オールド・テロリスト

オールド・テロリスト

を読んでみた。

NHK西口玄関爆破、東急池上線「池上駅」商店街での刈払機による無差別殺傷、新宿歌舞伎町映画館での毒ガステロ。物語は、凄惨な無差別テロルともに進んでいく。

語り部は、『希望の国のエクソダス』に登場したフリーランスのジャーナリスト、セキグチ。『オールド・テロリスト』のセキグチは、大手出版社での職を失い、それに伴って充実感を失い、(妻に見限られ)家庭を失い、プライドを失った物哀しい五十四のオッサンだ。

そんなドン底のセキグチに、(元の職場に)テロを実行するからルポを書けと指名(事情は後々わかるのだが)があって、元職場の上司から仕事を受けてテロルに巻き込まれていく。

取材で遭遇するテロルと非日常に生きる人たち。(叔父に性的虐待を受けた過去を持つ)エキセントリックな美しい女性、カツラギ。そのカツラギのカウンセラー心療内科医、アキヅキ。アンダーグラウンドに強大なネットワークを築いた死にかけのフィクサー。そのフィクサーに片腕を切り落とされたカツラギの叔父、ナガタ。イラン人の父親と日本人の母親を両親に持つアンダーグラウンダー、ジョー。

アンダーグラウンドのネットワークから飛び出し、暴走しだすテロルの首謀者たちは、七十歳から九十歳の、戦争で殺されず食糧難時代をサヴァイヴし、病死も自殺もせずに現代社会で経済的に圧倒的成功を収めリスペクトされている後期高齢者の老人達。アウト・オブ・コントロール・シニアのミツイシや太田やカリヤは、若々しく、元気で、楽しげだ。

そんな老人たちが、腐った日本を変えようと、自分史を記すと四百字詰め原稿用紙一枚にも満たない存在感が極めて希薄な若者たちを利用し、粛々とテロルを実行していく。

最高にショッキングかつエキサイティングな設定と描写で、物語はスリリングにドライヴしていく。

お決まりの「甘え」や精神安定剤、シリアスなシーンにも係わらず(カツラギの美し過ぎる脚)セクシャルな描写を挿入し、何度も出てくる「無視された」というセンテンス。新聞やテレビ等のマスメディア、シタリ顔で恥を晒す無知な専門家を徹底的にコキ下ろすシーンに、(僕もその一人なのだが)ファンは村上龍を思う存分堪能することができるだろう。

『(マスメディア)あの連中は、自分を否定したことがないし、疑うこともない。わからないことは何もないとタカをくくっている。わかるという前提で報道し、記事を書く。だけど、たいていのことはわからないんだ。わからないことはないというおごりがあるので、絶対に弱者に寄り添うこどができないんだ。くそったれ』

ラストの、老人たちと(自国の都合から介入してくる)米海兵隊との壮絶なバトル・カタストロフィ。(老人たちが満州から持ち帰った)88ミリ対戦車砲の存在の件が秀逸で、セキグチが最後の最後で意を決するするシーンに、間違いなく満足感を得るだろう。

久しぶりに読書をしたが、間違いなく凄い一冊だった。僕は、オフにまる二日にかけて、存分にこの唯一無二の快作(怪作?)を満喫することができた。

なかなか梅雨が明けない7月初旬、大阪にて。

愛と幻想のファシズム(上)(下)

SONY DSC

個人的村上龍ランキング第1位は『愛と幻想のファシズム』です。

ようやく再読した、1987年に出版されたSF近未来政治経済小説。

世界経済が恐慌に向かう中、コングロマリット『ザ・セブン』による属国化を阻止しようとする政治結社『狩猟社』の戦いを描いた本書。一人のカリスマ、鈴原冬二(トウジ)に心酔してしまうテクノクラート、エリート官僚や自衛隊、最新技術のエキスパート達の戦いが凄い勢いでドライヴしていきます。

強者が弱者を搾取し、徹底的に叩く。邪魔者は簡単にクスリで廃人としてしまう。私設軍隊『クロマニヨン』は容赦なく、自立していない『甘え』た現代の奴隷達を侮蔑する村上龍節が炸裂する本当にエゲツナイ小説ですが、ページをめくる手が止まりません。

凄いです。

龍さんはこのような小説はもう書かないのでしょうかね。そう思うと少し残念です。

55歳からのハローライフ

55歳からのハローライフ

村上龍さんが書く新たな『希望』を読みました。

短編集『どこにでもある場所とどこにもいけないわたし』に似た、5作の中篇からなる本書には、一つ一つ違う不安や苛立ちと向き合いながら生きている人たちが、生きていくのに必要な『希望』を、『希望の光』的なことを見つけ、確認し、人生をまた歩んで行こうとする姿が書かれてます。

