubs and this role is the perfect next step for me to try to help.

Q. What are your aims?

This is one of the biggest problems in Liverpool. The Premier League is one of the most difficult in the world. There’s five, six or seven clubs that can be the champions. Only one can win and all the others are disappointed and live in the middle of disaster.

The most important for the development is the start. This is a good moment to restart. It’s not important now who is the winners of the Premier League. We play our own game and it’s important the players feel the confidence and trust of the people.

They have to think they can reach the expectations of the fans and the press. If someone wants to help they have to change from doubter to believer. We have to change our performance because no one is satisfied at the moment. If you want to enjoy the game you have to be prepared. You want to see fighting spirit, many sprints, many shots, and the result is the result of these things.

Will you have control over signings?

It’s a crazy discussion. It was not a problem for 10 seconds. I’m not an idiot. It’s enough that I have the first and the last word – in the middle we can discuss. We want to discuss good players on the highest level. I’m not a genius. I need other people to get the perfect information. When we have this we will decide to sign or sell a player.

When you came here for a pre-season game did you think you would be manager?

I’m not a dreamer but I’m a romantic. I love the stories and Anfield is one of the best places in the football world. It was my first time and I thought about how it would be. Now I’m here. I’m a lucky guy and really looking forward to the first match. I am prepared. I had four months holiday and am in the best shape.

How do you describe yourself?(ここは訳した)

Does anyone in this room think that I can do wonders? I’m a normal guy from the Black Forest. My mother is very proud. I am the normal one. I was a very average player and became a trainer in Germany with a special club. I had a great job to manage Dortmund for seven years and it was the best for us to leave. I hope to enjoy my work. Everyone has told me about the British press. It’s up to you to tell me they are all liars!

What style of football can we expect?

I’m not here to talk too much about the football. I want to talk to the team first. Everyone knows me. It’s emotion, speed. It’s a transition game so you will see this. All the things that make football interesting I want to see.

We have to make points and win games. I don’t want to promise a style of football. I promised full-throttle football in Dortmund. It would be really nice if there’s no photos in the hotel. It would be nice if we concentrate on football from 11am onwards.

How did you spend your holiday?

I had a normal holiday. I’m 48 and most of the time in my life I had no money. The next day I had no time! It was really cool. I was with the family and played a lot of tennis. Everything was ok. Now I’m here I’m relaxed and fine.

The last thing I said when I left Dortmund was I would see what happens. If someone called me then I would speak – and that’s what we did. We had a good feeling. They are cool guys so we had a good meeting and it was ok. It was clear to stop making holiday and then start to work.

Is it a surreal feeling?

It’s surreal. I woke up this morning and I was manager of Liverpool FC. I don’t care about things like press. I’m a normal football manager and I want to be on the pitch. That’s similar all over the world. I am prepared for this because of my experiences. It’s absolutely crazy what happened here.

It’s not important what people said when you come in, but what they say when you leave. If we want this could be a special day. We can start in a very difficult league and in a special Liverpool way we can be successful. If we sit here in four years I think we win a title, I’m pretty sure. If not, maybe Switzerland!

Are there similarities between Dortmund and Liverpool?

It’s impossible to compare two clubs. It’s a similar situation, nobody is happy with the position in the table. But there’s no pre-season and some matches have already been played. It’s not important what we did in Dortmund. What we have to do is improve, to work for a common idea of play. The same thing we will do here.

The players are better in some cases and younger in some cases. I believe in the potential of this team. There are four or five strikers I can work with, experienced defenders, the goalkeeper is really good. You can be as good as you want but you have no control over the other team. If they are really good you have to bring them to your level. On your level you can kill any team.

How do you see yourself fitting in to Liverpool’s history?

I don’t compare myself with these geniuses within the history of Liverpool. It’s cool that you are looking forward to the work for the next few months and years. None of these managers said they wanted to be a legend when they arrived. This is a great club because of many good decisions in the past.

