どつき合い

クロップ

クロップ

K)どうなん?、あれ。

W)・・・(苦笑)。

2015-2016・プレミアリーグ第21節、リヴァプールVSアーセナル@アンフィールド。

めっちゃオモロイ試合やった。

アタリのゲームやった。

10分のフィルミーノのゴールでどつき合いのゴングが鳴った。4分後にラムジーの同点弾。ダイアゴナルに入ってきたラムジーを捕まえきれず、ミニョレがショボすぎた(抜かれたらあかんニアをブチ抜かれた)。リバポはキーパーを替えなアカン。ハイボールの処理が致命的にヘタやし、なによりドンくさい。ミニョレのまんまやといつまでたっても安心でけへん。

でも、19分にまたフィルミーノがスゲェ一発を決めた。解説のバンドが、ボールの置き方が素晴らしいと言うとったけど、ホンマ凄い一発やった。

でもまた簡単に失点。CKからアッサリと。センターバックとキーパーがホンマあかん(サコとコロとミニョレ)。

その後にジルーのドフリーがあったけど、ボールをうまく捉えることが出来へんで助かったリバポ。前半終了間際には、三たびフィルミーノにもチャンスがあったけど、振り抜いた左足の一撃はクロスバーを掠め、枠の外へ。

『零コンマ数秒我慢できたら』ってバンドが言うてたけど、惜しいチャンスやった。

後半へ。

55分。エリア内中央でジルーが、おフランス・ターンからの綺麗な一発でアーセナルが2-3とした。正直リバポに、同点、逆転する力はあらへんと思った。実際、時間が経つにつれて疲弊し運動量が落ちた。それでも、クッロプに変わって一番変わったのが、諦めへんこと、信じること、か。

ベンテケ入れて、ロングボールから溢れ球を狙う戦術に切り換え、最後の最後でその狙いが当たった。ヴェンゲルの交代策も間違うてたけど、出来過ぎやと思う。

朝早う起きて(5時)観たかいがあったどつき合いの一戦。

ヘヴィ・メタルとクラッシックの邂逅は、両者痛み分け。リバポとしては、(先制したし)勝てた試合やったと思うけど、多すぎる怪我人のことを考えると、よお引き分けたんとちゃうかな。

クロップはやっぱええなぁ。

 

フィルミーノ

フィルミーノのコシェルニーの股を抜いての1点目。

 

ラムジー

ラムジーの1発で1-1に。

 

フィルミーノ

この日のハイライトの一つ、フィルミーノの2点目。

 

ミニョレ

やらんでええ失点で2-2に。

 

ジルー

この日のもうひとつのハイライト、オリヴィエ・ジルーの美しすぎる1発。

 

アレン

諦めない終了間際のアレンの同点弾。

 

クロップ

喜びを爆発させるクロップ。

 

エジル

ほとんど消えていた天才エジル(一度だけ凄いトラップを披露してくれた)。

 

ヴェンゲル

間違えたヴェンゲル。

 

リヴァプール

湿った雪が舞ったアンフィールドに、最後の最後まで諦めない熱気が確かに存在していた。

広告

ジョー・ハートの股の先

ジルー

そこにあるのはゴールなのだ。

2015-2016・プレミアリーグ第17節、アーセナルVSマン・シティ@エミレーツ。

マンデー・ナイトのビッグ・マッチ。もちろん5時に起きてライブ視聴。ボールを持って攻める両チームに期待して観ましたが、なかなかの好ゲームだったと思います。ガナーズが持つ時間、シティが持つ時間と鍔迫り合いが続き、どちらかというとマン・シティが押していた中、33分のデ・ブライネの右サイドからの左ポストを掠めるかというシュートの直後にウォルコットの美しい一撃が炸裂しゲームが動きました。

 

ウォルコット

ウォルコット

左エリア手前でエジルからのパスを受けて、サニャが寄せてくる前にやや中央斜めに持ち出してからの一閃。怪我で離脱しているアレクシスのサイドで完璧な仕事をしました。

そして、前半終了間際にタイトルのゴールが生まれました。

 

