North London Derby雑感

コクラン

コクラン

スパーズは勝たなければいけなかった。

ラムジーの秀逸すぎるヒール・フリックで先制されたが、後半の早い段階で数的有利を得たしガナーズを完全に上回っていたからだ。

2015-2016・プレミアリーグ第29節、トットナムVSアーセナル@ホワイト・ハート・レーン。

トータル・アテンプト、26対10。

ショット・オン・ターゲット、11対4。

ポゼッション、52対48。

スコア、2-2。

何が足りなかったのか?。60分にコーナーキックの溢れ球をアルデルヴァイレルトが捩じ込み、62分には左サイドからハリー・ケインが今年一番の美しいゴールを右ポストに当てて沈め逆転に成功したがリードを守り切れない。76分にショート・カウンターを喰らいアレクシス・サンチェスにゴール左隅に蹴り込まれそのままゲームを終えてしまった。1枚イエローを貰っていたダイアーは2枚目もののファウルを見逃してもらったにも関わらず・・・。追い付かれてしまったがまだ十分に時間があったにも関わらず・・・。ポチェッティーノの交代策も失敗だったか、代わって入ったプレイヤーがゲームに入りきれずホイッスルが吹かれてしまった。

よく走って、インテンシティがあって、コレクティブにプレスを掛けて、ガナーズにフットボールをさせていなかったが・・・それだけでは駄目なんだ。アタッキング・サードでのアイデア、スキル、落ち着き、精度、この辺りが足りない(多くを求め過ぎ?)。

プレミアリーグ2位対3位のシックス・ポインターは、2-2の痛み分け。このあとにゲームを控える首位レスターにこの結果はどのような影響を与えるだろう?。失敗のスペシャリストMrヴェンゲルの首の皮一枚が繋がったノース・ロンドン・ダービーはとても面白いゲームだった。がしかし、繰り返すがスパーズは勝たなければいけなかった(勝てたゲームだった)。またガナーズがどうしてこうも駄目なんだと痛感したゲームでもあった。

 

ラムジー

39分のラムジーの秀逸すぎるヒール・フリック。

ゲーム開始直後から、ラムジーのポジショニングがオカシイと思って観てたが(自陣右サイドをローズにやられまくってたよね?)ゴールで結果は残した。

 

アルデルヴァイレルト

60分。プレミアらしい混戦からのゴールで追い付いたスパーズ。

このゴールの前に、ケインに放たれた一撃がゴールライン・テクノロジーで救われたガナーズだったが、結局決壊してしまった。

 

ハリー・ケイン

ケイン

同点弾の2分後に放ったハリー・ケインの美し過ぎた一発(解説してたベンさんも驚くしかなかった)。早くも今年のベスト・ゴールにノミネート確実な一発だった。

 

サンチェス

サンチェス

ベジェリンの縦パスに反応しダイレクトで捻じ込んだアレクシス・サンチェスの一発。

ゲームの大半で苛立ってたが、結果を残して黙らせた。

 

エジル

ビッグゲームでまたまたほぼ消えていた『天才』エジル。

酷評が待っているだろう。

 

ラムジー&サンチェス

Mrヴェンゲルを救ったラムジーとサンチェス。

 

ゴールライン・テクノロジー

瞬時にノー・ゴール(右側がゴール)と告知してくれたゴールライン・テクノロジーは素晴らしい。

 

スパーズ

勝たなければならなかったスパーズ。

ニュートラルなフットボール・ラバーにとっては、ホント面白いノース・ロンドン・ダービーに大満足。まだまだ混戦が続くプレミアは、リーガとは違った魅力が満載だ。

広告

どつき合い

クロップ

クロップ

K)どうなん?、あれ。

W)・・・(苦笑)。

2015-2016・プレミアリーグ第21節、リヴァプールVSアーセナル@アンフィールド。

めっちゃオモロイ試合やった。

アタリのゲームやった。

10分のフィルミーノのゴールでどつき合いのゴングが鳴った。4分後にラムジーの同点弾。ダイアゴナルに入ってきたラムジーを捕まえきれず、ミニョレがショボすぎた(抜かれたらあかんニアをブチ抜かれた)。リバポはキーパーを替えなアカン。ハイボールの処理が致命的にヘタやし、なによりドンくさい。ミニョレのまんまやといつまでたっても安心でけへん。

