Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。

広告

Jose Mourinho sacked

モウリーニョ

やはりと言うべきか。結果から見れば当然なのだが・・・。

スペシャル・ワン、ジョゼ・モウリーニョが、先ほど解雇された。僕は(以前にも書いたことがあるが)モウリーニョのシンパでもアンチでもないのだけれど、最近の『(選手に?)裏切られた』やレスター戦後の(自ら交代のアクションを起こした)アザールに対して発せられたシニカル過ぎるコメント(アザールの負傷はフェイクくさい)を見たりすると、どうしても嫌悪感を覚えてしまう。

一方で、少しだけ(本当に少しだけ)この「俺はまったく悪くない」的な感じ(のように見える)を見習うべきだと、常々自分の職場で思ったりもする。

ジョゼ・モウリーニョは、痛し痒しな人間のプリミティブな何かを具現化しているのだ。

華やかだが過酷すぎるプロ・フットボールの世界でも、ゴミのような一般の名も無き職場の世界でも、全ては『好き嫌い』、全ては『人間関係』というクソに帰結するんだなぁと改めて思わずにはいられない。

しかし、ロッカールームのことはもちろん分からないが、上手くいけば俺の手柄、上手くいかなければプレイヤーのせいではどんなに優れた集団でも最終的には自壊してしまうのだ。マドリードで散々学んだのではないのか。

自らの能力とプライドと傲慢さ、自己顕示欲的な何かでまたしても躓いたジョゼ・モウリーニョ。何かに怒るのはいいけれど、怒り方が自身が持つフットボール戦術ほどソフィスティケイトされずに第二次政権も三年で崩壊した。

プレミアリーグを、良い意味でも悪い意味でも彩った華と毒が消え去り、またすぐに週末のゲームがやってくる。

 

チェルシー

栄光の瞬間から7ヶ月。

フットボール・マネージャーは、(目も眩むサラリーだが)間違いなく世界で最も過酷な職業のうちの一つだろう。

ヒディングが繋いで、次はグアルディオラ?、シメオネ?。アップデートされたチェルシーの未来は果たして。

 

モウ&ペップ

ミュンヘンを去るとことが確実視されている『賢人』がロンドンにやってくることを期待したい(マン・ユナイテッドを希望していると報じられていたが・・・)。

白旗

モウリーニョ

レスターに完敗。

トップ4が難しくなったか?の問いに『そうだ。明白だ』と答えたジョゼ・モウリーニョ。

2015-2016・プレミアリーグ第16節、レスター・シティVSチェルシー@キング・パワー・スタジアム。

(ここまで首位を快走している)レスターの試合を初めて観ましたが、ソリッドで良く走りますね。タフな最終ラインも強固です。そして、なにより前線のヴァーディとマフレズが決定力を発揮します。オカちゃんの出番が無いのは納得って感じです。

それでもチェルシーのパフォーマンスも問題かなぁ。引かれた相手に為す術がない。コスタ、アザール、オスカル、ウィリアン。サイドから攻めようとしていたが、単純なクロスは跳ね返されるばかり。アザールが左サイドを突破できない。重症です。

 

ヴァーディ

ヴァーディ

ブレイクしたNo9、ジェイミー・ヴァーディ。このゲームでも前半34分に右サイドからのクロスに反応しゴールをゲット。

 

レスター

後半早々の48分にはマフレズがアスピリクエタを子供扱い。

そんな速い切り返しとも思えませんでしたが・・・。美しくネットを揺らしました。

チェルシーディフェンスが酷すぎって感じでしょうか。昨シーズンのドルトムントみたいに守れず勝てない。2点ビハインドから、77分にペドロのクロスをレミーが頭で合わせて1点返したのですが、前日のリヴァプールのような同点ゴールは生まれませんでした。まだ15分も残されていたのに・・・。

出勤前に起きてダラダラと観てしましったマンデー・ナイト・フットボール。チェルシーに残された道は、チャンピオンズ優勝しかなくなりました。パリとの三度のマッチアップ。2月はどうなるでしょうかね。

