落ち着けよ、時間はたっぷりあっただろ?

ピケ

メッシ

リーガにもアディオスか。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第33節、バルセロナVSバレンシア@カンプ・ノウ。

焦りすぎだ。苛立ち過ぎだ。カンプ・ノウで復活するハズだった。それに見合う内容を見せていた。だが肝心のボールがゴールに入っていかない。たぶん、何かが噛み合っていないのだ。いつもなら揺らせるはずのネットを揺らせないでいると、球運にも見放される。26分。右サイドを破られラキティッチのオウンゴールで決壊。ピケが必死で鼓舞するシーンが映し出されていたが、失点の瞬間に今日もダメかという空気がピッチを支配した。まだ1点だったのに。ホーム、カンプ・ノウだったのに。ネイマールが止めらる、メッシが止められる。もうゴール出来ないと思わされた。世界一のトリデンテにもかかわらず。前掛かりになり再びバランスを欠く。アディショナル・タイムにまたまた右サイドを破られ、今度は美しく失点してしまう。悲惨だ。最大の問題点は、右サイド。レオ・メッシが中央にポジションを取ってからおかしくなった。そう、クラシコから。多少マシになったゲームでもやはり中央に位置し出すと突然問題を抱える。メッシは右サイドから攻めて欲しい。そうすることによって相手のカウンターの抑止にもなるのだから。何故メッシは突然中央でプレイばかりするのだろう。ルイス・エンリケもその問題は把握しているハズだが、アンタッチャブルの弊害か適切なポジションの配置を出来ない状況が続く。セルジ・ロベルトやラキティッチが変わりに位置しても問題は解決しないのだ。スアレスが変わりに右に張り出してきても、スアレスはリアルFWなのだから、当然主戦場は中央だ。

レオ、気付いてくれ。

キレキレのイニエスタやダメなネイマールのサイドチェンジにメッシがいる必要がある。噛み合わない歯車に苛立つバルサ・イレブン。少しの時間稼ぎに尋常ないほどイラつく。イラつけばプレイ精度が下がる。決め切れるシーンで精度が狂う。63分に、ようやく美しく左サイドから崩してメッシがネットを揺らしたが、あと1点が遠い。バレンシアがミスを犯したにも関わらず、またまたバルサが苛立ち、自滅した。少なくとも追いつけたゲームで、結局は勝ち点を得ることができなかった。

2位アトレティコに勝ち点で並ばれ、3位のマドリーはそこから僅か1差となった。残り5ゲーム、一つも負けることができなくなった。正直、今のバルサではそれは不可能だろう。残りは全て格下ばかりだが、すぐにやってくるミッドウィークのカサでのデポル戦で完全にリーガにアディオスするかもしれない。37節にはエスパニョールとのダービーもある。削られまくってゲームのテンポを失い、ズルズルと時間も失うシーンが頭から離れない。

繰り返すがレオ、気付いてくれ。奇跡的にサヴァイブするには、レオ・メッシが右サイドでプレイするしかないと思う。

あの世でヨハンはどう見ているだろう。辛辣かつ適切な言葉はもう聞けない。アンタッチャブルなメッシが、自身でそうプレイするしか修正できないのだ。ネイマールとブスケツのコンディションはもう上がって来ないだろう。女装してSNSでふざけている場合ではないのだ。

3冠に視界良好な位置からのナイアガラ。今シーズンはダメだと思うが、最後まで諦めずに戦って欲しいと願うのみだ。もう一つも負けることは許されないのだから・・・。

 

ネイマール

スアレス

揺らせるハズのネットが揺らせないSN。

 

ピケ

終了間際に訪れたどフリーを外してしまったジェラール・ピケ。

 

メッシ

メッシ

6試合ぶりにネットを揺らし公式戦通算500ゴールを達成したレオ・メッシだが、勝たなければ祝うこともできない。

重要なのでみたび繰り返す。右サイドでプレイしてくれ。

 

