マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

広告

マン・シティを救う2つのビッグ・セーブ

ハート

ハート

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・ファーストレグ、マンチェスター・シティVSレアル・マドリード@エティハド。

ハイライトはこの2つのセーブ。

特に終了間際のペペのシュートを止めたのは大きかった。

ボール・ポゼッション、アテンプト、ショット・オン・ターゲット等がほぼ同じだった退屈なゲーム。マン・シティはシルバが怪我でピッチを後にしてからボールが収まらず、CR7が居ないマドリーは流れのなかでネットを揺らす雰囲気が全くありませんでした。

そんな中、マドリーのセットプレイからのチャンスでジョー・ハートが見せた2つのビッグ・セーブはマン・シティにとっては値千金でした。結局両チーム最後までネットを揺らぜずスコアレスでセカンドレグへ。アウェイゴールを許さなかったマン・シティはベルナベウでネットを揺らすことができるでしょうか。マドリーは勝たなければなりません。やっぱりCR7頼み?。間に合うの?。答えは1週間後@ベルナベウ。

リスクを取った面白いゲームを観たいものです。

 

ハート

『このセーブが重要なものになったら良いね。これはファーストレグで、僕たちはそのために準備をしてきた。この結果(0-0)に失望することはない。ベルナベウで戦う準備はできているよ』と語ったジョー・ハート。

ファイナルへのチケットを手にするには更なるビッグ・セーブが必要でしょうかね。

“draw of semi finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

愛しのバルサがいないセミファイナルは、とても寂しい。しかし、no football no life。

もちろんライブ視聴です。

【日程】

マンチェスター・シティ vs レアル・マドリー:4月26日/5月4日

アトレチコ・マドリー vs バイエルン・ミュンヘン:4月27日/5月3日

左側がファーストレグでホームです。正直、マドリード・ダービーのファイナルはもうイイです。ペップ・ダービーでファイナルを迎えて欲しいと切に願います。

どうなるかなぁ。

個・個・個

ロナウド

ロナウド2

ロナウド3

ロナウド

ロナウド

胸クソ悪いけど一応マドリー。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSヴォルフスブルク@サンティアゴ・ベルナベウ。

ファーストレグも観てはいたんですが、メシウマ過ぎて記録せず。そしてこのゲーム。0-2からのバウンス・バックは見事と言うしかないでしょう。早い時間(15分)に、ラッキーな形(ディフェンダーに当たってロナウドにボールが転がった)で先制ゴールを上げて立て続けに(17分)CKから2点目。それもフットボールです。どうこう言うつもりはありませんが、マドリーが良かったとは思えませんがね・・・。ベイルなんか終始消えていましたし。それでも圧倒的な「個」の力(CR7のハットトリックだけ)で勝ち抜けるあたりはアラ・マドリー。拍手。

アグリゲート・スコア3-2。

エル・ブランコがネクスト・ラウンドへ進出となった、苦々しい水曜日だった。

 

ジダン

チェスター・コートが世界一似合うカリスマ、ジダン。

特に戦術ネェーじゃんと悪態を吐いてみる。しかし、CR7をやる気にさせるオーラがスゲェーんだよなぁ。守備的なカゼミロを使っても批判されないところも素直に凄いと思う。

 

マドリー

メシマズだが、こうなったらユーロ・クラシコで雌雄を決するしかあるまい。

あと3時間弱でキック・オフを迎えるカルデロンでの決戦に、バルサは何としてもサヴァイブしなければならなくなった。もちろんライブ視聴だ。

心配過ぎて仮眠できない(泣)。

あの世でヨハンも嘆いている

カンプ・ノウ

ベンゼマ

ロナウド

酷い。酷すぎた。間違えたルイス・エンリケ。不用意すぎたレオ・メッシ。消えたネイマール。バランスを欠いた中盤。やられた両ラテラル。美しく敗れることも叶わず惨敗。マドリーが良かったというよりバルサの自滅。なんでこうなった?。メッシの中央配置が最大の失態だろうか。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第31節、バルセロナVSレアル・マドリード@カンプ・ノウ。

開始1分間、完璧にボールを回してイイ感じだと思ったが・・・。マドリーはベンゼマだけ残しロナウドとベイルも下がる4-5-1。早々にスアレスにビッグチャンスが訪れた(ファウルを見逃してもらった)がキックはほぼ空振り(泣)。メッシのFKは枠に飛ばず。中央を固めるマドリーを崩せず前半は0-0。後半11分、立て続けに得たCKから最後にピケが頭で沈めたにもかかわらず、その6分後にカウンターからベンゼマにボレーを叩き込まれ追い付かれる。落ち着かずバランスを欠きすぎた。終始中央に位置したメッシが危険な地域でボールを失いカウンターを喰らう。取り戻そうとし前掛かりになってスペースを与えてしまう悪循環。中央からの崩しに固執しすぎたか。美しく勝利しようとしすぎたか。しかし連携の取れないMSN。ネイマールはまったく見せ場がなかった。再度勝ち越すために攻めようとするのはいいが、ボールロストからボールを奪い返せずカウンターを喰らう。ベイルのヘッドでネットを揺らされたがそれも審判が何故か取り消してくれたにもかかわらず、セルヒオ・ラモスが2枚目のイエローで退場したにもかかわらずその直後にカウンターからCR7にネットを揺らされ、あの世のクライフを嘆かせることとなった。

