前半を終えて2-1

トーレス

トーレス

トーレス

『クラシコ』よりは良かった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・ファーストレグ、バルセロナVSアトレティコ・マドリード@カンプ・ノウ。

惨敗からのバウンス・バック。キックオフから丁寧にボールを繋ぐ。それは『クラシコ』と変わらない。メッシがアタッキング・サードでシュートを放ち(枠を捉えることが出来なかったが)、アウヴェスの綺麗なクロスにネイマールがドンピシャのヘッド(これもバーを僅かに越えた)。ゴールへのインテンシティが伺え、レオ・メッシのポジションも『クラシコ』ほど中央に拘泥してなかったし(右サイドに張っていた時間もあった)、そもそもアトレティコに何もさせていなかったが決め切らないと高い代償を払うこととなる。

25分。エリア手前でコケにトーレスへパスを通され、トーレスが綺麗にシュテーゲンの股を抜いて先制点を許してしまう。一瞬の出来事だった。ピケのポジショニングのミス。バルサキラーのトーレスにゴールを許して今日もダメかと思った10分後に、そのトーレスが愚かすぎる2枚目のイエローを貰いゲームは分からなくなった。

焦点は、より一層閉じ籠る相手を抉じ開けることができるかに絞られた。最強の盾への挑戦、残り45分。僕は、イケると感じていたが果たして。49分にレオ・メッシがネイマールの浮きパスを胸トラップからオーバーヘッド。決まっていればメッシ伝説に新たなページが加わったが、この一撃はポスト右へ逸れた。ネイマールが左45度から放った美し軌道の一撃がクロスバーを叩いた時は正直このままも覚悟したが、このゲームのバルサは『クラシコ』とは違い、アトレティコもマドリーとはクオリティが違った。

一人減った相手に対し容赦なく両ラテラルが攻め上がる。同点ゴールはその両ラテラル、アウヴェスとアルバが演出することとなる。63分。そのアウヴェスが柔らかいクロスを中央へ入れて、ネイマールが競った溢れ球を後ろか上がってきたアルバがシュートした。そのボールをエリア内ど真ん中にいたスアレスが面で当てて蹴り込み1-1に。勢いづくバルサ。その11分後の74分には、右サイドからメッシが前のスアレスにボールを預け、スアレスはダイレクトでアウヴェスにボールを叩き、アウヴェスが今度はスアレスにピンポイントで合わせ逆転に成功した。

ふう。何とか勝ち越しホッと一息。しかし、アウェイ・ゴールを許しているので勝ち抜けを確定させるためにも、もう1点を獲りに行く。結局ネットを揺らすことは出来なかったが、バランスを欠くことなく全員の意思統一が出来ていたし、『クラシコ』での教訓を活かすとこができたゲームとなったと思う。

前半90分を終えて2-1。

残り90分。

要塞カルデロンでもネットを揺らすのみだ。

 

トーレス

中指を立てる親父の気持ちが痛いほど分かる(笑)。

バルサキラーのトーレスのゴールで一時はどうなるかと思ったが、愚か過ぎる2枚のイエローで全てが変わってしまった。アンチはまた『バルサは守られている』と騒ぐだろうが、1枚目も2枚目も完全にイエローだった。因みに、バルサのCLの歴史で今回の退場劇が30回目だそうだ。通算215試合で30人の退場。その中には疑問が残るものもあるだろうが、バルサが削られまくっている証左でもある(このゲームでもメッシやネイマールに対するファウルは酷いものだった)。

 

スアレス

アルバのシュートを面で合わせコースを変えたスアレスの1点目。

 

スアレス

スアレス

アウヴェスに叩いてからのポジショニングが秀逸だった2点目のヘッド。

『クラシコ』では完全に消えていたが、このゲームでは完全に仕事をした。

 

イニエスタ

美しいボールタッチ、スピードあるドリブル。何回かミスもあったが、ドン・アンドレスはピッチを支配していた。

 