基本的には、殺人やテロや戦争、セックス&ドラッグ的なアンダーグラウンドの龍さんが好きですが、希望3部作?の『希望の国のエクソダス』や『最後の家族』、『どこにでもある場所とどこにもいけないわたし』も結構好きです。

自分のサラリーマン人生を終えてからのことなど想像もつかないですが、あっという間にやってくるのでしょう。

取り敢えずは、今年行けなかった『マンチェスター』に来年は絶対に行く・・・ってことが自分の『希望』です。

働こうっと・・・。

半島を出よ(上)(下)

個人的村上龍ランキング第2位。

北朝鮮の反乱軍に福岡を占拠される。高麗遠征軍と名乗る彼等の描写は龍スタイルを存分に堪能できます。福岡を占拠された日本政府の対応(福岡を切り離す)がリアルです。

上巻のドキュメンタリーテイストとは一変する下巻。

物語の後半にその高麗遠征軍と戦うイシハラ達と戦闘シーンは読み応えがありすぎます。

こういう小説を5年に1度くらい書いて欲しい・・・。

イシハラとノブエは『昭和歌謡大全集』というオバサン達とただただ殺しあう小説の生き残りです。ファンキー過ぎる名著も読み返してみようと思います。

 

“村上 龍”番外編

個人的村上龍ランキング第2位を読み返そうと思っていましたが、本棚にあった『奇跡的なカタルシス』 -フィジカル・インテンシティⅡ-が気になり手に取ってしまいました。

『あなたの人生よりサッカーのほうが面白いかもしれない』

当然です。

しかし、内容は面白くありません。

中田のヒデのセリエAデビューが懐かしく、ユベントス戦での2ゴールが昨日のように蘇るくらいです。もう13年くらい前のお話し。ユナイテッドのトップ下を輩出した今の日本代表をどう思うでしょうか?

興味ないでしょうね・・・。

 

こちらは『フィジカル・インテンシティ』ⅠとⅢ。

 

こんなものもありました。

サッカー関係のエッセイをたくさん書いてたんですね〜。

読み返さないけど記念にアップ。

村上龍さんって凄いモノ書くけど、どうしょうもない駄作も多いですね。

イン ザ・ミソスープ

個人的村上龍ランキング第3位の1997年に刊行された本書。

20歳で、トウキョウで、英語が完璧に話せないけど外国人観光客相手に風俗のアテンドをしている主人公ケンジと、その顧客となった殺人鬼フランク。物語は静かに、トウキョウの歓楽街で進行していきます。フランクに違和感を感じながらもアテンドするケンジ。物語の3分の2ほどで殺戮(エゲツナイ描写です)を実行するフランク。

『子どもの殺人に原因はないよ、幼児が迷子になるのに原因がないのと同じだ、親が目を離したから?それは原因じゃなく子供が迷子になる過程の一つにすぎない』

物語の終盤で自身の半生について告白するフランク。

当時、実際に神戸で起こったショッキングな事件に対して、想像力と現実がわたし(村上)の中で戦った・・・とあとがきに記されてますが、理屈っぽい文章が身体に次々と入ってくる、モノを書く、何かを表現するってこういうことなんだと思った1冊は、15年経った今でも驚くほど受け入れることができました。

ファンだからでしょうか。

最後にヒトコト。

読書の秋に読む本ではないと思います。

69 sixty nine

私淑するとまでは言いませんが作品が発売されれば盲目的に手に取ってレジに並ぶ(最近はポチる)作家、村上龍さん。直近の刊行作『歌うクジラ』と『心はあなたのもとに』は全く響かなかったのですが、数日前にたまたま『音楽の海岸』をなんとはなく読み返してしまい、思いのほか嵌ってしまったので、続けて個人的『村上龍ランキング』の第4位の『69』を読んでみました。

結論・・・。

やはり面白いです。1987年に刊行された氏の自伝的青春小説。バリケード封鎖を敢行するために深夜の高校に忍び込む。その時、仲間のナカムラがお腹をくだしてしまった場面が最高に笑えます。

この小説を高校生か大学に入りたての頃に読んだ記憶がありますが、当時よりも笑えて読めてしまいます。20年経っても笑える小説って凄いです。

『想像力が権力を奪う』

意味も分からず読んで、今も正直よくわかりませんが(笑)、ところどころに挿入される太字の文字も可笑しさを醸し出します。アナログな昭和の、楽しいおバカな青春小説。

クソみたいな教師を痛烈にコキおろすケンさんに今でも共感する@uemachiです。