ハート

エジルが今度はジルーにアシスト。ジルーのシュートは抑えたスピードのあるものでしたが、角度がなくここしかないところを抜かれた感は否めないです。

『閉じて欲しかった』の一言に尽きます。反対側にいるチェフならとか、デ・ヘアなら、ノイアーなら、ブラヴォなら、様々な思いが胸に去来しました。

後半はなかなかゴールが生まれませんでした。アーセナルが一度美しいパス交換からラムジーにビッグチャンスがありましたが、それはジョーが顔面でセーブ(笑)。

一方のマン・シティは、スターリングとヘスス・ナバスが入って縦に速くなりましたが、中央を固めるガナーズの壁を突破できません。しかし、82分に凄いゴールが生まれました。

 

トゥレ

トゥレ

サニャのパスにダイレクトで左足を振り抜いたヤヤ・トゥレの一撃。ボールは美しい弧を描いてゴール左隅上に吸い込まれていきました。

しかし、ゲームはこのままタイム・アップ。プレミアの頂上決戦ファースト・ラウンドはガナーズに軍配が上がりました。

 

ヴェンゲル

『両者が全力を尽くし、とても激しいゲームをした。我々は、スピリットや組織、輝きを見せたと思う。それらすべてで勝ち点3を手にした。勝利は常に自信を深めてくれる。こういうビッグ・マッチではなおさらだ。ただ、我々が気にするのはパフォーマンスやスピリットだよ。我々は向上への良い意欲を維持しており、こういう試合で勝つ力を手にしなければいけない』

『我々の自信は深まっている。とても、とても若いチームでたくさんの試合をこなしてきたが、今はより成熟している。こういう試合でそれが分かるね』

『我々は非常に野心的だ。このリーグはとても難しいから、しっかりと慎重にならなければ。チームに自信を与えてくれる(勝利だ)が、同時に我々は道のりがまだとても長いと分かっている。すべての試合がバトルだ。少しでも努力を怠れば、このリーグではノーチャンスとなる』

勝って兜の尾を締めたMrヴェンゲル。

 

ペジェグリーニ

一方の敗軍の将。

『過去ではなく未来を見ている。あと21試合残っている。我々は首位と2位に勝ち点6差、勝ち点4差だが試合はたくさん残っている』

『2点目が決定的だったと思う。我々はアーセナルより良いプレーをしたが、彼らは最初のシュートでゴールを決めた。それまでに我々はチャンスを作ったが、決められなかった。そういうときは失点するものだ。私は2点目が非常に重要だったと思う。我々のミスから(前半の)終盤に決まったゴールだったからね』

繰り返しますが、ハートの股です。

『我々はよりポゼッションし、より多くのシュートを放ち、よりトライした。だが勝つことができなかった。後半はよりリスクを背負い、少なくとも引き分けるチャンスはあった。こういう重要な試合では、ミスをしてはいけない』

そう、ハートの股。

 

デ・ブライネ

アグエロの美しいダイレクトから抜け出したデ・ブライネの一発が決まっていれば・・・。タラ、レバはダメですがね。

 

エジル

結果を出しまくる天才・エジル。

後半、守備固めでお役御免に不満顔(笑)。

忘年会シーズンで、飲みまくっての朝5時起きはかなり辛いですが、なんとか起きて観たゲームとしては観たかいがあったマンデー・ナイト・フットボール。

プレミアはクリスマス・ヴァケーションがありません。すぐに次のゲームがやってきます。

 

アーセナル

後輩とこのゲームを肴に一杯デス。

まぁでも、やっぱハートの股だよなぁ。

サヴァイブ1

ヴェンゲル

ジルー

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF最終節、オリンピアコスVSアーセナル@スタディオ・ヨルギオス・カライスカキス。

『抜け出すことができた。我々にとってのCLでのラッキーイヤーかもしれない。今日出場した選手を見れば、我々が披露したパフォーマンスが絶対的に素晴らしかったことが分かるはずだ』

『チームをとても誇らしく思っている。精神的にも戦術的にも、正しい状態にあることが必要だった』

『2-0になり、3点目を取りにいく必要があった。完璧な試合をしたね』

正直、マン・ユナイテッドに続いてゴー・ホームになると思ってましたが、攻撃には一日の長があるのかもしれません。早い時間帯で先制点が欲しかったガナーズですが、それは29分に訪れ、俄然雰囲気が変わりました。後半49分に2点目が入ったのも大きくオリンピアコスは正直ショボすぎました。そして残り20分以上残して3点目をPKで沈め、ヴェンゲル体制最大の危機をまずは乗り越えることに成功しました。

