ロンドン旅行 DAY-4(Aug 27)その①バッキンガム宮殿&etc篇

マンチェスター・ピカデリー

ヴァージン・トレイン

案内板

ロンドン旅行4日目。

昨日の興奮冷めやらぬ中、10時にホテルをチェックアウトして駅周辺で朝食を摂ってロンドンへ戻りました。

 

トラファルガー広場

まずは地下鉄で『セント・ジェームス』駅へ行って、トラファルガー・スクエアとナショナルギャラリーへ行きました。

ネルソン提督を写すの忘れましたが、4匹のライオンはなんとか。

 

ナショナル・ギャラリー

こちらももちろんフリーでした。

些少ですが寄付をしました。ゴッホの『ひまわり』が観たかったのですが、見つけること叶わずタイム・オーバー。ジョルジュ・スーラの名作、『アニエールの水浴』やモネ、マネ等を観て、館内のレストランでアフタヌーン・ティをしてバッキンガム宮殿へ。

 

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿

衛兵と車

もう夕方近くだったので衛兵さんの交代式はとっくに終わっています。

 

交代案内板

明日は11時半みたいでしたね。

 

バッキンガム宮殿前

遠くに見える『ビッグ・ベン』を撮影してバッキンガム宮殿をあとに。

そして、お買い物をすべくピカデリー・サーカスへと向かいました。

 

ハイド・パーク

途中、『ローリング・ストーンズ』や『レッチリ』等数多くのアーティストが野外コンサートを行ったハイド・パークに立ち寄り。ダイアナ妃の記念噴水なんかもありました。

 

ピカデリー・サーカス

『エロス』の噴水。

しかし、人が多すぎました(泣)。

女性って、タフ過ぎますよね。買い物は別腹?僕は疲れ過ぎて、道端で座ってタバコばかり吸っていました。とにかくお土産も仕入れましたし、もうこれ以上歩けないっていうくらい歩きましたのでホテルへ戻りました。『グロスター・ロード』駅横のホテル『ミレニアム』?に入っているシンガポール料理屋さんで最後の晩餐。『麻婆豆腐』と『牛肉とお葱と生姜のオイスター炒め』がサイコーに美味しかったです。

そして、ホテルで荷造りをして明日、帰国の途に着くこととなりました。

ロンドン、とても良かったです!

料理はどうなの?とか良く言われますが、中華やイタ飯等を食べれば全然問題ないと思いますね。また訪れたいと思いました。

ロンドン旅行 DAY-3(Aug 26)その②オールド・トラッフォード篇

オールド・トラッフォード

オールド・トラッフォード

悲願達成。

「シアター・オブ・ドリームズ」。

ついに、ついにオールド・トラッフォードを訪れることが叶いました。お馴染みの正面、かなりデカイです。カンプ・ノウやベルナベウに並ぶ大きさでした。

 

オフィシャル・ショップ前

オフィシャル・ショップ『メガストア』前の相方。

カガワくんのユニフォームでは被るので、かなり長考の上ロビンとなりました。

 

オフィシャル・ショップ

『メガストア』内のポスターもカッコイイ。

お土産にマグカップが欲しかったんですが、MUFCのロゴが三菱東京UFJ(MUFG)みたいでダサイので断念。ガラスのコースターとエコ・バック、甥っ子にアルミの水筒を購入しました。

 

サウスゲート

S20ゲート

正面から左に回るとサウス・スタンドのゲートがあります。

黄色い扉が入場口です。

 

シーズン・チケット

入場時はイコカ(関西在住なんで)みたいにタッチしてバーを開けて入ると聞いていたのですが、普通にゲートのオジサンにチケットを見せて入場しました。

パシャパシャオノボリサン丸出しで記念撮影ばかりしていましたが、ゲーム開始までまだ数時間がありましたので、一旦荷物を置きにホテルまで戻りいよいよゲーム観戦です。

 

座席

スタジアム

スタジアム

ここからはスマフォで撮影しましたので、画像が荒いです。

座席は選手入場口近くの前から2列目でした。目の前を様々なプレイヤー達が通ります。

 

カガワくん

カガワくん!

