レオ・メッシが好調過ぎる件

バルサ

バルサ

シーズン開幕。フットボールのシーズンが始まりました。

2016-2017・リーガ・エスパニョーラ第1節、バルセロナVSベティス@カンプ・ノウ。

キレキレのレオ・メッシ、大好物のピザを控えたんだろうか(笑)。ヴァケーションを早めに切り上げチームに合流した効果が出まくりです。セビージャとのスーペル・コパでもゴールを上げてましたが、この開幕ゲームでも2ゴール。バルサが誇る世界一のゴール・ハンター、Lスアレスに至っては早くもハットトリックでしたが、ドン・アンドレスが怪我で不在の中盤も支配し、いつものアルバへのロング・フィードも完璧。結果、6-2で難なくベティスを退け今シーズンの航海が始まりました。このままシーズン序盤を乗り切ってもらい、最終的にはチャンピオンズ奪還です。

バモス!バルサ!!!。

 

MSA

昨シーズン、ユーロ2016が散々だったアルダですが、プレシーズンの好調を維持しこのゲームでも2Gと結果を残してくれました。

ネイマールがリオから戻ってきたら一列下がるんだろうけど、このままゴールに絡んでもらいたいものです。

 

メッシ

しかし、おヒゲ何とかならないかなぁ(苦笑)。似合ってない!!。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

ネイマール

最後にJrネタ。

リオでのゴールドメダルおめでとう。マラカナンで宿敵ドイツをPK戦で下しての栄冠です。じっくり休んでバルサに戻ってきてもらいたいものです。

広告

残り1ゲーム

スアレス

最後のヤマは越えたでしょうか。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第37節、バルセロナVSエスパニョール@カンプ・ノウ。

8分にレオ・メッシが美しいFKを沈め先制に成功したバルサ。ピークを持ってくることができなかったネイマールがようやく復活。スアレスは全く消えていても一瞬でネットを揺らすスナイパーぶりを発揮してMSNコンプリート(メッシ1発、スアレス2発、ネイマール1発)でした。ネイマールのラボーナでの折り返しも観れたし、一対一でもほぼ完勝。ラフィーニャがごっつあんゴールを沈めたり、美しい崩しからスアレスのダイレクトパスをネイマールが無人のゴールに蹴り込んだり、カンプ・ノウはフィエスタとなりました。

アトレティコが降格が決まっているベティスに2-1で敗れ、タイトルレースから脱落した今節。マドリーはバレンシアに追いすがられるも3-2で勝利し、結局はバルサとマドリーが最終節で覇権を争うことに。色々ありましたが、最後ももちろん勝って終わるのみです。

最終節はフエラでグラナダと。油断は出来ませんが(することはないでしょうけど)よもや負けることはないでしょう。このゲームのように楽しく躍動してもらいたいと切に願います。

 

メッシ

メッシ

メッシ

今シーズン7本目のFKを沈めたレオ・メッシ。

久しぶりのこのゴール後のパフォーマンスも見せてくれました。

 

スアレス

前からのプレスで奪ったボールをメッシがスアレスに叩いて勝負あり。

 

スアレス

ピチチレースのトップを走る37得点目はCKからのヘッドでしたが、ファウルを取られてもおかしくなかったですね(笑)。

 

ネイマール

ラボーナでのクロス、縦へのキレ、跨ぎフェイントからのドリブル、最後はスアレスの決めろよパスを沈めて完全復活したネイマール。

遅いけど、まぁ良かった。

 

MSN

MSN&アウヴェス。アウヴェスがゲーム中に見せたネイマールのパクリトラップはなんか腹立ったなぁ(笑)。

 

バルサ

ホーム最終戦をマニータで締めて、笑っても笑ってもあと1ゲーム。

連覇で締めてもらいたいと思います。

残り3ゲーム

バルサ

ピケは否定したが、与えられた勝利だった。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第35節、バルセロナVSスポルティング・ヒホン@カンプ・ノウ。

