ワンピース80巻

ワンピース80巻

昨年末に出ていたワンピース80巻。

とうとう80巻になりました。

ドフラミンゴ・ファミリーに勝利し、舞台はドレスローザからゾウへ。その前に子分盃があって、麦わら大海賊団がなんとなく出来上がりました。

バルトロメオがやっぱイイですね(笑)。

ゾウ編はどうなることでしょう?。ローの扱い含め(サンジが不憫なんですが)今後の展開が気になります。

毎度毎度同じですが・・・、尾田っちが完結まで導いてくれることを願って止みません。

広告

東京ワンピースタワーへ行ってキタ(番外編)

ワンピースタワー

先日訪れた東京ワンピースタワー。

かなりナイスで楽しい時間を過ごしてきたわけだが、そこで撮った色々な写真の備忘録。

 

ワンピースタワー

インペルダウンの監獄気分が味わえるコーナー。

本編で再登場が望まれるイワさんのデス・ウインクが強烈なブースだが、中央にバギーのズラが置いてあって、その下に頭を入れて撮影が可能となっている。(僕がそうなのだが)バギーファンには堪らないスポットだ。

 

ワンピースタワー

セピア色のロジャー海賊団の一枚。

 

ワンピースタワー

僕は、若かりし頃のバギーも堪らなく好きなのだ(笑)。

 

ワンピースタワー

ワンピースタワー

バラバラのバギーも。

 

ワンピースタワー

本編ではラス・ボスになると予想している黒ひげ・ティーチ。こちらでは本編に登場した“D”の名を持つキャラが全員飾ってあった。

ルフィ、父ドラゴン、祖父ガープのルフィ・ファミリーから、エース、母ルージュ、父ロジャーのエース・ファミリー。あとは、ローに写真のティーチとサウロ。

エース・ファミリーは全員死んでしまった(泣)。

 

ワンピースタワー

ティーチと絡んでいる?青雉の自転車。くまの手や海軍三大将の椅子なども展示されていた。

 

ワンピースタワー

ポッキーの日の11月11日に訪れたワンピースタワー。11月11日はゾロのバースデイ。故に、ゾロのアトラクションだけでも参加すべきだったかと少し後悔している。このアトラクション以外に、ゾロが作中で切ったキャラ(ハチ、Mr1、神官オーム、Tボーン大佐、カク、ヒョウゾウ、モネ)をシルエットにして展示していたコーナーもあった。

ゾロには、そろそろ本編でボスキャラクラスと対峙し切ってもらいたいと切に願っている。

東京ワンピースタワー。

そこは、ワンピースファンは必ず訪れなければならない聖地。尾田っち書き下ろしのイラスト(撮影禁止)も見れるワンピース好きには堪らない場所。もう一度くらい訪れたいものである(今度はアトラクションに参加するゾ)。

東京ワンピースタワーへ行ってキタ(後編)

ワンピースタワー

ワンピースタワー

麦わらの一味の宴に別れを告げて上階へ。

様々なアトラクションがありますが、昭和のオジサンには少し辛いので、まずはローの撮影スポットへ。このローは些かイケメン過ぎるかな。

ローの横に座って2ショット撮影が可能となっています。女の子たちが2ショット撮影してましたね。

 

ワンピースタワー

そして最低限、ルフィのアドベンチャー・コーナーは行きました。

泣けます。

 

ワンピースタワー

忌まわしき、囚われナミさんの作業部屋。

 

ワンピースタワー

アラバスタをイメージした鏡の迷路。

 

ワンピースタワー

エニエス・ロビー。

『あの旗、撃ち抜け』。

『了解!!』。

 

ワンピースタワー

インペルダウンを通り過ぎると・・・。

 

ワンピースタワー

ワンピースタワー

エーーースーーー!!。

以上以外にも色々展示されていました。この後、5分程度のクオリティ高過ぎる3Dムービーが観れます。ソレはさすがに撮影不可なのですがホントにクオリティが高い。どのワンピース・ムービーよりも完璧に、原作の作画近く描かれています。そのデキと同じクオリティでアニメを作って欲しいなぁ。

アトラクション含め、なかなか完成度が高いワンピースタワー。東京周辺に住んでいませんので再び訪れることはないと思いますが、とても楽しめました。

 

ワンピースタワー

ワンピースタワー、大阪にも作ってくんないかなぁ〜。

東京ワンピースタワーへ行ってキタ(中編)

ワンピースタワー

夕日に染まるサニー号。

 

ワンピースタワー

トンガリ島へ上陸し、宴が始まります!!。

等身大の精巧なフィギュアがナイスでした。

 

ワンピースタワー

ルフィ。

『宴だァーーっ!!』。

 

ゾロ

ゾロ。

サンジと睨み合ってましたね(笑)。

『くそコック!!』。

 

ワンピースタワー

ナミさぁぁぁん💕。

 

ワンピースタワー

ウソップが精悍でした(笑)。

『乾杯だァ!!!!』

 

