オールド・トラッフォードへの行き方

オールド・トラッフォード

ほんの2週間前に行ってきた、『夢の劇場』オールド・トラッフォード。

けっこう『どうやって行ったの?簡単?』って聞かれましたので、備忘録兼ねて『行き方』などを記しておこうと思います。

イングランド北西部にある都市・マンチェスター。けっこう(かなり?)田舎です。『オールド・トラッフォード』や『エティハド・スタジアム』でフットボールを観る以外に、特に観るべきものは無いと思います。日本からの直行便なんてもちろんありませんので、多くの方はロンドン経由で行くことになると思います。

今回は、カタール航空で関西国際空港からドバイで乗り継ぎ、ロンドン・ヒースロー空港に。『オールド・トラッフォード(マンチェスター)』へは鉄道で行くことにしてました。

マンチェスターへは、ロンドンにある『ユーストン』という駅から鉄道が出ています。よってヒースローからだと、地下鉄を乗り継ぎ『ユーストン』駅へ行くことになります。そのまま行くと70分程度かかるでしょうか。ロンドンの何処かのホテルに宿泊する場合は、そこから『ユーストン』駅へ辿り着かなければなりません。

地下鉄の駅はそこらじゅうにあって、頻繁にやって来ますので、乗り継ぎの駅だけ覚えておけば簡単に『ユーストン』駅まで辿り着けると思います。

ちなみに(当方の英語力は中学生レヴェルなのですが)、地下鉄の切符もタッチ・パネルで簡単に購入出来ると思います。ロンドンの地下鉄は、ゾーンで料金が決まっていますので、『ユーストン』駅のゾーンを確かめて(ゾーン表がもちろんありますので)購入するだけです。

※親切で偉大な先人がアップしてくれた動画を貼っておきます。駅によっては日本語対応の券売機もあるみたいなので楽勝です。

 

 

『ユーストン』駅に到着すると地上へ上がります。すると鉄道の『ユーストン』駅に出ます。ここから、マンチェスター(『マンチェスター・ピカデリー』駅)へはヴァージン・トレインで行きました。ヴァージンのチケットは日本からネットで予約購入しました(ヴァージン・トレインズHP)。

ロンドン→マンチェスターでポチ・ポチして行けば予約出来ると思います。早い予約であればある程チケットが安い(格安で行けました)ので、旅程が決まれば即予約すると良いと思います。

チケット予約の手続きが完了すればメールが送られてきます。それにアルファベット等の予約番号が記載されていますので、その予約番号と予約時に使ったクレジット・カードを持って『ユーストン』駅にあるヴァージン・トレインズの券売機で予約番号を入力して、クレジット・カードを挿せばチケットが出てきます。

 

ユーストン駅

案内板

ヴァージン・トレイン

以前にも書きましたが、プラットフォームの案内は発車15分くらい前に表示されていたと思います。また、日本のような改札はありませんのでそのままプラットフォームへ行って乗り込むだけです。

ヴァージン・トレインで揺られること2時間半で、終着駅の『マンチェスター・ピカデリー』駅に着きます。

これで目的の8割が完了ですかね。

 

マンチェスター・ピカデリー駅

乗り継ぎ案内

駅を出ると左手にメトロリンクへの乗り継ぎ階段があります。下りて行くと『ピカデリー』駅があります。

 

券売機

メトロリンク

プラットフォームに券売機があります。そして、オールド・トラッフォードまで買えばOKです。こちらも簡単に購入できます。そして、アルトリンチャム行きに乗れば『オールド・トラッフォード』駅へ行きます。

注意点はチケットは必ずリータンで購入すること。改札はこちらも無いので持っていればOK。特に検札とかもないですが、ゲーム後は乗り口で切符の確認がありましたので紛失しないようにしてください。

 

オールド・トラッフォード駅

そして、『ピカデリー』駅から20分程度で『オールド・トラッフォード』駅に着くと思います。99%『オールド・トラッフォード』へ行く人達ばかりなので、その流れに付いていきましょう。

 

オールド・トラッフォード道程

この道を真っ直ぐ行けば『夢の劇場』です。

ちなみに、左に写っているレンガの建物はクリケットのスタジアム。間違えないように(笑)

 

道中

道中

オールド・トラッフォード

到着。

ロンドンからの場合、地下鉄で『ユーストン』駅へ行って、『ユーストン』駅からヴァージン・トレインで『マンチェスター・ピカデリー』駅。

『マンチェスター・ピカデリー』駅からメトロリンクに乗り継ぎ『ピカデリー』駅から『オールド・トラッフォード』駅という行程になります。ヴァージン・トレインは、20分に1本くらい出ていてとても便利でメトロリンクも頻繁に動いていますので、難なく辿り着けると思います。

行く前は、試合当日はメトロリンクも一杯で乗るのに苦労するってネットで見たりしていたので、ホテルからタクシーで行く?って感じでしたが、当日は普通に乗れましたし乗れると思います。また、ゲーム観戦チケットはコチラでお世話になりました。手配から応対含め丁寧で分かり易かったです。そして、こちらも早ければ早いほど安い!ので、旅行のプランが決まれば即お願いいたしましょう!