サヴァイヴしたガナーズ。

もっと早くからヤレよ・・・という声が聞こえますが、エジルが起点となり周りを活かしています。ウォルコットに押され気味のジルーもハットトリックで結果を残し、ネクスト・ラウンドに期待を持たせました。

後輩のことを考えると、取り敢えずは良かった良かった。

 

エジル

エジル

天才『エジル』のプレゼンス。アレクシスやカソルラのように怪我だけはしないよう願うばかりです。

2月から再開されるノックアウト・ラウンド。どこまでサヴァイブできるでしょうかね。

突破は自分たち次第

ヴェンゲル

三度のメシよりフットボールが好き。

こんばんは、@uemachiです。

ゴキゲンなバルサのおかげで終始ゴキゲンな僕ですが、バルサのゲームをライブ視聴した後に連続して崖っ淵のガナーズのゲームを観ました。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第5節、アーセナルVSディナモ・ザクレブ@エミレーツ。

エジルが躍動しましたね。サンチェスが決定力を発揮しましたね。妙に入れ込まず我慢してゲームを運び、何とかモノにしたって感じでした。正直、バルサのゲームの後だけに欠伸が出てしまいましたが、ガナーズ好きの後輩のためにも、勝てて良かったです。

 

エジル

『前半の彼はズバ抜けていた。今の(エジル)彼には得点感覚がある。これまでは、そこまでペナルティーエリア内で彼を見ることはなかったが、今シーズンは、特にここ5、6試合の彼はそうしているね』とMrヴェンゲルに賞賛された『天才』エジルの珍しい頭でのゴールで先制したガナーズ。

 

サンチェス

サンチェス

お疲れ気味のアレクシス・サンチェスも続いて、前半で2-0とし一安心。

 

サンチェス

後半にもサンチェスが一発捩じ込み3-0で勝利。

1節、2節の体たらくがなければ楽々突破だったのに、ホントやれやれですね。

 

アーセナル

過去、勝ち点3で第4節を終えた(39)チームがグループ・ステージ突破を果たしたケースは1回しかないそうですが、果たして2チーム目になることはできるでしょうか?。

 

ヴェンゲル

『(突破を賭けた最終節は)非常に面白い試合になることを約束する』と語ったMrヴェンゲル。

舞台は、12月9日@ギリシャ・ピレウス。

ミッションは1-0か2-1以外での勝利。(敗退した)昨シーズンより条件はかなり緩いですが、ガナーズは果たして突破できるでしょうか?。

うん、楽勝じゃね?(笑)。

鬼神痛恨

ノイアー

ノイアー

鬼神。

 

ノイアー

ノイアー

痛恨。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループF第3節、アーセナルVSバイエルン・ミュンヘン@エミレーツ。

マヌエル・ノイアーの痛恨のミスで、アーセナルはサヴァイブ。

77分。それまでパーフェクト以上でゴールに鍵を掛けていたノイアーでしたが(エジルのシュートを難なくセーブし、ウォルコットのドフリーヘッドを掻き出した2つは世界最高の名に相応しかったです)、セットプレイからの混戦でジルーに押し込まれ痛い失点をしてしまいました。

飛び出すタイミングが遅れました。

たった一つのミスが致命傷となる厳しいポジション。

 

ノイアー

『違う結果を思い描いていた。優れた相手だったし、両チームにとって引き分けが妥当な結果だったと思う。でも、僕が大きなミスをしてしまって、アーセナルにリードを許してしまった。それでも前を向かないと』

『アーセナルに先制点を与えたそのシーンを除けば、全体的に僕も良いプレーを見せていたと思う。僕たちの方がボールを支配していたけど、チャンスはお互いにあった。残念だけど、こちらは決定機を決められなかった』

『自分たちがゴールを奪えず、僕があのようなミスをしてしまったら、こういった優れた相手には負けてしまうものだ。彼らは最近、マンチェスター・ユナイテッドを3-0で下していたね』

圧倒的にボールを持ったミュンヘン。効果的なサイドチェンジ、ワンツーでチェフが守るガナーズゴールに襲い掛かっていましたが、決めるべき時に決めないと(チアゴのシュートが甘すぎました)こうなってしまいますかね。

