潰し合い、退屈

オランダVSアルゼンチン

シュレッセン

オランダの悲願はまたしても成らなかった。

そして、アルゼンチンはこのままでは優勝出来ないだろう。

2014・ブラジルワールドカップ・セミファイナル、オランダVSアルゼンチン@アレーナ・コリンチャンス・スタジアム。

昨日のセレソンの敗戦(悪夢)が歴史的惨敗として記憶されるなら、このゲームは退屈の極地として記憶しておきたいと思う。

オランダは『5-3-2』、アルゼンチンは『4-3-1(メッシ)-2』だったと思うが、オランダは全く攻めることが出来なかった。オランダはメッシにデ・ヨングをマンマークで付け、アルゼンチンは必ず2枚の数的優位でロッベンとファン・ペルシーをケアした。ここまで強烈な“個”の力で勝ち上がってきた両国だったが、“個”を潰し合い、退屈極まりないゲームだった。

ブラジルの敗戦を目の当たりにして、より守備的に臨む羽目になったオランダとアルゼンチン。

そう、僕はワールドカップが嫌いだったんだ。勝ち上がることに固執し、リスクを取らないゲームが多すぎた暗黒の時代を思い出してしまった。自国のサポーター以外なんら感情移入できない。玄人好みの、守備的なゲーム。ふむ、しかし、穴熊だけで振り飛車が欠けていた。欠伸が出てしまう。

リスクを取らないところに勝利は訪れない。

オランダと言えば、タイトルは取れないが魅力的なアタックで観る者を大いに楽しませてくれる素敵な国だったのに、前回のサウス・アフリカ大会から現実路線(退屈路線)に転換し、今大会も攻撃的フットボールの急先鋒だったファン・ハールが5バック(変形3バックでもあるが)を採用しカウンターを見舞う。そして、ここまでは来れた。スペインやメキシコを沈め、シンデレラ・チームも退けた。大会を見渡しても、攻撃的なイタリアは2大会連続でグループステージでゴー・ホームだ。いいだろう、悲願のカップを掲げるのなら。しかし2試合続けてネットを揺らせず、また、自ら読んだコースに飛んできたボールを外に弾き出せないゴールキーパーでは、フットボール・ロシアン・ルーレットからは生還出来ない。

ファン・ハールは何故ペナルティ・キック合戦になると思わなかったのだろう?。ノリノリであろうクルルを投入すべく、結果論は承知だが、交代枠は残しておくべきだったのだ。120分でネットを揺らせる雰囲気は皆無だったのだから。

策士のベットは最後に外れ、無一文となってしまった。

一方のアルゼンチン。

僕のフットボール・ディオス、メッシがファイナルまで到達できたのは誠に喜ばしいことではあるが、このままでは充実一途のドイツにあっけなく踏み潰されるであろう。昨年のコンフェデ・ファイナルでもそうだったが、一日違うコンディションは大いにハンディキャップとなるだろう(まして120分間も戦ったのだから)。ブラジル国民は喜ぶかもしれないが、南米の2強が2度も歴史的敗北を喫する訳にはいくまい。

唯一無二の希望はやはり『神』メッシ。

ノイアーよりも走行距離が少ないと揶揄されるメッシだ。

動かない、守備をしない(しては駄目だと言われているのではないか)“戦術”メッシは、果たしてモダン・フットボール(ハイブリット・パス・フットボール)の極地に上り詰めようとするドイツに、果たして有効な何かを刻み付けることは出来るだろうか。

難しいと言わざるを得ない。『神』の一撃を見舞うスペースは全くないだろうから・・・。

 

ロッベン

ロッベン

このゲームの唯一の得点機。

スナイデルとのパス交換でエリア内にフリーで侵入してきたロッベンだったが・・・。マスチェラーノの魂のブロックが、アルゼンチンを救うこととなった。

 

ファン・ハール

最後に間違えた策士ファン・ハール。

ファン・ペルシーは残して(全く動けなかったのだけれど)、シュレッセンをクルルと代えるべきだった。クルルで負けたことの方が、プライドが許さなかったのかもしれないが・・・。

シュレッセンは酷すぎた。

 

オランダ

トータル・フットボール発祥の国の、2大会連続の現実路線での蹉跌。攻めても守っても、未だワールドカップを掲げることは叶っていない。なら、ポゼッションのオランダに、ウインガーを多用しスリートップで攻撃的に攻めるオランダに戻ろう。2-3、3-4で美しく敗れ去ろう。

