マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

広告

マン・シティを救う2つのビッグ・セーブ

ハート

ハート

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、マンチェスター・シティVSレアル・マドリード@エティハド。

ハイライトはこの2つのセーブ。

特に終了間際のペペのシュートを止めたのは大きかった。

ボール・ポゼッション、アテンプト、ショット・オン・ターゲット等がほぼ同じだった退屈なゲーム。マン・シティはシルバが怪我でピッチを後にしてからボールが収まらず、CR7が居ないマドリーは流れのなかでネットを揺らす雰囲気が全くありませんでした。

そんな中、マドリーのセットプレイからのチャンスでジョー・ハートが見せた2つのビッグ・セーブはマン・シティにとっては値千金でした。結局両チーム最後までネットを揺らぜずスコアレスでセカンドレグへ。アウェイゴールを許さなかったマン・シティはベルナベウでネットを揺らすことができるでしょうか。マドリーは勝たなければなりません。やっぱりCR7頼み?。間に合うの?。答えは1週間後@ベルナベウ。

リスクを取った面白いゲームを観たいものです。

 

ハート

『このセーブが重要なものになったら良いね。これはファーストレグで、僕たちはそのために準備をしてきた。この結果(0-0)に失望することはない。ベルナベウで戦う準備はできているよ』と語ったジョー・ハート。

ファイナルへのチケットを手にするには更なるビッグ・セーブが必要でしょうかね。

“draw of semi finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

愛しのバルサがいないセミファイナルは、とても寂しい。しかし、no football no life。

もちろんライブ視聴です。

【日程】

マンチェスター・シティ vs レアル・マドリー:4月26日/5月4日

アトレチコ・マドリー vs バイエルン・ミュンヘン:4月27日/5月3日

左側がファーストレグでホームです。正直、マドリード・ダービーのファイナルはもうイイです。ペップ・ダービーでファイナルを迎えて欲しいと切に願います。

どうなるかなぁ。

エティハドに訪れた歓喜

デ・ブライネ

デ・ブライネ

デ・ブライネ

齎らしたのはこの男、ケビン・デ・ブライネ。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、マンチェスター・シティVSパリ・サンジェルマン@エティハド。

美しい一撃だった。

76分。守備に戻ってきたカヴァーニを軽くワントラップで躱し振り抜いた右足一閃。カーブがかかった美しい軌道の一発がゴール右隅に突き刺さり、エティハドが揺れた。

前半に、アグエロが自ら得たPKをあろうことか枠内に蹴ることが出来ずどうなるかと思われたが、低調なパリにも助けられアウェイ・ゴールを許さず1-0(アグリゲート・スコア3-2)でネクスト・ラウンドへのチケットを手に入れることに成功した。

本当に美しいゴールだった。

ファーストレグでも豪快な一発でネットを揺らしていたデ・ブライネ。怪我から復帰してきたばかりだが、マン・シティを初のファイナル4に導くゴール2つは長く語られることとなるだろう。

お見事だった。

 

ブラン

オイル・マネー対決を制したマン・シティ。パリは、4シーズン連続でこのステージでの敗退。指揮官ローラン・ブランは何を思うだろう?。70%を越えてボールを持ってはいたが、失点を恐れ過ぎてはいなかったか?。ダビド・ルイスのサスペンションで取った苦肉の3バックは機能しなかった。一つのサイクルが終わりを告げるのだろう。

 

イブラヒモビッチ

またしてもヨーロッパを制することが叶わなかったズラタン王。

来シーズンは果してどこのチームに(マン・ユナイテッド?)いるだろうか?。

 

マン・シティ

おめでとう。

ライブ視聴して良かった。

ミスの代償

マン・シティ

イブラヒモビッチ

セカンドレグはどのような結末となるだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、パリ・サンジェルマンVSマンチェスター・シティ@パルク・デ・プランス。

12分に早くもPK。ズラタンのキックをジョー・ハートがファイン・セーブでゲームは分からなくなった。圧倒的にボールを支配するパリ。カウンターからゴールを窺うマン・シティ。ヘスス・ナバスのクロスに頭で合わせたシルバのヘッドが枠を外れ、24分にはスルーパスに抜け出したズラタンがハートとの一対一のシーンで大きくフカしてしまう。ビッグネームも緊張するのだろうか。高いテンションのまま続く鍔迫り合い。そんななか、最初にネットを揺らしたのはアウェイのマン・シティだった。

 

デ・ブライネ

38分。

センターサークル付近でフェルナンジーニョがボールを奪取しそのままど真ん中をドリブルで突進。エリア手前で右サイドのデ・ブライネにボールを預け、エリア内でワン・トラップから豪快に右足を振り抜きネットを揺らした。マテュイディのパスミス、ダビド・ルイスのポジショニングミス。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴールを得たが、この3分後にフェルナンドの度し難いミスからゴールが生まれてしまった。

 

イブラヒモビッチ

41分。

色々なリプレイ映像を映している間にフェルナンドの軽いトラップミスをズラタンが引っ掛けそのままゴールにボールが転がって行って1-1となった。

両軍ともミスが失点に絡む。前半終了間際にパリにビッグチャンスが訪れたがまたマテュイディがクロスを上げ損ないスコアはそのまま後半へとなった。パリが押していた前半。パリの方が強いがフットボールは分からない。後半はどうなるだろう?。

 

ラビオ

59分。

左CKからカヴァーニがヘッド。そのボールはハートがセーブしたが、その溢れ球にラビオが詰めてパリがスコアを動かした。ズラタンはオフサイド・ポジションに居てプレイに関与したとも言えなくはないが、後ろから飛び込んできたラビオが押し込みパリがリードした。

