オカちゃん、優勝おめでとう

アザール

アザール

アザールの美しい一発がゴール右隅上に決まって、ここまでミラクルな進撃を続けていたレスター・シティの優勝が今朝決まりました。

2015-2016・プレミアリーグ第36節、チェルシーVSトットナム@スタンフォード・ブリッジ。

勝ち続けてレスターの躓きを待つしかなかったスパーズ。前半にケインとソン・フンミンのゴールで0-2にしたにもかかわらず、CKから失点し最後はアザールの個人技に屈してしまいました。それにしてもアザール、今シーズンはほぼ死んでいたのに前節から復活(笑)。このゲームでは後半からの出場でしたが、最後の最後でね(笑)。

 

スパーズ

スパーズ、残念でした。プレミアリーグになってからスタンフォード・ブリッジで勝ったことがないそうですが、勝たなければならない一戦で痛恨のドロー。スタッツ上でも結果でも今シーズンは良いフットボールを見せていただけに悔しいでしょうね。

 

オカちゃん

オカちゃん、嬉しそう(笑)。

そりゃそうだ。現行のプレミアリーグになってから、6チーム目の優勝となったレスター・シティ。ブラックバーン以来の快挙です(92-93シーズンのプレミアリーグ創設以降の優勝チームは、マン・ユナイテッド、チェルシー、アーセナル、マン・シティ、ブラックバーンだけだった)。

 

ヴェンゲル

アーセナル

レースターにシーズン・ダブルしても優勝できない、12シーズン戴冠できないヴェンゲルの罪は重い。

ペップとコンテがやってきて、モウのオヤジはマン・ユナイテッドで指揮を執るのか?。ヴェンゲルに代わる誰かはいないの?。

プレミアから目が離せません。

広告

キターーーーー

岡崎1

岡崎

岡崎

キング・パワーでの初ゴールがオーバーヘッド(笑)。

2015-2016・プレミアリーグ第30節、レスターVSニューカッスル@キング・パワー・スタジアム。

録画して観ましたが、オカちゃんがやってくれました。

25分。右サイドで得たFKから左サイドへボールが流れ、そのボールをまた中へ入れてヴァーディーが競り勝った溢れ球にオカちゃんが反応。オカちゃんの迷わず振り上げた右足オーバーヘッドが炸裂し、奇跡のプレミア制覇へまた一歩前進となりました。

ふう。オカちゃん、最高!!!。アルダのオーバーヘッドより美しかったデス(笑)。

 

レスター

岡崎

プレミアでの5点目はホントに素晴らしい一発でした。

 

ラニエリ

『とても嬉しいね。ボールがペナルティーエリア内にあるとき、シンジはそこに辿り着く。彼は何度もホームでのゴールに迫ったが、決まっていなかった。でも今日は得点を挙げた。我々にとって重要な勝ち点3だ』

『(オカザキ)彼はファンタスティックだ。誰もが彼を愛している。団結し互いを助けながら続けることが重要だ。今は全員が団結している。全員にとって重要なことがあるから一緒に続けなければいけない』

『シンジにはとても満足している。彼はチームの一員として、出場している全ての時間でハードワークを惜しまなかった。彼はスコアラーとなったが、シーズンを通して良い仕事をしている。今夜の一撃はグッドゴール、いや、ファンタスティックゴールだ』

とコメントしたクラウディオ・ラニエリ。

残りは8ゲームで2位スパーズとは勝ち点差5を付けて首位の現在地。クリスタル・パレス(A)→サウサンプトン(H)→サンダーランド(A)→ウェスト・ハム(H)→スウォンジー(H)→マン・ユナイテッド(A)→エヴァートン(H)→チェルシー(A)。ホーム&アウェイでちょうど4ゲームづつ。オールド・トラッフォードと最終節のスタンフォード・ブリッジに耳目が集まると思いますが、CL出場権獲得を狙う(現在5位)ハマーズ戦や状況によっては降格圏(現在16位)に位置しているかもしれないスワンズ戦がポイントなんじゃないだろうか。