メッシ

決まっていれば完璧だったレオ・メッシのオーバーヘッド。

 

メッシ

『クラシコ』ほどノッキングはなかったが、まだボールロストもあって心配。レオ・メッシは右サイドから攻めて欲しいのだけれど・・・。

 

ネイマール&スアレス

スアレス

ネイマールにゴールがないのが気掛かりだが・・・。

前半のどフリーヘッドと後半のバー直撃の一発は決めなければならない。

 

トーレス

アディオス、ニーニョ。

 

クライフ

クライフは絶対満足していないと思うが、一歩前進だ。

ネクスト・ラウンドへ進むにはカルデロンでもネットを揺らさなければならないと思う。美しく勝利するのみだ。

広告

あの世でヨハンも嘆いている

カンプ・ノウ

ベンゼマ

ロナウド

酷い。酷すぎた。間違えたルイス・エンリケ。不用意すぎたレオ・メッシ。消えたネイマール。バランスを欠いた中盤。やられた両ラテラル。美しく敗れることも叶わず惨敗。マドリーが良かったというよりバルサの自滅。なんでこうなった?。メッシの中央配置が最大の失態だろうか。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第31節、バルセロナVSレアル・マドリード@カンプ・ノウ。

開始1分間、完璧にボールを回してイイ感じだと思ったが・・・。マドリーはベンゼマだけ残しロナウドとベイルも下がる4-5-1。早々にスアレスにビッグチャンスが訪れた(ファウルを見逃してもらった)がキックはほぼ空振り(泣)。メッシのFKは枠に飛ばず。中央を固めるマドリーを崩せず前半は0-0。後半11分、立て続けに得たCKから最後にピケが頭で沈めたにもかかわらず、その6分後にカウンターからベンゼマにボレーを叩き込まれ追い付かれる。落ち着かずバランスを欠きすぎた。終始中央に位置したメッシが危険な地域でボールを失いカウンターを喰らう。取り戻そうとし前掛かりになってスペースを与えてしまう悪循環。中央からの崩しに固執しすぎたか。美しく勝利しようとしすぎたか。しかし連携の取れないMSN。ネイマールはまったく見せ場がなかった。再度勝ち越すために攻めようとするのはいいが、ボールロストからボールを奪い返せずカウンターを喰らう。ベイルのヘッドでネットを揺らされたがそれも審判が何故か取り消してくれたにもかかわらず、セルヒオ・ラモスが2枚目のイエローで退場したにもかかわらずその直後にカウンターからCR7にネットを揺らされ、あの世のクライフを嘆かせることとなった。

始まる前から心配していたが、案の定の結果に落胆。

何故メッシは右サイドに張り出さなかったのか。右サイドに居ないからトイメンのマルセロに此処ぞとばかりにカウンターから攻め上がるチャンスを与えてしまい、何度もカウンターを喰らって最終的に失点。マルセロを無力化できなかったこと、メッシの中央でのボールロスト、前掛かりでスペースを与えすぎたこと(スペースを消せなかったことか)、敗因は多数あるがこのままではミッドウィークのアトレティコとのチャンピオンズも相当危ない。早急な立て直しが必要だ。

 

ルイス・エンリケ

重要なので繰り返すが、ルイス・エンリケは間違えた。それもかなり酷く。MSNが機能しない中で、そのMSNがアンタチャッブになっているのが問題をややこしくする。交代カードが切れない。このゲームではネイマールを下げるべきだったが、ラキティッチを下げてアルダを入れるしか出来なかった。

 

ピケ

気合のヘッドを見せたピケは頑張ってはいたが・・・。得点がCKのみではクライフもあの世で嘆くしかないだろう。

 

ラモス

ラモス

完全にファウルだったが見逃してもらったラモスも結局は2枚目をもらい退場。レオ・メッシは得意のドリブルを発動し攻め込むシーンもあったが、それ以上に中央で不用意にボールを失いすぎた。主審のジャッジも(双方にとって)酷かったし、久しぶりにクソな『クラシコ』となってしまった。

