清々しい

ネイマール

ネイマール

台風一過の夜に相応しい、清々しいかつまたいつもの通りの負けっぷりだった。

ネイマールに4発沈められ、為す術なく完敗。

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、ブラジルVS日本@シンガポール・スタジアム。

何もかもが中途半端。

全てのスキルがプア。

『自分たちもある程度、引いてサッカーをするように、自分たちで話をしていて、入って来たところを潰すっていうやり方をやりました。うまくはまったところもありますし、取った後、良い攻撃ができていた前半もあった』とゲーム後に岡崎くんは語ってくれましたが、それにしてはライン設定が高過ぎた。簡単にスルーパスを通されダイアゴナルに入ってきたネイマールがクールにネットを揺らした。

このレヴェルで先に失点していては、絶対に勝てない。

アギーレに『ワールドクラス』と称された柴崎くんはほぼ何も出来ず (何かをしようとはしていたが)、後半開始早々には中盤でイージーにボールを失って2失点目の起点となった。

『2失点目で崩れた』と語った指揮官。

そこからは、セレソンのボール遊びに付き合わされる屈辱。とうの昔に旬の過ぎたカカやロビーニョにいいようにヤラれていては世界では勝ち上がれない。

『日本はチームで戦わないといけないんですけど、チームとして、今の戦い方でやるなら、もっと徹底的にやらないといけない。突きつめないといけないところはいっぱいあると思います』と岡崎くんが言っていた通り、ホント中途半端だった。

スペースが欲しいネイマールに、あれだけ広大なスペースを与える余裕は日本には無い。モウのオヤジなら『愚か』と断罪したことだろう。

『我々は親善試合をアジアカップのメンバー選考のために使っている。相手がブラジルでもそうだ』と語ったアギーレ。ジャマイカ戦から大きくスタメンを変更して、このゲームで使える使えないプレイヤーは分かったのだろうか。

柴崎くんや武藤くんは世界レヴェルを知った良い機会となった。

岡崎くんは、ドイツで揉まれ既に世界基準を知っている。この試合でも、センターフォワードとして充分にボールを収め、後半にはバーに当てた1発も放ってセレソン相手でもヤレることを示した。

柴崎くんと武藤くん2人には世界に出てもらいたい。Jリーグでは、このレヴェルのディフェンスは居ないだろうから・・・。

川島くんはもう駄目だ(3点目に繋がるミドルシュートの処理が致命的に拙いし、キックは途方に暮れるレヴェル)。小林くんも厳しい。田中くんや森岡くん・・・、インパクト残せなかった。

攻めて散り、引いて散る。

日本代表の現在地は、4年経っても変わらない(というか20年変わっていない)。しかし、フレンドリー・マッチとはいえ、清々しい敗戦はこのあたりでいい加減勘弁してもらいたい。暗中模索から抜け出し結果を出してもらいたい。

次は11月。

どうなるだろうかね。

 

柴崎くん&ネイマール

柴崎くん&ネイマール

柴崎くん

同じ22歳の現在地。

柴崎くんには是非とも海を渡ってもらいたい。

 

ネイマール

ネイマール

遊んで4発のネイマール。

バスケットボールのシュート・パフォーマンスでセレブレーション、とほほ(泣)。

 

ネイマール

『クラシコ』も頼みますよ〜。

先天性慢性的決定力不足症候群

本田くん

という不治の病。

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本VSジャマイカ@デンカ・ビック・スワン・スタジアム。

数えたシュート、20本。

迎えたピンチ、ゼロ。

(日本には存在しない)ジエゴ・コスタのようなゴール・ハンター、プライスレス。

ゲームは柴崎くんのシュートからのオウンゴールで1-0で勝利。眠たくはならなかったが、もどかしさはいつもの如し。この病は治らない。騙し騙しやって行くしかないのだ。

いや、物事の良い面を見よう。

西川くんは足元が安定し、森重くんはやはりセントラルがイイ。細貝くんのアンカーは完璧だったし、柴崎くんはアギーレ・ジャパンのスタメン確定を勝ち取った。

ザック・ジャパンが目指し、良い時のコレクティブでアタッキングなフットボールを見せたアギーレ・ジャパン。格下相手ならコレくらいは当然だ。

次はセレソン。

『1本のシュートで1点を取らなければならない』と指揮官が語ったように、チャンスはそうやって来ない(もしかしたらゼロだ)。

バカンス気分のセレソン相手にどこまでヤレるだろう?。

アジアカップに向けての試金石。

刮目してやる。

 

柴崎くん

柴崎くん

『柴崎はワールドクラスだ。ケイスケ、シンジと自然にプレーできている』

『まるで20年も経験を積んだかのようなプレーを彼は見せてくれる。彼はかなり遠いところまで行き着くことができる選手だ』

と指揮官に絶賛された柴崎くん。

少し言い過ぎだよ・・・。んでもって、セレソン相手にどういうプレイを見せるかで今後が見えてくる。

何にしても、この調子で頑張って欲しい。

 