アーセナルも、マン・ユナイテッド戦のようにはいかず、我慢我慢でカウンターに勝機を見出し、最後の最後でエジルが止めを刺しました。

 

ノイアー

エジル

後半アディショナル・タイム。

ショート・カウンターから右サイドを駆け上がった20歳のベジェリン(バルサのカンテラ出身だ)が鋭く切れ込み中央へ。逆サイドから上がってきたエジルが綺麗に合わせて2-0としました(これもノイアーが止めたように見えましたがゴールラインを越えていました)。

勝つしかなかったガナーズは、何とかミッション・コンプリートでグループ・ステージ突破へ可能性を繋ぎました。

『2つの優れたチームによるトップレベルの試合だった。バイエルンがボールを支配したが、我々はタイトだった。終盤は敵陣でのプレーが増えたね。それに彼らがフィジカル的にもがいたところも多少あったと感じている。非常に強いチームを倒すことができた』

『チェフが我々を持ちこたえさせてくれた。ノイアーにも同じことが言えるだろう。今日、我々のピッチには、本当に頂点にいるワールドクラスのGKたちがいた。それは双方にとって不可欠だったね』

と語ったプロフェサー・ヴェンゲル。

これほどのゲームが出来るのに2連敗スタートは何故なんだ?(笑)。ナイス・ゲームを勝ち切り、グループ・ステージ突破の可能性を残したガナーズ(突破できるんじゃないかなぁ)。最近はデキがイイですね。とても面白いゲームでした。

 

エジル

消えることなくプレゼンスを発揮した『天才』エジル。

良かったです。

流麗

アーセナル

エミレーツ

これだからガナーズ・ファンは止めれないのかな。今シーズン観た中で一番素晴らしい前半でした。

2015-2016・プレミアリーグ第8節、アーセナルVSマン・ユナイテッド@エミレーツ。

『スーパー・サンデー』の一発目にライブ視聴しましたが、最高でした。6分、前から奪いかえしたボールをラムジーがエジルに渡し、エリア内右深部を抉ったエジルが中央へ折り返したボールをアレクシス・サンチェスが走り込んできて秀逸なヒールでデヘアの壁を破り、その1分後には左サイドで仕掛けたウォルコットが中央で待ち構えていたエジルに決めてくださいパスで、エジルがゴール左隅に美しく蹴り込んであっという間に2-0。

前からのプレッシャー、ボール奪取からのショート・カウンター。パーフェクトでしたね。マン・ユナイテッドは受けてしまいましたかね。20分には左サイドからドリブルで仕掛け中央から豪快にネットを揺らし3-0。このテンションを90分維持するのは不可能ですが、このレヴェルのプレイをコンスタンに披露できればプレミアを制するのになぁ。

凄い前半でした。マン・ユナイテッドにシュートを前半終了間際まで許さずパーフェクト。ワントップのウォルコットは速く、エジルのプレゼンスも良かったです。『天才』でした(笑)。

まぁ、後半はアクセルを緩めましたが危ないシーンもチェフがビッグセーブで失点を許さずクリーン・シート。Mrヴェンゲルはこの後のインターナショナル・マッチ・ウィークをさぞや恨んだことでしょう。

しかし、ガナーズは麻薬でしょうか(笑)。このゲームのようなフットボールを披露できるなら期待したくなりますよ、そりゃあ。コンスタントに披露できるか、ヨーロッパの舞台でどこまでできるか。僕はアーセナル・サポではありませんが、やっぱ観たくなります。でも裏切られるんだよなぁ。それが麻薬的でもありますかね。

『スーパー・サンデー』一発目のこのゲーム、最高に満足できました。

 

サンチェス

サンチェス

ハットトリックは逃しましたが、2得点で最近複数得点で確変中のアレクシス・サンチェス。

セリエ、リーガ、プレミアの三大リーグでハットトリックを達成した初めてのプレイヤーに相応しい活躍でした。

 

エジル

エジル

1G1Aで結果を出した『天才』エジル。

やれば出来るんだよなぁ。好きなプレイヤーなので頑張って欲しいですね。

 

