悲劇的な瓦解、ミネイロンの惨劇

ブラジル

2014・ブラジルワールドカップ・セミファイナル、ブラジルVSドイツ@エスタディオ・ゴベルナドール・マガリャンイス・ピント。

最終スコアは1-7。

NHKのアナウンサーは惨劇と伝えたが、ここまでのスコアになってしまう要因は一体なんだったんだろう。キックオフから前への推進力は見せてゴールを奪いに行ったが、揺るがないドイツは慌てない。

そして、11分。ドイツのゴールラッシュが始まった。

最初の得点はセットプレイからだった。右コーナーキックから、ニアサイドに人が集まったところで、ファーサイドに何故かフリーでいたミュラーがインステップで蹴り込み、この“惨劇”の幕を上がった。

まだ1点だ。慌てる必要はなかったが何かおかしいブラジル。チアゴ・シウバの不在はやはり大きかったのかもしれない。マルセロとマイコンが上がったサイドのスペースから崩されるシーンが増えて、23分から一気に瓦解した。

クローゼにワールドカップ通算得点記録のトップに立つ(16ゴール目)ゴールを蹴り込まれると、24分にはクロースのゴラッソ、その2分後にもクロースがケディラとのパス交換でゴールにパスを流し込まれ、この日絶好調だったケディラにもゴールにパスされ、あっという間に5失点。

前半30分も経たないうちに5失点してはどうしようもない。

前線でボールが収まらず、中盤やサイドでボール失ってショートカウンターを喰らう悪循環。前への気持ちだけが先走り全くバランスを欠いていた。

老獪だったドイツと搦め捕られたブラジル。ブラジルは攻めさせられて、攻めたい時に攻めたドイツが(後半はシュールレが2発沈め)難なくゲームを締めた(オスカルが終了間際に決めたが何の意味もない)。

好守の要の10番と3番不在の穴を埋められず、ゴールを奪えずブーイングを浴び続けた9番。“マラカナンの悲劇”から64年。母国開催で捲土重来を期したセレソンの挑戦は、“ミネイロンの惨劇”として、新たな忌まわしい歴史として語り継がれることとなってしまった。

 

ミュラー

ダビド・ルイスがマークを外してしまった?1失点目。

 

クローゼ

エリア内を切り裂かれ、ジュリオ・セザールが1度は止めたが溢れたところを押し込まれた2失点目。

 

クロース

ラームの折り返しを中央のミュラーは蹴り損なったが、外に居たクロースに豪快に左足で蹴り込まれた3失点目。

 

クロース

ケディラ

ゴールにパスされた4失点目と5失点目。

 

シュールレ

シュールレ

シュールレに連続ゴールを許した6、7失点目。

 

スコアボード

エジル&ルイス

いいようにヤラれ過ぎた、無念のダビド・ルイス。胸中は如何ほどだろうか。

 

ルイス&シウバ

一人では・・・。

チアゴ・シウバが出ていれば状況は変わっただろうか。

 

ネイマール

ネイマールはこの試合をどう観ただろうか。

 

ブラジル

セレソンの戦いは無惨に終わりを告げた。