カガワくん

カガワくん

前半終了間際に接触プレイで脳震盪を起こしたカガワくん。

プレイ自体はそれほど悪くはなかったが、決めるべきシュートを外す等モイーズの呪いはまだ解けていない。大事を取ってシンガポール遠征には帯同せず、ドルトムントにとってはひと安心となったインターナショナル・マッチ・ウィークとなった。

 

本田くん

『内容は満足できるものではない。ただ、そういう中でもしっかり失点なく勝てた。攻撃でも、短い調整期間で監督が求めているものを出せたところもある。良くはなっていると思う』

『メンバーも代わって、真司も入って、あそこで起点になれるし、周りも安心して勝負どころに入れる。得点にはならなかったけど、そこからいい形もあった』

外してしまったバセリーナについて

『いろいろ考え過ぎた。ああいうところを決めていかないといけない。まあ、自分の実力から言うと、あんなもんかなと』

あれは決めて欲しかった。

とにかく火曜日のセレソン戦、話しはそれからだ。

2-2

japan

2014・インターナショナル・フレンドリーマッチ、日本VSベネズエラ@日産スタジアム。

どう評価したらいいだろう。

全くイイところがなかったウルグアイ戦に比べると、後半はマシになったが(前半は変わらず酷かった)。

 

ムトー

後半、途中出場したムトーくんが、51分に豪快にドリブルシュートをゴール右隅に蹴り込み先制。アギーレ・ジャパン初ゴールは22歳の若武者によって齎された。中央の岡崎くんがスペースを作り、右サイドの本田くんをデコイにしたプレイ。敵陣で拾ったボールをそのままフィニッシュしたこの先制弾は良かったと思う。途中出場でかなりアクセントになっていた。

しかし、このゲームでもやはりというか最終ラインが安定しない。高く設定された最終ラインで不用意なパスミス(前半もあった)からカウンターを喰らい、ミスをした当の水本くん(この日先発した)がエリア内で我慢仕切れずスライディングタックルで削ってしまいペナルティを献上してしまう。

不用意なミスと安易なタックル。解説していた松木さんが熱く『今のは行かなくていい』とおっしゃっていたが、対応がプア過ぎた。

 

柴崎くん

それでも66分。左サイドを崩した岡崎くんのマイナスのクロスを、右サイドを駆け上がってきた柴崎くんがゴール左下に丁寧にダイレクトで叩き付け勝ち越しに成功した。このシーン、エリア内にはムトーくんと本田くんが居て、こういう崩しが出来ていれば勝つチャンスはあるだろう。得点が入って、攻めの意識がようやく見てとれた。

しかし、結局ゲームは71分に苦し紛れのミドルシュートを川島くんが後ろに弾いてしまい(有り得ないミス)2-2のドローで終えた。

大雑把に総括。

(ウルグアイ戦もそこそこ良かったし)ムトーくんと(代表初ゲームとなった)柴崎くんは合格点といったところか。今も昔も不安の残る最終ラインは吉田くんの相棒を誰にするか。2試合ともアンカーで先発した森重くんは良いと思わない。最終ラインの現状を鑑みセントラルに戻した方が良くないか。アギーレは細貝くんが好きなようで、細貝くんをアンカーにして、カガワくんが戻って来れば(もちろんデキによる)トップ下。

本田くん(左ポストに当てるフリーキックも放ったが)と長友くんは良く無かったと思うが、替わりの人材が思い付かない(結局代わり映えはしないなぁ)。川島くんは・・・(西川くんと交代かな)。あと、この日先発した大迫くんと柿谷くんだが、見せ場を作れず連携に課題を残し、個人的に贔屓の扇原くん(アンカーで出して欲しい)を見てみたかったが、10月以降にお預けとなってしまった。

『私はJリーグを視察し続け、選手を見続けたいと思う。そうして、仕事をしっかりこなしたいと思う』と語ったアギーレ。宇佐見くんや宮市くんなんかも見たいんだけど(スピードのあるウイングタイプが監督の戦術には合っているでしょ?)、ディフェンスが出来ないと選ばれることはないか・・・。

何にせよ、攻めも守備も課題は少なくはない。来年のアジアカップに向けて、みんなクラブチームでとにかくガムシャラに頑張って欲しいものだ。

 

柴崎くん

代表初出場で綺麗にボレーを沈めた柴崎くん。

ゲーム全体ではバランスを意識し(パスミスで危ないシーンもあったけれど)まずまずのデビューだった。ヤットさんの後継者となれるか?。

これから注目していきたいと思う。