これくらいの英語が出来ていれば人生変わったかな(笑)。休みの日に辞書を繰りながら訳してみようと思います。

楽しみ〜。

聖地アンフィールドに降臨

クロップ

とうとうプレミアへ。

愛すべきユルゲン・クロップが、次の主戦場をマージーサイドに選びました。メッシが脱税問題で禁固1年10ヶ月を求刑され、ワールドカップ予選ではドイツとブラジルとアルゼンチンが敗れた今週でしたが、個人的には唯一と言っていいほどの嬉しいニュースです(ペップもマン・シティと口頭契約を交わしたと出てましたが・・・)。

third best-paid Premier League Bossとありましたが、契約は3年でサラリーは800万ポンド(14億7,400万)だそうです。ボーナスを含めるとモウリーニョとヴェンゲルに次ぐ高給取りとなるクロップは、果たしてレッズを蘇らせることができるでしょうか。

不安定なキーパーとバック陣。スティーブン・ジェラードの後継セントラルMFをどうする?。決定力を欠くFW陣。問題山積のレッズをどう導くのか。あと、英語は大丈夫なの?。

そして、いきなりスパーズとのビッグマッチ@ホワイト・ハート・レーンです。レッズはここ数試合スパーズに負けてなかったと思いますが、早くも難しい試験です。熱いガッツポーズをロンドンに刻むシーンを目撃したいのですが・・・果たして。

それにしてもクロップ、痩せたなぁ。これ以上痩せることがないことを祈念して、CL出場権を獲得出来るよう祈念して。

Welcom to the Premier League! Good Luck!!

さようなら、スティーブン

ジェラード

ジェラード

偉大なるマエストロがバルサの退団を発表しましたが、プレミアでも同じく偉大なセントラルMFが退団をすることとなりました。

寡黙なプロフェッショナル、スティーブン・ジェラード。

『チェルシーファンは、一瞬だけ僕へのリスペクトを見せてくれたね。でも一日中ひどい扱いだった。スタジアムでスタンディング・オベーションされるのはいつだって素晴らしいことだが、より大事なのはリヴァプールファンからのサポートだね。最初からずっと支えてくれたからね』

2014-2015・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSリヴァプール@スタンフォード・ブリッジ。

79分にピッチを後にしたのですが、 確かに酷かったです(笑)。でも僕も昨シーズンのスリップは一生忘れることは出来ないでしょう。スティーブン・ジェラードという、イングランド・リヴァプールが誇ったセントラルMFを、貴方の強烈なミドルと物哀しいスリップからの痛恨の失点を、忘れることはないでしょう。

 

ジェラード

ジェラード

そして最終節、2014-2015・プレミアリーグ第38節、ストーク・シティVSリヴァプール@ブリタニア・スタジアム。

ホント素晴らしい思い出をありがとう。

前半で5失点(笑)。

70分の意地のヘッドは、やはりジェラードって感じですが何とも締まらないプレミア最終節でした。最終的に1-6で終わったこのゲーム。ジェラードがプレイしたゲームで6失点したのはこのゲームが初めてだそうで、まさに最初で最後でしたね(笑)。イスタンブールの奇跡からちょうど10周年にあたった先日のゲームで、最初で最後の6失点。なんともかんともでした。

フットボールは一人では出来ないんだなぁ。プレミアを彩ったフットボール・アイコンの退団もやはり寂しい限りですが、それでも明日はやって来ます。

ありがとう、スティービー。アメリカではスリップしないことを祈ってます。

50秒足らず

ジェラード

ジェラード

ジェラード

熱過ぎるシックス・ポインター。

最後のナショナル・ダービー。

2014-2015・プレミアリーグ第30節、リヴァプールVSマン・ユナイテッド@アンフィールド。

今シーズン限りでレッズを、プレミアを去るスティーブン・ジェラードの最後のナショナル・ダービーは後半早々に50秒足らずで幕が閉じました。チャンピオンズリーグ圏内を争う注目のシックス・ポインターだっただけにとても残念な結果となりましたね。キャラガーが『狂気の瞬間』とコメントしてましたが、流石に言い訳できません。