相変わらず簡単に喰らうカウンター。失点しなかったのは相手のスキルがプアだからだ。12分に相手キーパーの中途半端なパンチングをレオ・メッシがヘッドで押し込みラッキーに先制。その後、2度3度決定機があったと思うが決めきれず折り返し。前半終了間際にピケがゴールライン上でハンドを見逃してもらう僥倖。やれやれだ。63分に中央のメッシから左サイドのイニエスタと繋ぎ、最後はファーサイドのスアレスが蹴り込み2-0としたがイニエスタからスアレスへのラスト・パスはオフサイドだった。追いつかれていてもおかしくなかった展開からラッキーにも2点差としゲームの行方は決まったと言えた。その後3つのPK(スアレスが2回、ネイマールが1回)とスアレスの豪快な一撃で6-0。形の上では大勝だが、内容は決して良くはなかった。残り3ゲーム。いつまでもラッキーは続かない。相手のカウンターを敵陣で止めなければ勝ち点3は心許ない。何とももどかしい勝利に不満の日曜日。愛しのバルサの連覇は叶うだろうか。もうどんな内容でもOKだ。無冠はゴメンだ。

『ポジティブな部分を捉えるようにしたい。残りはホームで1試合とアウェーで2試合だ。もうアドバンテージはないが、我々は3試合とも落とすことはないと思う。そう願っている。そうすればチャンピオンになれるからね』

と語ったルイス・エンリケ。

ここまでくればどんな形でも勝利あるのみだ(泣)。

 

メッシ

ラッキーだったレオ・メッシの先制点。

 

スアレス

オフサイドだったスアレスのゴール・・・。

 

スアレス1

PK2発とニアをブチ抜いた一撃で、2試合連続4ゴールのスアレスは好調だ。

 

ネイマール

問題はネイマール。

このゲームでも全くイイところが無かった。迷い過ぎだ。加えてキレも無さ過ぎる。もう最後までこのままだろう。そしてオリンピックでもダメと思う。

 

MSN

CLが無いのでリフレッシュして週末に臨んでもらいたい。

残り4ゲーム

バルサ

0-8でリアソールから帰還。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第34節、デポルティーボ・ラ・コルーニャVSバルセロナ@リアソール。

『我々に残された唯一の選択肢は勝利のみである』とはシメオネの言葉だが、バルサももちろん同様だ。

打っても打っても入らなかった前節とはうって変わって11分にCKからスアレスが押し込み楽になった。しかし、守備が安定しない。あわや失点のシーンを作られ肝を冷やすが、ピケの代わりに入ったバルトラが身体を投げ出し失点せずに済んだ。ふう。ここで失点していれば駄目だったかもしれないが、何とか難を逃れるとまたまたスアレスが決定力を見せてくれた。オフサイドラインを掻い潜ってメッシのワンタッチパスをクールに沈め、この日2点目。これでようやく一息付けた。ライブ視聴していたが、これで次節に繋がったと安堵した。それから後半はスアレス×2、メッシ、ラキティッチ、バルトラ、ネイマールと怒涛のゴールラッシュ。終わってみればデポルを虐殺し、残り4節を迎えることとなった。

しかし、残りの相手が全てこうとは限らない。以前も書いたがエスパニョールとのダービーは死闘となるだろう。今シーズンを意味のあるシーズンと出来るかは、全て勝つことが条件となっている。次節はカンプ・ノウでのヒホン戦。クレに熱いゲームを披露してくれることを願うのみだ。

 

スアレス

ファウル気味だったが、貴重な先制ゴールを決めてくれたNo9スアレス。

 

スアレス

スアレス

デポルがショボかったと言えばそれまでだが、4G3Aのスアレスは讃えよう。

 

ラキティッチ

スアレスの浮きパスを後ろから走ってきて決めたラキティッチ。

 

メッシ

前節で『もっと走れ』と野次られたと言われるレオ・メッシはゴールにパスし2試合連続。

 

ネイマール

ネイマール

ジョルディ・アルバと口論したと報じられていたネイマールが最後を締めてMSNコンプリート。しかし、パフォーマンスは低調。プライヴェートは切り離して、何とかあと4節戦ってもらいたい。

 

スアレス

スアレス

『僕らがこれまで以上に団結していることを見せられたと思うし、自分たち次第だということも分かっている。僕らはやるべき仕事をやっている。結果は出てくるだろうし勝ち点を獲得できるはずだ』と語ったルイス・スアレス。

8発でも1発でも構わない。マドリーがベルナベウで難敵ビジャレアルを沈め、アトレティコが要塞サン・マメス・バリアから帰還した今節を見ても、絶対に負ける訳にはいかないのだ。

兎に角あと勝ち点12を捥ぎ取るのみだ。

落ち着けよ、時間はたっぷりあっただろ?