でも、19分にまたフィルミーノがスゲェ一発を決めた。解説のバンドが、ボールの置き方が素晴らしいと言うとったけど、ホンマ凄い一発やった。

でもまた簡単に失点。CKからアッサリと。センターバックとキーパーがホンマあかん(サコとコロとミニョレ)。

その後にジルーのドフリーがあったけど、ボールをうまく捉えることが出来へんで助かったリバポ。前半終了間際には、三たびフィルミーノにもチャンスがあったけど、振り抜いた左足の一撃はクロスバーを掠め、枠の外へ。

『零コンマ数秒我慢できたら』ってバンドが言うてたけど、惜しいチャンスやった。

後半へ。

55分。エリア内中央でジルーが、おフランス・ターンからの綺麗な一発でアーセナルが2-3とした。正直リバポに、同点、逆転する力はあらへんと思った。実際、時間が経つにつれて疲弊し運動量が落ちた。それでも、クッロプに変わって一番変わったのが、諦めへんこと、信じること、か。

ベンテケ入れて、ロングボールから溢れ球を狙う戦術に切り換え、最後の最後でその狙いが当たった。ヴェンゲルの交代策も間違うてたけど、出来過ぎやと思う。

朝早う起きて(5時)観たかいがあったどつき合いの一戦。

ヘヴィ・メタルとクラッシックの邂逅は、両者痛み分け。リバポとしては、(先制したし)勝てた試合やったと思うけど、多すぎる怪我人のことを考えると、よお引き分けたんとちゃうかな。

クロップはやっぱええなぁ。

 

フィルミーノ

フィルミーノのコシェルニーの股を抜いての1点目。

 

ラムジー

ラムジーの1発で1-1に。

 

フィルミーノ

この日のハイライトの一つ、フィルミーノの2点目。

 

ミニョレ

やらんでええ失点で2-2に。

 

ジルー

この日のもうひとつのハイライト、オリヴィエ・ジルーの美しすぎる1発。

 

アレン

諦めない終了間際のアレンの同点弾。

 

クロップ

喜びを爆発させるクロップ。

 

エジル

ほとんど消えていた天才エジル(一度だけ凄いトラップを披露してくれた)。

 

ヴェンゲル

間違えたヴェンゲル。

 

リヴァプール

湿った雪が舞ったアンフィールドに、最後の最後まで諦めない熱気が確かに存在していた。

個人的ベストゴール3選(2014)

大掃除を終えたら(悲しいかな雨)毎年恒例の、個人的ベストゴール3選(一昨年昨年)の季節がやってまいりました。年末年始休暇に入って、大掃除も終えてホッと一息。今年はワールドカップがありましたので、やはりソレが印象に残っていますかねぇ。

では以下。

 

【第3位】

ラムジー

ラムジー

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、対ガラタサライ戦でのアーセナル、アーロン・ラムジーの豪快過ぎた1発。

正直、消化ゲームだったので録画していたものを観たのですが、ライブ視聴したかったと後悔です。ラムジー自身『間違いなく自分のベストゴール』と語っていましたが、コーナーキックからの溢れ球をダイレクトに叩いた素晴らしい1発でした。

 

【第2位】

セルヒオ・ラモス

2013-2014・チャンピオンズリーグ・ファイナル@リスボンでのマドリー、セルヒオ・ラモスのヘッドが第2位です。94分に飛び出した『愛すべきクソッタレ』の起死回生の1発。アトレティコがビッグイヤーに片手を掛けていたゲームでしたが、このヘッドで追い付き、ベイルが続いてマルセロがトドメを刺してオマケにロナウド。悔しいけれど、偉大過ぎるデシマ達成の瞬間でした。

アトレティコの勝利で良かったんだけれどなぁ。フットボールの女神は残酷でお金持ちが好きなようです。

では第1位。

 

【第1位】

ハメス・ロドリゲス

ハメス・ロドレゲス

今年はこの1発で決まりです。

ノックアウト・ラウンドでのウルグアイ戦で飛び出したコロンビア、ハメス・ロドリゲスの美しすぎるボレー。(けっこう簡単に言ってしまいますが)これこそが、まさにブラヴォ。

