3度の決定機

ジェコ

サラー

フォロレンツィ

『マドリーは突破に値した。現実を受け入れないわけにはいかない。我々は0-2で負けたんだ。我々はよくやったのかもしれない。讃えることもできるのかもしれない。だが、メンタリティーや闘志、自信という点で成長しなければいけないというのが現実だ。我々はまだ弱い。チームは最初の困難で本来のレベルでいられなくなってしまう』

『今日がどれだけの機会なのかを分かっていないんだ。こういう試合は世界的な注目を集めるための最短の道であり、リーグ戦の38試合以上のものを与えてくれる機会なんだ。もっと違う勝負をしなければいけなかった。今は黙って家に帰ろう』

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、レアル・マドリードVSローマ@サンティアゴ・ベルナベウ。

決定機は3度あった。圧倒的な決定機が3度だ。ホームのファーストレグを0-2で落としてるローマにとって、コレを逃しているようではお話しにならない。

ゼコは打つ前から外しそうな感じで、案の定枠内に飛ばせず。サラーも快速を飛ばしたはイイがコチラも最後で枠を捉えず、フロレンツィはナバスの正面に蹴ってしまった。全てのシーンでケイラー・ナバスのポジショニングが完璧だったが、決めなければネクスト・ラウンドへは進めない。決めるしかないんだ。

ローマが決定機を逃していると、いい加減マドリーはネットを揺らす。当然だ。64分、ベイルとの交代で入ったルカス・バスケツが右サイドで一対一を仕掛け、折り返しをロナウドが合わせラウンド16に終止符を打った。この4分後のカウンターからのハメスのゴールはオマケだ。前半の早い段階でゼコが決定機を決めていれば、マドリーは慌てたかもしれないし浮足だったかもしれない。

 

スパレッティ

『マドリーは絶好調だったわけじゃないんだ。抗えない相手ではなかったんだよ。0-2で負けて安心したり満足するのでは、私は不安だ。早く成長しなければいけない。そうじゃなければ、さらに厳しい道のりとなる。もっとうまくやらなければいけないんだ。ロッカールームで選手たちが安心した顔つきをし、パフォーマンスが良かったという賛辞を期待していたら、私は気分が悪くなる』

ごもっとも。

 

ナバス

ロナウド&ハメス

繰り返すが、3度だ。

逃しているとマドリーは決め切る。

 

トッティ

トッティにとって最後のチャンピオンズ。

お疲れさまでした。

 

マドリー

残された唯一のタイトルに向けて一つコマを進めたマドリー。クォーターファイナルの相手はどこだろう。

ミュンヘンあたりがイイんじゃね?。

広告

CR7の珠玉の10のコメント

CR7

1)バルサが僕ら相手に8点獲れるか見てみよう(2010年11月20日)

→バルサがアルメリアに8-0で勝利したあとの挑発。その9日後の『クラシコ』で、マドリーはバルサに0-5で敗北し綺麗にオチを付けてくれた。

2)こういう風にプレイするのは好きじゃない。だが自分は適応する必要がある(2011年4月27日)

→チャンピオンズ(ファーストレグ)でバルサに0-2で敗れたあとのモウのオヤジへの反旗とアイロニー。世界一のFWに守備を求めるってどうかしてるよ、まったく・・・。

3)僕らは何かが起きるであろうことはすでに分かっていた(2011年5月3日)

→カンプ・ノウでのチャンピオンズ(セカンドレグ)で1-1に終わって敗退した言い訳。ジャッジに対する苛立ちをインテリジェンスをもって表現してくれた。

4)僕がハンサムで、リッチで、偉大なフットボーラーだからみんな嫉妬しているのさ(2011年9月14日)

→チャンピオンズでのディナモ・ザグレブ戦後にブーイングを浴びての真実の叫び。『ごもっとも』と全世界が相槌を打った歴史的な日だった。

5)チームには9点をつける、僕自身は10点だ(2012年5月22日)

→リーガを制したあとの『MARCA』のインタヴューでの総括。2011-2012シーズンのピチチ・レースでは(50ゴールを記録した)レオ・メッシに敗れてしまった事実は無かったことになっている。

6)僕はちょっと悲しいのかもしれない。それがゴールを祝わない理由だ(2012年9月2日)