0-0はオレンジには似合わないのだから。

 

メッシ

今のままではマラドーナを超えることは出来ない。

どうする?。ディ・マリアの奇跡を期待するだけでは寂し過ぎるよ。

ワールドカップの“最高の去り方”

オランダVSコスタリカ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト8、オランダVSコスタリカ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

結論から書いてしまうが、ブラジル発、コスタリカのフェアリー・テイルは、90分間(延長の120分間含め)では敗れることなくページを閉じることとなった。

本当に素晴らしいチームだった。

このゲームでも、単に引いて守るのではなく、最終ラインを高く設定し(オランダを10回以上ものオフサイドの網に引っ掛けた)、好守にメリハリが効いていた。

今大会の最高のGKかは分からないが、レバンテの守護神でもあるケイラー・ナバスが神懸かったセーブを連発。ポストやクロスバーの助けも借りて、ファン・ペルシーやスナイデルのシュートの雨を弾き返し、120分間のオレンジの凄まじい猛攻に耐え凌ぎ、1発勝負のペナルティキック合戦までチームを導いた。

ウルグアイとイタリアを沈め、オランダには得点を許さなかった。専守防衛(プライオリティは守備ではあるが)のみのバス横付けではない。チャンスとみるや勇敢にカウンター・アタックを仕掛け、決定機を創造し、オランダが大西洋を渡ることとなってもおかしくない状況を生み出した。

賞讃しかないだろう。

誰1人サボることなく献身的に走り、懸命に身を投げ出し、持てるもの全てを出し尽くし、観る者を味方に引き込みようやくここまで辿り着いたのだ。多少の運にも恵まれたかもしれないが、身体能力とスキルに劣るアウトサイダーが、ソリッドにコレクティブに闘い抜いた証左といえるだろう。

代表はこうでなければならない。

これでこそ眠らずに、声を枯らし、懸命に応援したかいがあるというものだ。

このゲームを視聴して、僕はそう思わずにはいられなかった。そして、日本代表に改めて忸怩たる思いを想起させた。

「自分たちのサッカー」を掲げ、講釈を述べるはかまわない。僕にも思う、信奉するプレイスタイルはある。しかし、それには「全てを出し切って」という枕詞がなければならない。戦う姿勢と矜持、全てを出し切るメンタリティがサムライ・ブルーには足りない(ように見える)。

ヨーロッパでプレイし、小洒落たスキルとマインドを持ったプレイヤーが増えた日本代表は、次のステージに確実に進化した。そしてその次へ。精神論を語る人間には嫌悪を抱くが、「全てを出し切る」という簡単かつ難しいメンタルとアクトに立ち戻って、ロシアの舞台に立ってもらいたいと痛切に思った日曜日の朝となった。

コスタリカ代表に、心から惜しみない拍手を贈りたいと思う。

 

コスタリカ代表

ケイラー・ナバス

ケイラー・ナバス

シェイクハンド

コスタリカ代表

我々はピッチで全てを出してきた。このゲームでもそうだ。全員が最高の仕事をしたんだ。歴史を作り、そして今夜また新しい歴史の扉を開きかけた。今大会において最高のアタッカー陣を擁するオランダ相手に、120分間では負けなかったんだ。最後の結果は“クソ”だったが、おそらくワールドカップの舞台から去る31チームの中で、最高の去り方だろう』

ユルゲン・クロップ流にコメントを書いてみた(笑)。そして、最後にこのオヤジのことは記しておかなければならないと思う。

 

ファン・ハール

『私は私だ。自信家であり、尊大であり、支配的であり、誠実であり、勤勉であり、革新的だ』と語ったことがある、神経症的な戦術の天才でもあろうルイス・ファン・ハール。

ここまで全てのゲームで素晴らしい指揮ぶりを披露し、オランダをここまで導いてきた。そして、このゲームでもアディショナル・タイム終了寸前で正GKのシュレッセンを第2GKのクルルと交代させ、そしてそのクルルがペナルティを2本止めて、見事その期待に応えた勝利した。

『GKにはそれぞれ異なった特徴がある。ティム(・クルル)は手が一番長く、PKをストップするのに適しており、止めるのもうまい。それがうまくいかなかったら、私の交代策は失敗と見なされる。それがフットボールの世界というものだ』

