パス・フットボールが敗れた日

グリーズマン

バイエルン

ゲーム自体は勝ったのだけれど・・・。

グリーズマンの一刺しに沈んだミュンヘン。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSアトレティコ・マドリード@アリアンツ・アレーナ。

圧倒的だった前半。流れるようなパス。縦への楔もよく入ってアトレティコを自陣に釘付けにした。いつゴールになってもおかしくなかった。そして待望の先制点がFKから齎された。

 

シャビ・アロンソ

シャビ・アロンソ

31分。アラバが得たFKをシャビ・アロンソが低く抑えネットを揺らした(ヒメネスに当たってコースが変わった)。

アグリゲート・スコア1-1。あとはゴールを許さずにもう1点取るのみとなった。そして、勝負の分かれ目がその3分後にやってきた。

 

トーマス・ミュラー

34分。エリア内でハビ・マルティネスがヒメネスに掴まれ倒されペナルティ。キッカーはトーマス・ミュラー。しかし、オブラクに完璧にセーブされリードを広げることができなかった。

後半もミュンヘンのペースで始まったが、落とし穴が早々に待っていた。

 

グリーズマン

54分。攻め込んだミュンヘンに一瞬の隙。2枚のセントラルの間をトーレスとグリーズマンのコンビに破られ、グリーズマンはノイアーとの一対一をクールに制して1-1となった。両ラテラルが上がりっぱなしで2バックのようになっていたミュンヘン。最終ラインはセンター・サークル付近だったが、攻め込んだボールを跳ね返されてからのカウンターに沈んだ。

 

レヴァンドフスキ

与えてはいけないアウェイ・ゴール。あと2点必要となったミュンヘン。時間はまだたっぷりとあったが、世界一タフでソリッドなアトレティコの守備相手にあと2点は重すぎた。74分にサイドからの崩しでレヴァンドフスキがネットを揺らしたのはせめてもの矜持だろうか。アグリゲート・スコアで2-2としたが、痛いアウェイ・ゴールでファイナルのチケットはシメオネ・アトレティコが手にすることとなった。

 

ペップ・グアルディオラ

ミュンヘンでの3シーズンでとうとうCLファイナルの舞台に立つことが叶わなかったペップ・グアルディオラ。喫してはいけないカウンターからの失点に何を思うだろう?。完璧なパス・フットボールを見せた前半。トーマス・ミュラーがPKを決めていれば賞賛されただろうが、フットボールにイフはない。

 

グリーズマン

アトレティコ

シメオネ

バルサに続いてミュンヘンを沈めたシメオネ・アトレティコ。パス・フットボール信奉者の僕としては悔しいが、お見事というほかない。パス・フットボールはこう対処するというレッスンを全世界に知らしめて、2度目のファイナルに到達した。

果たして2シーズン前の雪辱はなるだろうか。相手はマドリーかマン・シティ。ファイナルでマドリード・ダービーを観るのはこの上なく嫌なんだけれど・・・。

ミュンヘンでも3冠へ

ペップ

続くチャレンジ。3度目の正直なるか。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、ベンフィカVSバイエルン・ミュンヘン@エスタディオ・ダ・ルス。

コスタもリベリーもキレがあったなぁ。メッシとネイマールを観たあとだけに余計に目に付きました。ベンフィカとアトレティコの違いはあるんですけどね。

 

ノイアー

27分。ノイアーが目測を誤り一本のロングフィードから失点はしましたが、敵地でもネットを揺らす術を持っていました。

 

ヴィダル

ヴィダル

38分。ここまで繰り出していたサイド攻撃が結実。ラームの折り返しがディフェンダーに当たって溢れたところをヴィダルが豪快に蹴り込み追い付いたミュンヘン。ファーストレグに続く一発でアグリゲートスコアは2-1。ここでゲームが決まってしまったかもしれません。ベンフィカは失点する前に2-0とするチャンスがあっただけに悔やまれますかね。

 

トーマス・ミュラー

そして52分にゲームを締めました。CKからハビ・マルティネスのヘッドでの折り返しをトーマス・ミュラーが押し込んで、ミュンヘンは5シーズン連続でファイナル4へのチケットを手にしました。

羨ましいなぁ。

まぁその後、終了までに失点(凄いFKでしたが)したり攻め込まれたりしたのはご愛嬌。キレのあるサイドからの攻撃。執拗なまでのサイドからの攻撃。両サイドにウインガーを配して、バルサで披露したポゼッション・アタックとは違うフットボールを見せているペップ・ミュンヘンの集大成の結末はどうなるだろう?。過去2シーズンは、マドリーとバルサ相手に大敗を喫しています。3度目の正直は果たして。

個人的には初物のアトレティコとマッチ・アップすることを希望します。しかし、マドリーと当たればリベンジ・マッチ。マン・シティと当たれば自身が来シーズンから指揮を執るペップ・ダービー。どのマッチ・アップでも楽しみではありますね(そこにバルサはいないけれど・・・)。

 

ラーム

ミュンヘンのキーマン、フィリップ・ラームが好調です。

 

グアルディオラ

『DFBポカールとCLでセミファナルだ。1年前もここまでは辿り着いた。願わくば両方の大会でもう一歩先まで進みたいね』と語った『賢人』ペップ・グアルディオラ。

セミファナルのファーストレグは4/26、4/27。セカンドレグは5/3、5/4に行われます。

そこにいるトーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

トーマス・ミュラー

起死回生。

九死一生。

一昨シーズンのファイナルでのセルヒオ・ラモスの一発を思い出すトーマス・ミュラーの値千金の一発が、バイエルンを(ペップ・グアルディオラを)救うこととなった。まぁバイエルンの自作自演と言ってもいいかもしれないが・・・ね。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バイエルン・ミュンヘンVSユヴェントス@アリアンツ・アレーナ。

