やっぱチャンピオンズだよなぁ、Campion of “2016”

ロナウド

マドリー

隣の芝は青い。青すぎる。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ファイナル、マドリード・ダービー@サンシーロ。

クソ仕事のせいで更新が全くできなかった5月。ELのファイナルもコパのファイナルも色々記したいことがあったのに付いていかないフィジカルとメンタル(泣)。全てライブで観たのだけれど・・・。チャンピオンズのファイナルだけは何とか記録しておこう。

ウンデシマ、うんクソだ。

ラモスの先制ゴールは完璧にオフサイドだった。フットボールの女神はリッチに微笑む。自身の髪の毛のマネジメントは出来るクラッテンバーグは、このゲームをマネジメントしたフリをした。後半グリーズマンがPKをクロスバーに当ててマドリーが勝つのかよと悪態を付いたが、シメオネに率いられたロヒブランコは諦めていなかった。後半からピッチに立って、まったくダメで代えられかけていたカラスコがフアンフランのグラウンダーに合わせて追い付いたアトレティコ。そのゴールのほんの少し前にマドリーに2度完璧な決定機があってからのカウンターパンチ。正直、バルサのクレの僕もエキサイトせずにはいられなかった。ゲーム中にUEFAのカメラ?に何度も抜かれていた涙を流すアトレティ・サポの女の子に訪れた幸せな瞬間。

しかしフットボールは限りなく残酷だ。

1-1のまま迎えたフットボール・ロシアンルーレット。後攻めのアトレティコ。4人目のキッカーの(マドリーのカンテラ出身の)フアンフランが蹴ったボールが非情にも左ポストを叩いた瞬間にクソマドリーのウンデシマが決まってしまった。マドリーの5人目はCR7。このゲームでは全くもってクソだったが、このハンサムでリッチで世界で2番目のフットボーラーが外すワケはなかった。

2年前はあと4分耐えていれば・・・だったアトレティコ。

今回は120分まではイーブンだったが・・・、またしても何かが足りなかった。

ファイナルが『クラシコ』だったらと思わずにはいられない。シメオネは凄いと思うが、シメオネのフットボールは好きになれない。クソマドリーがまた一歩先に進んだ今シーズン。来シーズンは、再び愛しのバルサが一歩進む事を願わずにはいられない。

 

ラモス

15分のセルヒオ・ラモスの先制点。

2年前の魂のヘッドに続いてのファイナルでのゴールは、完璧にオフサイドだった。後半終了間際のインテンショナル・ファウルは一発レッドでもおかしくなかったが、このゲームではマン・オブ・ザ・マッチ。

フットボールは時としてクレイジーだ。

 

グリーズマン

打つ前から外しそうだったグリーズマンのPK。

 

カラスコ

後半からピッチに立って、そして代えられかけていたカラスコの同点弾。酷いマルセロの守備が齎してくれたゴールではあったが、フットボールは時には不思議なことが起こるものだ。

 

フアンフラン

PSV戦では勝利のPKを決めたフアンフランだったが・・・。

マドリーのカンテラ出身のアイロニー。フットボールでも人生でもまま訪れる不幸な悲劇。

 

フアンフラン

シメオネ

顔を上げて、前を向いて。男は、ただ労をねぎらうのみだ。

 

シメオネ

『誰も準優勝チームのことは覚えていない。決勝を2回落とすのは失敗だ』

『どの敗戦が一番つらいかは分からない。何よりも心が痛むのは、ここに来るためにお金を払った人たちが悲しんでいることだ。彼らが望むものを与えることができなかった。その責任を感じる』

と語った闘将シメオネ。足が止まっていたマドリーに120分間で止めを刺せなかったことが敗因なのだが、フットボールは時として運で勝敗が決してしまうものだ。シメオネの来シーズンは果たして?。

 

シダン

プレイヤーとマネージャーでビッグイヤーを掲げた4人目(アンチェロッティ、ライカールト、グアルディオラに続く)の人となったジズー。戦術は持っているとは思えないが、凄すぎたスキル以外に何かを持ってはいるのだろう。

 

マドリー

重要なので繰り返すが、ラモスの先制点は完璧なオフサイドだった。クソッ。

さてと、来月はEUROが待っている。フットボール・シーズンはまだ終わらない。

マン・シティに落胆

ベイル

ベイル

ベイル

走らないマン・シティ、当然のゴー・ホーム。付き合うマドリー、ラッキーでファイナルへ。ヨーロッパの頂点へ進むゲームとしては、明らかに凡戦だった。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・セミファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSマンチェスター・シティ@サンティアゴ・ベルナベウ。