ルイス・エンリケ

90分間11人で戦わざるを得なかったルイス・エンリケに打てる策はないのか。

『これは素晴らしい挑戦だ。残り5試合に勝てば我々が王者となるんだ』

『すべてが我々次第ではあるが、貯金がなくなったのは事実だ。しかし我々は頭を上げて挑戦に臨んでいく。バルサの選手がまさしくそうするようにね』

『ここ最近はプランを立てること、プレーすることが困難な試合が続いたがチームは今日の一戦で素晴らしいリアクションを見せてくれた。前半は完璧な内容で決定機を手にしたが、試合を手繰り寄せる運がなかった。また後半、選手たちはハートでもってプレーしてくれた』

『我々は先制点を必要としていたが、違うゴールに決めてしまった。プレーの効果性を得られないとき、決定機を決める運を持ち得ないときはより難しくなる。そしてフットボールは気まぐれで、今回のようにわずかの攻撃で勝つことも許してしまうんだ。とにかく今日は選手たちを批判する日ではなく、称賛する日にほかならない』

ルーチョ、毒にも薬にもならないコメントではチームを立ち直らすことはできないぞ。もう一つも負けることはできないが、まだ終わっちゃいない。

ミッドウィークはすぐにやってくる。

広告

醜態

グリーズマン

グリーズマン

アトレティコ

なんだコリャ。

想像してた最悪の結果の通りとなった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、アトレティコ・マドリードVSバルセロナ@ビセンテ・カルデロン。

まったく前へ進めない。というか進もうとしないバルサ。遅い。戦術的?。ゲーム途中イニエスタが速くパスを回せ的なゼスチャーを見せていたが、プレイ・スピードが遅すぎる。鳥かごよろしくパスを回すのはイイけど、アトレティコのプレスを掻い潜れず簡単にシュートまで持っていかれる始末に、前半早々にダメだと覚悟した。それでも何とか耐えていたが、36分にジョルディ・アルバのクリアを拾われグリーズマンにヘッドを捻じ込まれる。覇気がない。インテンシティが見られない。後半もアトレティコはタフでソリッドだった。徐々に疲弊してはきたが、最後の最後で身体を投げ出す。抉じ開けることが出来ないバルサ。そして88分。いつもどおり前掛かりになって喰らうカウンターからイニエスタのハンドでペナルティ。これもグリーズマンが沈めて0-2。バルサが負ける時はこんな感じだ。アディショナル・タイムにエリア内でガビがハンドしたが、エリアの外という判定。PKだったら延長の可能性もあったが、結局はゴー・ホームだっただろう。言い訳は見苦しいだけだ。

メッシは消えていた。ネイマールは苛立っていただけだった。頼みのスアレスにボールが入らない。イニエスタは引き続き好調だったが、連動できない。ラキティッチはボールに触れず、ブスケツは効いていなかった。アウヴェスとアルバはミスを連発し、ピケは自身のツィートほど軽快じゃなかった。イニエスタとマスチェラーノだけが戦えていたが、2人では要塞を攻略できない。シーズン終盤で失敗したバルサ。チャンピオンズ連覇の旅は酷く惨めな最後で終えることとなった。

寂しい結末。もっと熱いゲームが観たかった。

このままではリーガも失うだろう。

コパのファイナルでも敗れるだろう。

3冠のポールポジションにいたハズなのに、終わってみればポディウムにすら立てない。そんなシーズンになる可能性が大きくなってきた。ルイス・エンリケは立て直せるだろうか?。とてもとても悲しいミッドウィークの朝となった。

 

ルイス・エンリケ

ピケ

N&S

メッシ

porque?。

グランデ・ミランに並ぶ

バルサ

92-93シーズンにミランが記録した、93-94シーズンにチャンピオンズのファイナルで屈辱の0-4で敗れた、あの偉大だったミランの記録、連続無敗記録36に到達。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第28節、エイバルVSバルセロナ@イプルア。

狭いピッチも酷い芝も問題なし。8分にメッシのノーステップでの浮きパスを受けたスアレスが右サイド深部から速いグラウンダーのクロスを中央に入れて、そのボールにファー・サイドから入ってきたムニルが詰めて難なくネットを揺らした。圧倒的にボールを持つバルサ。バジェカスもそうだったが、ピッチが狭くけっこう簡単に寄せられていたがワンタッチ、ツータッチでボールを回しエイバルに何もさせない。相手ボールになっても圧倒的人数で囲み奪い返す。危ない雰囲気はほとんど無かった。