もともと結構退場するイメージのあるジェラードですが、コントロール出来ませんでしたかね。

14分に、カウンターからファン・マタにネットを沈められてのビハインド。レッズはあまり良いところがなく、打開すべくピッチに入った瞬間の愚行(凶行?狂行?)。10人となっては難しいです。59分にまたまたマタに美し過ぎるバイシクルを沈められて、10分後にスタリッジが1発返しましたがゲームは1-2で敗れました。

最後のナショナル・ダービーがコレでは寂しすぎますね。昨シーズンもまさかのスリップで戴冠の逃したスティービィ。熱過ぎる漢のプレミア最後のナショナル・ダービーは愚かな記憶として刻まれることとなりました。

『受け入れなければいけない。判定は正しかった。僕は今日、チームメートを失望させただけでなく、なによりファンを失望させてしまった。自分の行動の全責任をとる』

『相手のタックルを飛んでかわそうとしたら、相手のスパイクのスタッドが見えた。それに対していけない反応をしてしまった。試合はあと45分あって、追いつくチャンスは十分にあったね。全責任は僕にある』

『ロッカールームのみんな、そしてすべてのサポーターに謝りたい。今日の責任はすべて僕にある』

 

マタ

カウンターからの1点目。

 

マタ

マタ

美し過ぎた2点目。

『2点目は僕にとって最高のゴールの一つだろう。ジェラードが退場になった後、僕らには2点目が必要だった。相手は最後まで押し込んできたからね』

久しぶりのマン・ユナイテッドのゲームでしたが、とてもイイものも観れました。そして、最後にこの人を・・・(笑)。

 

バロテッリ

79分のバロテッリとスモーリングのヒトコマ。

後半途中出場し早々にイエローを貰ったスーパー・マリオ。このシーンでは、危うく9人となってしまうところをサポーターが制止し2枚目を阻止(笑)。

バロテッリを止めたショーンさんのコメント。

『彼が退場になるんじゃないかと心配だったんだ。スモーリングがマリオを押し出したようになって、マリオは単に何かにつかまろうとして相手をつかんだように見えた。マリオの様子から、彼がリアクションを起こそうしていると分かったし、すでにイエローカードを受けているのも分かっていた』

『「落ちつけよ、そのままでいいだろう」と言ったら、(バロテッリ)彼は「OK、OK」と言ってくれた。僕は5フィート8インチ(約173センチ)しかなくて彼は大きいから、体に腕を回すのは大変だったけど、隣に座っていたピーターが助けてくれた。彼は警官で、アンフィールドの試合でもときどき仕事をしているからね』

プレミアならではでしょうか(笑)。件のバロテッリはFacebookで、

『全力を尽くしたが、試合は僕らのものにならなかった。だけど、本当にはっきりしていることが一つあった。僕はピッチで一人じゃなかったんだ。YNWA』

とコメントです。この寂しがり屋さん・・・って、オイオイ(笑)。それにしても、YNWAってなんだ?。

色々あったナショナル・ダービー、『クラシコ』でお腹一杯でしたがとても楽しめました。

おしまい。

“deloitte report” 2013-2014

毎年恒例のビッグクラブの収入ランキングが今年も発表されました。個人的興味からまたまた備忘録です。前回からはミランが圏外(12位)に去って、リヴァプールがカムバック(12位→9位)。贔屓のドルトムントはチャンピオンズで安定した成績を残すも前回同様11位(2億6,150万ユーロ)でした。その他、圏外ではスパーズが22%の収入増加で13位(2億1,580万ユーロ)にランクイン。トップ10入りを目指すなら悲願のチャンピオンズ出場がマストですかね。