ガラス細工のヴァンサン・コンパニ。時代遅れのヤヤ・トゥレ。孤立無援のセルヒオ・アグエロ。ほぼ消えたケビン・デ・ブライネ。拙いクロス供給マシーンのヘスス・ナバス。攻撃のビルドアップが出来ないダブル・ボランチ。攻守がこんな内容では、勝てるゲームでも勝てない(引き分けには出来たハズだが)。ダビド・シルバ不在の影響だろうか、ネットを揺らす気配が皆無だった。加えて、ファイナルに行くんだというソリッドなインテンシティが見られなかった(少なくとも僕には)。マドリーは全然良くなかったというのに。これならパリが勝ち上がった試合を観たかった。図らずも、辛口ご意見番のロイ・キーンが言っていた『シティに信念がないのであれば、マドリッドに行く意味はない』を具現化してしまったのだ。

ゲームは、20分にベイルのシュート(グロスだったと思うけど)がフェルナンドに当たってコースが変わりそのままゴールに吸い込まれていった1点のみ(オフィシャル・スコアはOG)。両チームのサポーター以外はなんだかなぁな退屈なゲームだった。ライブ視聴していたのだが、眠気を振り払うのにホント苦労したゲームだった。

危惧してたとおりのマドリード・ダービー@サンシーロとなってしまったわけだが、シメオネがいる限り、このゲームのように退屈することはあるまい。

 

コンパニ

コンパニ、怪我しすぎ。ドリブルからパスを出した瞬間に右太腿が壊れた。

ヤヤ・トゥレはメッシのように走らず、メッシのような決定的な仕事もしなかった。

 

ペジェグリーニ

どうしようもなかったペジェグリーニ。辛酸を舐め尽くした地にカウンター・パンチを見舞うことは叶わなかった。

 

ロナウド

オイオイ(笑)。個人的最大の見せ場だったCR7のスラムダンク(笑)。ネットを揺らすことに懸ける貪欲さは間違いなく世界一だ。結局ゴールはなかったが、ファイナルへ行くんだという気迫を一番見せていたCR7。

 

デ・ブライネ

『まだ準備が出来ていなかった』では済まされないハズだ。

ペップはこのマン・シティをどう変えるだろう?。

個・個・個

ロナウド

ロナウド2

ロナウド3

ロナウド

ロナウド

胸クソ悪いけど一応マドリー。

2015-2016・チャンピオンズリーグ・クォーターファイナル・セカンドレグ、レアル・マドリードVSヴォルフスブルク@サンティアゴ・ベルナベウ。

ファーストレグも観てはいたんですが、メシウマ過ぎて記録せず。そしてこのゲーム。0-2からのバウンス・バックは見事と言うしかないでしょう。早い時間(15分)に、ラッキーな形(ディフェンダーに当たってロナウドにボールが転がった)で先制ゴールを上げて立て続けに(17分)CKから2点目。それもフットボールです。どうこう言うつもりはありませんが、マドリーが良かったとは思えませんがね・・・。ベイルなんか終始消えていましたし。それでも圧倒的な「個」の力(CR7のハットトリックだけ)で勝ち抜けるあたりはアラ・マドリー。拍手。

アグリゲート・スコア3-2。

エル・ブランコがネクスト・ラウンドへ進出となった、苦々しい水曜日だった。

 

ジダン

チェスター・コートが世界一似合うカリスマ、ジダン。

特に戦術ネェーじゃんと悪態を吐いてみる。しかし、CR7をやる気にさせるオーラがスゲェーんだよなぁ。守備的なカゼミロを使っても批判されないところも素直に凄いと思う。

 

マドリー

メシマズだが、こうなったらユーロ・クラシコで雌雄を決するしかあるまい。

あと3時間弱でキック・オフを迎えるカルデロンでの決戦に、バルサは何としてもサヴァイブしなければならなくなった。もちろんライブ視聴だ。

心配過ぎて仮眠できない(泣)。

3度の決定機

ジェコ

サラー

フォロレンツィ

『マドリーは突破に値した。現実を受け入れないわけにはいかない。我々は0-2で負けたんだ。我々はよくやったのかもしれない。讃えることもできるのかもしれない。だが、メンタリティーや闘志、自信という点で成長しなければいけないというのが現実だ。我々はまだ弱い。チームは最初の困難で本来のレベルでいられなくなってしまう』