それでもあと1点は必要だ。右サイドからのクロスがブスケツに当たってオウンゴールになりかけたシーンが前半終了間際に訪れたりしてしまうことを見ても、試合を殺す必要がある。そんなことを思っていたら直後の41分に『違いを作ることを常とする男、レオ・メッシ』がやってくれた。

相手ボールをムニルが引っ掛けてからのカウンター。右にスアレス、左にムニルを引き連れてのメッシのドリブル。そのままエリア内に入ろうかとするところで左に持ち出し、細かいステップからディフェンダーが足を上げるのを見計らって鋭く左足を振り抜きネットを揺らしてくれた。前半のうちに2点リードとなったことで、記録継続が確定した。

後半はアクセルを緩め決定機を作れないでいたが、それも残り20分となったところでレオ・メッシが右サイド深部で相手ペナルティ(スライディングからのハンドだった)をゲットし(今回は失敗せず)PKを中央に柔らかく蹴り込んで完全に完璧に試合を殺した。あとはスアレスだけだったが、81分にそのスアレスが強靭なボディバランスとお決まりの股抜きからの一発を沈め、MSMコンプリート。累積イエローでサスペンションだったネイマール不在も丁度いいローテーションとなり、完璧な週末となった。

 

ムニル

スアレスの裏への飛び出し、メッシの浮きパス、ムニルの詰めが生んだ1点目。

エイバルの守備も良くはなかったが、アッサリと先制。

 

メッシ

メッシ

メッシ

この日2得点のレオ・メッシ。

PKを沈めてくれて、ホッ。

 

スアレス

久しぶりにネットを揺らしたスアレス。

ここから股抜きをやるだろうなぁと、分かっていても止められない。

 

ピケ

ブスケツ

少し心配なのが、ピケ(ヒゲを何とかしろ)とブスケツのフィジカル・コンディションか(かなり重そうだった)。まぁ、それでも今週は(かなり久しぶりに)ミッドウィークにゲームがないので回復できるだろう。

 

バルサ

ユーヴェが持つ記録(43試合)の更新を狙おうゼ!

マドリーが持つ記録に並ぶ

メッシ

公式戦34試合連続無敗(28勝6分)達成。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、バルセロナVSセビージャ@カンプ・ノウ。

マドリーがベルナベウで沈みリーガにアディオスした今節で、愛しのバルサがマドリーの持つ1988-1989シーズンに記録した連続無敗記録に並んだ。キックオフ前は、ガナーズ戦後ということもあってかなり心配していたがカンプ・ノウ開催で良かった。

レオ・メッシの右CKが直接右ポストを叩いたり、その流れからのスアレスの一撃がクロスバーを叩くなどチャンスはあったが、基本的にツー・ラインを敷くセビージャの壁に苦戦していた。案の定、惜しいチャンスを逃していたら程なくアレイシュ・ビダルの裏のスペースを突かれるカウンター(ビダルが入れ替わられてしまった)を喰らい、前半20分に失点してしまった。

サンチェス・ピスファンだったらヤバかっただろう。しかし、31分にギガ・クラック、レオ・メッシが強烈なFKを沈め振り出しに戻す。リーガ通算15発目のレオ・メッシのFKは、CR7に唯一劣っていると思われた弱点ももはや存在しないことを証明する強烈なゴラッソだった。

前半にイーブンに戻せた効果は大きく、後半開始早々にメッシとスアレスの美しい崩しからコーナーキックの流れでエリア内最前線に残っていたピケがダイレクトでネットを揺らし逆転とした。これ以降、セビージャもカウンターを窺いビッグチャンスも演出したが、クラウディオ・ブラヴォのいつものブラヴォーなセーブで難を逃れ、ルイス・エンリケはイマイチ乗り切れてなかったアルダやビダル、セルジ・ロベルトをイニエスタ、アウヴェス、ラキティッチと交代させゲームを締めて偉大な記録に並ぶこととなった。

最後に敗れた昨年の@サンチェス・ピスファンでの借りを返すとともに、無敗記録の進撃を続けるバルセロナ。このまま4月のクラシコまで無敗を維持して欲しいものである。

 

メッシ

メッシ

メッシ

ネイマールが蹴ったほうがいい角度だったが、強烈なスピードでサイドネットを突き刺したレオ・メッシの一発。

もはや右足しか弱点(それも問題ないレヴェルだが)が残されていない。

 