 

マルセロ

攻めることにかけてやはり世界でトップクラスのマルセロ。メッシが右サイドに居ないので自由に攻めがることが出来た。

 

CR7

CR7

4シーズンぶりにカンプ・ノウでマドリーに敗れたバルサ。無敗記録も39でストップ。2位アトレティコとの差が6、マドリーとの差が7になって、リーガも安泰ではなくなった。兎に角早急に立て直さなければ全てを失ってしまう。

不満と不安の日曜となった。

ビジャレアルはアーセナルより強い!?

ビジャレアル

コレクティブでインテンシティに溢れてました(泣)。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第30節、ビジャレアルVSバルセロナ@エル・マドリガル。

開始1分も経たずゴールに迫り、5分でブラヴォにセーブを強いたイエロー・サブマリン。マドリーもアトレティコも勝ち点を失ったエル・マドリガルで凄いインテンシティを披露してくれました。受けてしまうバルサ。苦手のランチタイム・キックオフ@フエラ。しかし、20分のラキティッチのゴールで先制し連勝記録は続くかと思われました。41分にネイマールが自身で得たPKをクッキアイオで沈めれば尚更です。しかし後半、落とし穴というか、『クラシコ』を睨んだ采配(選手交代)からバランスを欠いて2失点してしまい2-2のドローでゲームを終えてしまいました。

一枚イエローを貰っていたピケの完全なハンドを見逃して貰い、一人少なくなる状況を回避できたのもかかわらずカウンターから失点。61分にはコーナーキックからマテューがオウンゴールを献上。終了間際のアドリアン・ラモスの決定機をマスチェラーノが止めなければ無敗記録も途絶えてしまってました。ネイマールが3点目を決めていれば(凄いドリブルからの決定機があった)何てことはないゲームだったのですが、決める時に決めないとこうなる見本のゲーム。前日にアトレティコがヒホンに負けていたのでリーガの大勢に影響はないのですが、今日のような感じではチャンピオンズ連覇は厳しいと言わざるを得ません(モティベーションが違うのだろうけど)。

インターナショナル・マッチ・ウィークを挟んでの次節は『クラシコ』@カンプ・ノウ。その後はチャンピオンズでアトレティコです。取り敢えずは、みんな怪我せず無事に帰還してもらいたいものです。

 

ネイマール

ネイマール

ネイマール

PKはPKだったと思います。

それよりも60分あたりでの左からのカットイン・シュートを決めて貰いたかったなぁ。

 

スアレス

このゲームでは久しぶりに?ほぼ消えてしまっていたスアレス。累積イエローにリーチが掛かっていたせいかと思います(『クラシコ』に出場停止は避けることができました)。

 

メッシ

悪くはなかったレオ・メッシ。

絶対怪我しないでね。

 

イニエスタ

ハムストリングを痛め出場しなかったドン・アンドレスが心配(泣)。

何故なんだ。軽症なの?。

 

マスチェラーノ

パーフェクトなタックルで勝ち点ロストの危機を救ったマスチェラーノがMOM。

ペップ・バルサの記録、16連勝には届かず(12連勝で終えた)エンパテは残念でしたが、アーセナルよりも難しい相手であったことには違いないです。

 

ルイス・エンリケ

『勝ち点1を獲得した分だけ目標に近づき、残りの試合がまた一つ減った。ここはビッグチームが敗れてきた場所なんだ。ビジャレアルはチャンスをつくり出し、それは我々も同じだった。チームは勝ち点3に近づきもしたが、敗戦することだってあり得たんだ。よって我々は、勝ち点1を得られたということで納得している』

『試合が始まった際、選手たちは簡単な一戦にはならないと理解した。同点に追いつかれたのは我々が集中していなかったのではなく、相手が素晴らしいクオリティを有しているからだ。チームのパフォーマンスは悪くなかった。悪ければやられていただろう』

