相も変わらずナイーブなマン・シティ

ペジェグリーニ

今シーズンも変わらずか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD第1節、マン・シティVSユヴェントス@シティ・オブ・マンチェスター(エティハド)。

今シーズンもいよいよ始まりました、チャンピオンズ・リーグ。愛しのバルサは明日登場。今シーズンのチャンピオンズ初ライブ視聴ゲームは、プレミアで開幕5連勝と好調のマン・シティとセリエAで絶不調の昨シーズンのファイナリスト、ユヴェントスのゲームをセレクトしました。

分からないものです、つくづくと。

開始早々のスターリングに訪れた決定機。ジャン・ルイジ・ブッフォンのファインセーブで凌いだユヴェントス。ユヴェントスも早いクロスからポグバがネットを揺らしたが、その前にオフサイドポジションにいたモラタが触ってノーゴール。

リーグ戦では明暗が分かれている両チームでしたが、前半はスコアレスで折り返し。ユーヴェは、モラタに不満がありましたが、それ以外はよく頑張っていましたかね。そして、そのモラタが一瞬の隙を突くという不思議。

フットボールは分からないものです、しみじみと。

 

コンパニ

まずは、57分。

コーナーキックからコンパニがファウル気味にキエッリーニを制して(キエッリーニのOG)マン・シティが先制しました。この勢いのまま前半のように左サイドからスターリングにビッグチャンスが訪れたり、マン・シティが完全に押していましたが、決める時に決めないと必ずしっぺ返しを食らうこととなります。案の定でしたね。

 

マンジュキッチ

マンジュキッチ

マンジュキッチ

70分。左サイドからポグバが放り込んだアーリークロスに反応したマンジュキッチが右足で押し込み、ゲームを振り出しに戻したユーヴェ。マン・シティは油断していたでしょうか。そして最後はモラタのゴラッソに沈むこととなりました。

 

モラタ

81分。

何気に溢れてきたボールを右サイドから持ち込んだモラタが、ペナルティアーク付近から左足を振り抜き、ボールは綺麗なカーブを描いてゴール左ポストに当たりネットに吸い込まれていきました。

昨シーズンもチャンピオンズで結果を残したモラタの美しい一撃がユーヴェに貴重な勝ち点3をもたらし、死のグループDはここから混沌の様相を呈するかもしれませんね。

 

ユヴェントス

コンパニ

決める時に決めておかないと・・・。

コンパニが負傷までしてしまい、痛すぎる敗戦となったマン・シティのバウンス・バックはあるのか。それとも例年のように見せ場を作ることなくなんとなく沈んで終わるのか。凄い戦力とともに経験も積んだハズです。そろそろクォーター・ファイナル程度までは勝ち上がって欲しいものです。

慢性的な寝不足のはじまり、はじまり〜。

広告

El Triplete !!! Campion of “2015”

ラキティッチ

スアレス

ネイマール

史上初の2度目の3冠達成!!。

4年ぶり5度目のヨーロッパチャンピオン。ここ10年で4回目、素晴らしいです。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ファイナル、バルセロナVSユヴェントス@オリンピア・シュタディオン・ベルリン。

キックオフ直後は堅かった(テベスにシュートされたり、バックラインでパスミスしたり)バルサですが、ユーヴェ・ディフェンスの一瞬の隙を付いてネットを揺らしました。

 

ラキティッチ

バルサ

ラキティッチ

4分。

メッシのダイナミックなサイドチェンジを受けたアルバがダイレクトでネイマールに渡し、左サイドでボールを持ったネイマールがキープしながら、エリア内に入ってきたイニエスタへパスを通し、イニエスタは当然のようにシュートは撃たず(笑)これまた中央に飛び込んできたラキティッチに叩いて、ラキティッチが左脚ダイレクトでブッフォンの壁を破り先制に成功しました。

メッシのサイドチェンジからの美しいパス回しとエリア内への侵入。

バルサがバルサたらしめる1発で幕が上がったファイナル。ボールを持つバルサと引いてカウンターを狙うユーヴェ。その後もアルバやアウヴェスに決定機が訪れバルサが圧してゲームが進んで行きました。アルバとアウヴェスの両ラテラルが上がった時に危ないと思う時もありましたが、前からのプレッシングも効いていたし、何よりスペースが無い中で落ち着いてボールを回してゴールを窺っていました。ただ、1点では駄目なんです。早く次のゴールが必要な中、後半早々にスアレスにビッグチャンスが訪れましたが、スアレスが放った右脚アウトの一撃はイタリアの壁にファインセーブで凌がれ、続くトリデンテの崩しも最後はメッシが枠内に飛ばすことが出来ず、そうこうしているうちにアクセルを緩めてしまい、ユーヴェにネットを揺らされてしまいました。