『今日がどれだけの機会なのかを分かっていないんだ。こういう試合は世界的な注目を集めるための最短の道であり、リーグ戦の38試合以上のものを与えてくれる機会なんだ。もっと違う勝負をしなければいけなかった。今は黙って家に帰ろう』

2015-2016・チャンピオンズリーグ・ベスト16・セカンドレグ、レアル・マドリードVSローマ@サンティアゴ・ベルナベウ。

決定機は3度あった。圧倒的な決定機が3度だ。ホームのファーストレグを0-2で落としてるローマにとって、コレを逃しているようではお話しにならない。

ゼコは打つ前から外しそうな感じで、案の定枠内に飛ばせず。サラーも快速を飛ばしたはイイがコチラも最後で枠を捉えず、フロレンツィはナバスの正面に蹴ってしまった。全てのシーンでケイラー・ナバスのポジショニングが完璧だったが、決めなければネクスト・ラウンドへは進めない。決めるしかないんだ。

ローマが決定機を逃していると、いい加減マドリーはネットを揺らす。当然だ。64分、ベイルとの交代で入ったルカス・バスケツが右サイドで一対一を仕掛け、折り返しをロナウドが合わせラウンド16に終止符を打った。この4分後のカウンターからのハメスのゴールはオマケだ。前半の早い段階でゼコが決定機を決めていれば、マドリーは慌てたかもしれないし浮足だったかもしれない。

 

スパレッティ

『マドリーは絶好調だったわけじゃないんだ。抗えない相手ではなかったんだよ。0-2で負けて安心したり満足するのでは、私は不安だ。早く成長しなければいけない。そうじゃなければ、さらに厳しい道のりとなる。もっとうまくやらなければいけないんだ。ロッカールームで選手たちが安心した顔つきをし、パフォーマンスが良かったという賛辞を期待していたら、私は気分が悪くなる』

ごもっとも。

 

ナバス

ロナウド&ハメス

繰り返すが、3度だ。

逃しているとマドリーは決め切る。

 

トッティ

トッティにとって最後のチャンピオンズ。

お疲れさまでした。

 

マドリー

残された唯一のタイトルに向けて一つコマを進めたマドリー。クォーターファイナルの相手はどこだろう。

ミュンヘンあたりがイイんじゃね?。

CR7の珠玉の10のコメント

CR7

1)バルサが僕ら相手に8点獲れるか見てみよう(2010年11月20日)

→バルサがアルメリアに8-0で勝利したあとの挑発。その9日後の『クラシコ』で、マドリーはバルサに0-5で敗北し綺麗にオチを付けてくれた。

2)こういう風にプレイするのは好きじゃない。だが自分は適応する必要がある(2011年4月27日)

→チャンピオンズ(ファーストレグ)でバルサに0-2で敗れたあとのモウのオヤジへの反旗とアイロニー。世界一のFWに守備を求めるってどうかしてるよ、まったく・・・。

3)僕らは何かが起きるであろうことはすでに分かっていた(2011年5月3日)

→カンプ・ノウでのチャンピオンズ(セカンドレグ)で1-1に終わって敗退した言い訳。ジャッジに対する苛立ちをインテリジェンスをもって表現してくれた。

4)僕がハンサムで、リッチで、偉大なフットボーラーだからみんな嫉妬しているのさ(2011年9月14日)

→チャンピオンズでのディナモ・ザグレブ戦後にブーイングを浴びての真実の叫び。『ごもっとも』と全世界が相槌を打った歴史的な日だった。

5)チームには9点をつける、僕自身は10点だ(2012年5月22日)

→リーガを制したあとの『MARCA』のインタヴューでの総括。2011-2012シーズンのピチチ・レースでは(50ゴールを記録した)レオ・メッシに敗れてしまった事実は無かったことになっている。

6)僕はちょっと悲しいのかもしれない。それがゴールを祝わない理由だ(2012年9月2日)

→2012年9月2日に発せられた哀愁。加えて『パーソナルなことじゃない。でもプロフェッショナルなことさ。クラブにいる人間はすでに分かっている。僕が何のことを言っているかね』ともコメント。ペレスってホント酷いんだぜ。