この日は(も)出番がありませんでした(泣)。後半途中には、目の前でライアン・ギグスやマタ等とアップはしていました。

モイーズに評価されてないのかなぁ~(泣)。この日先発していたバレンシアやクレバリーより良いと思うけどなぁ~。

 

モウリーニョ

『カンプ・ノウ』でも拝見した、今は『ハッピー・ワン』の御仁。

何故かは分かりませんが、『ジョゼ~・モウリーニョ~、ジョゼ~・モウリーニョ~』とお馴染みのコールを受けてました。『カンプ・ノウ』では凄まじい罵声を浴びてましたが、そういうのはあまり無かったです。

ゲーム自体は、去就に揺れるルーニー(チェルシーから2度もオファーをされている)一人が攻守にプレゼンスを発揮。チェフにセーブされたシュートなど惜しいシーンもありました。

 

ルーニー

ルーニー

『ルーニー!ルーニー!!』コールの大合唱。

ゴール裏のサポーター達の声援が90分間半端なかったです。チェルシーに対する容赦ないブーイング、マン・ユナイテッドの頑張ったプレイには割れんばかりの拍手。

サイコーでした。

でもまぁ~ヒトコトで言えばウルサイ(笑)。スタジアムの特徴もあってか、かなり響くので隣と会話するのもママナリマセンでしたね。

 

トーレス

後半アップを開始したフェルナンド・トーレス。

目の前のトーレス(後半途中出場した)のセイで、後ろのアンチャンが、ユナイテッドの攻めが見えなかった時に、

『Sit down!Torres!!Fuuuck you!!! 』

と叫んでいました(笑)。

『邪魔なんだよ。クソが!!』、確かに邪魔でしたが・・・(笑)。

 

スタジアム

スコアレス・ドローで試合は終了。

夢のような試合内容では(かなり凡戦でした)ありませんでしたが、それでもやはり『シアター・オブ・ドリームズ』。

長年行きたかったスタジアムを訪れることが出来たサイコーの一日となりました。@『サン・シーロ』でミラン、@『カンプ・ノウ』でバルサ、@『オールド・トラッフォード』でマン・ユナイテッドを堪能しましたので、次はドイツでクロップ・ドルトムントを観戦したいなぁ~と思ってます。

DAY-4(Aug 27)『バッキンガム宮殿&etc』篇につづく。

 

ロンドン旅行 DAY-3(Aug 26)その①ヴァージン・トレイン篇

ヴァージン・トレイン

8月26日、ロンドン旅行3日目。

いよいよ、この旅のメイン。マン・ユナイテッドのホーム、マンチェスターへ。ホテルで朝食を食べて、8時15分に出発。初日にチケットを受け取りに来ていますので、『ユーストン』駅にはスムーズに来れました。

 

ユーストン駅

ロンドンの北の玄関口って感じでしょうか。多くのバック・パッカー、トラベラー達が駅を利用していました。

ここは駅を出たとこ。この後ろでスモーカー達が一服しています(笑)。

 

電光掲示板

中に入ると真正面に大きな案内があります。

少し早く着きましたので、まだプラットフォームの案内は出ていませんでした。15分前くらいには表示されていたと思います。

 

電光掲示板

プラットフォーム2の表示が。

『マンチェスター・ピカデリー』駅が目的地。終点です。

 

チケット

こちらが乗車券と指定券。

日本のような改札はありませんので、そのままプラットフォームへ行って乗り込みです。

 

ヴァージン・トレイン

車両案内

乗車口

いざ『マンチェスター・ピカデリー』駅まで。

ワクワクです。

 

SONY DSC

車窓からの田園風景。まさに『世界の車窓から』でしたね。

馬や牛や羊なども見ることが出来る長閑な中を行くこと2時間半。

 

マンチェスター・ピカデリー駅

マンチェスター・ピカデリー駅

あっという間に到着です。

本日のマン・ユナイテッドVSチェルシーの試合が20時キック・オフという事もあり、マンチェスターにホテルを取ってありましたので、このまま歩いてホテルまで行きました。ゲームによっては、直接『オールド・トラッフォード』まで行かれる方もいらっしゃると思いますので、乗り継ぎのメトロリンクについても少し書いておきます。

プラットフォーム正面を出るとすぐ左手にメトロリンクへの下り口があります。

 

メトロリンク案内

下りて行くとメトロリンクの乗り場があります。

 

ピカデリー駅

券売機

券売機はプラットフォームにあります。

ここで『オールド・トラッフォード』駅まで買えばOK。チケットの種類は往復(リターン)ってやつを買ってください。ゲーム後は7万人でごった返すので帰りに切符を買うことは不可能です。因みに、改札はなくそのまま乗り込み、そのまま降ります。社内でチケットの確認をされるケースがありました。

 

メトロリンク

アルトリンチャム行きに乗れば、6~7駅・15分程度で『オールド・トラッフォード』駅だったと思います。駅からスタジアムまで歩いて10分。30分位みておけばスタジアムの座席に着席出来るでしょう。

DAY-3(Aug 26)その②『オールド・トラッフォード』篇へつづく。