『クラシコ』を見据えた交代策がアダとなったルイス・エンリケ。重要なので繰り返しますが、アーセナルより難しい相手でしたね。

ここからシーズン終盤に向けて重要なゲームが続きます。昨シーズンの歓喜をもう一度共有できることを願って止みません。

皆の無事の帰還を祈念して。

9シーズン連続ベスト8へ

MSN

次の記録はなんだろう?。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、バルセロナVSアーセナル@カンプ・ノウ。

ファーストレグを0-2でモノにしてましたので余裕がありました。緩く入ったと思いますが、アーセナルもそれほどガツガツは来ず。前半早々は、どちらかというとアーセナルペースだったと思いますが、それも15分まで。メッシがネイマールのロングパスに反応し枠を捉えた2分後の18分、敵陣右サイドでスアレスがボールを引っ掛けてからのショートカウンター一閃。そのボールを拾ったブスケツがスアレスへダイレクトで返し、スアレスはドリブルで引き付け左のネイマールへ。ネイマールはいつものようにクールに(左足でしたが)ネットを揺らし難なく先制しました。

アグリゲート・スコア3-0。ここからアーセナルも攻勢にでましたが、それでは遅い(バルサもアクセルを緩めたかな)。後半開始早々に右サイドを突破したアレクシス・サンチェスの折り返しをエルネニーがダイレクトで沈め1-1となりましたが、バルサがギアを入れ直し65分にスアレスのゴラッソが炸裂。右サイドからアウヴェスの柔らかいクロスをジャンピングボレーで沈め2-1としゲームを殺してくれました。アグリゲート・スコア4-1。終了間際の89分にはレオ・メッシが足首だけでのバセリーナを沈め5-1でネクストラウンド進出を決めてくれました。

MSN揃い踏み。

最終アグリゲート・スコアは5ー1。

完勝。

Mrヴェンゲルは『日々の生活を芸術に変えてしまう3人の選手がいる』とコメントしましたが、それぞれの特徴が出た3人による3つのゴールでネクストラウンド進出を決めてくれました。

 

ネイマール

18分のネイマールの先制弾。

 

スアレス2

スアレス

65分のスアレスのゴラッソ。

 

チャート

このゴールはこのようにして生まれました。

 

メッシ2

メッシ

締めはレオ・メッシのバセリーナ。エリア内右に侵入してキーパーと一対一になった時に絶対バセリーナを打つと思いましたが、パーフェクトなソレでしたね。

 

エルネニー

ルイス・エンリケ

『私が対戦したくないチームは、バルセロナだけだ』

と語ったルイス・エンリケ。アクセルを緩めての失点は反省ですが、ここまでは昨シーズン同様順調です。次がどこでも負ける気がしないなぁ。

 

ヴェンゲル

相手が悪かったさ。

アデュー、ムッシュー。

つまんないっス

スコアボード

バルサ

後輩が僕にそう呟いた。

そうだろうそうだろう、俺は最高に楽しいゾ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第29節、バルセロナVSヘタフェ@カンプ・ノウ。

メッシのスルーパスから左サイドを駆け上がってきたジョルディ・アルバのマイナスのクロスがディフェンダーの足に当たってオウンゴールで先制したバルサ。そうなれば今のバルサは無敵だ。ましてやホーム、カンプ・ノウ。イニエスタとのパス交換からまたまたメッシがゴール前にパスを入れて、それに飛び込んだムニルが頭で押し込み20分で2-0とした。31分にはネイマールがメッシのスルーパスをダイレクトで沈め40分にはメッシ自らゴラッソを叩きこんだ。

前半でポーケル。弱い者イジメは気が引けるが、ティキ・タカからの崩しが完璧だった。その中心に居たのはもちろんレオ・メッシ。スアレスがローテーションでお休みの今節に、主戦場の右サイドから中央へと自由にピッチを支配した。メッシがボールを持つと全員がコレクティブにオートマティックに連動。ひと昔前のアンストッパブルな「システム・メッシ」だった。またまたペナルティを止めらる失態があったが、(問題だが)問題にすらならない。