では以下、キープレイヤーと共に。

 

【第10位】ユヴェントス(セリエA):2億7,940万ユーロ。

ポグバ

前回の9位(2億7,240万ユーロ)から微増も10位に後退した黒の貴婦人。カルチョの国ではトップもヨーロッパでも躍進したいところ。ドルトムントとのノックアウト・ラウンドは見物です。

 

【第9位】リヴァプール(プレミアリーグ):3億0,590万ユーロ。

ジェラード

圏外(12位:2億4,060万ユーロ)から大幅増でトップ10に返り咲いたレッズ。しかし、ついにジェラードは戴冠することなく今シーズンでプレミアを去ることとなりました(泣)。

寂しいですね。昨シーズンの、まさかのスリップからの失点ゲームが忘れられません。

 

【第8位】アーセナル(プレミアリーグ):3億5,930万ユーロ。

サンチェス

前回同様の順位をキープしたガナーズ。昨シーズンはFAカップを制し、収入は大幅増(2億8,430万ユーロから)となりました。しかし、今シーズンもプレミア制覇は難しく、代わり映えしないのが如何とも・・・。何とかチャンピオンズで躍進を果たし、サポーターに報いたいところですかね。

 

【第7位】チェルシー(プレミアリーグ):3億8,790万ユーロ。

アザール

こちらも前回と順位は変わらずも25%増(3億0,340万ユーロから)の収入を得たチェルシー。

プレミアでは快調に首位をキープし、ハッピー・ワン帰還から2年目の今シーズンは、まさに飛躍のシーズンとなる予感。チャンピオンズで(2シーズン連続で対戦する)パリとのリマッチも注目です。

 

【第6位】マンチェスター・シティ(プレミアリーグ):4億1,440万ユーロ。

アグエロ

またまた前回同様ですがおよそ1億ユーロも収入を増した(3億1,620万ユーロからの大幅増)マン・シティ。

プレミアではここ2節の取り零しで2位ですが、まだまだ連覇が可能な位置に付けています。そして、チャンピオンズでまたまたバルサとの決戦が決まり、(個人的には勘弁して欲しいですが)そろそろ勝ち上がりたいところ。アグエロが爆発するしかないかなぁ?。

 

【第5位】パリ・サンジェルマン(リーグアン):4億7,420万ユーロ。

イブラヒモビッチ

2シーズン連続で5位をキープした異色の傭兵軍団。収入も着実に増加させ、チャンピオンズでもそろそろネクストステージへ進みたい。かつてのボスに恩返しを果たすか?ズラタン王。いつまでパリに居るか分かりませんし、ラストチャンスかもしれませんね。

 

【第4位】バルセロナ(リーガ・エスパニョーラ):4億8,460万ユーロ。

メッシ

5年間維持した2位からとうとう陥落した愛しのバルサ。昨シーズンは無冠で、(前回は4億8,260万ユーロ)栄華を極めたバルサ王朝も崩壊しました。あの煌びやかだったパス・フットボールは、トリデンテの“個”にモデルチェンジし復権となるでしょうか?。

『神』メッシが楽しく、やる気に満ち溢れていればまたビッグイヤーを戴冠出来ると思うのだけれど・・・。最初のハードルは再びマン・シティ。刮目です。

 

【第3位】バイエルン・ミュンヘン(ブンデスリーガ):4億8,750万ユーロ。

ロッベン

クラブ史上最高収入を記録するも順位は3位のままのミュンヘン。『賢人』ペップ・グアルディオラ2シーズン目もブンデスでは無双です。それ故に、マイスターシャーレより2シーズンぶりにベルリンでのビッグイヤー戴冠がクラブに課せられた重要過ぎるミッションでしょうか。ハイブリッド・パス・フットボールの極致は、マドリーを上回るのか。

楽しみです。そして、なんと2位はあの・・・(笑)。

 