始まる前から心配していたが、案の定の結果に落胆。

何故メッシは右サイドに張り出さなかったのか。右サイドに居ないからトイメンのマルセロに此処ぞとばかりにカウンターから攻め上がるチャンスを与えてしまい、何度もカウンターを喰らって最終的に失点。マルセロを無力化できなかったこと、メッシの中央でのボールロスト、前掛かりでスペースを与えすぎたこと(スペースを消せなかったことか)、敗因は多数あるがこのままではミッドウィークのアトレティコとのチャンピオンズも相当危ない。早急な立て直しが必要だ。

 

ルイス・エンリケ

重要なので繰り返すが、ルイス・エンリケは間違えた。それもかなり酷く。MSNが機能しない中で、そのMSNがアンタチャッブになっているのが問題をややこしくする。交代カードが切れない。このゲームではネイマールを下げるべきだったが、ラキティッチを下げてアルダを入れるしか出来なかった。

 

ピケ

気合のヘッドを見せたピケは頑張ってはいたが・・・。得点がCKのみではクライフもあの世で嘆くしかないだろう。

 

ラモス

ラモス

完全にファウルだったが見逃してもらったラモスも結局は2枚目をもらい退場。レオ・メッシは得意のドリブルを発動し攻め込むシーンもあったが、それ以上に中央で不用意にボールを失いすぎた。主審のジャッジも(双方にとって)酷かったし、久しぶりにクソな『クラシコ』となってしまった。

 

マルセロ

攻めることにかけてやはり世界でトップクラスのマルセロ。メッシが右サイドに居ないので自由に攻めがることが出来た。

 

CR7

CR7

4シーズンぶりにカンプ・ノウでマドリーに敗れたバルサ。無敗記録も39でストップ。2位アトレティコとの差が6、マドリーとの差が7になって、リーガも安泰ではなくなった。兎に角早急に立て直さなければ全てを失ってしまう。

不満と不安の日曜となった。

ヨハンに捧げるクラシコ

バルサ

特別な『クラシコ』が間もなくキックオフです(あと4時間半ってところでしょうか)。

前評判は圧倒的にバルサ(今シーズンのここまでを見ても当然なんですが)。ただそんな時こそ危なですよね(泣)。心配性で悲観的なのがバルサクレのデフォルトですが、今回だけは無様なゲームはできません。御大ヨハン・クライフに捧げる特別な『クラシコ』。負けてもイイけど(ダメですが)美しいゲームにならんことを願って。

 

メッシ&ロナウド

他の惑星から来てる二人はどのようなプレイを見せてくれるでしょうか?。

インターナショナル・マッチ・ウィーク明けでかなり心配ですが、バルサは左ラテラルが緊急事態です(アルバ出れんのかな?。マテューとアドリアーノはアウトみたいですが)。ベイルに蹂躙されるのは勘弁ですね。

ライブ視聴に備えて仮眠したいところですが、毎度テンションが上がって・・・。『エル・クラシコ』、楽しみです。

“draw of quarter finals”(2015-2016)

組み合わせ

組み合わせ

最強の矛と最強の盾。

決まりましたね、2015-2016・チャンピオンズリーグ、クォーター・ファイナルの組み合わせ。愛しのバルサはアトレティコになりました。13-14シーズンのリマッチです。その時はアトレティコに2戦合計1-2で敗退の忌々しい結果でした。その時とは違うハズです。今シーズンのリーガでもダブルを達成してますし、スアレスがいますし・・・。しかし、『クラシコ』の後すぐだもんなぁ(泣)。まぁ泣き言を言っても始まりません。

リベンジあるのみです。

【日程&組み合わせ】

4月5日/4月13日

バイエルン・ミュンヘンvsベンフィカ

バルセロナvsアトレティコ・マドリード

4月6日/4月12日

ヴォルフスブルクvsレアル・マドリード

パリ・サンジェルマンvsマンチェスター・シティ

※左側のチームががファーストレグをホームで戦います。

セカンドレグをホームで戦う方が有利と言われていますが、個人的にはファーストレグでホームが好きです。アウェイ・ゴールを許さず2点以上取る。順当に行けばマドリー、ミュンヘン、バルセロナ、パリですが果たして?。ヴォルフスブルクやベンフィカはジャイアント・キリングを起こせるか?。ロード・トゥ・サンシーロ。いよいよシーズンも佳境へって感じですね。楽しみです。

それにしてもマドリーとミュンヘン、当たりクジだなぁ。