後半も、ネイマールのラブリー・フィニッシュとアルダのアグリー・オーバーヘッドで、終わってみれば6-0の大勝。レオ・メッシの1G3A(3Aは自身初?)の活躍で無敗記録を37に伸ばすこととなった。

敵将の『今のバルサを止めることなど不可能』の言葉どおり、特にカンプ・ノウでは負けることはないだろう。ローテーションも問題なく決まり、ルイス・エンリケの『今は理想的な状況だ(コンディション的に)』にも頷くしかあるまい。

しかし、勝って兜の尾を締めよ。

ミッドウィークのガナーズとのセカンドレグが本番だ。2点のリードは忘れて、もちろん勝ちに行く。ガナーズ・サポの後輩は『ライブでは観ません。どうせダメだし』と悲観にくれていたが、問題なくネクスト・ラウンドへ進めることを祈念して、僕はもちろんライブ視聴する。

木曜の朝が待ちきれない。

 

ネイマール

ネイマール

スアレスが居なかったのでより躍動したネイマール。

英語の実況が『ラブリー・フィニッシュ』と連呼してたので、僕も後輩にラブリー・フィニッシュだったなぁと連呼しておいた(スマン)。

 

メッシ

凄すぎるドリブル・シュートを放った『アメイジング』レオ・メッシ。

 

メッシ

ピケが『重要なゲームでは決めてくれる』と言ってましたが、PKだけ何とかして。今シーズンの成功率はちょうど50%(泣)だそうで、これだけホント心配(見てられない)。

 

スアレス

出場してゴールを量産したかっただろうスアレスだが、それはガナーズ相手にということで。

 

アルダ

締めはアルダの不恰好なオーバーヘッド(笑)。

スーーーーっとゴールに吸い込まれた。

バモス、バルサ!!

青い弾丸

メッシ

メッシ

メッシ

MSN

美しいカウンター一閃。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・ファーストレグ、アーセナルVSバルセロナ@エミレーツ。

キックオフ直後からインテンシティ溢れるガナーズ相手に、なかなかゴールに近づけませんでした。ゲームが落ち着いてからも、引いて閉じ籠る11人の壁に更なる苦戦を強いられました。切れ味鋭いカウンターを喰らうシーンもあって肝を冷やしましたが、ピケもマスチェラーノもテア・シュテーゲンも集中力を切らさず、またアーセナルが精度を欠いていたのにも助けられました。ゲームはジリジリとした展開へ。前半ラストプレイでのスアレスのヘッドでゴールに近づきましたが、枠へは飛ばずスコアレスで折り返し。前半は枠内シュートゼロ。まぁアウェイだしヨシとするところですが、何とかアウェイ・ゴール一つは持ち帰りたいところです。

後半は、アーセナルのテンションが少し下がったでしょうかね。余裕を持ってボールは回せていたし、ネイマールがイニエスタのスルーパスに抜け出しチェフとの一対一のシーンがありました(チェフがパーフェクトにセーブ)。しかし、アーセナルもカウンターを繰り出します。60分にジルーのヘッドがゴール左下を捉えましたが、テア・シュテーゲンが掻き出すファイン・セーブで難を逃れました。徐々にオープンな展開となるエミレーツ。そうなればルーチョ・バルサにとっては好都合だし、案の定ゴールはその11分後に訪れました。

アーセナルのクロスを弾き返し、イニエスタが左のネイマールに繋ぎ、ネイマールが少し溜めてから前のスアレスに出して、スアレスが秀逸過ぎる股抜きパスをスペースに出して走り込んできネイマールにリターン。ネイマールはそのまま縦にドリブルでエリア内に侵入しディフェンダーを引き付け中央に入ってきたメッシへラスト・パス送り、メッシはそのボールを(ダイレクトでは打たず)足裏でワン・トラップしてからクールにネットを揺らしました。