ヴェンゲル

苦虫を噛み潰す顔を見る予定だったんだけど・・・(笑)。チームは、この笑顔ガッツポーズのデキでしたね。まぁ、たまにはイイかな。

『スタートからいくと決めてきた。プレスをかけて、素早く仕掛けることにしたんだ。うまくいったね。それができたら、我々はゴールを決めることができる。守備も統制がとれていて、コンパクトさを維持した』

『ビッグゲームにはいつも勝たなければいけない。それが自信を得るために重要だということは、過去の経験から十分に分かっている。ただ、それを次に生かさなければいけないね。次はワトフォード戦だ。代表に行く選手が無事に戻ってくることを祈ろう

 

ファンハール

こちらはマン・シティに首位の座を開けた渡し三日天下に終わったファン・ハール。

『あのようなスタートでは、決して試合に勝てない。我々はすべての一対一やセカンドボールで負けた。アーセナルが素晴らしいチームなのは前もって言っていたはずだ。彼らにあのようなスペースを許せば、難しい。5分で2点差では、もっと難しい』

『私はまだ答えを探している。チームの半分以上がゲームプランどおりでなかった。予想外だ。我々は首位のチームだった。(公式戦)4連勝中だったんだ。それを守らなければいけなかった。理解するのは難しい。まだ理由を探さなければいけない』

『(最悪のパフォーマンスだったか?)そうだと思う。我々は普通のパフォーマンスができず、アーセナルの方がずっと良かったからね。彼らの方がずっとアグレッシブだった』

神経症の暴君の苦悩はまた続く。マン・ユナイテッドのバウンス・バックにも期待したいと思います。

タイトルレースについて知っておくべきこと

チェルシー

『チェルシーは、最終的に引き分け狙いのプレーをしたと思う。彼らはそういう守備ができるチームだからね。僕は長く在籍していたから分かるんだ』

そう語った『恥知らず』のバナーをだされたレジェンド、フランク・ランパード。

2014-2015・プレミアリーグ第23節、チェルシーVSマン・シティ@スタンフォード・ブリッジ。

退屈だったなぁ。

 

レミー

シルバ

ゲームは、(90分間で3本のシュートしか撃てなかった)チェルシーが41分にレミーのゴールで先制し、45分にシルバが返してそのまま1-1で終えた退屈な一戦となりました。久々のプレミアでしたが、視聴セレクトを間違えたかもしれません(泣)。

勝ち点差は『5』のまま。

素晴らしいね。

『まずはシティを褒めよう。今季、スタンフォード・ブリッジから勝ち点を持ち帰ったチームがいたかい?。ノーだ。シティは先制されたが、見事な反撃を見せた。ボール支配率もチャンスの数も上回っていた。だが、勝てなかった。それは相手がチェルシーだから仕方がない』

『これがチェルシーだ。彼らは良いパフォーマンスを披露できなくとも、1-0で勝ったりする。今日も苦しんだが負けなかった。それこそ王者の証だ。だから、優勝するのはチェルシーだ』

と語ったティエリ・アンリ。

第23節を終了した時点で5ポイント差をつけて首位に立っていたチームに対し、それをひっくり返してプレミアで優勝を飾った最後のチームは、アーセナルを逆転した2002-2003シーズンのマン・ユナイテッドだそうで、そしてこのシーズンを最後に、プレミアでは23節消化時点で首位に立っていたチームが11シーズン連続でトロフィーを手にしているそうです。

 

ランパード

『“スペシャル・ワン”は素晴らしい。拍手で讃えよう。そしてこのゲームの結果で、彼は名実ともに“ハッピー・ワン”となる。拍手しかないね』

とは言いませんでしが、なんとも・・・ね(泣)。

リアリストの本懐を遂げたモウのオヤヂとチェルシーはこのままプレミアを制すのだろうか。

『フットボールとはこういうものだ。彼(モウリーニョ)とは最近あまり話をしてはいないし、苦々しく思うような余地はないと思う。もしあったとしても、これから対処できることだよ』

そこはかとない寂寥感が募ります。

ゴールを抉じ開けることが叶わなかったマン・シティ。『まだ多くの勝ち点が残されている』という常套慣用句を現実のものと出来るだろうか。

僕は無理だと思います。

 

エジル

『天才』エジルが復活し、輝きを取り戻してきたガナーズのゲーム(5-0で勝利)を観るべきでしたね。

残念。