 

モラタ

モラタ

55分。

バルサの左サイドをマルキージオの秀逸なヒールパスからリヒトシュタイナーに突破され、リヒトシュタイナーの折り返しから中央で受けたテベスのターンからの一発。テベスのシュートはシュテーゲンがセーブしましたが、弾いたところが悪く、左サイドでフリーで待ち構えていたモラタにクールに流し込まれ追い付かれてしまいました。

攻めていたバルサが陥ったエアポケット。

ゲームは振り出しに戻りましたが、勢いに乗るユーヴェ。しかし、次のゴールは目を覚ましたメッシからとなりました。

 

スアレス

スアレス

スアレス

68分。

メッシが珍しくアタッキングサード中央やや左よりでドリブルを仕掛け、ボヌッチをかわして振り抜いた左脚から放たれた一撃は、ブッフォンが弾くもその溢れ球をスアレスが蹴り込んでスコアが動きました。この日、何度かあったチャンスで決めきれなかったスアレスですが、キッチリ仕事をしてくれました。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

そして美しいフィナーレがアデイショナルタイム97分に訪れました。

ほぼラストプレイだったユーヴェのフリーキックを跳ね返してからの、今シーズンを象徴する(このゲームで数度見舞った)ブラウグラナ・バレット。跳ね返したボールを拾ってからの光速カウンター。ディフェンスを引き付けたネイマールが、一旦途中出場のペドロに預け、ペドロがまたネイマールにリターン。バルサが誇るナンバー11は、クールに左脚を振り抜きジャン・ルイジ・ブッフォンの股を抜いてネットに突き刺しました。自身の71分の幻のゴールの鬱憤を晴らす光速カウンターからの一撃と共にフィナーレのホイッスルが鳴って、素晴らしいトレブルで今シーズンの航海を終えることとなった愛しのブラウグラナ。

色々ありましたが、歴史に名を刻むトリデンテとソリッドな守備でペップ・バルサのぬぐい去り難い郷愁を忘れさせてくれる美しい結末。これ以上の結末はありません。

素晴らしいシーズンをありがとう。

ピスカ、バルサ!!。

 

トリデンテ

スーペル・トリデンテ。

歴史上ナンバー1のスリートップ。レジェンド・クライフしかり、僭越ながら僕しかり、懐疑的だった全ての人間を黙らせるに十分過ぎる結果を残してくれました。

 

バルサ

ラキティッチ

ネイマール

バルサ

バルサ王朝復活の瞬間。

また来シーズンはあっという間にやって来ますが、今日はこの瞬間を存分に楽しみたいと思います。

 

シャビ

素晴らしいフィナーレ。

『最高の夢を見たって、これよりも幸せになることなんて出来ない』

『言葉に出来ない、最高だ。他に何かを望むことなんて出来ない。本当に素晴らしいチームと素晴らしいファンだ。もうノスタルジーを感じている。これ以上このチームでプレイ出来ないなんて、本当に辛いことだ。今日は本当に信じられないファイナルだった』

と語ったマエストロ。またそう遠くない日に戻って来てくれること祈念して、グラシアス、シャビ。

またお目に掛かれる日までお元気で。

モラタ、マドリーに引導を渡す

モラタ

カシージャス

モラタ

『ユーロ・クラシコ』ならず・・・(泣)。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSユベントス@サンティアゴ・ベルナベウ。

ラッキーなペナルティで先制しミッションを遂行していたマドリーでしたが、57分にファーストレグでもゴールを上げたマドリーのカンテラーノに捩じ込まれ、2年連続でのファイナル進出を断たれ、それは即ち『ユーロ・クラシコ』が実現しないことを意味することとなりました。

残念。

マドリーは前半からガンガン攻めて、貴重なゴールも上げて、順調に見えましたがね・・・。後半は足が止まり、中央を固く閉じたユーヴェの門を抉じ開けることが出来ませんでした。

フットボールではよくある光景も、『ユーロ・クラシコ』が観たかったので、とても残念な朝となってしまいました。マドリーが負けてこれほど落ち込んだことはないですね(笑)。

ベイル・・・どれか一つでも決めていればね・・・。それにしても、モラタ・・・古巣に強烈な恩返しで男を上げましたね。

 