【第2位】マンチェスター・ユナイテッド(プレミアリーグ):5億1,800万ユーロ。

ルーニー

モイーズ・・・(笑)。

前回より24%増の収入を得た赤い悪魔。7位に沈んだ『チョーズン・ワン』の蹉跌。トップ10で唯一チャンピオンズに出ていないマン・ユナイテッドは、ただ今ファン・ハール体制で復活を試行錯誤中。チャンピオンズ復帰が現実的な目標は寂しい限りですが、憎たらしいまでに勝ち切っていたファーガソン時代に戻れるか?。

それにしても、人気があるんですね。

 

【第1位】レアル・マドリード(リーガ・エスパニョーラ):5億4,950万ユーロ。

ロナウド

10年連続での1位の『白い巨人』。

デシマ達成で前回の5億1,890万ユーロから着実に収入を増やし、今シーズンも大本命です。絶好調過ぎるCR7はメッシが持つリーガのゴール記録(50ゴール)を破ることでょう。

チャンピオンズ連覇を果たすと(果たさなくても)11年連続の1位は確実ですね。

個人的にはミュンヘンとのビッグマッチをセミ・ファイナルあたりで観たいと夢想しております。

以上、備忘録でした~。

“group stage draw results 2014-2015”

ビッグイヤー

draw

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージの組み合わせが決まりました。

抽選結果は以下。

◆グループA
アトレティコ・マドリー(スペイン)
ユヴェントス(イタリア)
オリンピアコス(ギリシャ)
マルメ(スウェーデン)

◆グループB
レアル・マドリー(スペイン)
バーゼル(スイス)
リヴァプール(イングランド)
ルドゴレツ(ブルガリア)

◆グループC
ベンフィカ(ポルトガル)
ゼニト・サンクトペテルブルク(ロシア)
レヴァークーゼン(ドイツ)
モナコ(フランス)

◆グループD
アーセナル(イングランド)
ボルシア・ドルトムント(ドイツ)
ガラタサライ(トルコ)
アンデルレヒト(ベルギー)

◆グループE
バイエルン・ミュンヘン(ドイツ)
マンチェスター・シティ(イングランド)
CSKAモスクワ(ロシア)
ローマ(イタリア)

◆グループF
バルセロナ(スペイン)
パリ・サンジェルマン(フランス)
アヤックス(オランダ)
APOEL(キプロス)

◆グループG
チェルシー(イングランド)
シャルケ(ドイツ)
スポルティング・リスボン(ポルトガル)
マリボル(スロベニア)

◆グループH
ポルト(ポルトガル)
シャフタール(ウクライナ)
アスレチック・ビルバオ(スペイン)
BATEボリソフ(ベラルーシ)

 

draw ball

カシージャス

贔屓のバルサはグループF。

何か代わり映えしない組み合わせ(笑)。昨シーズンは10人のアヤックス(コチラ)にまさかの敗北を喫しましたが、今シーズンも無事突破を決めてもらいたいものです。

グループEが『死の組』かな。ミュンヘンとシティは昨シーズンのリマッチで久しぶりにローマがこの舞台に戻ってきました。ゴキゲンなドルトムントはグループDで、こちらもアーセナルとリマッチでなかなかに厳しい(毎シーズンですが)グループです。カガワくんがドルトムントに復帰するのが濃厚という報道も出た今日。

『グループDで待っている顔ぶれは、昔からの知り合いもいるし、新鮮な顔ぶれもいるね。アンデルレヒトとの対戦やイスタンブールでの試合は初めてだよ』

『抽選の前から決まった相手を望んでいたわけではないし、この結果を受け入れるしかない。土曜日からそれぞれのチームについての情報を集め始めるつもりだ。この中で、我々が最もよく知っている相手はアーセナルだね』

と語ったユルゲン・クロップ。一昨シーズンに語ったとおり(コチラ)ファイナルの地はベルリン。

やはり目が離せませんね。