サヴァイブ2

モウリーニョ

坊主憎けりゃ袈裟まで憎い。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG最終節、チェルシーVSポルト@スタンフォード・ブリッジ。

『これから(カシージャス)彼は、まだ手に入れていなかった唯一のタイトルを勝ち取るチャンスを得ることができるね。ヨーロッパリーグだ』

ゲーム後にシニカル過ぎる一発を見舞ったスペシャル・ワン。

ジエゴ・コスタとの一対一には勝った『聖』イケルだったが、跳ね返ったボールがそのままゴールに吸い込まれて行き、チェルシーは貴重な先制点をモノにした。

後半早々には、アザールの優しいパスを右サイドで受けたウィリアンが豪快過ぎる一発をニアにブチ込み勝利を決定付けた。

リードしてからのお得意のカウンター。ポルトはブラヒミだけが可能性があって奮闘していたが、ネクスト・ラウンドへ進むだけのクオリティは無かった。カシージャスも神掛かってはいなかった(ハイボール処理がやはりバタバタしていた)。

ブルーズはサヴァイブし、ファン・ハールとの違いは見せたスペシャル・ワン。正直、このレヴェルでは今後は相手によっては早々にゴー・ホームとなるだろう。

相手に恵まれ、運がないと・・・ね。

 

アブラモヴィッチ

『残り3年半の契約を全うする』ことは叶うだろうか。お得意の『ディテールが勝敗を決める』的なシーンが見られるだろうか。アブラモヴィッチ・オーナーの眠気を吹き飛ばすパフォーマンスを披露できるだろうか。

答えはまずは来年2月。

待ち切れない。

 

ウィリアン

抜かれてはいけないニアを破られた『聖』イケル。

この失点の前の同じようなシーンではセーブしていたのだけれど・・・。ウィリアンの一発が強烈過ぎた。

『モウリーニョの話題は十分か? 、本当だ。僕は飽き飽きしている。周りの人たちには退廃的な魅力があるのかもしれないけど、もう蒸し返さなくていい。彼には彼のキャリアがあり、僕には僕のキャリアがある』

『僕はセニョール・モウリーニョと戦うためにロンドンに行ったわけじゃないし、彼も僕と戦いたかったわけじゃないだろう。僕たちは違うチームにいて、異なる目標に向かってチャレンジしている。僕は周りが関心を払うことよりも自分のことに集中している』

『聖』イケルらしい優等生的発言。モウのオヤジほどでなくていいので、もう少し毒が欲しいところだ。

 

モウリーニョ

笑えるが、マン・シティ、アーセナルに続いてノックアウト・ラウンドへ駒を進めたモウリーニョ・チェルシー。連続視聴で少々お腹一杯だったミッドウィークが終わり、またすぐに週末がやってきた。

バルサを心配し、リヴァプールでドキドキし、チェルシーを酷評する。

果たして、この週末はどんな結末が待っているだろう?。

一触即発

モウリーニョ

2015-2016・プレミアリーグ第14節、トットナムVSチェルシー@ホワイト・ハート・レーン。

更迭、解任報道もひと段落した感がある(僕はステージ4だと思っていたのだけれど)チェルシーとそのボス、ジョゼ・モウリーニョ。週末のスパーズとの一戦を観たのですが、なかなかにしてスリリングなシーンがダイレクトに写しだされて、ゲーム自体の退屈さを忘れさせてくれる一戦となりましたね。

その問題のシーンは、終了間際に起こりました。

 

ジエゴ・コスタ

まったくコンディションが上がってこない「太りすぎた野獣」ジエゴ・コスタですが、この日はベンチ・スタート。アザールのゼロトップで臨んだモウリーニョ。ゲームは、どちらも退屈なまでに決め手を欠いてズルズルとスコアレスのまま時間だけが過ぎていきました。