ユーヴェ

ソリッドでタフに戦ったユーヴェとモラタに球運があったでしょうか。ベルリンへのもう一枚のプラチナ・チケットを手にしたカテナチオの国の王。19年ぶりに届いたファイナルで対戦するのはフットボールの『神』メッシ率いるバルセロナ。対戦成績は2勝2敗2引き分け。

退屈なファイナルにならないことを願うばかりです。

 

モラタ

カシージャス

2つのビッグセーブを見せて最後まで望みを繋いだ『聖』イケル・カシージャスでしたが・・・。

モラタの一発は外に弾き出して欲しかったなぁ。またブーイングでしょうか。無冠がほぼ確定した『エル・ブランコ』のガーディアンでキャプテンは、何を思うでしょう。

お疲れさまでした。

ラモス醜態、モラタ輝く

ラモス

最近流行のアンカーで起用されたセルヒオ・ラモスでしたが、トリノでは醜態を晒すこととなりました。そしてモラタ・・・。マドリーのカンテラ出身のストライカーが見事なプレゼンスを発揮。素晴らしかったですね。

2014-2015・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、ユヴェントスVSレアル・マドリード@ユヴェントス・スタジアム。

マドリー、ミスが多すぎました。バランスを欠いていました。ユーヴェの2トップ(テヴェスとモラタ)にかなり縦パスを通されて、前を向かれました。マルセロも目を覆うばかり。サイドをけっこう突破されて危ないシーンを演出してしまいました。

 

モラタ

モラタ

モラタ&テベス

ゲームは、8分。テヴェス(何故か左サイドでフリーでした)のシュートをカシージャスがセーブしましたが、その溢れ球をオンサイドからペペの裏を取ったモラタが押し込みユーヴェが先制しました。

モラタ、ポストプレイも上手くなってますね。ボールがよく収まってましたし、縦への突破力もあってスリリングな9番になる階段を登っていますかね。最終的には、レヴァンドフスキくらいにはなるんじゃないでしょうか。

この1点で落ち着いたユーヴェ。しかし、落ち着き過ぎでした。アウェイゴールが即致命傷になるノックアウト・ラウンドで、一瞬の隙からロナウドにネットを揺らされました。

 

ハメス・ロドリゲス

ロナウド

ロナウド

ロナウド

ハメス・ロドリゲスが一瞬右エリア内でフリーとなって中へクロスを放り込み(ユーヴェにとっては寄せが甘かった)CR7がフリーでヘッドを叩き込みました。それにしても、CR7はイイところにいますね。横にピルロがいましたが、ピルロが捕まえるのは無理がありました。

前半終了間際にマルセロからイスコと渡ってイスコのクロスに飛び込んだハメス・ロドリゲスのヘッドがバーを叩くシーンがありましたが、前半は1-1で折り返し。マドリーにとっては貴重過ぎるアウェイゴール。ユーヴェはもう1点とは言わず2点取る必要がありましたが、後半57分にカウンターからテヴェスがエリア内で倒されペナルティをゲットしました。

 

テベス

テベス

マルセロのシュートをブロックで跳ね返してからのカウンター。モラタも後ろを並走した(マルセロが引っ掛けた)カウンター。勢いがありました。カルバハルの応対がちょっと拙かったです。

テヴェスがど真ん中に蹴り込んで2-1となりました。

 

ユベントス

ユーヴェは最低限の勝利でベルナベウへ。

 

ロナウド

アンチェロッティ

『もっと良いパフォーマンスが出来たはずというのは事実だ。我々は効果的ではなかった。だが、コントロールしようと努めたよ。少し不運もあった。1-1のときに(ハメス・ロドリゲスのシュートがクロスバーを叩き)追加点に迫ったからね』

『だが、1−2というスコアには満足している。逆転できるという自信があるからだ。良い結果ではない。だが、悪い結果でもないよ。我々は忍耐強くなかった。ライン間で少し明確さを欠いたんだ。だから序盤に少し苦しんだんだ』

(酷すぎた)セルヒオ・ラモスについて

『悪かったのはセルヒオだけじゃない。全体的に、我々はいつもよりミスが多かった。いつもより後方で苦しんだ。ユーヴェはとても高い位置からプレスをかけてきた。セカンドレグでは、最初の15分のようなプレーをしてはいけない』

憎き古巣に勝利することは叶わなかったミステル。

ラモスのデキが全てでした。まぁベルナベウで得点するでしょうし、問題はないか。

 