『試合中、ロン・フラールは膝を腫らしていた。ジョルジニオ・ワイナルドゥム、ロビン・ファン・ペルシーも力を使い切っていた。交代策は少しトリッキーだった』とも語ったが、ドンピシャの采配となっている。

23人の招集メンバーのうち、21人をピッチに立たせ、過去にない結束力で頂点を目指すオレンジ軍団。セミファイナルの相手は『神』メッシのアルゼンチン。イグアインの僥倖(塩試合だったなぁ)で勝ち上がった冴えないアルゼンチンも凌駕しそうな勢いだ。

寝不足はまだ終わらない。

クォーターファイナル決まる(とびきりの美人サポーターと共に)

ブラジルサポ

コロンビアサポ

ブラジルVSコロンビア

ブラジルの至宝対超新星。No10と母国の思いを背負う若き22歳のクラック対決。『マドリーが好きだ』と言ったハメス・ロドリゲスとバルサのネイマール。ここまであまり良いとは言えないながらも、勝ち上がってきたセレソン。母国大会でこんなところで負けることは許されません。

プレッシャーを撥ね除けた者だけに栄冠が。チリ戦でのネイマールの涙が気になりますが、栄冠はどちらの若者に?。

少しだけコロンビアが勝つような気もしています。トホホ・・・。

 

オランダサポ

コスタリカサポ

オランダVSコスタリカ

ポゼッションの母国オランダが超絶カウンターでここまで勝ち上がってきました。しかし引いて守る相手に弱いオランダ、苦戦必至。今大会キレキレのロッベン次第でしょうか。

それにしてもコスタリカの美人サポ、イイですね(笑)。ジャイアント・キリングに美人サポ。ブラジルはコスタリカの大会でもありました。ブラジル発のフェアリーテイルは、まだこの先へと続くのでしょうか?。

返す返すも、大会の直前のテストマッチでコスタリカに3-1で勝利していた我らが日本。ホント、やれやれです(泣)。

 

サラ

フランスサポ

ドイツVSフランス

こちらは欧州老舗対決。美人サポでお馴染みのサラが毎度応援するドイツ(シュバインシュタイガーをだろうけど)、一致団結した退屈なレ・ブルー、手強いかもしれません(全く観てませんが)。決戦当日、スタジアムの一区画は一流のモデルさん達でカラフルに彩られることとなるでしょう。

『ドイツはやはりドイツだった』

僕はドイツが勝つシーンしか思い浮かびません。

 

アルゼンチンサポ

ベルギーサポ

アルゼンチンVSベルギー

メッシがまた最後に仕事を果たすのか。はたまた、プレミア・ベルギーが新しい時代の扉を開くのか。

メッシとアザール、チームをネクストラウンドへ導くのは果たしてどちら?。ベルギーのゲームをほとんど観ておりません(アフロがヘッドを決めたゲームだけ観ました)が、今大会のアルゼンチンなら勝つことも可能でしょうね。それでも僕は、アルゼンチンにベットしたままです。

順当なベスト16の結果となった今大会。次のこのステージでは番狂わせがあるでしょうか?。ブラジル、オランダ、ドイツ、アルゼンチンとなればツマラナイ?。でもそうなる可能性が高いですよね。

いよいよ大詰めの@ブラジル、全てライブ視聴し歴史の一部を目撃したいと思います。

 

メキシコサポ

美人サポ備忘録番外編。

メキシコ、惜しかったですね。コスタリカサポとこの可愛いメキシコサポがブラジルの地でひと際輝いた大会前半。後半はどうなる?。しかし、美人サポで、プレイヤーの彼女は駄目ですよね。

おしまい。

給水タイム、どう思います?

オランダ

オランダ

2014・ブラジルワールドカップ・ベスト16、オランダVSメキシコ@カステロン・スタジアム。

【給水タイム】

FIFAがこの大会から導入を決めた制度。一定の条件に達した高温多湿下での試合で、前半と後半のそれぞれ30分前後に一度ずつ、約3分間試合を止めて選手に給水させる制度。

この大会で色々採用されているものの一つがこの給水タイム。これ、どうなんでしょう?。ゴールライン・テクノロジーは歓迎です。バニシングスプレーも問題ない。しかし、このバレーボールのタイムアウトのようなシステム。灼熱の地で、運動量が落ちてしまい退屈なゲームになることを危惧した?FIFAが導入したドーピング制度?。プレイヤーの身体のことを考えての導入なのだろうけれど。

