白谷雲水峡備忘録

白谷雲水峡

白谷雲水峡

『もののけの森』入口。

歩を進めるとさっそく大きな岩が登場し、それを登りきると吊り橋が現れます。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

白谷雲水峡

ここでルートをチョイス。

僕たちは橋を渡らないルートを選択(杉コースと命名)し、厳しい行程を行くことにしました。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

最初に登場する二代杉。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

二代大杉。

 

白谷雲水峡

三本足杉。

 

白谷雲水峡

びびんこ杉。

 

白谷雲水峡

三本槍杉。

 

白谷雲水峡

奉行杉。

奉行杉を見てしばらく行くと吊り橋を渡るルートと合流。やっぱり杉コースはハードでした(笑)。

 

白谷雲水峡

くぐり杉。

 

白谷雲水峡

くぐり杉内部。

ウィルソン株のようにハートマークではありません。そして進んでいくと、、、

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

白谷雲水峡

苔むす森。

『こだま』のフィギュアを持参して撮影するべきでしたね(笑)。

 

白谷雲水峡

なぜ武家・公家と命名したのでしょうか。

そしてラストは、、、

 

白谷雲水峡

太鼓岩。

苔むす森から20分程度急な坂を登ると到着したでしょうか。突然広がるパノラマは絶景の一言です。

 

白谷雲水峡

白谷雲水峡

縄文杉コースより明らかにラクでしたが、1年歳を取ったからか疲労度はそんなに変わりませんでした(泣)。

本格的な装備も不要で、ガイドさんなしでも全く問題ありません。今回は雨も降らずの4時間程度のトレッキングでした。下山時に弥生杉を見るコースを行けば『白谷雲水峡』完全制覇でしたが、それは断念。歳は取りたくないものですね。

以上、『白谷雲水峡』でした。

広告