劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』を観てキタ

サイコパス

やっと観ました劇場版『サイコパス』。

面白かったですねぇ。

虚淵さんはやっぱ天才か!?。朱ちゃんと狡ちゃんの邂逅、格闘シーン、最高に胸アツでした。その後、行動を共にする二人。朱ちゃんが狡ちゃんにタバコを差し出すシーンがクールでカッコいい。

戦闘シーン、格闘シーン等全体の作画のクオリティがとても高く、(細かい注文もありますが)最高に楽しめました。ラストの狡ちゃんと宜野さん(2期ではイマイチでしたが、劇場版ではイケメン過ぎる)の共闘シーンも胸アツです。シモツキは相変わらずの感じも登場シーンが少なく、個人的には助かりました(笑)。

 

サイコパス

朱ちゃん・・・無敵(笑)。

まさかのサービスシーンも盛りだくさんで、朱ファンはたまらなかったでしょうかね(笑)。

 

サイコパス

監視官!!。

エア槙島の登場や傭兵とのバトル、狡ちゃんの劇場版でしたね。エンディングの後の、子供がやっぱり銃を持つシーンでやれやれって感じも何か良かった。

TVアニメシリーズ3期も期待出来る『サイコパス』。3期をやるなら切実に虚淵さんでやって欲しいですね。でももう狡ちゃんは登場しないかなぁ。

劇場版『PSYCHO-PASS サイコパス』予告第2弾

ヤバすぎます。

今日から劇場公開が始まった劇場版サイコパス。相方のスケジュールと姪っ子も観たいということもあって2月の頭にしか観に行けないもどかしさ。

早く観に行きてェー。

絶対、感想&ネタバレ見ないゼと誓いました。

 

常森朱

『逮捕します、狡噛さん』って、やっぱりィ〜。

 

サイコパス

サイコパス

シモツキ・・・てめェーわ(笑)。

 

サイコパス

サイコパス

常森朱

それにしても・・・これはギノさん?。

作画も良さげ(攻殻機動隊みたい(もともとね)ではありますが)期待せずにはいられません。

これ以上詮索せずに、2月を迎えたいと思います。

PSYCHO-PASS 2 #11(最終話)『WHAT COLOR?』

サイコパス

観ました、最終話。

言いたいことを一言で言うと・・・、『劇場版への繋ぎ?で消化不良』ってことですかね。

東金さんをあっさりあしらい、鹿矛囲をシビュラのところまで案内する朱ちゃん。集団的サイコパスを認めることにしたシビュラ。ドミネーターの餌食となった東金ママ。免罪体質者の集まりであるシビュラでしたが、集団的サイコパスを認めた瞬間から東金ママの犯罪係数が300を超えました。他にも次々と自らを処分していくシビュラ。そして、最終的には犯罪係数0となりました。残ったのはどれくらいか。

10話で『最後の手段』って言ってたのはカムイをシビュラのところまで連れて行くことだったのかな?。

そして、カムイ・・・。集団的サイコパスによって裁くことが可能になって、でもグズグズしている朱ちゃん。そこに自らの指を切断し手錠から抜けてきたトウガネさん。

 

サイコパス

サイコパス

お婆ちゃんを殺したことを朱ちゃんに告げ、黒く染めようとするも・・・。朱ちゃんの犯罪係数は100以上とならず(87)ドミネーターを向け合うカムイとトウガネさん。

カムイは死に、トウガネさんもシモツキちゃんの前で息絶える。シモツキちゃん・・・最後でオイオイ。

朱ちゃんをシビュラに迎え入れようとするシビュラ。中か改革をすることは拒む朱ちゃん。

現場主義万歳!!。

雑賀先生はというと・・・また施設へ戻って行きました。

うん・・・ギノさんとヒナカワくん、モブ(泣)。

 

サイコパス

サイコパス

サイコパス

みんな死んだ。

トリガーを引かないシモツキちゃん。

 

サイコパス

結局、喰われずしぶとく生き残って絶叫(笑)。

『まてまて、劇場版を観てから答えをだそう』

 

サイコパス

弥生ちゃんとシーンで、『常森監視官の親族の情報を流したのは東金さん』的な流れから、トウガネさんがどうして情報を得たのかは死人に口無し。

そして・・・。

 

サイコパス

『残念です』

オイッ!!。

弥生ちゃんが『誰であれ許す気はないわ』に対して『同感です』って・・・テメェーーーー。

シモツキちゃんは劇場版でそれ相応の報いを受けるだろう。

 

サイコパス

サイコパス

『1』のラストと同じようなエンディング。

『1』はコウちゃんで『2』は朱ちゃん。そして、劇場版で対峙する2人?。何の予告もなかったですけれど・・・。虚淵さんが脚本に復帰だし、上手く終わらせてくれるだろうと期待です。

 

サイコパス

サイコパス

サイコパス

君には失望したよ。

ショウゴくんはそういう意味では合格点を与えられる。

それでもなんやかんやで楽しんだサイコパス2、劇場版でのコウちゃんにも期待したいものです。