7)もし思っていることを全て口にしたなら、自分は刑務所行きだろうね(2014年8月29日)

→レオ・メッシがブラジル・ワールドカップでMVPに選出されたことについての暗喩。ハンサムでリッチで偉大なフットボーラーという事実に加え、新たなる才能を披露してくれた。

8)もし僕が彼のことを打ちのめすつもりだったなら、彼は起き上がれなかっただろう(2016年1月17日)

→スポルティング・ヒホン戦でナチョ・カセスを蹴り上げてしまったことについての悪態(それを言うなら僕が削られまくっていることももっと取り上げて欲しいものだね)。

9)一緒に食事をして、キスやハグをすることに何の価値もない(2016年2月16日)

→ピッチでもピッチ外でも良好と言われるバルサのスーペル・トリデンテに対するアンチ・テーゼ。『ベンゼマと食事しに行く必要はないしベイルも僕のところにやって来る(必要はない)。僕らはプロフェッショナルなんだ』

10)もし全員が僕のレヴェルでプレーしていたら、首位だ(2016年2月27日)

→負けてはいけないベルナベウでのダービーで、あろうことか得点できずに0-1で敗れてしまったあとの錯乱。『フィジカル・レヴェルのことを言いたかったんだ』と汚職政治家がもれなく発する苦しい言い訳と同レヴェルの火消しを余儀なくされた。

誤解しないで欲しいのだが、僕は、CR7を世界で二番目に凄いと思っている。たんにMARCAに面白い記事(画像はASだけど)が出てたので記録しておこうと思っただけなんだ。

引退するまで唯我独尊でいて欲しいと心から願っています。

黒棺

CR7

滲み出す混濁の紋章

不遜なる狂気の器

湧き上がり・否定し

痺れ・瞬き

眠りを妨げる

爬行する鉄の王女

絶えず自壊する泥の人形

結合せよ

反発せよ

地に満ち

己の無力を知れ

ダービーに敗れたあとでのCR7の『チーム全員が自分のレベルにあれば、僕たちは首位に位置していたはずだ。メディアによれば、クソッタレな選手はいつも自分なんだよ。でも僕が残す数字や統計は嘘をついていない』と言ったとされる女々しいコメントに、『黒棺』が頭に浮かんだ厨二全開の@uemachiです。

こんばんは。

絶えず自壊する「白い巨人」に必要なのは自戒だろう。CR7は超一流だとは思うが、フットボールは一人では出来ない。結合し、反発しなければ。まずは己の無力を知れ。

しかし、まぁ・・・前後が有るんだろうけど、凄い発言だ。清々しいほどに。勝てないフラストレーションの発露としてはお粗末でした。

“Ballon d’Or” 2015

バロンドール

メッシ

バロンドール2015のウィナーは、やはりレオ・メッシでしたね。

自身5度目(2009、2010、2011、2012、2015)の栄誉。昨年のロナウド同様に順当でした。

『自分にとってとても特別な瞬間だ。5度目なんて信じられないよ。小さい頃に想像していた以上だ』

『僕に投票してくれたすべての人たち、そして良いこと悪いこと含め、人生における成長の糧となったフットボールに感謝をしたい。本当にありがとう』

 

メッシ

ネイマール

イニエスタ

ダニ・アウヴェス

バルサのレッドカーペット。

 

バロンドール

バロンドール

最終候補者だった3名のロナウド、メッシ、ネイマール。

 

メッシ&ネイマール

メッシ

from another planetのレオ・メッシ。

ネイマールもいつかはバロンドールを取れると思うが・・・。

 

ルイス・エンリケ

監督賞はルイス・エンリケ。

ミッドウィークのコパのためか、欠席でした。

 

バロンドール

ベストイレブン。

キーパーはノイアーですが、欠席だったでしょうか。DFは、右からダニ・アウヴェス、チアゴ・シウヴァ、セルヒオ・ラモス、マルセロ。MFはモドリッチ、ポグバと我らがドン・アンドレス。FWが最終候補者だったロナウド、メッシ、ネイマール。

 

メッシ

おめでとうございます。

 

ミヤマ

女子の最終候補者3名の一人にノミネートしていた宮間のアヤちゃんがMSの間に。

澤さん以来の快挙は逃しましたが、あらためて女子の日本代表は世界のトップなんだなぁ。