ピケ

スアレスのパスに(シュートだった?)ダイレクトで合わせたジェラール・ピケの貴重な勝ち越し弾。それにしてもヒゲが似合ってない。

 

ブラヴォ

クリーン・シートはならなかったが、鬼神に相応しいセーブを披露してくれたクラウディオ・ブラヴォ。

 

バルサ

マン・ユナイテッドとアーセナルのゲームを観てから一眠りしてのライブ視聴だったが、満足。ミッド・ウィークはラージョだし、連続無敗の新記録樹立は確定かな。

 

ルイス・エンリケ

『記録の価値?、ゼロだ。我々がタイトルを獲得できればOKだが、そうじゃなければ何でもない』

『マドリーと勝ち点12差?、アトレティコとは勝ち点8差だ。言い換えれば、近くにいるということだ。我々は最初から連覇できると信じてきた。それが優先目標であり、我々は良い位置にいる。だが、王者になるには必要な勝ち点を稼がなければいけない』

勝って兜の緒を締めたルイス・エンリケ。

チャンピオンズ連覇も信じているゼ。

簡単にはいかない

MSN

それでもファイナル4へ。

2015-2016・コパ・デル・レイ・クォーターファイナル・セカンドレグ、バルセロナVSアスレティック・ビルバオ@カンプ・ノウ。

12分。(いつものように高い)バックラインの裏を取られ失点し、雲行きが怪しくなりかけました。マテュー・・・(泣)。オフサイドを掛け損なう失態。ファーストレグでアウェイゴール2発奪ってますので、このままでもネクスト・ラウンド進出ですが、そこはホーム、カンプ・ノウ。ゴールレスは許されません。そしてようやく後半53分にネットを揺らすことに成功しました。

 

スアレス

スアレス1

セルジ・ロベルトがメッシにイニエスタのような浮きパスを通し、メッシは左サイド深部へ進入し中央へグランダーのクロス。詰めていたラキティッチには合いませんでしたが、右サイドにいたスアレスがクールに蹴り込んで追いつきました。

アグリゲート・スコア3-2。少し落ち着きましたかね。でもまだ安心できないなか、その瞬間は81分に訪れました。

 

ピケ

なんてことないアウヴェスのクロスにヘッドを沈めたジェラール・ピケ。

バルサらしくない1発で、ようやくこのゲームを殺してくれました。

ふう。

 

ネイマール

ネイマール

シュート前のドリブル時に足を踏まれてましたが、怒りの一撃炸裂。

この日もキレていたと思うネイマールがアディショナル・タイムに強烈な一発を見舞いネクスト・ラウンド進出に華を添えてくれました。

 

バルサ

アトレティコとのビッグ・マッチに備え、イニエスタもブスケツもお休みしたこの一戦。Mr.ポリバレント、セルジ・ロベルトくんがナイスでした。髪型変わった?。サイドバックでブレイク・スルーを果たした今シーズンですが、ちゃんとインテリオールも熟せますね。カンテラの薫陶はやはり偉大だ。

 

ルイス・エンリケ

『アスレティックがプレスをかけてくるのは分かっていたよ。彼らも我々もそれぞれのフットボール観に忠実にプレーしていた。抽選の時点からすでに嫌なカードだということは分かっていた。前半は我々のフットボールをさせてもらえなかった』

『逆に後半になるとより攻められるようになり、チームで話していたことをすべてやれた。後半に選手たちが見せてくれたリアクションを讃えたい。我々のファンの後押しも受けて素晴らしい後半を戦うことができたのは大満足だ。ファイナル進出も楽ではないだろうね』

と語ったルイス・エンリケ。

アトレティコがセルタに敗れ、コパ連覇の視界は良好。週末にアトレティコを沈め重要な2月へ突入してもらいたいものですね。

猛るバルサ

イニエスタ

メッシ

スアレス

アルダ

4発見舞う。

2015-2016・コパ・デル・レイ・5回戦・ファーストレグ、バルセロナVSエスパニョール@カンプ・ノウ。

直近のリーガでスコアレスでしたが、このゲームでは4発。アウヴェスのパスを引っ掛けられてからのカウンターで失点したのはいただけませんが、ホーム、カンプ・ノウでは黙っていませんでしたね。