→2012年9月2日に発せられた哀愁。加えて『パーソナルなことじゃない。でもプロフェッショナルなことさ。クラブにいる人間はすでに分かっている。僕が何のことを言っているかね』ともコメント。ペレスってホント酷いんだぜ。

7)もし思っていることを全て口にしたなら、自分は刑務所行きだろうね(2014年8月29日)

→レオ・メッシがブラジル・ワールドカップでMVPに選出されたことについての暗喩。ハンサムでリッチで偉大なフットボーラーという事実に加え、新たなる才能を披露してくれた。

8)もし僕が彼のことを打ちのめすつもりだったなら、彼は起き上がれなかっただろう(2016年1月17日)

→スポルティング・ヒホン戦でナチョ・カセスを蹴り上げてしまったことについての悪態(それを言うなら僕が削られまくっていることももっと取り上げて欲しいものだね)。

9)一緒に食事をして、キスやハグをすることに何の価値もない(2016年2月16日)

→ピッチでもピッチ外でも良好と言われるバルサのスーペル・トリデンテに対するアンチ・テーゼ。『ベンゼマと食事しに行く必要はないしベイルも僕のところにやって来る(必要はない)。僕らはプロフェッショナルなんだ』

10)もし全員が僕のレヴェルでプレーしていたら、首位だ(2016年2月27日)

→負けてはいけないベルナベウでのダービーで、あろうことか得点できずに0-1で敗れてしまったあとの錯乱。『フィジカル・レヴェルのことを言いたかったんだ』と汚職政治家がもれなく発する苦しい言い訳と同レヴェルの火消しを余儀なくされた。

誤解しないで欲しいのだが、僕は、CR7を世界で二番目に凄いと思っている。たんにMARCAに面白い記事(画像はASだけど)が出てたので記録しておこうと思っただけなんだ。

引退するまで唯我独尊でいて欲しいと心から願っています。

黒棺

CR7

滲み出す混濁の紋章

不遜なる狂気の器

湧き上がり・否定し

痺れ・瞬き

眠りを妨げる

爬行する鉄の王女

絶えず自壊する泥の人形

結合せよ

反発せよ

地に満ち

己の無力を知れ

ダービーに敗れたあとでのCR7の『チーム全員が自分のレベルにあれば、僕たちは首位に位置していたはずだ。メディアによれば、クソッタレな選手はいつも自分なんだよ。でも僕が残す数字や統計は嘘をついていない』と言ったとされる女々しいコメントに、『黒棺』が頭に浮かんだ厨二全開の@uemachiです。

こんばんは。

絶えず自壊する「白い巨人」に必要なのは自戒だろう。CR7は超一流だとは思うが、フットボールは一人では出来ない。結合し、反発しなければ。まずは己の無力を知れ。

しかし、まぁ・・・前後が有るんだろうけど、凄い発言だ。清々しいほどに。勝てないフラストレーションの発露としてはお粗末でした。

あら、マドリー

ロナウド

マドリー

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第26節、マドリード・ダービー@サンティアゴ・ベルナベウ。

僕はバルサのクレだ。当然、「白い巨人」に起こる醜い失態をコキ下ろすのが最高に楽しいクチだし、スモール・クラブに対してのみの無駄なゴール・ラッシュに『浮かれんな、クラブ予算を考えろよ恥ずかしい』といつも毒付いている。全身黒づくめの闘将を指揮官に迎えソリッドな闘う集団にトランスフォームした「赤と白」に一時羨望を覚えたこともあるが、それももう今となっては昔の話となった。そもそも守備的なアプローチは退屈でクソだ。

今シーズンもここまで2位アトレティコに8、3位マドリーに9ポイントを離しリーグ・テーブルのトップにいる「紺と臙脂」の状況に満足しながら(今節セビージャに負けたら相当イラつくけれど)、今回の首都決戦を『どれどれ、どんなゲームを披露してくれんのかな?(特にマドリーが)』と左手に団扇を持ってライブ視聴した。

果たして前半(まぁゲームを通してだったが)、マドリーは「個」の突破に頼るのみ(元々なのだが・・・)で(ジダンには)戦術がない。クロースがモドリッチがサイドにボールを散らすが、そこから先がノッキング。イスコのカットインはワンパターンで、ロナウド、ベンゼマ、ハメスはシンクロ率ゼロ%。チャンスらしいチャンスはロナウドのクイック・スローとFKのみだった。ロナウドのFKは、壁を越えて枠は捉えたがオブラクの正面だった。