モラタ

『勝てたことはうれしいけど、マドリーを倒すのは難しいことだ。セカンドレグに向けてしっかり準備をしなければいけない。マドリッドでは多くのことをしなければいけないだろう。僕らのモットーは全力を尽くすことだ。今日はそれをして、勝つことができたよ』

『僕ら全員が良い試合をしたね。でも、まだこれからだ。0-0のつもりでセカンドレグに臨まなければいけない。勝利を目指す。引いて守ったら彼らが得点を挙げ、僕らが敗退することになるのは間違いないね。ベルナベウでの彼らがより危険なのは分かっている。マドリーとの対戦だから、アドバンテージなんてない。本当に大変な相手なんだ』

モラタ、良かったなぁ。

3つの落胆

ドルトムント

2014-2015・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、ユベントスVSドルトムント@ユベントス・スタジアム。

バルサのゲームを観たあとに録画で連続視聴しましたが、3つの落胆でがっかりした朝となってしまいました。

1)カガワくんがスタメンに居ない

2)インモービレの先発

3)あまりにも簡単に失点する

何故なんだろう?。週末のルール・ダービーの為に温存?。まったく駄目なユベントスの下部組織出身者に何を期待したの?。ここ2シーズンの躍進では有り得なかった今シーズンの低迷の原因がコレ。

ヨーロッパが怖れる“ゲーゲンプレス”も効いていたとは到底言えない。

 

テベス

この試合も簡単に左サイドを突破したモラタの単純なクロスをテベスに押し込まれ13分に失点。

このような失点をしていては勝ち上がれない。

 

ロイス

キエッリーニが足を滑らせたところを抜け目無く搔っ攫いクールにネットを揺らしたロイスの18分のゴールですぐに追い付いたけど、その後はスペースを消され、チャンスらしいチャンスは無かったと思う。

 

モラタ

モラタ

前半終了間際にまたもや簡単に、単純にモラタにネットを揺らされ落胆してしまう。

今に始まったことではなけど簡単に失点し過ぎだ。

ロイスのアウェイ・ゴールは貴重だが、ジグナル・イドゥナ・パルクで1-0で勝てるとは思えない。

 

クロップ

『1点をリードされた状況から良いプレーを見せていた。だが、2点目を許す前は消極的になっていた。もう少し良い守備をしなければならない』

『後半の我々は1、2回しかチャンスを作り出すことができなかった。逆にユヴェントスは2度の決定機があったと思う。そう考えると、問題ない結果だ』

『何も手にすることはできなかったが、チャンスは残されている。それが最も重要なこと』

『3-1にされずに済んでよかった』と語ったロイスの言葉が全てですが、ホームで失点しないこと、引かれてスペースがないと思うけど、ネットを揺らせるのか。

答えは3月18日。

ブラヴォ、イスコ

イスコ

イスコ

EURO2016予選・グループC、スペインVSベラルーシ@エスタディオ・ヌエボ・コロンビーノ。

格下が相手とはいえ、前半18分の1発はキーパーが一歩も動けないまさにゴラッソでした。

最近はマドリーでも活躍しているみたいですが、僕はあの頃を思い出しました。

ブラジルからの捲土重来を期す“ラ・ロハ”の命運はこの男とコケが握っているのかもしれません。

『今は調子が良いね。チャンスをうまく生かすことができていると思う。今が自分の最高の時期だとは考えたくないけどね。フィジカルの状態が良くて、速く質の高いプレーができている。それをピッチ上で見せることができているんだ』

『僕はとにかく頑張って、毎日自分の場所を勝ち取ろうとしている。あとは監督たちが決めることだよ。スペイン代表にもレアル・マドリーにも、世界最高の選手たちがいる。僕はただ、監督たちの選択を難しくさせたいと思っている』

 

ブスケツ

ブスケツ

ゲームはイスコのゴールの1分後にブスケツが豪快に叩き2-0とし試合を決めました。

バルサでももっと打って欲しい。

 

ペドロ

バルサでは出番が限られているペドロが後半にネットを揺らし3-0で勝利した“ラ・ロハ”。

ペドロ、ゴール出来て良かったです。でも1月には海を渡るかなぁ(泣)。

 

モラタ

モラタも出番がありました。

そして、カジェホンも(笑)。出場時間は多くありませんでしたが、ファースト・チョイスのジエゴ・コスタがフィットしてませんので脅かして欲しいですね。

 