ワンピースタワー

ぐる眉サンジ(笑)。

『あぁぁぁん、迷子マリモ💢』。

 

ワンピースタワー

まぁまぁ二人とも(苦笑)。

 

ワンピースタワー

ワンピースタワー

チョッパー。

『楽しいゾ、コノヤロウ!!』。

 

ワンピースタワー

セクシィ、ロビン姉さん。

 

ワンピースタワー

『ふふふ』。

引きショットもセクシィ💕。

 

ワンピースタワー

フランキー。

『スーーパーーー』。

 

ワンピースタワー

ブルック。

『ヨホホホホ』。

以上、麦わらの一味でした。後編へつづく。

東京ワンピースタワーに行ってキタ(前編)

ルフィ&シャンクス

かなり遅ればせながら、東京に遊び行ったので念願のワンピースタワーへ(東京タワーに作られた)行ってきました。

超楽しかったデス。

ちょうどゾロの誕生日(11月11日)だったので、そのイベントが行われていました(特にイベントには参加しませんでしたが・・・爆)。

昔行ったワンピース展@大阪では撮影がまったくできませんでしたが、この東京ワンピースタワーはほぼ何処でも撮影可能なのがイイですね。アトラクションや映像コーナー等盛り沢山で、ワンピース好きは必ず訪れなければなりませんね。

2時間ちょっと居ましたが、あっという間でした。

 

ワンピースタワー入口

ワンピースタワー入口

東京タワー3F、入口でルフィとチョッパーが出迎えてくれます。この左側で当日チケットを購入して、いざワンピースタワーへ。

 

ワンピースタワー

ワンピースタワー

ワンピースタワー

ワンピースタワー

まずは、原作原稿を使った麦わらの一味の様々なエピソードで始まります。展示物の前に立つとパネルが色付いたり、パネルをタッチするとセリフが現れたりするギミックは新鮮でした。

この後、トンガリ島へ。

中編へつづく。

一枚の扉絵に込められた謎

ワンピース

ワンピース・ネタ連投、我が家にあるワンピースの複製原画。

この構図がとても好きで迷わずゲットしたのですが、この絵には謎が込められていると考察されている方がおられました。

この複製原画は、本編540話『LV(レベル)6 無間地獄』の見開きの扉絵ですが、何やら大きめの本を朗読しているロビンを中心に、時計回りにサンジ、フランキー、チョッパー、ルフィ、ウソップ、ナミ、ゾロ、ブルックがそれぞれのキャラクターを表すように描かれています。

そして『麦わらの一味』の周りに描かれている動物たちが、『革命軍』を表しているのでは?と考察されておられます(詳細な考察はコチラ)。

内容を要約すると、

❶左のゾロの後ろの赤い『蛇』が『ドラゴン』を意味し(それは革命軍のリーダーである)モンキー・D・ドラゴンを表しているのではないか。少々強引なのですが、蛇の体に描かれているダイヤのマークがドラゴンの頬にある三つのダイヤの刺青に酷似しています。❷ブルックの足元にいる髭のコアラは、もちろんコアラで(本編では革命軍の幹部になって再登場した)、ロビンのすぐ右に居るシルクハットを被ったリスは、本編でシルクハットを被って再登場したサボを表している。サンジの後ろから覗き込んでいるくまは、当然バーソロミュー・くまになります。残りの革命軍については正直考察しきれてません。イワさんやイナズマはどれかで表しているのでしょうか?。あと、❺ウソップの横で寝そべっているトラ?(ヒョウだと思いますが)がトラファルガー・ローを表していて、ローが革命軍に入るのではないか?と考察されています。イワさんを何かで描いていればと思わずにはいられません。たとえ、後付けであっても文句は言いませんので、尾田っちにはこの扉絵の何かでイワさんやイナズマ、ハックなんかを描いて欲しいなぁと思います。

昔の著名な画家のように扉絵に謎を込めて描かれていると思わせるワンピース。

スゲェェェ。

ワンピース79巻

ワンピース79巻

少し遅いですがワンピース79巻をゲットしました。

ようやく決着したドレスローザ編。長かったぁ〜。前巻の最後で放った獅子(レオ)・バズーカ。ドフラミンゴは、それでは倒せず消えない鳥カゴ。時間切れとなったギア4。ルフィの復活までの物語。鳥カゴを押す面々。ドフラミンゴの糸で操られヴィオラを切ろうとさせられるレベッカ。その前に復活したルフィ。

『ふんがァ〜!!!』

大(キング)猿王(コング)銃(ガン)。

消える鳥カゴ。歓喜に沸くドレスローザ。

良かった良かった。

最後に描かれたデカすぎる『百獣のカイドウ』。デカ過ぎるでしょ(笑)。あと、79巻は読者からのリクエストを描いた扉絵がイイです。

『ペローナがブルックの演奏(呪い歌)を聴いてうっとりしている』がお気に入りです。カラーで販売してくんないかなぁ〜。

次はゾウ。もう少しマキでお願いいたいものですが・・・。