なかなか交代カードを切らないモウリーニョは、結局ジエゴ・コスタを使わずゲームを終えるのですが、それに不満しかない「野獣」がベンチに戻るや否やピンクのビブスを脱ぎ捨てモウリーニョに投げ付けたのでした。

恐ぇぇぇ(笑)。

まぁ、『使わねぇならアップさせんじゃねーよ』ってことなのですが、なかなかできることではありません。

ジエゴ・コスタ、恐るベシ。

 

モウリーニョ

当然の如くゲーム後に質問が飛びましたが、

『(コスタ)彼が私を傷つけたかったのなら、(投げるのは)ビブスではなかっただろう。私は彼と良い関係にある。問題はないよ』

とジョークで記者たちに乾いた笑いを提供したモウリーニョでした。

しかし、ロッカー・ルームではどうだったのだろう?、また腹の底ではどうだったのだろう?と思わずにはいられません。決定力のある9番が居たなら、今後一切プレイすることはないんじゃないかなぁ・・・と思わずにはいられません。

『(コスタは特権を手にしていると語ったモウリーニョ)ベンチに座ったのは最後だったからだ。キャプテンもイバノビッチもイングランド代表副主将のケイヒルも、セスクも、ペドロも、昨季の最優秀選手であるアザールも、オスカルも、全員がベンチに座った』

『だから、ジエゴは特権を手にしていたと思う。これまで彼をチームにとどめてきた(試合に出場していた)からね。そして今日は、こういう形でプレーするのがベストの戦略だと考えた。我々はその選択に満足している』

このゲームについては、

『こういうプレー(失点をしない?)をしていれば、これからの10試合を無敗で乗り切っても私は驚かないだろう。我々にとって望んだ結果ではない。だが、パフォーマンスは良かった』

と語り、

『我々は熱意をもって12月に臨めると思う。私は、12月末には我々が今と違う順位におり、近いうちにトップチームたちとの差を縮められると確信しているよ』

と強弁もしてくれました。

昨シーズンのトラウマがあったかどうかわかりませんが、退屈すぎるチェルシーはトップ4に辿り着くことはあるのでしょうか(無理にベットしています)。

リーグ戦は、残り3分の2を切ったところです。

Stage 4

モウリーニョ

年末まで持つだろうか?。

2015-2016・プレミアリーグ第11節、チェルシーVSリヴァプール@スタンフォード・ブリッジ。

開始早々の4分に先制したにもかかわらず・・・。前半アディショナル・タイムに緩すぎる守備からコウチーニョにゴラッソを沈められ1-1で折り返し。笛吹けど踊らずか。

60分を過ぎたあたりでベンテケが入って高さと強さを得たレッズ。この采配が完璧に機能し、ブルーズはベンテケに手を焼いていた。そして74分、ベンテケの落としからボールを受けたコウチーニョがこの日2発目を今度は右足で沈め(テリーのお腹に当たってコースが変わったけれど)完全に意気消沈してしまった。

ジエゴ・コスタは豚のようにノロマで、アザール(後半早々に替えられた)は孤立しオスカル(後半は盛り返したが)は消えていた。ウィリアン一人奮闘していたが、一人では不可能だ。ラミレスは先制点を上げただけで、ミケルは論外。替わって入ったセスクもほとんど流れを変えられず。そして最も悲惨だったのが2枚のセントラル。テリーとケイヒルにスピードもパワーもガッツも見られなかった。

82分には、さして速くもないカウンターもどきから簡単にベンテケにゴールを許してしまいジ・エンド。リヴァプールが良かったとは到底思えないこの試合で、いとも簡単に失点してしまう。自信を失い、ズルズル後退し、脆くも決壊する。

ゲーム中、何度も『ジョゼ・モウリーニョ』チャントが響き渡っていたが、モウリーニョを擁護するよりはチームを鼓舞した方がイイと思うのだれど・・・。プレイするのはプレイヤーだ。モウリーニョを擁護しても始まらない。