レオ・メッシにやる気が漲ってました。

 

メッシ

イニエスタのスルーパスを受けての1点目。

 

メッシ

リーガではバーを叩きましたが、今回はバーを叩いてからゴールラインを越えていった2点目。

前半でリードして、後半開始早々に3点目を上げてゲームを殺しました。

 

ピケ

コーナーキックの流れからピケにアシスト。

 

ネイマール

極めつけはネイマールとメッシのワンツーからネイマールがダイレクトボレー。

美しい。

 

メッシ

レオ・メッシの2G2Aでリーガでの借りを綺麗に精算。

ネクスト・ラウンド進出をほぼ決めたゲームでした。

 

イニエスタ

アルダとヴィダルも無事デビューし(悪くなかった)、ここからです。

それにしてもwowowは、今シーズンはコパの放送はないのかな?。このゲームはリーガのYouTubeオフィシャルチャンネルで観ましたが、wowowでやって欲しいものです。

お願いいたします。

帰ってきた美しいバルサ

バルサ

ビューティフル、アメイジング、トレメンダス、センセーショナル、ワンダフル、パーフェクト。あの煌びやかだったペップ・バルサを彷彿とさせる、フットボールをエンターテイメントの域にまでに昇華させた史上最高のバルサに戻ったかのような、素晴らしいゴール・ラッシュだった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループE第5節、バルセロナVSローマ@カンプ・ノウ。

ベルナベウでマドリーを粉砕し、今度はホーム、カンプ・ノウでローマの壁を崩壊させた。ローマは果敢にも高いライン取りを見せてきたが、今のバルサには自殺行為だった。

開始早々からローマ・ゴールへと迫るバルサ。メッシはプレイする喜びに溢れ、躍動する。広大なスペースを両ラテラルが駆け上がる。効果的で無駄のないティキ・タカ。コレクティブに、オートマティックに。キックオフ直後はオフサイドに掛かったが、それもこのあとのゴール・ショーの前座に過ぎなかった。

 

スアレス

15分。先制点はセンターサークルを少し過ぎたあたりでボールを持ったネイマールからの1本のスルー・パスから生まれた。

ネイマールがドリブルで前方へ進むや否や、右サイドを駆け上がったアウヴェスがディフェンダーの裏を取っていた。ネイマールの狙いすましたロング・スルーパスを受けたアウヴェスは、シュチェスニーを引きつけ同時に中央を駆け上がっていたスアレスに難なくパスを通し、スアレスはあとはゴールへパスするだけだった。

ネイマールへの寄せと最終ラインのオフサイド・トラップが甘かったローマが責められるべきだが、ホームで早い時間帯に先制点をモノにしたバルサは躍動する。次のゴールは、その3分後の18分に早くもやってきた。

 

メッシ

後方からビルドアップし、こちらもセンターサークルを過ぎたあたりからヴェルマーレンがネイマールへ出したあと、ネイマールが前方に居たメッシにダイレクトで楔を入れて、メッシがワンタッチでネイマールへ戻し、またネイマールがメッシへ戻したボールをメッシがスアレスとのワンツーでエリア内に侵入し最後は得意のバセリーナでフィニッシュ。ネイマール→メッシ→ネイマール→メッシ→スアレス→メッシ。全てワンタッチ・プレイ。キーパーを入れた9人?で形成されたローマの壁を美しく攻略した。

このゴールが生まれるまでに繋いだパス27本、有機的に連動し、美しく完璧に崩したゴールシーンだった。

その後、なかなかゴールは生まれなかったが前半終了間際の44分にスアレスがまたまたアウトに掛けて豪快にネットを揺らしてくれた。

 

スアレス

左サイドでネイマールがワンフェイクからディフェンダーを外しいれたクロスの毀れ球を、エリア内中央やや右にいたスアレスが豪快に振り抜いた右足一閃。ボールは糸を引くようにゴール左隅に突き刺さった。

ダイレクトで、右足アウトに掛けるシュートが上手すぎるスアレス。今シーズンのチャンピオンズでのゴールを5に伸ばし量産体制に突入だ。

そして後半。まだまだ続くゴール・ショー。

 