一方のアトレティコは引いて守ってからのカウンターだが、スキルと鋭さ、勢いがない。中盤を飛ばしてトップのトーレスにボールを蹴り込むのだが、全く収まらない。偶に持ててドリブル突破を試みようとするもグダグダだった。それでも40分過ぎにエリア手前でフリーでボールを持ったグリーズマンが左足を振り抜き枠を捉える一発を放ったが、ナバスのファインセーブでゴールを割ることができなかった。

眠たいスコアレス。そして後半。3分に右サイドからロナウドが右足を振り抜き、面白くなるか!?で始まったはイイが、8分。スローインからグリーズマンにボールを持たれエリア手前まで運ばれ、左サイドを駆け上がってきたフェリペ・ルイスにボールを預けられ、ルイスのマイナスの折り返しをグリーズマンにダイレクトでニアをブチ抜かれ先制を許した。

そして、ここからアディショナル・タイムまでの40分弱、まったく見せ場がなかった。うらぶれた郊外のニュータウンのように何もなかった。指笛と途中退席するサポーター。後半からベンゼマに代わって入ったマヨラル(誰だ?)も途中後退でハメスに代わって入ったルカス・バスケツもイスコに代わって入ったヘセも何も生み出さなかった。ポゼッションからの崩しが失笑ものだった。

僕がマドリーのクレなら死にたくなるだろう。スコアは0-1。マラガ戦に続く勝ち点のロストで、ラ・リーガにアディオスしたマドリーの残すコンペティションはチャンピオンズだけとなった。

うん、大満足。

 

ジダン

守備的なベニテスでコケて、無策なジダンが馬脚を現した。

(僕と)同世代のマネージャーで、頑張って欲しいと上から目線で言ってみる。フットボールのおおよそは結果だ。エレガントな現役時代のようにはいかない現実を突き付けられたジズーの未来は果たして。

「白い巨人」の迷走は続く(永遠に続けと心から願う)。

なんとも因果な職業だ

バレンシア

因果=原因と結果。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第18節、バレンシアVSレアル・マドリード@メスタージャ。

美しいBBCの崩しからのベンゼマのゴールも、ベイルの強靭なヘッドも脆い守備が全てを台無しにした。散々だったペペが2失点に絡みラファ・ベニテスはこのゲーム後に解任を告げられた。

勝っていたらどうだっただろう?。

それでも、無駄に延命しただけだろう。

遅かれ早かれ、ベニテスは職を解かれていただろう。ハメスやイスコを冷遇する采配。守備的布陣や戦い方を非難され、攻撃的布陣で臨むとペレスの言いなりとまた非難される。アンチェロッティのようにロッカールームをマネジメント出来ず、モウリーニョのようにピッチもマネジメント出来なかった。

バルサ相手では借りてきた猫、ラージョ相手に10度ネットを揺らしても弱いものイジメ(相手は9人だった)。ラストゲームが古巣のメスタージャという皮肉に何かしら悪意のようなものも感じたが、こうなるのが遅すぎたかもしれない。

 

ベニテス

致し方あるまい。フットボールに求められる大部分が、結果なのだから。ラファ・ベニテスは、18節を終えて11勝4分3敗、勝ち点37の3位でリーガにアディオスとなった。

 

ジダン

後任はジネディーヌ・ジダン。

世界一だったエレガントなプレイスタイル同様に、マドリーをエレガントに復活させることができるだろうか(死んだままでイイのだけれど)。

『クラブに全身全霊を捧げる』と述べたが、それだけでは半年後にはジョゼに取って替わられるだろう。

全てのマネージャーは消耗品なのだから・・・。

Adios! Rafa‼︎

ベニテス

ネイマール

最高だ。素晴らしい日曜日となった。

ベニテス更迭チャントが木霊したベルナベウ。

2015-2016・リーガ・エスパニョーラ第12節、レアル・マドリードVSバルセロナ@サンティアゴ・ベルナベウ。

昨シーズンのチャンピオンズ・セミファイナル、ミュンヘンとのファースト・レグ以上の内容にテンションは最高潮に達した。スアレスとネイマールの決定力。エレガントに切れまくっていたドン・アンドレス。絶妙なポジショニングと運動量、ドルブル突破からのアシストが最高だったセルジ・ロベルト。一度だけボールを奪われかけたが安定していたブスケツ。何故かペナルティ・エリア手前中央にいてスアレスにワンタッチ・アシストを決めたジョルディ・アルバ。鬼神の如くシュートを弾き返したブラヴォ。マスチェラーノが負傷退場したが、アウヴェス以外はほぼ完璧だった。