11試合で6敗目を喫したモウリーニョ・チェルシー。解任されないのが不思議な惨状となってきたが、果たしてハッピー・ワンのセカンド・シーズンはどのような結末を迎えるだろうか。

冒頭のクラッテンバーグのジャッジを嘲笑するかのようなパフォーマンス画。2枚目のイエローを要求するより、自軍のパフォーマンスを省みた方がイイと思うのだけれど・・・。

 

ラミレス

左サイド深部を突破してきたアスピリクエタの丁寧なクロスを頭で沈めたまでは良かったが・・・。

如何せん4分の出来事だ、残り90分以上を完璧に熟すメンタルとフィジカルが今のチェルシーにはない。

 

モウリーニョ

自己顕示欲の塊がここに。

 

コウチーニョ

指揮官がこのまま1-0で折り返せるだろうと、ロッカールームに引き上げるところを嘲笑うコウチーニョのゴラッソ。一人躱されたあと、誰も詰めていかず難なく左足を振り抜かれあえなく失点。

うん、指揮官のあの態度はやはり問題だ。まだホイッスルは吹かれてなかったのだから。

 

コウチーニョ

無情にもゴールに吸い込まれていった2失点目。

解説の川勝さんが、あと一歩が・・・とおっしゃっていたが、まさにその通りだった。

 

チェルシー

手の施しようがないか。

自信喪失、疑心暗鬼、右往左往、迷走失意。今後のチェルシーの復活はあるだろうか。自らは絶対に辞めないモウリーニョ。どうなるか注目だ。

 

クロップ

プレミア初勝利を手にしたクロップ・リヴァプール。

チェルシー・サポとの口論をカメラに抜かれてたが、やっぱりアツいゼ、ユルゲン・クロップ(笑)。

まだまだだアクセル全開、ヘヴィ・メタル・フットボールにはほど遠いが、ベンテケはイイ。ドルトムント時代のレヴァンドフスキのような収めることができるワン・トップの可能性が見えた。

このまま流れに乗って、上位にも勝てればもしかするのだけれど。こちらは期待して見守って行きたいと思う。

魅せたビッグセーブと大人の対応

カシージャス

モウリーニョ

スペシャル・ワン、何を思う?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループG第2節、ポルトVSチェルシー@エスタディオ・ド・ドラゴン。

三匹の黒い羊(のうちの一匹と言われた)とその羊飼いの邂逅。『聖』イケルは昔のままの『聖』イケルだった。セスクのミドルシュートを難なく弾き出し、ペドロに訪れたビッグチャンスもパーフェクトにセーブ。ハイボールの処理と足元のスキルがプアと酷評されマドリーで干されたカシージャスだったが、健在の超人的なシュート対応力をまざまざと見せつけモウリーニョに強烈なカウンター・パンチをお見舞いした。

前半のラストプレイでウィリアンにFK(カシージャスは一歩も動けなかった)を沈められ追いつかれたが、52分にカウンターから決勝点を上げて2-1で勝利を手にしたポルトとカシージャス。チェルシーを怖れることなく攻めて勝ち点3をモノにした。

 

カシージャス

自身の、チャンピオンズ・リーグ歴代最多出場記録(152試合出場)を祝うカタチとなったこのゲーム。

『モウリーニョとは挨拶を交わしたよ。お互い紳士的に手を差し出した。もう長い時間が過ぎたし、彼と会うことがあれば挨拶を交わすよ。過去に生きるものではないからね』

『彼とは3年間を一緒に過ごして素晴らしい時間もあったし、困難な時間もあった。再会することに特別な意味はなかったよ。喜んだのはモウリーニョに勝ったからではなく、チームが勝ったからさ』

とコメントした大人なカシージャス。

『キャリア・ダウンだろ』という声が大方の意見だったと思うが、『新しい挑戦』としてポルトガルの地へ渡ったイケル・カシージャスの矜持が窺えた一戦、バルサのゲームの後に連続視聴したがナイスゲームでとても良かった。