マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

マン・シティを救う2つのビッグ・セーブ

ハート

ハート

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、マンチェスター・シティVSレアル・マドリード@エティハド。

ハイライトはこの2つのセーブ。

特に終了間際のペペのシュートを止めたのは大きかった。

ボール・ポゼッション、アテンプト、ショット・オン・ターゲット等がほぼ同じだった退屈なゲーム。マン・シティはシルバが怪我でピッチを後にしてからボールが収まらず、CR7が居ないマドリーは流れのなかでネットを揺らす雰囲気が全くありませんでした。

そんな中、マドリーのセットプレイからのチャンスでジョー・ハートが見せた2つのビッグ・セーブはマン・シティにとっては値千金でした。結局両チーム最後までネットを揺らぜずスコアレスでセカンドレグへ。アウェイゴールを許さなかったマン・シティはベルナベウでネットを揺らすことができるでしょうか。マドリーは勝たなければなりません。やっぱりCR7頼み?。間に合うの?。答えは1週間後@ベルナベウ。

リスクを取った面白いゲームを観たいものです。

 

ハート

『このセーブが重要なものになったら良いね。これはファーストレグで、僕たちはそのために準備をしてきた。この結果(0-0)に失望することはない。ベルナベウで戦う準備はできているよ』と語ったジョー・ハート。

ファイナルへのチケットを手にするには更なるビッグ・セーブが必要でしょうかね。

“draw of semi finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

愛しのバルサがいないセミファイナルは、とても寂しい。しかし、no football no life。

もちろんライブ視聴です。

【日程】

マンチェスター・シティ vs レアル・マドリー:4月26日/5月4日

アトレチコ・マドリー vs バイエルン・ミュンヘン:4月27日/5月3日

左側がファーストレグでホームです。正直、マドリード・ダービーのファイナルはもうイイです。ペップ・ダービーでファイナルを迎えて欲しいと切に願います。

どうなるかなぁ。