勝てばプレミア制覇の状況でスタンフォード・ブリッジに乗り込む・・・なんて筋書きが最高だがミラクル・レスターのフェアリー・テイルは果たして?。

Boxing Dayまとめ

Boxing Day(ボクシングデー)・・・クリスマスの翌日で、元々は、教会が貧しい人たちのために寄付を募ったクリスマスプレゼントの箱(box)を開ける日であったことからBoxing Dayと呼ばれる。この日はプレミア・リーグでは全10試合が同時開催される。

なんて偉大なんだろう。

クロップ流に言えばクレイジーだが、フットボール・ラバーには堪らない12月26日。そんな素敵な一日に、お腹一杯にフットボールを堪能した極東の片隅の備忘録。

 

ベンテケ

クロップ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、リヴァプールVSレスター・シティ@アンフィールド。

上位に強いクロップ・リヴァプールだが、この日まで連敗を喫していてどうなるかと思われた首位レスターとの一戦。

プレスが効いていた。ここまでアメイジングな進撃を続けるレスターにほぼ何もさせなかった。ワンダフルなアンフィールドで奮闘するレッズにフットボールの女神も微笑んだ。63分に左サイドに持ち込んだフィルミーノの折り返しをベンテケが押し込んで虎の子の1ゴールを守りきる。首位レスターに今シーズン初めてゴールを許さず、9月のガナーズ戦以来の黒星を付けたクロップ・リヴァプール。5試合ぶりの白星を手に巻き返しを図る。

 

岡崎くん

69分までピッチに立っていたオカちゃん。

まったく何も出来なかった(泣)。

 

ファン・ハール

2015-2016・プレミアリーグ第18節、ストークVSマン・ユナイテッド@ブリタニア・スタジアム。

ご苦労さまでした。

これ程酷いマン・ユナイテッドはあっただろうか。メンフィス・デパイのヘッドのバックパスを奪われボージャンに先制点を許す。そのボージャンのFKから、壁に当たって跳ね返ったボールを豪快に蹴り込まれ2失点。ここまで26分。その後、ゴールに迫るシーンが2度あったがもちろんネットを揺らせず、要塞ブルタニアに難なく沈んだ。

ファン・ハールは年内で更迭となるだろう。

モイーズよりお金を使ってモイーズより酷い(順位はまだ上だが・・・)。ベンチにずっと置物のように座っていてはさもありなんだ。

 

ボージャン

ボージャン

バルサを出てから流転のボージャンだが・・・。

元気そうで何より(笑)。

 

モウリーニョ

ここは是非ともジョゼの招聘を。

 

マン・シティ

デ・ブライネ

2015-2016・プレミアリーグ第18節、マン・シティVSサンダーランド@エティハド・スタジアム。

ガナーズ戦での敗北を払拭するゴール・ラッシュ(4-1で勝利)。まぁなんてことないフットボールでしたが、ネットを揺らせば問題ない。上位との勝ち点差を詰めることが出来て良かった。

このまま中一日で首位レスターとの年内最後のシックス・ポインター。勝てば定位置へ返り咲くことも可能だ。チェルシーやマン・ユナイテッドの騒がしいマネージャー人事を他所に、プレミアを制して『賢人』へバトンを渡すのか。ペジェグリーニの胸中やいかに?(そもそもそういう契約なの?)。

 

グアルディオラ

『賢人』ペップ・グアルディオラ獲得レースのポール・ポジションにいるといわれるマン・シティ。

プレミアでもポディウムの真ん中に立つことができるか。目が離せない。

 

アーセナル

ヴェンゲル

2015-2016・プレミアリーグ第18節、サウサンプトンVSアーセナル@セント・メリーズ・スタジアム。

レスターが敗れたため勝てば首位だったが・・・。こちらも難所セント・メリーズで派手に敗れたガナーズ(4失点)。

『サウサンプトンは非常にフィジカルな試合をした。我々は多くの勝負で敗れた。それが敗因だ。だがそれは一つの側面でしかない。その点は彼らがうまくやった。2つ目の側面は、我々にとって最初の3ゴールがジャッジに関して非常にアンラッキーだったということだ』

