Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。

Jose Mourinho sacked

モウリーニョ

やはりと言うべきか。結果から見れば当然なのだが・・・。

スペシャル・ワン、ジョゼ・モウリーニョが、先ほど解雇された。僕は(以前にも書いたことがあるが)モウリーニョのシンパでもアンチでもないのだけれど、最近の『(選手に?)裏切られた』やレスター戦後の(自ら交代のアクションを起こした)アザールに対して発せられたシニカル過ぎるコメント(アザールの負傷はフェイクくさい)を見たりすると、どうしても嫌悪感を覚えてしまう。

一方で、少しだけ(本当に少しだけ)この「俺はまったく悪くない」的な感じ(のように見える)を見習うべきだと、常々自分の職場で思ったりもする。

ジョゼ・モウリーニョは、痛し痒しな人間のプリミティブな何かを具現化しているのだ。

華やかだが過酷すぎるプロ・フットボールの世界でも、ゴミのような一般の名も無き職場の世界でも、全ては『好き嫌い』、全ては『人間関係』というクソに帰結するんだなぁと改めて思わずにはいられない。

しかし、ロッカールームのことはもちろん分からないが、上手くいけば俺の手柄、上手くいかなければプレイヤーのせいではどんなに優れた集団でも最終的には自壊してしまうのだ。マドリードで散々学んだのではないのか。

自らの能力とプライドと傲慢さ、自己顕示欲的な何かでまたしても躓いたジョゼ・モウリーニョ。何かに怒るのはいいけれど、怒り方が自身が持つフットボール戦術ほどソフィスティケイトされずに第二次政権も三年で崩壊した。

プレミアリーグを、良い意味でも悪い意味でも彩った華と毒が消え去り、またすぐに週末のゲームがやってくる。

 

チェルシー

栄光の瞬間から7ヶ月。

フットボール・マネージャーは、(目も眩むサラリーだが)間違いなく世界で最も過酷な職業のうちの一つだろう。

ヒディングが繋いで、次はグアルディオラ?、シメオネ?。アップデートされたチェルシーの未来は果たして。

 

モウ&ペップ

ミュンヘンを去るとことが確実視されている『賢人』がロンドンにやってくることを期待したい(マン・ユナイテッドを希望していると報じられていたが・・・)。

白旗

モウリーニョ

レスターに完敗。

トップ4が難しくなったか?の問いに『そうだ。明白だ』と答えたジョゼ・モウリーニョ。

2015-2016・プレミアリーグ第16節、レスター・シティVSチェルシー@キング・パワー・スタジアム。

(ここまで首位を快走している)レスターの試合を初めて観ましたが、ソリッドで良く走りますね。タフな最終ラインも強固です。そして、なにより前線のヴァーディとマフレズが決定力を発揮します。オカちゃんの出番が無いのは納得って感じです。

それでもチェルシーのパフォーマンスも問題かなぁ。引かれた相手に為す術がない。コスタ、アザール、オスカル、ウィリアン。サイドから攻めようとしていたが、単純なクロスは跳ね返されるばかり。アザールが左サイドを突破できない。重症です。

 

ヴァーディ

ヴァーディ

ブレイクしたNo9、ジェイミー・ヴァーディ。このゲームでも前半34分に右サイドからのクロスに反応しゴールをゲット。

 

レスター

後半早々の48分にはマフレズがアスピリクエタを子供扱い。

そんな速い切り返しとも思えませんでしたが・・・。美しくネットを揺らしました。

チェルシーディフェンスが酷すぎって感じでしょうか。昨シーズンのドルトムントみたいに守れず勝てない。2点ビハインドから、77分にペドロのクロスをレミーが頭で合わせて1点返したのですが、前日のリヴァプールのような同点ゴールは生まれませんでした。まだ15分も残されていたのに・・・。

出勤前に起きてダラダラと観てしましったマンデー・ナイト・フットボール。チェルシーに残された道は、チャンピオンズ優勝しかなくなりました。パリとの三度のマッチアップ。2月はどうなるでしょうかね。