スペイン

スタメン備忘録。

サンティ・カソルラも良かった。ピケがセントラル・・・(泣)。若手の守備陣は育ってませんかね。右サイドはアスピリクエアタで良かったのでは?。もうカシージャスもアディオスでいいのでは?。デ・ヘアがゲーム前に脱臼し離脱しましたが・・・。

デルボスケ翁にはデ・ヘアを使って欲しい。

 

デルボスケ

その翁、ゲーム後にイスコに軽くごもっともな戒めを。

『イスコはとても良いプレーだった。だが、ちょっと上品にやりたがりすぎる場面もあった』

『我々は良いプレーをして、試合を支配した。最初の30分で2点を決めた。だが、上品に、芸術的にやりたがることが時々ある』

それがスペインではありますが、王座をドイツに明け渡した今はもっと泥臭く、ガムシャラにプレイすることが必要かもしれませんね。

 

スペイン

チアゴ・アルカンタラやイジャラメンディが居ませんが、U-21・EUROを連覇した逸材の息吹を感じるスペイン代表。

まだスロバキアに遅れを取っていますが、ここから復活して欲しいものです。

圧勝で連覇

ラ・ロヒータ

U-21・EURO2013・ファイナル、スペインVSイタリア@イスラエル・テディ・スタジアム。

素晴らしいゲームでしたね。

ユース年代でもA代表と同じシステムで、美しいパス・フットボールを披露してくれた“ラ・ロヒータ”。

開始早々の6分。左サイド深く侵入してきたモラタのクロスをフリーでエリア中央に走り込んできたチアゴがヘッドを突き刺し難なく先制。

“アッズリーニ”もその後すぐに縦パス1本でインモービレが抜け出し、綺麗なループでデ・ヘアを破り1-1に追い付きましたが、“ラ・ロヒータ”が2枚は上手でした。追い付かれてからもモラタやテージョ(スパイクが合ってなかったのか滑り過ぎでしたが)が仕掛けます。追加点はコケの柔らかいクロスをまたもチアゴが冷静に胸トラップからボレーでキーパーの股間を当たりながら破り生まれました。

そして、その直後にテージョが左エリア内で倒され、チアゴが最近流行りの真ん中に蹴り込み3-1として勝負が決しました。

後半もモントーヤがエリア内で巧みな切り返しでペナルティをゲットし、今大会キレキレだったイスコがこれも難なく右に蹴り込み4-1。“アッズリーニ”も終盤、ボリーニの美しいゴールで意地を見せましたが、“ラ・ロヒータ”が完全にゲームをコントロールし、このカテゴリー通算4度目の栄冠を連覇で勝ち取りました。

マリオ・バロテッリは、ここをスッ飛ばして“アッズーリ”でコンフェデを戦ったりしていますが、この中から近い将来、A代表に昇格するプレイヤーが居るのは間違いないですね。特にスペイン。カシージャスやシャビ、シャビ・アロンソやプジョルもそうだと思いますが、ブラジル後には代表を引退するので、ホント楽しみです。

 

モラタ

チアゴの先制点を演出したマドリーのモラタ。

ここまで途中出場ばかりでしたが、ファイナルでは先発しアシストを記録。通算4得点でゴールデンブーツ賞(得点王)にも輝きました。

イグアインの代りはモラタでイイのでは?

 

バルサ

チアゴ2

チアゴ

イスコに遅れを取っていた今大会でしたが、ファイナルではハットトリックで結果を出しました。

所属のバルサではなかなか思うようなプレイタイムが無いと思いますが、シャビの後継者は君ですよ~。頑張って欲しいですね。

 

インモービレ

先制点を許し、そのままボロボロで終わるかと思いましたが流石にファイナルです。

インモービレ(ジェノア)の秀逸なバセリーナは見事でした。

 

モントーヤ

アルベロアより数倍イイと思うバルサのモントーヤ。

アウヴェスが君臨していますが、来シーズンはチャンス有りだと思います。

 

イスコ

次は何処へ移籍するかが騒がしくなるイスコ。

個人的に大会MVP(ちなみに、チアゴが大会MVPでした)。

 

アッズリーナ

イジャラ&チアゴ

イジャラはソシエダで、ヨーロッパでインパクトを出せるでしょうか?

シャビ・アロンソの後継者である事に疑いはありません。“ラ・ロハ”でも観たいですね。

 

セレブレーション

おめでとうございます。

ファイナルを制するに値するパフォーマンス、見事でした。スペインはもう5年は安泰ですかね~。