『1点目はオフサイドだった。2点目は(ゴールが決まる前に)ファウルがあった。(CKから生まれた)3点目はゴールキックになるはずだった。平均を下回るプレーでそこに判定も加わっては、さらに難しい。その上で、サウサンプトンは上手くやったと言っておく』

言い訳は見苦しいぞ、Mrヴェンゲル。

『4点目については?』とクーマンに皮肉られたのも頷ける。

ここまで無風のガナーズ。時折見せる素晴らしいフットボールも継続出来ない。今シーズンは天敵モウリーニョが去って、2003-2004シーズン以来のトロフィーを掲げるビッグ・チャンスだと思うのだが・・・。

 

チェルシー

チェルシー

チェルシー?、お腹一杯で観てません。

ボクシングデー、バンザーイ!。

課題の克服には至らず

okazaki

okazaki

永遠に無理なんだろうなぁ。

引いた相手をやはり崩せず。

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第6節、カンボジアVS日本@プノンペン・オリンピック・スタジアム。

前半終了間際に藤春くんのシュートがポストを叩いたが、それ以外に決定的なシーンはなかった。試合後のコメントからも、前半は散々だった。かと言って後半が見違えるデキだったかというと、それもクエスチョンだ。

後半スタートから入った柏木くんは良かったが、宇佐美くんは消えてしまい本田くんと交代させられる。贔屓のカガワくんは、ペナルティをゲットしたが、たまたま競り合ったディフェンダーがぶつかってくれただけだ。岡崎くんが蹴ったPKはキーパーに難なくストップされる。嫌な感じがしたが、柏木くんが蹴った精度の高いFKからオウンゴールを誘い何とかなった。

うん、ダメだ。

まったくダメだ。

引いて守る相手にはこんなモノだろう。

予選は突破できる。

全ては本戦でどうするか。

予選で6試合連続クリーンシートを声高に叫んでもね。カンボジアのアタッカーにチギられた吉田くんを目の当たりにすると、これより上のレヴェルではやはりダメなんじゃと思ってしまう。

さて、どうしたものか。

 

honda

後半途中出場で後半アディショナル・タイムにヘッドでネットを揺らした本田くん。予選で5試合連続ゴールの新記録を打ち立てたが、またガゼッタあたりに皮肉られるのが関の山。

格下相手にしかゴールできない。

『(前進しているのか?の問いかけに)そこは早く強い相手とやらないと分からないし、いずれ嫌でも2年後ぐらいには明らかになる。アジアでの戦いとW杯での戦いはまったく異なる。今の代表にそういう戦い方を得意としている選手がそろっているわけではないのは事実だけど、強い相手とやれるポテンシャルがある選手がいるのも事実。今、判断するのは難しいし、今は『こういう相手とやるのは下手だな』でいいんじゃないですか』

その通りなんだけど、スッキリしないゼまったく。

寝落ちしなかったのが不思議なくらいだった(泣)。

スペースがあればそれなりに

岡崎くん

2018・ロシアワールドカップ・アジア2次予選第4節、シリアVS日本@オマーン、マスカット。

移動、暑さ、ピッチ・コンディション。劣悪な中で残した結果は褒めてもいいのかな。前半はシリアのプレス、運動量に手を焼いていた感もあったが、55分に長谷部キャプテンのロングフィードに抜け出したオカちゃんがペナルティを得て何とか勝ち点3が見えたゲームだった。

相手がヘバってきたところに宇佐美くんを投入し左サイドから攻めていく。代わり映えのしない采配だが、原口くんよりも効果的だ。そして待望の追加点はカガワくんの切れ込みから生まれたナイスなゴールだった。

70分。エリア内左深部でボールを持ったカガワくん。ゴールラインを横に相手ディフェンダーを躱しゴールに切れ込んで、秀逸な股抜きのパスを中央に走りこんできたオカちゃんに通し、オカちゃんがゴールに蹴り込み勝負を決めた。カガワくんは、中央にマイナスにパスする選択肢もあったが中央に居たのがFKの流れからそのままいた吉田くんだったので、股抜きからの平行アシストで正解だったと思う。