ピケ

ピケ

56分。右ショート・コーナーからネイマールがボールを持って中央に向かってドリブル、中央やや右にいたスアレスに預け、スアレスはまたまたダイレク・ポストプレイから右エリア内に侵入したメッシに通し、メッシが胸トラップからまたまたキーパーを引き付け、最後はピケがゴールにパスをした。

クラシコでゴール出来ずに怒っていたピケだったが、ピッケンバウアーもこのゴールでようやく溜飲を下げ、この直後にマルク・バルトラと代わりお役御免となった。

ここまで4-0。『クラシコ』と同スコアとなったが、この日のバルサはまだ止まらない。続くゴールはこのゴールの3分後に訪れた。

 

メッシ

いつもの、メッシの右サイドからのダイナミックなサイドチェンジから、ボールをオシャレに右足をクロスさせてトラップしたネイマールが左サイドでエリア内へ仕掛け、足裏でボールを運びながら一度跨ぎフェイントを入れて中央のスアレスへパス。スアレスはまたダイレクトで右から走り込んできたメッシへ出して、メッシのダイレクト・シュートは一度セーブされたがそのまま溢れ球に詰めてネットを揺らした。復帰後2戦目にしてドブレッテを達成したレオ・メッシ。スアレスも2ゴールで、こうなれば今シーズン初となるトリデンテ揃い踏みが観たいところだ。

そのチャンスは77分に訪れた。

 

ネイマール

自身で得たペナルティを蹴らせてもらったネイマール。だがコースが甘く止められてしまった。

これは決めなくてはならないシーンだった。助走を取らないスタイルに変えて決めていたネイマールだったが・・・。

 

アドリアーノ

しかし、その溢れ球に詰めていたアドリアーノがゴールに蹴り込み、77分間で6ゴール。カンプ・ノウを訪れたクレたちは、今シーズン最初のフィエスタを体験することとなった。

 

シュテーゲン

この日、自陣で凍えていたテア・シュテーゲンも見せ場が一つ。ヴェルマーレンが献上したPKを見事にシャットアウト。このビッグ・セーブでまたまたクリーン・シート達成・・・かと思ったアディショナル・タイムにゼコにヘッドでネットを揺らされた点は反省しなければならないが、『クラシコ』の内容を超える今シーズン一のデキを披露したバルサ。もちろん、グループ首位通過を果たし年明けから連覇へ向けた本当の戦いへ進むこととなった。

 

メッシ

トリデンテ

メッシ

『ケガが少し長かったし、またピッチに立ってプレーしたくウズウズしていた。外からチームを見るのも楽しんだけどね』

『チームは本当に良いプレーをしている。だが、まだ道のりは長い。僕らはこれからとても重要な戦いを控えている。例えばクラブ・ワールドカップとかね。このまま続けていけるよう願っているよ』

『調子は良い。少しずつ良くなっている。どんなケガでもケガをしたときはそういうものだ。今はプレー時間を積み、自信を深めて、フィジカルの調子を取り戻そうとしている。フル出場できてうれしいね』

『(好調なトリデンテについて)それがチームの成功の鍵になっているかどうかは分からないけど、僕等が本当にうまくいっているのは事実だ。すべての試合で楽しもうとしている。僕等はプレーを楽しみ、責任を感じ、勝ちたいと思っている』

とコメントしたレオ・メッシ。

無理せずこのまま順調にトップ・フォームへ進んでもらいたい。

 

ルイス・エンリケ

『フットボールという非常に複雑なスポーツでは、常に改善できる部分がある。今の我々はかなり充実した時期を過ごしているので、できるだけこの時期を伸ばせるようにしなければならない』

『選手たちは十分に賢いし、今がシーズンの最初の3分の1だということも分かっている。最高の時期はまだこれからであり、先は長い。どこかで状況が変わることもあるはずだが、あらゆる時期に対して準備を整えておくことが必要だ』

好事魔多しという。ルイス・エンリケには、細心で最善の準備を心がけてもらいたいものだ。

 

セルジ・ロベルト

今日のロベルトくん。

特に見せ場はなかった。そろそろ休息が必要か。

それにしても、ライヴ視聴したかいのある素晴らしいゴール・ラッシュが観れた最高なミッド・ウィークの朝だった。

重要なので繰り返す。

美しいバルサが帰ってきた。このまま連覇するまで続くことを願うのみだ。