前掛かりのアーセナルのスペースを突く完璧なカウンター。

貴重なアウェイ・ゴールを手に入れあとはこのままゴールを許さずバルセロナへ戻るのみでしたが、更なる僥倖が83分に訪れました。アーセナルエリア内で溢れたボールをメッシが詰めて拾ったところで蹴り倒されペナルティをゲット。このペナルティをメッシが難なく左に沈めて2-0でバルセロナへ帰還することとなりました。

前半は枠内シュートゼロでヤキモキしながら観てましたが、後半はキッチリと結果を残してくれました。

 

メッシ

メッシ

メッシ

このゲームまで6試合チェフからゴールを奪ったことがないとゲーム前に煽られたレオ・メッシでしたが、7試合目で2ゴールを上げる結果を残してくれました。

 

スアレス

前半のラストプレイでのスアレス。

後半、メッシのゴールの後に訪れたビッグ・チャンスでは右ポストに当ててしまいましたが、やはり存在感がありました。

 

テア・シュテーゲン

ビッグ・セーブを見せてくれたテア・シュテーゲン。

キックもホント上手く、必ず引き止めなければなりませんね。

 

ネイマール

チェフにストップされたネイマールでしたが、メッシへのアシストはパーフェクト。終了間際にヘッドを沈めるチャンスがあり決めていればネクスト・ラウンド進出が決まっていたのですが・・・ね。

 

メッシ

『幸運にも今日は(ゴールを)決めることができた。でも最も重要なのは僕たちが素晴らしい試合をして、素晴らしい結果をつかんだことだ。多くのスペースがあったからね。何度か相手のラインを破ることができ、先制した後はオープンな展開になったね』

『アーセナルはハードな戦いを仕掛けてきたけれど、後半にペースダウンすることは分かっていたよ。あのようなハイテンポを維持するのは難しいからね』とコメントしてくれたレオ・メッシ。

このまま好調を維持して欲しいものです。

 

ルイス・エンリケ

『アブラカタブラ』

と唱えたルイス・エンリケ。

 

バルサ

今日は誰も交代せず93分間戦いましたが、週末のセビージャ戦は大丈夫だろうか。

まだまだ無敗記録を継続して欲しいのだけれど。

お疲れさま

バルサ

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第25節、ラス・パルマスVSバルセロナ@グラン・カナリア。

スアレス以外全員ダメ。特にアルダ(イエローも貰ってたし前半で交代)とセルジ・ロベルトが酷かったなぁ。ブスケツ不在を痛感。どうしてもアーセナル戦を考えちゃうよなぁ。開始早々6分にイニエスタのスルーパスに抜け出したアルバのグラウンダーのクロスをスアレスが決めきったまでは良かったんですけどね。10分にアルバがオフサイドを掛け損ない中央を破られ追いつかれる。基本、足が動いていない。39分に力ワザでネイマールが蹴り込み何とか勝ち越し。それまでにスアレスに決定機があったんですけどね。フリーのヘッドは右ポスト外(泣)。後半も決定機がありましたが、危ないシーンも数度ありました。苦しいフエラのスケジュールを何とか乗り切っての勝ち点3。勝てて良かったです。

繰り返しますが、スアレス以外全員ダメ。

以上です。

 

スアレス

ゴール以外にもホントよくチェイシングしてましたし、孤軍奮闘でした。エリア内での切り返しも絶妙。決定機を決めきっていればラクに勝利でしたが、最早無くてはならない存在です。

 

ネイマール

全然ダメだったネイマールも久しぶりのゴール。

終了間際のカウンターからのどフリーも決めきれずトホホ・・・。

 

MSN

エミレーツ、大丈夫かなぁ。

アウェイ・ゴールを持ち帰って欲しいのだけれど・・・、心配だ。

 

1455981257_014254_1455983126_album_grande

スアレス、神でした。

久しぶりのロンドンでもゴールを期待したいものですね。