仕上げは、完全に足が止まったシリアを本田くんと宇佐美くんで崩しきっての宇佐美くんのゴール。相方が、『結局はHONDAがいないとダメなんだ(なんか情けない)』と宣ったが、本田くんが最後にプレゼンスを発揮して3-0でゲームを締め括った。

『大事な試合。勝たないといけない試合で結果を出せてよかった』

『前半は難しい試合だった。相手もハードワークして、プレスに来ていた。それでも慌てることなく、チャンスを待った。後半は相手のプレスが少し緩んで、スペースが空いてきた。うまく相手の裏を突いてPKを取って、その1点が勢いをもたらせてくれた』

とカガワくんはコメントしたが、スペースがあればそれなりにヤレるのは分かっている。

バス横付けの相手にどう崩すか。相変わらず左右から上げクロス(このゲームは長友くんと酒井高くん)は精度を欠き続けてている。課題をどう消化するのか。その一つの解を来月には観てみたいものである。

本田くん

冷静にPKを決めた本田くん。

流れからのチャンスもあったが遅いかなぁ。ディフェンスも上手く寄せてきたけれど・・・。3点目の絡み、ワンタッチプレイは良かったと思う。右サイドに張ってプレイするより、中央付近でプレイするほうが合っているかな。

 

宇佐美くん

右サイドのネイマール・ポジションで結果を残した宇佐美くん。

後半途中出場のジョーカーではあるけれど、やっぱ先発で観てみたい。

 

日本

過去に負けたことのないシリアを順当に下してグループ首位に立った我が日本。ブラジルもアルゼンチンもドイツも敗れた今回のワールドカップ予選。そんなタフなゲームを勝ったのは大きと思う。このまま、最終ラウンドへ進んでもらいたいものです。

“shinji night” memorial

オカちゃん&カガワくん

はオカザキくんに軍配。

2014-2015・ブンデスリーガ第4節、マインツVSドルトムント@コファス・アレーナ。

決めるときに決めておかないと勝ち点を失うケーススタディ。ドルトムントにとっては痛過ぎる敗戦でした。3度あったラモスの決定機。カガワくんは復帰戦よりもキレていたと思いますが、ゴールに直結できずこの試合でも途中でピッチをあとにしました。

そしてその直後の66分。右サイドからの折り返しをスルスルと現れたオカザキくんが流し込んでマインツが先制に成功。ドルトムントもオカザキくんのハンドで得たペナルティがありましたがインモビーレが失敗し、74分にオウンゴールを献上し万事休す。加えてムヒタリャンが全治4週間程度の怪我を負ったみたいで、まさに泣きっ面に蜂。

『チャンスを活かせれば、我々は妥当な勝者となっていた。しかし、2つの場面で悪い形の守備を見せたため、妥当な敗者となってしまったんだ。数々の良い瞬間があった試合だと思う。スタートは素晴らしかったが、ハーフタイムまでにテンポが少し下がっていった。だが、後半に2失点すれば、敗北に値するということだ』

『先制を許した場面では、受身になりすぎていた。もっとアクティブにかかっていかなければいけない。全体的にうまく対応しなかった。アドリアン(ラモス)も余裕で決められるはずのチャンスがいくつかあったが、今日は成功しなかった』

『マインツにとって先制点にどれほどの効果があり、我々にとってどう影響したかは明確だったね。2点目を喫したときやPKを失敗したとき、なおさらそう感じた。今日はいろりろとうまくいかなかった』と語ったクロップ。

 

ムヒタリャン

怪我人が多すぎます。焦らず、それでも早くロイスやフンメルスの復帰が必要です。しかし・・・痛い敗北でした。ミュンヘンがスコアレスドローだっただけに。

はぁ〜。

 

カガワくん

流石にそうそう上手くは行かないか。

 

オカザキくん

オカザキくん

このゲームはオカちゃんです。

お見事!!。

4得点で現在得点王(笑)・・・笑っちゃいかん。

 