ピケ

メッシ

リーガにもアディオスか。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第33節、バルセロナVSバレンシア@カンプ・ノウ。

焦りすぎだ。苛立ち過ぎだ。カンプ・ノウで復活するハズだった。それに見合う内容を見せていた。だが肝心のボールがゴールに入っていかない。たぶん、何かが噛み合っていないのだ。いつもなら揺らせるはずのネットを揺らせないでいると、球運にも見放される。26分。右サイドを破られラキティッチのオウンゴールで決壊。ピケが必死で鼓舞するシーンが映し出されていたが、失点の瞬間に今日もダメかという空気がピッチを支配した。まだ1点だったのに。ホーム、カンプ・ノウだったのに。ネイマールが止めらる、メッシが止められる。もうゴール出来ないと思わされた。世界一のトリデンテにもかかわらず。前掛かりになり再びバランスを欠く。アディショナル・タイムにまたまた右サイドを破られ、今度は美しく失点してしまう。悲惨だ。最大の問題点は、右サイド。レオ・メッシが中央にポジションを取ってからおかしくなった。そう、クラシコから。多少マシになったゲームでもやはり中央に位置し出すと突然問題を抱える。メッシは右サイドから攻めて欲しい。そうすることによって相手のカウンターの抑止にもなるのだから。何故メッシは突然中央でプレイばかりするのだろう。ルイス・エンリケもその問題は把握しているハズだが、アンタッチャブルの弊害か適切なポジションの配置を出来ない状況が続く。セルジ・ロベルトやラキティッチが変わりに位置しても問題は解決しないのだ。スアレスが変わりに右に張り出してきても、スアレスはリアルFWなのだから、当然主戦場は中央だ。

レオ、気付いてくれ。

キレキレのイニエスタやダメなネイマールのサイドチェンジにメッシがいる必要がある。噛み合わない歯車に苛立つバルサ・イレブン。少しの時間稼ぎに尋常ないほどイラつく。イラつけばプレイ精度が下がる。決め切れるシーンで精度が狂う。63分に、ようやく美しく左サイドから崩してメッシがネットを揺らしたが、あと1点が遠い。バレンシアがミスを犯したにも関わらず、またまたバルサが苛立ち、自滅した。少なくとも追いつけたゲームで、結局は勝ち点を得ることができなかった。

2位アトレティコに勝ち点で並ばれ、3位のマドリーはそこから僅か1差となった。残り5ゲーム、一つも負けることができなくなった。正直、今のバルサではそれは不可能だろう。残りは全て格下ばかりだが、すぐにやってくるミッドウィークのカサでのデポル戦で完全にリーガにアディオスするかもしれない。37節にはエスパニョールとのダービーもある。削られまくってゲームのテンポを失い、ズルズルと時間も失うシーンが頭から離れない。

繰り返すがレオ、気付いてくれ。奇跡的にサヴァイブするには、レオ・メッシが右サイドでプレイするしかないと思う。

あの世でヨハンはどう見ているだろう。辛辣かつ適切な言葉はもう聞けない。アンタッチャブルなメッシが、自身でそうプレイするしか修正できないのだ。ネイマールとブスケツのコンディションはもう上がって来ないだろう。女装してSNSでふざけている場合ではないのだ。

3冠に視界良好な位置からのナイアガラ。今シーズンはダメだと思うが、最後まで諦めずに戦って欲しいと願うのみだ。もう一つも負けることは許されないのだから・・・。

 

ネイマール

スアレス

揺らせるハズのネットが揺らせないSN。

 

ピケ

終了間際に訪れたどフリーを外してしまったジェラール・ピケ。

 

メッシ

メッシ

6試合ぶりにネットを揺らし公式戦通算500ゴールを達成したレオ・メッシだが、勝たなければ祝うこともできない。

重要なのでみたび繰り返す。右サイドでプレイしてくれ。

 

ルイス・エンリケ

90分間11人で戦わざるを得なかったルイス・エンリケに打てる策はないのか。

『これは素晴らしい挑戦だ。残り5試合に勝てば我々が王者となるんだ』

『すべてが我々次第ではあるが、貯金がなくなったのは事実だ。しかし我々は頭を上げて挑戦に臨んでいく。バルサの選手がまさしくそうするようにね』

『ここ最近はプランを立てること、プレーすることが困難な試合が続いたがチームは今日の一戦で素晴らしいリアクションを見せてくれた。前半は完璧な内容で決定機を手にしたが、試合を手繰り寄せる運がなかった。また後半、選手たちはハートでもってプレーしてくれた』