熱き多感な青春時代を昭和の理不尽で暴力的な時代に過ごした僕としては、この給水タイム、なんだかなぁ〜って思います。ロベルト・バッジョもアメリカの灼熱に打ち勝ち、そして最後にあのドラマで悲劇のヒーロとなったわけですから(違うか)。

 

ドス・サントス

ドス・サントス

ゲームは後半、バルサのカンテラ出身のジオバンニ・ドス・サントスの豪快なドリブルシュートから先制されたオランダ。なかなか同点ゴール奪えないなか、策士ファン・ハールの終盤のファン・ペルシーを下げてフンテラールを投入する一手が結実しました。

 

スナイデル

スナイデル

ブラジル戦で当たりまくり、耳目集めたオチョアもただ見送るのみ。

右コーナーキックからフリーだったフンテラールが頭で折り返し、エリア中央に走り込んできたスナイデルが豪快に叩き込みました。

件の給水タイム。ファン・ハールは、このゲームでも右サイドでキレキレだったロッベンにボールを集めるように指示を出して、そして、そのロッベンが何度もエリア内で仕掛け、そして最後にゴールライン付近まで侵入してからの切り返しでペナルティを得て勝負を決めました。

 

ロッベン

ロッベン

『ロッベンは前半もPKを得るべきシーンがあった。あれがPKにならないと・・・』と語ったファン・ハール。

最後に取って貰えてネクスト・ラウンドへのチケットを手にしました。

 

ファン・ハール

『選手たちは信じ続けた。そうでなければこの逆転は起こせない。フィジカル的にもそうだ。大きな賞讃に値する』

『メキシコはこの環境にもっと慣れていると私は予想していたが、我々の方がフィットしていたように見えた。最後は給水タイムがあって良かったよ。そこでプランBに移せ、実際それに救われた。プランBが上手く機能したエストニア戦と同じだ。今回はボールをロッベンに集めようとベンチで話していた。彼の所までは楽に届けられていたからね』

試合前から給水タイムの採用をコメントし、実際の試合でも有効に使った策士。勝つべくして勝ったのでしょうかね。

 

ロッベン

ロッベン

今大会、全てのゲームでキレキレです。

『PKの瞬間に接触を感じたから、レフェリーは正しいと思っているよ。ハーフタイム前のははっきりしていたね。相手はボールに触らなかった。だから、彼は担架で運ばれた。その前のシーンでは僕がダイブをした。それについては謝罪する。もうしてはいけないね 』

と前半のダイブを謝罪したロッベン。最後のシーンはペナルティでしたが、ダイブさえなければ本当に賞讃されていたことでしょうね。

そして、やっぱり給水タイム。ツイッター等概ね好意的なコメントが多かったと思いますが、僕はやっぱりなんだかなぁ〜と思わずにはいられないのでした。

今大会で初めて採用されたこのゲーム、皆さんはどう思いましたか?。

撃ち合いを制しネクストラウンドへ

ロッベン

ファン・ペルシー

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第2戦、オランダVSオーストラリア@ベイラ・リオ・スタジアム。

楽しいゲームでしたね。

スペイン戦の前にライブで視聴しましたが、起きて観たかいがありました。キレキレのロッベン。このゲームでもセンターサークルを少し越えたあたりからショートカウンターからドリブルを開始し、エリア内で右にフリーでいたファン・ペルシーを使わず自ら切れ込み豪快にネットを揺らしました。

その1分後の21分にケイヒルに今大会一番のゴラッソで豪快にネットを揺らされたオランダ。後半には不運はハンドからペナルティを沈められ1-2とリードされましたが、今度はエースのファン・ペルシーがフリーでボールを受けて豪快にネットを揺らし追い付き、仕上げは途中出場のデバイ(20歳)が秀逸なミドルをゴール右隅に捩じ込んで勝負あり。

簡単に失点してしまった点は反省ですが、アタッカー陣は今大会一好調です。あと、前半はスペイン戦で採用した『5-3-2』が全く機能せず苦戦しましたが、後半はお得意の『4-3-3』で見事に修正したファン・ハールの采配も冴えていましたかね。

このあとにスペインがチリに0-2で敗れてグループ・リーグ突破を決めたオランダ。あとはチリに勝利し1位通過でブラジルとの対戦は避けたいところでしょうか。それとも早い段階で当たって(消耗する前に)勝ち切る戦略はあるでしょうか?。