丸岡くん

丸岡くん

あとこの試合は丸岡くんが途中出場したゲームでもありました。

初めて観ましたが、悪くないです。

クロップからは、『お前ならできる。そして楽しめ』と言われて送りだされたそうですが、これから次第も怪我人続出だし、アンカーでポジションを取れるチャンスでもあります。

『監督がそういう風に声をかけてくれたので、緊張が取れて、ちょっと自分を出せたかなとというのもあったけど、やっぱり初めてだったんで、遠慮気味になったプレーもあった』

『あんま覚えてないですけど、デビューできて、とりあえず良かったです。でも、チームが負けてしまったので。切り替えて、次の試合に呼んでもらえるように明日から頑張ります』

18歳・・・頑張れ!!。

2-2

japan

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本VSベネズエラ@日産スタジアム。

どう評価したらいいだろう。

全くイイところがなかったウルグアイ戦に比べると、後半はマシになったが(前半は変わらず酷かった)。

 

ムトー

後半、途中出場したムトーくんが、51分に豪快にドリブルシュートをゴール右隅に蹴り込み先制。アギーレ・ジャパン初ゴールは22歳の若武者によって齎された。中央の岡崎くんがスペースを作り、右サイドの本田くんをデコイにしたプレイ。敵陣で拾ったボールをそのままフィニッシュしたこの先制弾は良かったと思う。途中出場でかなりアクセントになっていた。

しかし、このゲームでもやはりというか最終ラインが安定しない。高く設定された最終ラインで不用意なパスミス(前半もあった)からカウンターを喰らい、ミスをした当の水本くん(この日先発した)がエリア内で我慢仕切れずスライディングタックルで削ってしまいペナルティを献上してしまう。

不用意なミスと安易なタックル。解説していた松木さんが熱く『今のは行かなくていい』とおっしゃっていたが、対応がプア過ぎた。

 

柴崎くん

それでも66分。左サイドを崩した岡崎くんのマイナスのクロスを、右サイドを駆け上がってきた柴崎くんがゴール左下に丁寧にダイレクトで叩き付け勝ち越しに成功した。このシーン、エリア内にはムトーくんと本田くんが居て、こういう崩しが出来ていれば勝つチャンスはあるだろう。得点が入って、攻めの意識がようやく見てとれた。

しかし、結局ゲームは71分に苦し紛れのミドルシュートを川島くんが後ろに弾いてしまい(有り得ないミス)2-2のドローで終えた。

大雑把に総括。

(ウルグアイ戦もそこそこ良かったし)ムトーくんと(代表初ゲームとなった)柴崎くんは合格点といったところか。今も昔も不安の残る最終ラインは吉田くんの相棒を誰にするか。2試合ともアンカーで先発した森重くんは良いと思わない。最終ラインの現状を鑑みセントラルに戻した方が良くないか。アギーレは細貝くんが好きなようで、細貝くんをアンカーにして、カガワくんが戻って来れば(もちろんデキによる)トップ下。

本田くん(左ポストに当てるフリーキックも放ったが)と長友くんは良く無かったと思うが、替わりの人材が思い付かない(結局代わり映えはしないなぁ)。川島くんは・・・(西川くんと交代かな)。あと、この日先発した大迫くんと柿谷くんだが、見せ場を作れず連携に課題を残し、個人的に贔屓の扇原くん(アンカーで出して欲しい)を見てみたかったが、10月以降にお預けとなってしまった。

『私はJリーグを視察し続け、選手を見続けたいと思う。そうして、仕事をしっかりこなしたいと思う』と語ったアギーレ。宇佐見くんや宮市くんなんかも見たいんだけど(スピードのあるウイングタイプが監督の戦術には合っているでしょ?)、ディフェンスが出来ないと選ばれることはないか・・・。

何にせよ、攻めも守備も課題は少なくはない。来年のアジアカップに向けて、みんなクラブチームでとにかくガムシャラに頑張って欲しいものだ。

 

柴崎くん

代表初出場で綺麗にボレーを沈めた柴崎くん。

ゲーム全体ではバランスを意識し(パスミスで危ないシーンもあったけれど)まずまずのデビューだった。ヤットさんの後継者となれるか?。

これから注目していきたいと思う。