マドリーへの移籍の扉を開いたと言っても過言ではないビューティフルな1発、忘れることができない1発となりました。

今年は例年以上にフットボール三昧の1年でした。代表戦も豊田スタジアムで観ましたし(コチラ)、充実した1年でしたね。来年はアジアカップが年明け早々にありますし、no football no life、全ての愛すべきフットボーラーに感謝です。

そして我が家は明日(もう今日ですが)から恒例の温泉旅行、今年は加賀・山中温泉へ行ってまいります。2泊3日で一年の疲れを癒して新年を迎えたいと思います。

では皆様、よいお年をお迎えください。

これはライブで観たかった(泣)

ラムジー

ラムジー

2014-2015・チャンピオンズリーグ・グループステージ・グループD最終節、ガラタサライVSアーセナル@トルコ・テレコム・アレーナ。

『僕の2点目は、間違いなく自分のベストゴールだ』

29分のラムジーの1発は個人的ベストゴールにノミネート確定の凄い1発でした。

ライブ視聴したかったぁ〜(泣)。コーナーキックが溢れてきたところをエリア外から左脚一閃。凄い弾道でゴール左上に吸い込まれていきました。

ゲーム自体はガラタサライのやる気の無さと、ポドルスキーが2発(ポドルスキーのゴールっていつもゴール上に突き刺さるなぁ)と件のラムジーが2発沈め1-4でガナーズが圧勝しました。

 

アーセナル

先月のプレミアリーグ第13節のウエストブロム戦で掲げられた『アーセン、思い出をありがとう。でもサヨナラを言うときだ』フラッグが強烈だったガナーズサポはこの勝利では絶対満足しないだろうけど、ラムジーの一発は素晴らかったの一言です。

 

ヴェンゲル

『2位で終えたことについて、少し不満はある。だが、ハーフタイムの時点で、失点せずに6ゴールを挙げなければいけないことは分かっていた』

『全体的には4試合に勝って、1つのドローがあった。ホームでのアンデルレヒト戦だから、そこは悔やむことができる』

『一部の大きなチームがベスト16にはいる。どこと当たるかは待ってみないとね』

と語ったプロフェッサー・ヴェンゲル。

評論家みたいで好きになれないんだよなぁ〜。

以前に、『我々は、1試合ごとにではなく、シーズンが終わったときにジャッジされたいと思っている。だから、守備の安定を取り戻して、シーズンが終わったときに自分たちがどこにいるかを見てみよう』とも言いましたが、個人的にはサポーター同様、潮時かなと思いますが、ネクスト・ラウンドではどうなるでしょうか

次は2月。ノックアウト・ラウンドが待ち遠しいですね。

『天才』エジル、アーセナルデビュー

エジル

エジル

2013-2014・プレミアリーグ・第4節、サンダーランドVSアーセナル@スタジアム・オブ・ライト。

躍動しましたね、前半だけでしたが(笑)。

マドリーでの、ドイツ代表で見せるカウンターのような、今回は黄色い閃光!センターラインを越えて一気の加速し、パスを受けてからが秀逸でした。

11分。

左サイドで秀逸なトラップからディフェンダーの股を通して、中央へ走ってきたジルーにピンポイント。ジルーもダイレクトでゴール左下へ蹴り込みました。

早速のアシスト。

アシスト以外にもポジションを変え、ボールをよく受けていたと思います。コンディションを上げていけばかなりイイ感じになることを予感させるガナーズ・デビューでした。

 

エジル

エミレーツでのホームデビューはスタンディング・オベーションかな?

 

ラムジー

試合はサンダーランドに追い付かれどうなるかなって感じでしたが、アーロン・ラムジーが強烈なボレーと裏への抜け出し(このゴールの起点はエジルでしたね)2発で3ー1で勝利。

ライアン・ギグス以来の逸材と言われる22歳のラムジー。エジルのデビュー戦に華を添えましたね。

チャンピンズリーグ・対マルセイユ@スタッド・べロドロームどうなるかなぁ?

こちらも楽しみです!