まぁ〜スタジアム周辺にはダフ屋のオジサンが大勢いますので、最悪はそちらでチケットをゲットすればイイんですけどね。

フットボール好きは一度は訪れてみたい『オールド・トラッフォード』。超オススメです。

広告

ロンドン旅行 DAY-3(Aug 26)その②オールド・トラッフォード篇

オールド・トラッフォード

オールド・トラッフォード

悲願達成。

「シアター・オブ・ドリームズ」。

ついに、ついにオールド・トラッフォードを訪れることが叶いました。お馴染みの正面、かなりデカイです。カンプ・ノウやベルナベウに並ぶ大きさでした。

 

オフィシャル・ショップ前

オフィシャル・ショップ『メガストア』前の相方。

カガワくんのユニフォームでは被るので、かなり長考の上ロビンとなりました。

 

オフィシャル・ショップ

『メガストア』内のポスターもカッコイイ。

お土産にマグカップが欲しかったんですが、MUFCのロゴが三菱東京UFJ(MUFG)みたいでダサイので断念。ガラスのコースターとエコ・バック、甥っ子にアルミの水筒を購入しました。

 

サウスゲート

S20ゲート

正面から左に回るとサウス・スタンドのゲートがあります。

黄色い扉が入場口です。

 

シーズン・チケット

入場時はイコカ(関西在住なんで)みたいにタッチしてバーを開けて入ると聞いていたのですが、普通にゲートのオジサンにチケットを見せて入場しました。

パシャパシャオノボリサン丸出しで記念撮影ばかりしていましたが、ゲーム開始までまだ数時間がありましたので、一旦荷物を置きにホテルまで戻りいよいよゲーム観戦です。

 

座席

スタジアム

スタジアム

ここからはスマフォで撮影しましたので、画像が荒いです。

座席は選手入場口近くの前から2列目でした。目の前を様々なプレイヤー達が通ります。

 

カガワくん

カガワくん!

この日は(も)出番がありませんでした(泣)。後半途中には、目の前でライアン・ギグスやマタ等とアップはしていました。

モイーズに評価されてないのかなぁ~(泣)。この日先発していたバレンシアやクレバリーより良いと思うけどなぁ~。

 

モウリーニョ

『カンプ・ノウ』でも拝見した、今は『ハッピー・ワン』の御仁。

何故かは分かりませんが、『ジョゼ~・モウリーニョ~、ジョゼ~・モウリーニョ~』とお馴染みのコールを受けてました。『カンプ・ノウ』では凄まじい罵声を浴びてましたが、そういうのはあまり無かったです。

ゲーム自体は、去就に揺れるルーニー(チェルシーから2度もオファーをされている)一人が攻守にプレゼンスを発揮。チェフにセーブされたシュートなど惜しいシーンもありました。

 

ルーニー

ルーニー

『ルーニー!ルーニー!!』コールの大合唱。

ゴール裏のサポーター達の声援が90分間半端なかったです。チェルシーに対する容赦ないブーイング、マン・ユナイテッドの頑張ったプレイには割れんばかりの拍手。

サイコーでした。

でもまぁ~ヒトコトで言えばウルサイ(笑)。スタジアムの特徴もあってか、かなり響くので隣と会話するのもママナリマセンでしたね。

 

トーレス

後半アップを開始したフェルナンド・トーレス。

目の前のトーレス(後半途中出場した)のセイで、後ろのアンチャンが、ユナイテッドの攻めが見えなかった時に、

『Sit down!Torres!!Fuuuck you!!! 』

と叫んでいました(笑)。

『邪魔なんだよ。クソが!!』、確かに邪魔でしたが・・・(笑)。

 

スタジアム

スコアレス・ドローで試合は終了。

夢のような試合内容では(かなり凡戦でした)ありませんでしたが、それでもやはり『シアター・オブ・ドリームズ』。

長年行きたかったスタジアムを訪れることが出来たサイコーの一日となりました。@『サン・シーロ』でミラン、@『カンプ・ノウ』でバルサ、@『オールド・トラッフォード』でマン・ユナイテッドを堪能しましたので、次はドイツでクロップ・ドルトムントを観戦したいなぁ~と思ってます。

DAY-4(Aug 27)『バッキンガム宮殿&etc』篇につづく。

 

訪れたい場所3選

【第3位】

ウユニ塩湖

よくテレビや画像で見ますが、実際はどんな景色なんでしょう?。

哀れな中間管理職の『社畜』では長い休暇が取れず、訪れることがかないません。

死ぬまでに絶対に訪れたい場所ですがいつになることやら・・・。

 

【第2位】

エティハド・スタジアム

言わずと知れた昨シーズンのプレミアリーグ王者マンチェスターシティのホームスタジアム。

昨シーズン最終節のアグエロの劇的なゴールを現地で観れた人達は本当に幸せです。

羨まし過ぎます。

ゴキゲンなサポーター達と一緒に『Blue Moon』合唱したいです。

 

【第1位】

オールド・トラッフォード

オールド・トラッフォード

別名『The Theatre Of  Dreams』。

今シーズンからカガワくんのホームでもあるオールドトラッフォード。

フットーボールのメッカです。奇しくもマンチェスターがHOTな@uemachiです。カガワくんがプレイする『マンチェスターダービー』が観れたら卒倒するかもしれません。

今年、行きたいですが・・・これまた休めないだろうなア~。

※平成25年8月26日、悲願達成!!