『我々は先制点を必要としていたが、違うゴールに決めてしまった。プレーの効果性を得られないとき、決定機を決める運を持ち得ないときはより難しくなる。そしてフットボールは気まぐれで、今回のようにわずかの攻撃で勝つことも許してしまうんだ。とにかく今日は選手たちを批判する日ではなく、称賛する日にほかならない』

ルーチョ、毒にも薬にもならないコメントではチームを立ち直らすことはできないぞ。もう一つも負けることはできないが、まだ終わっちゃいない。

ミッドウィークはすぐにやってくる。

醜態

グリーズマン

グリーズマン

アトレティコ

なんだコリャ。

想像してた最悪の結果の通りとなった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

まったく前へ進めない。というか進もうとしないバルサ。遅い。戦術的?。ゲーム途中イニエスタが速くパスを回せ的なゼスチャーを見せていたが、プレイ・スピードが遅すぎる。鳥かごよろしくパスを回すのはイイけど、アトレティコのプレスを掻い潜れず簡単にシュートまで持っていかれる始末に、前半早々にダメだと覚悟した。それでも何とか耐えていたが、36分にジョルディ・アルバのクリアを拾われグリーズマンにヘッドを捻じ込まれる。覇気がない。インテンシティが見られない。後半もアトレティコはタフでソリッドだった。徐々に疲弊してはきたが、最後の最後で身体を投げ出す。抉じ開けることが出来ないバルサ。そして88分。いつもどおり前掛かりになって喰らうカウンターからイニエスタのハンドでペナルティ。これもグリーズマンが沈めて0-2。バルサが負ける時はこんな感じだ。アディショナル・タイムにエリア内でガビがハンドしたが、エリアの外という判定。PKだったら延長の可能性もあったが、結局はゴー・ホームだっただろう。言い訳は見苦しいだけだ。

メッシは消えていた。ネイマールは苛立っていただけだった。頼みのスアレスにボールが入らない。イニエスタは引き続き好調だったが、連動できない。ラキティッチはボールに触れず、ブスケツは効いていなかった。アウヴェスとアルバはミスを連発し、ピケは自身のツィートほど軽快じゃなかった。イニエスタとマスチェラーノだけが戦えていたが、2人では要塞を攻略できない。シーズン終盤で失敗したバルサ。チャンピオンズ連覇の旅は酷く惨めな最後で終えることとなった。

寂しい結末。もっと熱いゲームが観たかった。

このままではリーガも失うだろう。

コパのファイナルでも敗れるだろう。

3冠のポールポジションにいたハズなのに、終わってみればポディウムにすら立てない。そんなシーズンになる可能性が大きくなってきた。ルイス・エンリケは立て直せるだろうか?。とてもとても悲しいミッドウィークの朝となった。

 

ルイス・エンリケ

ピケ

N&S

メッシ

porque?。

鬼門のアノエタで、また沈む

ソシエダ

ソシエダ

メッシ

う~~ん、これじゃぁアーセナルだよ(怒)。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第32節、レアル・ソシエダVSバルセロナ@アノエタ。

開始5分で失点。ピケの対応が緩かった。クラシコからCLとタフなゲームが続いてますが、言い訳にならない。勝てば戴冠に大きく近くゲームでネットを揺らせないなんて。失点はしたが、90分近く残されていたのにゴールを抉じ開けることができない(泣)。アノエタには何かがあるのか。

 

メッシ

チャンスは何度かあったレオ・メッシ。

公式戦362分間ノーゴール(泣)。どした?。

 

ネイマール

キレが無さすぎネイマール。疲れから?か、まったく抜き去ることができない。

 

バルサ

良かったのは後半からピッチに立ったドン・アンドレスのみ。アトレティコ戦まで温存しておきたかったけどなぁ(泣)。

緊急事態だ。指揮官は『敗戦には値しなかった』とコメントしたが、このゲームのデキ(特に前半)では敗戦が妥当です。自ら開かれたリーガにしてしまったバルサ。ミッドウィークでカルデロンを攻略できれば、このゲームを忘れることができるが果して?。唯一の希望は、スアレスがこのゲームではサスペンションで幾分フレッシュなことだろうか。

それでも不安しかないが、サヴァイブを信じるのみです。頼む!!。