開始5分を過ぎたあたりから徐々にエンジンが掛かり、ネイマールがシュートを放つ。マドリーのプレスが弱く連動性も欠いていて、11分の先制点で完全にペースを掴んだ。

 

セルジ・ロベルト

スアレス

スアレス

センターサークルを過ぎてセルジ・ロベルトがドリブルでマークを引き剥がし、ペナルティ・エリア手前で右に開いたスアレスに絶妙なスルーパスを通し、スアレスは得意の右アウトに掛けてゴール左に蹴り込んだ。

違いを見せ付けた決定力。怯えた白い巨人相手に難なくロンドを披露したバルサ。余裕が有り過ぎてかえって心配になったが、マドリーはほとんど効果的な攻撃がなかった。

 

ネイマール

ネイマール

ただ1点ではどうなるか分からない。

そして、39分に次の歓喜が訪れた。キレキレのイニエスタからのパスを絶妙にオフサイドラインを掻い潜り抜け出したネイマールがナバスの左脇を抜いて2-0とした。

マドリーの酷すぎた最終ラインのデキにも助けられたが、決め切るのが世界最高峰のS&N。ポゼッションもアテンプトもショットオンターゲットも圧倒した前半だった。

 

イニエスタ

イニエスタ

流石に、後半開始からはマドリーが攻勢を掛けてきた。アウヴェスがマルセロに突破を許して決定機を作られたが、マルセロのシュートは枠を外れ胸を撫で下ろす。勢い付くマドリー。しかし、次のゴールはバルサらしいパス交換から生まれた。ペナルティ・エリア中央手前でイニエスタからボールを受けたネイマールが秀逸過ぎるヒールで右のスペースに出し、走り込んできたイニエスタが無慈悲すぎるゴラッソをゴール右隅上に叩きこんだ。美しく強烈な一撃でマドリーを文字どおり殺した。

 

スアレス

スアレス

仕上げはまたもスアレス。74分。途中出場のメッシが起点となって、何故かセンターフォワードの位置に居たジョルディ・アルバに楔を入れて、アルバがダイレクトでスペースに叩いたボールから抜け出したゴルドがナバスとの一対一を難なく制しベルナベウを黙らせた。素晴らしい。美しい。この後マニータのチャンスが数度あったがムニルが全て外し、ピケが激怒(笑)。世界一のシックス・ポインターは、コレクティブでソリッド、エレガントでシャープだったバルサが圧倒し幕が下りた。

 

メッシ

おかえりなさい。

やはりレオ・メッシが入ると何かが起こりそうになる。得点のチャンスもあった。

 

セルジ・ロベルト

セルジ・ロベルト

堂々とプレイし結果を残した今日のロベルトくん。

またまた一度エリア内中央でのシュートシーンで大きく吹かしてしまったが、完璧だったと思う。

まぁしかし、落ち着け(笑)。

6億人のうちの最低1億人は満足したであろう今シーズン最初の『エル・クラシコ』。ポジティブな三連休を過ごすことが出来そうだ。

まもなくクラシコ

クラシコ

今シーズンもやってきました『エル・クラシコ』。

楽しみ過ぎます(もちろんライブ視聴。あと3時間弱ってところです)。

リーガでは171回目、通算では231回目(たぶん)のナショナル・ダービー。シャビもカシージャスも居ない今回の『クラシコ』が話題となっていましたが、レオ・メッシは後半残り30分くらいから出場するでしょうか。ネイマールは偉大すぎる先人(ロナウジーニョ)のような魔法を見せることができるでしょうか。

舞台はサンティアゴ・ベルナベウ。

今回は、けっこう退屈な『クラシコ』になるんじゃないかと心配しておりますが、そこは全世界で(今回は)6億人が観ると言われる世界No1のビッグマッチ。期待6割、不安4割です。

ベニテスに引導を渡すような打撃を与えることを願って。

バルサの勝利を祈念して。

バモス、バルサ!!