敵地のファーストレグを2-2で終えていたバイエルン。勝ち切れなかったが貴重なアウェイ・ゴール2発をトリノから持ち帰り、この日はホーム。ほとんどの人が勝ち抜けを予想していたと思うが、フットボールはそう簡単にはいかない(改めて・・・)。

5分に単純なロビングボールの処理をノイアーとアラバの連携が上手くいかずリヒトシュタイナーに引っ掛けられて流れたところをポグバに蹴り込まれ、あっさり失点してしまう。声を荒げるノイアー。何かしら不安げでバタつく(そう見える)最終ライン。

28分にはモラタに自陣から50メートル以上の独走を許し(ベナティアの対応が緩くキミッヒがあっさり躱された)、最後は右サイドを並走してきたクアドラードに(ラームのスライディングを秀逸に躱す)美しい切り返しからニアをブチ抜かれ0-2とされた。前半30分も経たずにアウェイ・ゴール2発のアドバンテージを吐き出し、逆に2点以上取らなければならなくなった。

しかし、モラタをトップに置いてそのすぐ下に(横に?)ポグバを配し、残りが綺麗な2列を形成したユヴェントスをなかなか崩せないなか前半を終えることとなる。ピッチをワイドに使い相手ディフェンスを広げさせてウイングの突破から得点を上げるミュンヘンだが、白と黒の壁の素早い寄せにほとんどチャンスらしいチャンスもないままだった。縦への突破を完全にシャットアウトされ、シャビ・アロンソの楔は入るが、その後はノッキングしなかなかエリア内に入っていけなかった。

後半、『賢人』ペップ・グアルディオラは策を敢行。全くダメだったベナティアをベルナトに代えてアラバを中央にしてカウンター対策を取りつつ、左右のウイング、ドウグラス・コスタとリベリーの位置も変えた。利き足と同じ位置に入った両ウイングの縦深部への突破からゴールを窺うバイエルン。しかし状況は変わらず時間だけが過ぎて行った。

次なる『賢人』の策は60分、キングスレー・コマンをシャビ・アロンソに代えて投入しサイドでの起点、更なる縦への突破を目指した。徐々に疲弊するユーヴェの両サイドと下がりはじめるバックライン。左右からクロスの雨を降らせるバイエルン。何とか跳ね返すユヴェントスだがボールをキープ出来ず耐えるのみとなっていった。右のコマン、左のリベリー、抉じ開けようとするバイエルン。ケディラをストゥラーロ、モラタをマンジュキッチに代えて耐えていたがついにバイエルンが抉じ開ける。

 

レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキ

73分。右サイドでボールを残したコマンのパスをドウグラス・コスタがクロスを入れる。そのクロスにピンポイントで合わせたレヴァンドフスキ。

あと1点。残り時間は、アディショナル・タイムを入れて20分。十分に時間が残されていた。ユヴェントスに前へ行く力は残されておらず、あとは1点を守りきるのみだった。バイエルンのハーフコート・オフェンス。

 

トーマス・ミュラー

そして、劇的な冒頭の画像の一発はアディショナル・タイムの90分+1に訪れた。エブラが不用意にボールロストはしたが、そのボールを奪ってからのショートカウンター。右サイド深部からコマンが入れた秀逸なクロス。レヴァンドフスキの1点目と同様の強烈なトーマス・ミュラーの強烈なヘッド一閃。そこにいるトーマス・ミュラーの値千金の一発でゲームはエクストラ・ラウンドへ進むこととなった。

もうユヴェントスに攻めるチカラは残されていなかった。

 

チアゴ

108分。ミュラーとのワンツーを完成させたチアゴ・アルカンタラ。

 

コマン

コマン

ポグバを潰して自陣からカウンターを完結させたキングスレー・コマンの美しくも残酷なトドメの一発。

ボール・ポゼッション69%対31%。

アテンプト26対16。

ショット・オン・ターゲット8対11。

アグリゲート・スコア6-4。

 

グアルディオラ

『ハーフタイムで、これ以上失点するわけにはいかないが、とにかく1点を返せばどんなことでも起こり得ると選手たちに言った。特にドイツ人魂を発揮すればね。そしてリベリーとコスタを中心にもっとサイドを抉るように指示した。後半開始後はユーベがいくつかチャンスをつくったが、その後はゲームを支配できた。それがフットボールというものだ。ほんの1分前までまるでダメだったものが、見違えるように良くなったりする』

『ユヴェントスは本当に強いチームだ。序盤、我々は非常にナーバスになっていた。3点目を奪われていたら、どうなっていただろうか。しかし、次のゴールは我々が奪い主導権を握ることができた。特に延長戦は、バイエルンが一方的に攻める展開になった』

ほとんど死にかけていたが、歴史的逆転勝利でサヴァイブしたペップ・バイエルン。ボール・ポゼッションの矜持を示すコメントが、らしい。

 

トーマス・ミュラー

『プランどおりじゃなかった。ちょっとクレージーなゲームだった。スコアのことじゃなくて、僕にとってものすごく変な試合だったと思う。ユーヴェの守備はほぼマンマークで、僕はあまり試合に入り込めていなかったからね』

『相手に2点を奪われれば、試合は違ったものになる。メンタル面も含めてね。ホームでの試合だし後半には2点取れると信じていたよ。もちろん簡単だとは思わなかったけどね。僕らにとって大事だったのは焦らなかったこと。3点目を許せば敗退が決まっていたわけだからね』

と語ってくれた、往年のフィリッポ・インザーギのようにソコにいるトーマス・ミュラー。

侮れない。