攻めるパリ。ズラタンのヘッドがポスト角に当たったり、カバーニの叩きつけたシュートが枠を越えて行ったりと押し込んでいたが、次のゴールはマン・シティに訪れた。

 

フェルナンジーニョ

72分。

何気ないサニャの右からのクロスをオリエが足に当ててしまいチアゴ・シウヴァに当たって溢れたボールフェルナンジーニョがチアゴ・シウヴァに当てながらゴールに蹴り込み2-2となった。解説していた福田くんはこれもミスだと言っていたが、パリにとってはしょうもなくも痛過ぎる失点で、マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を得ることとなった。

両軍ともこのままネットを揺らせず、2-2でゲームを終えた。

 

ブラン

『我々は簡単にボールを失いすぎた。ただ、セカンドレグでも同じようなパフォーマンスができれば同じようにチャンスを作れるだろう。そうなったらゴールを決められると思う』

と語ったチュパチャプス・ブラン。

確かにパリの方が良いフットボールを披露していた。力は明らかに上だ。ただ、力が上だからと言ってネクスト・ラウンドへ進めるとは限らない。合計4発が生まれたこのゲーム。朝からライブ視聴したかいがあった面白い一戦だった。マン・シティは貴重なアウェイ・ゴール2発を活かせるだろうか(守備が心許ない)。パリはマンチェスターでネットを揺らせるだろうか(揺らせると思うが)。

セカンドレグはすぐにやってくる。

“draw of quarter finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

最強の矛と最強の盾。

決まりましたね、2015-2016・チャンピオンズリーグ、クォーター・ファイナルの組み合わせ。愛しのバルサはアトレティコになりました。13-14シーズンのリマッチです。その時はアトレティコに2戦合計1-2で敗退の忌々しい結果でした。その時とは違うハズです。今シーズンのリーガでもダブルを達成してますし、スアレスがいますし・・・。しかし、『クラシコ』の後すぐだもんなぁ(泣)。まぁ泣き言を言っても始まりません。

リベンジあるのみです。

【日程&組み合わせ】

4月5日/4月13日

バイエルン・ミュンヘンvsベンフィカ

バルセロナvsアトレティコ・マドリード

4月6日/4月12日

ヴォルフスブルクvsレアル・マドリード

パリ・サンジェルマンvsマンチェスター・シティ

※左側のチームががファーストレグをホームで戦います。

セカンドレグをホームで戦う方が有利と言われていますが、個人的にはファーストレグでホームが好きです。アウェイ・ゴールを許さず2点以上取る。順当に行けばマドリー、ミュンヘン、バルセロナ、パリですが果たして?。ヴォルフスブルクやベンフィカはジャイアント・キリングを起こせるか?。ロード・トゥ・サンシーロ。いよいよシーズンも佳境へって感じですね。楽しみです。

それにしてもマドリーとミュンヘン、当たりクジだなぁ。

恒例行事

ヴェンゲル

アーセナル

もはやテンプレ。

ヴェンゲル・アウト。

2015-2016・プレミアリーグ第26節、アーセナルVSスウォンジー@エミレーツ。

ガナーズ・サポの怒りはもっともだ。今朝の後輩は妙に達観していたのですが、首位レスターが前日にドローで勝ち点差を詰める絶好のチャンスにあろう事かホーム・エミレーツでスワンズに1-2で敗れ、さらに差が開いてしまうというコメディを演じてくれました。毎年毎年の恒例行事ではあるのだけれど、やはり『失敗のスペシャリスト』なんだなぁ(納得)。

前節、ヤング・ユナイテッドに打ち負けての連敗。前節での失態でOBのポール・マーソンに

『彼以上の指揮官はいないと言うかもしれないが、アーセナルで4位以内に入れる指揮官はゴマンといる。『一銭もいらないが、4位以内に導いたら1,000万ポンド(約15億6,000万円)くれ』という指揮官なんてたくさんいるよ。世界中の監督がその取引に応じるはずだ。アーセナルは常にトップ4に入る。レスターかトッテナムがタイトルを獲得したら、私にはどうして彼が仕事を保てるのか分からないね』

とコキ下ろされていましたが、至極穏当な意見です。

サンチェスもラムジーも駄目。加えて守護神ペトル・チェフがラストプレイで怪我をする喜劇。ちょい前まではウォルコット良かったんだけどなぁ・・・。ヴェンゲルはマネジメントがヘタなんだろう。

レスターの夢は醒めたと思いましたが、スパーズも敗れた今節を見るとまだ夢は醒めてないのかもしれません。ガナーズの次節はそのスパーズとのノース・ロンドン・ダービー@ホワイト・ハート・レーン。またまたシックス・ポインターではありますが・・・。ガナーズが勝つ感じがしてきました(笑)。

 

ファン・ハール

ファン・ハール

何気にマン・ユナイテッドがトップ4に肉薄してきているのも笑えます(1位レスター:勝ち点57、2位トットナム:勝ち点54、3位アーセナル:勝ち点51、4位マン・シティ:勝ち点47(1試合消化が少ない)、5位マン・ユナイテッド:勝ち点47、以下ウエストハム、ストーク、リヴァプール、サウサンプトン、チェルシー勝ち点39と続く)。

ガナーズ戦で見せたファン・ハールのダイブがジワジワ効いてきてるかな(笑)。まだまだダービーもあるし、ビッグマッチもたくさん残ってますのでプレミアは目が離せません。

でも後輩よ、今年もガナーズは優勝しないと思う。