どのみちカップを掲げるには避けて通れない相手。カウンターに特化したオランイェ。前回大会のファイナリスト、侮れないですね。

 

オランダ代表

お家芸の内紛はなさそうな今大会。

悲願はなるでしょうか?。

 

ロッベン

ロッベン

速過ぎるロッベン。

ベイルよりも速いし決定力も申し分ないですね。

 

ロッベン

このままの調子で行けばあるいは?。

そして、最後はここまでで一番の1発を残しておきたいと思います。

 

ケイヒル

ケイヒル

ロングクロスを豪快にダイレクトで振り抜いたケイヒルの1発。

マン・ユナイテッドでのファン・ペルシーの1発(コチラ)のようでした。

大満足。

“ティキ・タカ”は2度死んだ

ファン・ペルシー

ファン・ペルシー

カシージャス

バルサの凋落とともに沈む”ラ・ロハ”。

2014・ブラジルワールドカップ・グループB・第1戦、スペインVSオランダ@アレーナ・フォンチ・ノヴァ・スタジアム。

ボールは持てどゴールを脅かすシーンはほぼ皆無。前半のポゼッションは70%に。5人で引いて守るオランダ相手に、ワントップに入ったジエゴ・コスタにボールが収まらず、横パスや安全なパスに終止。それでもラッキーなペナルティ(ジエゴ・コスタの切り返しから得た)で先制した。2点目を取っていれば勝ち点3は得たであろう。ダビド・シルバに決定機が訪れたが決め切れず、その直後の44分にファン・ペルシーのスーパーなダイビングループヘッドで追い付かれて前半を終えた。

それでもまだ同点だった。

後半に攻めれば問題ないはずだ。

しかし、前回の南アフリカワールドカップ・ファイナルでは散々だったミュンヘンの快速ウイングがキレキレで、ピケとラモスでは止めることが叶わず53分にリードを許してしまい、そこから為す術なく怒濤の失点を重ねてしまった。

後半は前半以上に良いところがなく、『聖』イケルの度し難いミスも重なり、まさかの大敗(1-5)を喫したスペイン。

グループリーグでゴー・ホームの危機に。アレクシス・サンチェスが絶好調なチリにもあっけなく敗れるかもしれない。バルサがカウンターに屈し無冠に終わった今シーズン。世界を魅了した“ティキ・タカ”は、ここブラジルの地でも瀕死の重傷を負ってしまった。

恐らく復活はしないだろう。恐ろしいまでの僥倖に巡り合わなければゴールは生まれないであろう(ラモスが意地のヘッドを見せるかもしれないが)。

衰えた『聖』イケルはダビド・デヘアに、シャビはコケに変えよう。セスクをゼロトップに据えて2列目からの飛び出しを狙う必要もあるかもしれない。そして、2枚のセントラル、ピケとラモスのコンビネーションが悪過ぎる問題もどうするか。

手負いの“ラ・ロハ”。

前回も初戦でスイスに0-1で敗れてからのバウンス・バックで見事優勝を飾ったが、第2戦のチリ戦まで時間はそう多くは残されていない。

 

ロッベン

ロッベン

キレキレだったロッベン。

左サイドバックのブリントからのロングフィードを秀逸なトラップからピケを難なく躱してラモスも振り切って決めきり、前回大会の汚名を見事返上した。

 

ロッベン

圧巻だったスプリント。

スナイデルのスペースに出したパスに、ラモスよりあとから駆け出したが難なくチギって追い付き、カシージャスとの一対一を制しスペインを殺した。

 

ロッベン

オランダ

ファン・ペルシーのダイビングヘッドが今大会のハイライトの一つになるだろうが、この試合はロッベンが主役だった。

 

イニエスタ

カシージャス

酷すぎた『聖』イケル。

 

シャビ

『すべてが悪かった。後半は散々だったし、僕たちは派手な形でミスを犯してしまった。悪かったすべてのことを改善しなくてはならない。チームは簡単に相手のカウンターを許してしまった』

『僕たちはもう水曜を迎えることを望んでいる。素早くリアクションを見せ、このチームが偉業を成し遂げられるチームであることを示したい。ポジティブにならなくてはならない』と語ったマエストロ・シャビ。

復活できるだろうか?

 

ファン・ペルシー

2代目フライング・ダッチマン。

それにしても凄いダイビングヘッド(それもループで)だったなぁ〜。

いよいよ明日は我らが日本。

マスト・ウィン!!